FC2ブログ

記事一覧

一番好きなCM発表~ネタばれなし!

前回の「好きなCM~斉藤由貴ってベテランだなあ」のラストで、「一番好きなCMは次回発表します。」と書いたので、今日はその発表です。
ダラララララララララララララララ(ドラムロールの音) ジャン!

●公共広告機構「黒い絵」
これは企業広告ではないので、厳密には前回の3本と同じ土俵に立っているとは言い難い。
商品の宣伝ではないし、費用対効果の嵐をうける必要もない(本当はあるのかな?)。そのうえ90秒だ。しかしこの90秒は、かなり研ぎ澄まされた使い方をされている。
90秒?5分ぐらい見ているような、それだけのストーリーが展開される。

小学校の教室。先生が「みんなの心の中に浮かんだことを、そのまま書けばいいんだからね」といってる。子供たちはクレヨンを使って思い思いにアニメのキャラクターや動物や昆虫を書いているが、ある一人の男の子は画用紙一面を真っ黒に塗りつぶしている。

<このあたりでなにやら不穏な予感がします。軽く流れているBGMも、見ている者の不安感を少しずつ煽っていきます。>

先生(若い女の先生)は他の教師と話したり、その子の両親にもそのことを伝える。男の子は家でも一生懸命画用紙を塗りつぶしている。
やがて精神科医の診察を受けるが、男の子は何も答えない。

<演出を抑えてセリフもほとんどありません。しかし周りの大人たちの不安感は、余すことなく伝えられています。>

男の子は入院することになる。入院しても画用紙を黒く塗りつぶしている。
男の子のいない教室では、あの若い女の先生が授業をしている。主のいない机をそっとなでる。

<この机をそっとなでる演技が俺は好きです。場面が場面ならもっと艶っぽい深意が入るでしょうが、ここでは若い教師の心配と無力感がうまく表現されています。>

ここから先は場面と俺の感想を分けません。一緒くたにラストの手前まで書きますよ。
病室でも男の子は画用紙を黒く塗り続けます。描いた画用紙は次から次へと床に落ちていきます。
いったいこのCMはどこに行くのでしょうか。見る者をどこに連れて行くのでしょうか。そう思いはじめた時、画面の中で物語が急に動き始めます。
放課後、先生が男の子の椅子に座って机の中のものを手に取ると、ジグソーパズルのピースが指に触れます。
同じころ病室では、床に落ちている画用紙を拾っていた看護師が、あることに気づきます。画用紙の一部が黒く塗られていない……。そして同じような画用紙を見つけ、その塗られていない箇所が2枚で連続していることに気づく。

最後、全てが明らかになった後のメッセージの挿入は蛇足のような気がしないでもありませんが、あれがないとこのCMはなんだったのかわからない、という人が続出するかもしれません。
「CM 黒い絵」で検索してみてください。YouTubeで見ることができます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

ジャナ天さんが一番好きなCM。
見ました。

今日母の日で手紙をもらったんですけど。
うちの子もどうやらこの鯨の子側かもしれないです。周りの子と違う。進学校においては少数派というか、いわゆるいい大学を目指すこととは別のことを考えているらしい…。私はいいのですが夫が認めないと思うから、舵取りが大変です。
だけど、子供のこうしたいが育っていたことがすごく嬉しい。良かったと思います。

ジャナ天さんもやっぱり先生だ~。

No title

あれもしかして
余計なこと書いてしまった?
あらー!ごめんなさい。
削除してください!

Re: No title

いえいえ、罰として残します(笑)

>いわゆるいい大学を目指すこととは別のことを考えているらしい…。

こうした子こそ、私学の教育を受けるべきでしょうね。

名前欄とタイトルを間違えちゃった

あ、名前のところに「雨後さんへ」といれちゃった byジャーナル・ギャップ(@ポンコツアタマ)

俺も、ジャナ天さんオススメの動画見ました。
珍しく真面目な話をすると、日本ではユニークな才能が有るけどコミュニケーションが苦手な人が生き辛い雰囲気がある気がするな。社会の同調圧力が強いのか、人と違ってることが、劣る方向はもちろん、優れてる方向でもいじめの対象になったりする。
某教育サイトで、帰国子女が日本の公立中に編入していじめを受けた話に対して、公立原理主義者のDって人が、「公立中には帰国子女に対応する用意は無い。周りに合わせられないなら海外に帰れ」って暴言を吐いてた。Dはもちろん残念な人なんだけど、更に残念なのは、Dの意見、日本では決して珍しくないだろう、ってこと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント