FC2ブログ

記事一覧

鶏口牛後説vs類は友を呼ぶ説~まずは文献の整理から

以前とある教育系掲示板で「鶏口牛後説vs類は友を呼ぶ説」というのをやった。
その時の文献はあらかた消え失せているが、残っているものだけでも、とりあえずここに貼っておく。
(一部関係のない箇所は削除してあります)

**文献1*********************************

まあ、ああだこうだ、と横道に入りながら進めていくとするか。
開成(Y72)、麻布(Y68)、武蔵(Y63)だが、麻布を中心に考えると、開成と武蔵はどういう位置づけになるか。
麻布の真中に当たる生徒は、開成と4ポイント違うから、まあ下30%と考えてみるか。
武蔵とは5ポイント違うから、上20%か。
この前提に立つと次のようになる。
開成下30%・・・早慶上位
麻布真ん中・・・早慶上位
武蔵上20%・・・東京一工

ここで下30%とか上20%というのは根拠が弱いので、逆に「麻布真ん中・・・早慶上位」となるのは、開成、武蔵のどのあたりのレベルなのかを逆引きしてみる。

開成・・・下30%
武蔵・・・真ん中

おや、武蔵って出口いいなあ。
俺の中の武蔵びいきが発動して、何らかの数字を読み違っているのかもしれない(前科あり)。



**文献2*********************************

「御三家なりに受かって、鶏口牛後説をとって辞退する人はほぼいないと思う。」という書き込みを読んで、ま、そりゃそうだわと思ったので、海城、芝、城北で表を作ってみた。

学校 結果SS  卒生 A率 B率  C率  D率
海城 62/65*** 315 32.1% 16.2% 82.5% 36.5%
芝学 58/64*** 295 18.0% 22.7% 66.8% 37.6%
城北 54/58/59 370 14.3% 22.2% 64.6% 38.1%

A率=旧帝一工率
B率=国公率
C率=早慶率
D率=上理率

さて、ここから何が読み取れるか。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

サピは6年の時のオープンの偏差値と、各校の合格不合格を出してて、武蔵みたいな1日校だと、合格者と進学者はほぼイコールだから、6年前のデータと難関大の合格実績を比べてみたら、なんか傾向が分かるかもね。

神奈川のケース

鶏口牛後の話を東京で検証しようとしても、学校間の選択や併願パターンが複雑なので、よりシンプルな神奈川のケースを考えてみました。
現在の神奈川では、トップは2日の栄光・聖光、二番手は3日の浅野、その次は1日のサレジオ、逗子開成と、序列と日程が明確に分かれています。
それらの今年の実績を並べると以下のようになります。

   東京一工国公医 早慶
栄光 67.6%     108.7%
聖光 52.4%     120.8%
浅野 39.0%     90.3%
サレ 20.9%     62.6%
逗開 11.2%     44.4%

栄光と聖光の入口・出口の逆転こそ有りますが(現役で計算すると、東京一工国公医の差は5ポイント程度まで縮まりますが)、ほぼほぼ綺麗に入口と出口が相関しています。また、栄光・聖光受かれば浅野は行かないでしょうし、浅野受かれば、逗開は行かないでしょうから(サレジオの難易度と位置付けは、正直やや微妙)、上記の学校の生徒は入学時点ではほぼ輪切りになっていると推定されます。それでも浅野の4割は東京一工国公医に合格し、サレジオは2割、逗開でも1割が合格するという結果を見ると、なんとなく”鶏口牛後説”を信じたくなる感じはします。
もう少し違う角度からの検証も必要でしょうね。もうちょっと考えてみます。

Re: 神奈川のケース

おお、おもしろいデータですねえ。
やっぱり、なんとなくですけど、鶏口牛後っぽいんですよねえ。
そういえば埼玉が県をあげて似たような調査をしていたような気がするので、後で調べておきます。

No title

すごく面白い議題ですね!(私ちょっと白々しい・・・)
話を少しだけ具体化したいと思います。といっても、各校の入り口偏差値や、その分布について、精度の高いデータを持ち合わせていないので、テキトーにググってでてきたブログのデータ(棒グラフ)を目視で読み取り、開成、武蔵の進学者偏差値の分布を記載しました。この時点ですでに信憑性は???ですが、議論のきっかけとしてご使用ください。
https://blog.goo.ne.jp/tamontokyo/e/d60f2d321ef65f20a7c672dea7bfd5ae

偏差値     開成     武蔵
75      1(2.3)
74      4(9.1)
73      5(11.4)
72      7(15.9)   1(1.5)
71      11(25.0)  
70      19(43.2)
69      17(38.6)  1(1.5)
68      17(38.6)  1(1.5)
67      26(56.8)  2(3.0)
66      23(52.3)  2(3.0)
65      12(27.3)  2(3.0)
64      10(22.7)  7(10.4)
63      10(22.7)  7(10.4)
62      7(15.9)   5(7.4)
61      4(9.1)   5(7.4)
60      2(4.5)   14(20.7)
59      0       8(11.8)
58      1(2.3)   10(14.8)
57      1(2.3)   15(22.2)
56             10(14.8)
55             6(8.9)
54             4(5.9)
53             2(3.0)
52             2(3.0)
51             1(1.5)
50             1(1.5)
49
48             1(1.5)
47             1(1.5)

上記は、2007年度 四谷大塚合不合 進学者の偏差値と人数だと思います。()内の数字は、開成400人、武蔵160人として、この数字から比例計算、外挿したものです。

ここから考えられるのは・・・
開成からの東大合格者が仮に184人だとすると、偏差値68までが合格できます。
武蔵からの東大合格者が仮に24人だとすると・・・偏差値64までが合格できます。
 ⇒開成に行くと、入り口偏差値68ないと合格できないのに、武蔵だったら入り口64で合格できちゃう!!!!
じゃあ、偏差値65の受験生は、開成にいくより、武蔵に行った方が東大にいけるじゃん、って議論がはじまりそうですね。

では、なぜこんなことが起こるのでしょうか???まずは、考えられる要因を書いてみます。これ以外にもあったら教えくださいね。

a)武蔵は東大合格に有利な教育をしている・・・オッズ1000倍
b)入り口偏差値と出口偏差値はもちろん相関性はあるが、ばらつきは無視できないほど大きい(入り口60でも出口70になる人はザラにいる)
 b)-1. 理由はトップにいることによるモチベーション(鶏口牛後説)・・・オッズ2倍
 b)-2. 理由は個人の伸びしろの差(伸びしろ説)・・・オッズ1.9倍

・・・オッズは、私が贔屓してつけました。

No title

鶏口牛後と関係あるようでないようで

みなさまに相談です。これ本当に真剣に相談です。

 どっかの掲示板にも書きましたが
 うちのアホ次男が 小六で受験です。
 とにかく幼くてアホなのでガチ受験は考えていません(でした)
 偏差値は・・・ 進学塾の試験だと 40くらい。
 学校のクラスでは 中くらい。
 
 とりあえず 
第一志望 千葉市立稲毛(公立中高一貫)
併願    千葉明徳 or 志学館 (どちらも全入私立)
 です。最初は 稲毛は記念受験で 全入私立で頑張れ、と思っていたのですが、ここ最近 やる気が出て来たようで、本気で稲毛を狙ってみようかと思っています。
 今 やっているのは 毎朝の「予習シリーズ5年 計算」と 週一回塾の「適性検査 講座」。

 で、千葉大の学生に家庭教師をしてもらって(週一回) 本気で稲毛を目指そうかと思っています。
 
 レベルが低くて申し訳ないのですが、アドバイスをいただけると幸いです。
(以前も書きましたが 目指せ「千葉大 マーチ」って感じです。それが無理でも名前の知ってる学校ならOK)

あ、何を相談したいのかよくわからないですね。
「千葉中とは違う、普通の中高一貫に合格するにはどうすればいいか」
「そもそも 稲毛に行くのがいいのだろうか?
 全入でも私立の方がいいのか」

って感じです

稲毛 VS. 志学館 VS. 千葉明徳

1.「千葉中とは違う、普通の中高一貫に合格するにはどうすればいいか」

稲毛中学って、随分倍率が高いね。こういう学校は偏差値以上に難関なんだよなあ。
さて、適性検査の過去問をざっと見たところ、……こういう問題って、結構対応が嫌らしいんだ。
たとえばハルビンカフェさんなら、この問題について解説できるでしょ。
こうした問題は中学受験の難解な問題に慣れていると、「なあんだ簡単だな」と思いがちだけど、それは「多岐にわたった知識を持っている」大人だから簡単に思えるんだよね。
逆に考えると、こうした問題を解くためには浅くでいいから広い知識が必要で、それを子供に要求するのはなかなか難しい。

俺ならそうだな、近くに適性検査専門のコースを持っている塾があるなら、家庭教師をそのまま維持しながら、その塾に通わせるかな。
実質あと8か月だけど、何かの手掛かりにはなるかも知れない。

もしそうした塾がないなら、過去問をじっくりやらせるかなあ。どうせいきなりやったって大してできないだろうから(※)、親子で解いてみるかな。クイズ感覚で。
※いやいやハルビンカフェさんの坊ちゃんを悪く言ってるんじゃありませんよ。あんな問題、小6生がひょいひょい解けませんって。


2.「そもそも 稲毛に行くのがいいのだろうか? 全入でも私立の方がいいのか」

>ここ最近 やる気が出て来たようで
>本気で稲毛を目指そうかと思っています

こんなこと書いてるんだから、稲毛中心で行きましょうや。
こういう時は欲望に素直に従った方がいいですよ。と言いつつも、女の子を部屋に呼んだ時は(以下略

ところで全入という割に、志学館の出口はなかなか良いね。
2018の指定校推薦枠も早稲田1、理科大5、明治1、青学9、中央5、法政4、学習院4、成蹊3。6年後にこの枠があるとは限らないけど、このレベルではかなり良いと思う。

ななしさんへ

この数字は面白いですね。
しかし5年以上も放置されているブログの数字、よく見つけましたな。
このブログ主の多聞氏もどうしちゃったかな、飽きちゃったのかな。

俺も飽きるのかな、そのうち。
そしたらコメント欄だけでもにぎわっててください。

働き蟻の理論、は?
どんな集団にも一定数のできるの、ふつうの、できないのがいる、というやつ。
その集団から出来るのを排除すると、それまで普通だったのや出来なかったのが出来るようになる、という働き蟻使った実験結果。

開成の入学時上位半分と下位半分を分けた場合、下位半分からも東大合格者は出ると思う。
上位半分から、東大行かないのが結構現れると思う。
東大進学率に差は出るとは思うけど。

>働き蟻の理論

自分もそれ思い出しました。
ただ、自分が聞いたのは
「働き蟻の集団の中で、あまり働かない蟻が一定数生じる。その集団の中からその働かない蟻を排除しても、やはり新たな働かない蟻が生じる」というものだった気がする。
全体として見れば同じことなのかもしれないけど。

No title

働き蟻理論は「関係性のある社会的集団」には当てはまると思います。

例えば、人間を本能のまま x人置いておいたら
支配者 1人 貴族●人 労働者●人 奴隷●人が生まれた。 その奴隷を 全員別の場所に隔離したら・・・
 といった具合に。(例や人数が的確かはわかりません)

 一方、勉強は極端な話 1人でもできる。
ですので、働き蟻理論は大学実績に適用するにはあまり適当ではないと思っています。

 それに対し、鶏口牛後は 「ある1人の人間が」「鶏口」と「牛後」のどちらを選んだ方がいいか? という理論と思います。

※とここまで書いて・・・
 開成の上位100人を別の学校にしたら全員東大入るのか? と言われると・・・

 別にする時期が 中学1年なら 下位は落ちるでしょうね。 高校1年ならほぼ 東大入るのでは?

 それも「働き蟻理論」かも知れません。
 う〜ん ちょっと考えます。

No title

ジャーナル・ギャップ様

 稲毛中に関するコメントありがとうございました。

 頑張って稲毛中 目指します。
併願校は これからいろんな学校に足を運んで話を聞いてみます。千葉明徳と志学館の一番の差は
千葉明徳→中学校のクラスのまま 高校卒業する
(高入と混じることがない)
志学館→中入と高入で 選抜クラス 準選抜クラスを編成する
 
 という点です。まあ、志学館で選抜クラスに入れないならもうマーチ云々言っている場合ではないということですが・・・

No title

武蔵と開成の比較については・・入試問題の違いという可能性はないでしょうか。
(通常の塾の模試は「開成入試に近い」と思うので、開成の子の力量(偏差値)はかなり正確に表していますが武蔵の子の力量を表しきれていない 麻布も同様。)

例えば「武蔵中学そっくり模試」で偏差値を測定すると違う結果が出るとか・・

※何が言いたいかというと
 「武蔵そっくり模試」では開成に行った子の偏差値が大幅に下がるんでは? そういう可能性はないのか?ということです。

No title

やっぱり自分が(子供が)行きたいところに行くのが(目指すのが)大事ですよね。
話ずれていたらすみません。

鶏口牛後で言いますと、子供は牛が好きで、鳥にはまったく興味がなかったです。もっというと牛の中でめらめらと上位を目指すというのはまるでなく、牛のしっぽのほうで、落ちこぼれを気取っていたい。私が元不良なので、その辺りはよくわかるんです。
えーと、ですからお子さんがどういうポジションが心地良いと感じるのか。
それが大事だと思います。

働き蟻の法則(働き蟻理論)では、その集団における蟻の生産性(成績)が横並びではなく成績によって、常に上位層、中間層、下位層が生じるという。その割合はだいたい決まっていて、ほぼ2:6:2となり、これは上位層や下位層を除いても、やはり残りが2:6:2となるらしい。

この2:6:2という割合がちょっと面白いので、少し遊んで(妄想して)みた。

その集団の中で、上位層はその集団を引っ張る役目(≒頭、ヘッド)、中間層はその集団を維持するため活動する役目、そして、下位層(働かない≒他の評価基準)は、環境や評価基準が変わった時のための隠し球と仮定する。

それぞれのグループを、鶏口牛後か朱に交われば赤くなるかに当てはめるとすると、

上位層→そもそも優秀。鶏口。朱に交われば赤くなる集団を引っ張る。

中間層→鶏口にも牛後にもなる可能性あり。油断すると牛後。朱に交われば赤くなる集団。

下位層→上位層、中間層と異なる価値観の集団。上位層、中間層から流入の可能性あり。朱に交われば赤くなる可能性もあるので最後までに大化けの可能性あり。例えば部活に熱中していた生徒が、卒部後に成績が急上昇する等。
また、集団の評価基準が変化した時にその集団がその後維持できるかの鍵を握る。

集団の中では、いかに下位層残留を減らして中間層や上位層に押し上げるか、の対策が全体の実績を左右する。

(ただし、働き蟻の法則は、調査対象が蟻なので、本人の意志やプライドがあるかどうかは不明。また、学習の成績ではなく、あくまで労働に対する生産性について調査しているので学校の成績に当てはめるには工夫が必要)
‥遊びなのであまり本気にしないでくださいね。

などとテキトーに遊んでいたら、何だか似たようなことをシュミレーションして調べた論文を発見。
興味のある方はご覧ください。

「2:6:2の法則」に関する一考察~下位2割成員の類型化と代表的パターンの抽出~ 柿沼 英樹(青山学院大学大学院)

No title

白鳥座さんありがとう。

白鳥座さんが書いてくれた下位層の箇所を胸に最後まで見守るつもりです。

しかし上位層の人たちってしんどくないんですかね。なったことがないので分からないのです。
しんどいし、自分よりできる人がまだまだたくさんいるほうがワクワクすると思うのだけど。

No title

皆様、凄く面白い議論です。自然とレベルが高い人ばっかり集まってるの???
働き蟻理論・・・最高です。
イメージもわく、これに便乗した考察にも説得力ある。

でも、私は、すごく不思議なイメージを持っています。鶏口牛後vs朱に交われば・・・戦う間もなく、すでに明確に結果でてるように見えます。朱に交われば・・・を支持する意見があまりにもなさすぎ、Y65の人は武蔵より開成に行った方がいいよ、って意見がなさすぎだとは思いませんか?
強いて言うと、雨後さんの「下位層→朱に交われば赤くなる可能性もあるので最後までに大化けの可能性あり。例えば部活に熱中していた生徒が、卒部後に成績が急上昇する等」くらいですね。
本当に、Y65の人は開成に行くより武蔵に行った方が(学力的には)有利なの?だったら、桐朋に行けば東大確定???(桐朋関係者様、こんな使い方してすみません)

なんとなくではありますが、「表にした数字データ=見えるもの」に引っ張られ過ぎてる気がします。ジャーナル・ギャップさんが「伸びしろとウヰスキーと未来人の話」で伸びしろなどというものを考慮に入れると、数字の話は一気にやわになります。統計が測定不能なものを嫌うのは、それが原因です。」とおっしゃっています。

凄く大きな「見えていない部分」がありそうで、私はそれを「伸びしろ」という言葉で誤魔化しています。
あー、凄く面白いけど気持ち悪ぃw

No title

蛇足:
開成ダメだった人が渋々にいって、「全く問題ない」は理解できます。でも逆に「お前渋々でよかったな、開成いってたら、危うくMarchだったぜ」ってピントこない。この「ピンとこない」こそが「見えない固定観念」なんでしょうかねぇ。
(これ、どこかでやったらえらい騒ぎですね)

No title

まあ、普通の親 普通の人は 牛と鶏だったら牛の方が好きですよね。牛のブランド価値もありますし。

 ここまで書いたら「肉の話」に見えてきた。
 はい、肉の話をしているわけではないです。

雨後さん、ななしさん、どうも初めまして。

この2:6:2の比率は、蟻集団における生産性に着目した場合、無為に生じる比率だと思います。この比率が人間の集団でも起こりうるならば、ざっくりではありますが、集団内の生産性や成績の傾向についてのモデルになるのでは?と思ったのでした。

実際には人間の場合は、本人の意思やプライド、将来の見通し、あるいは仲間同士の影響等が含まれてくるので、蟻の場合よりずっと複雑になるはずです(ただし前述の柿沼氏のシュミレーションによると、その集団の構成員の多様性が確保されている場合の方が2:6:2の比率になりやすいそうです)。

また、人間の集団では無為のまま、ということが殆どなく、生産性や成績を上げるためにその集団に対して何らかの働きかけをしますよね。ですので、人間の場合は比率が2:6:2とは限らないこともあるでしょう。実際の成績のデータや数字を照らし合わせて検証しないとそのまま使える比率ではないと思います。

ですから、この比率を使うのは遊びではあったのですが、意外に面白かったです。

No title

働き蟻の理論は面白いのですが、私は人間の集団には当てはまらないと思っています。
蟻の場合、女王蟻を中心とした集団は、個々の生命の集合ではなくて、集団自体が一つの生命体のように機能しているので、あたかも人間の筋肉や体が、働いている部分と休んでいる部分が存在して全体でサステナビリティを保つごとく、蟻は全体で働く、休むの割合をフェロモン系を使ってコントロールしているのだろう、と思っています。
一方人間の集団は、お互いが影響を受けることで、全員のモティベーションが高まったり、皆がやる気を無くしたりもするので、恒常的に比率が決まることは考えにくいと思っています。

さて、鶏口牛後なのか朱に交わればなのかという話ですが、私が以前出した神奈川県の私立男子校の例を見ると、鶏口牛後論を支持したくもなるのですが、”自分より成績が良い人間が居ない方が成績が伸びる”という事が、どうしても直感的に正しいと思えません。
ちょっと考えてみたのが、中学入学時点の各校の入学生の学力分布を基に、そこからの全体の学力の伸びを、期待値(傾き)と分散(広がり)で定義して、大学入試時点で東大に合格する確率が、実際に東大に合格した人数と一致するように、期待値と分散は適当にいじってみる、という作業です。その結果、”中学入学時点で全体の平均(偏差値)がこれくらい下でも、その後の期待値と分散がこれくらいだったら、下だった学校からこのくらい東大合格者が出てもおかしくないよね”、という事になれば、個人個人はともかく集団でみたら、鶏口牛後も朱に交わればも無い、という事が言えるのではないかと思っています。
ちょっと暇なときにやってみます。

ハルビンカフェ さんへ

いろいろな学校を見て、たくさん悩んでください。
困ったことがあったら言ってください。
俺も一緒に困れるように頑張ります。

陸宿借さんへ

大変興味深いです。
ぜひとも考察を続けてみてください。

No title

なんとなく・・ですが、(東大に入るという目的だけで言えば)
一番心地よいのは 5番とかそのくらいの順位で そこそこ周囲からは「あいつ頭いいよね」くらいに思われ、1番の人に引っ張ってもらい、気づいたら東大に入っていた。
って感じでしょうか。

No title

陸宿借さん。
やっぱり進路指導の先生だ~。
いつも読んでます。
名古屋、いい所なんですよね。
あ、ちゃんと他の所も読んでます!

No title

白鳥座さん、ななしさん、ご挨拶が遅れまして
雨後と申します。
よろしくお願いします。

今日寒いですね。
鍋にしよう。鳥かな。

お肉の話じゃないですよね。ハルビンカフェさん。
失礼っ。

No title

では 私は豚肉を・・

豚の偏差値はいくつなんだろう。

本当に鶏口牛後が有利???

白鳥座様、雨後様:
こちらこそ御挨拶が遅れました。ヘンなヤツですが、時々参加しますので、宜しくお願い致します。

皆様:
続)「鶏口牛後有利説」に対して・・・
陸宿借先生が何やら正攻法でやってくれそうなので楽しみです。
他方、私はザツなタイプなので(私の出す数字には注意してください)、以下、テキトウな処理をしました。

{武蔵の方だけ出口の偏差値を全員4上げちゃいました!!!}
「開成の方は、現状維持で我慢していただきます。」

こんな処理をすると、以下のイメージになります。
違和感ありますか???

もし、だいたいこんな感じだとすると、さらに凄い話になります。
だって「鶏口」でも「牛後」でもない「鶏後」の方にまでも4ポイントあげて帳尻があってしまうのですから。
つまり「鶏口」で気分良く勉強するから学力が伸びるのではなく、「鶏後」の方まで、武蔵に行くと学力伸びちゃっうんです。

開成より武蔵の方が一律伸びる・・・・
これを一般化すると「中学受験の持ち偏差値が低い人の方がノビシロが多い」とはなりませんか?
中受の時はそんなに勉強しなかったけど、中・高6年間で本気で勉強しだした、とか
大器晩成型で霧が晴れる状態が遅くに来た、とかの理由で。

偏差値    開成(共通)  武蔵(入) (出)
76                     1(1.5)
75      1(2.3)
74      4(9.1)
73      5(11.4)          1(1.5)
72      7(15.9)   1(1.5)   1(1.5)
71      11(25.0)         2(3.0)
70      19(43.2)         2(3.0)
69      17(38.6)  1(1.5)   2(3.0)
68      17(38.6)  1(1.5)   7(10.4)
↑東大・医ゾーン
67      26(56.8)  2(3.0)   7(10.4)
66      23(52.3)  2(3.0)   5(7.4)
65      12(27.3)  2(3.0)   5(7.4)
64      10(22.7)  7(10.4)  14(20.7)
63      10(22.7)  7(10.4)  8(11.8)
62      7(15.9)   5(7.4)  10(14.8)

京一工・早慶・旧帝ゾーン
61      4(9.1)   5(7.4)  15(22.2)
60      2(4.5)   14(20.7) 10(14.8)
59      0       8(11.8)  6(8.9)
58      1(2.3)   10(14.8)  4(5.9)
57      1(2.3)   15(22.2)  2(3.0)
56             10(14.8)  2(3.0)
55             6(8.9)   1(1.5)
54             4(5.9)   1(1.5)
53             2(3.0)
52             2(3.0)   1(1.5)
51             1(1.5)   1(1.5)
50             1(1.5)
49
48             1(1.5)
47             1(1.5

↑その他ゾーン

No title

>いろいろな学校を見て、たくさん悩んでください。
>困ったことがあったら言ってください。
>俺も一緒に困れるように頑張ります。

 ありがとうございます。

いや、いっぱい困っているんですが・・・ 本当に困ったらまた相談します。
一番の問題は、よくある「なんでこんなにアホなんだろう?」

ま、これは解決のしようがない。そういうもんだと思うしかないですね。

ふうっ

 最低でも 父親と母親の低い方の偏差値の能力でもあればいいのに、と思うのですが・・・
(この理論だと 東大の父と母で生まれれば必ず東大に入れることになりますが、世の中そんなことはないわけです)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント