FC2ブログ

記事一覧

教えとトンカツとステキな恋の忘れ方

昔『美味しんぼ』という漫画を読んでいたとき、次のような台詞に出会った。 いいかい学生さん、 トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。 それが、人間えら過ぎもしない貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ。いい言葉だ。人間の贅沢の幅を示す、絶妙な基準だと思う。俺もかくありたい。子供たちに残す資産は贅ではなく、「教え」なのだと。「児孫のために美田を買わず」なのさ。とは言え、残...

続きを読む

白鴎落ちる奴はJG受からねえよ!

前回の記事「もし大学名に拘るなら、中学受験で頑張るよりも重要で効果的なことがある」(2019/12/05)で、中学受験が偏差値によって輪切りされていることを書いたけれど、それに対抗するというか、風穴を開けるような勢力が、現実には発生している。それが公立中高一貫校受検勢力だ。何しろこの人たちは潔い。全員が全員というわけではないが、受けるのは一校だけ、受からなかったら地元の中学に進む、という人達だ。せっかく頑張...

続きを読む

もし大学名に拘るなら、中学受験で頑張るよりも重要で効果的なことがある

中学受験の取材で、とあるマダムとお喋りしたときのお話。マダム「いい大学に行って欲しいから中学受験させる、というのが本音ですねえ」俺「ほうほう。じゃあ大学合格実績、気にしますか」マダム「勿論です。一応サピックスのアルファにいるので、開成を狙ってるんですが、駒東かなあ、なんて」俺「駒東よりもやっぱり開成ですか」マダム「そりゃあ、もう。東大合格者数が全然違いますから」俺「麻布はどうです?」マダム「麻布は...

続きを読む

どんどんヒイキすればいいのに

モンスターペアレントという言葉はまだ現役なのだろうか。まあ、まだ現役なんだろうな。何の話かと言えば、仕事の話である。私立学校でお仕事させていただく時、ちょっと打ち解けてきた頃合いにこんな質問をする。「厄介な保護者の方っていませんか?」まあ、モンスターペアレント、つまりモンペのことを訊くわけさ。そうすると訊かれた教員は、ああ、いるいる、と話に乗ってくる。どんな人?いやあ、大変なんですよ、たとえば……ま...

続きを読む

たまにはゼニカネのことをさっぱり忘れて、自分の純粋な欲望を見つめてみる

我々はみな、おしなべて経済的人間である。値札を見ては一喜一憂する動物である。(おや、どこかで見たような書き出し方だぞ)<参考>「かわいそうな模試たち」(2019/11/23)去年だったか一昨年に、中学受験塾の取材で数名のマダムとお喋りしたときのこと。「もしお子さんが、武蔵、渋渋、小石川に合格したら、どこに行かせます?」と質問したら、小石川が一番多くて、武蔵、渋渋の順だった。次に「武蔵も渋渋も学費免除となった...

続きを読む

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント