FC2ブログ

記事一覧

持ち慣れない武器は自分自身を傷つける

さて本日は、先日の記事「東大を受けるからって、そんなにピリピリしなくていいのに」(2021/01/17)と同じく、湯島ミコスさんの「なんで息子が東大生に!?~最難関大学を目指すマインドの育て方~」というブログに寄りかかってみます。
前回ご紹介しましたように、この方は東海地方在住の女性で、トムという息子さんが地元の中高一貫校から一浪して東大に入学しています。

今回の記事は「東大生の浪人時代(7)~東大受験マインドの完成~」というもので、トム君の変てこりんな(それでいて男子あるあるな)思考回路と、母親である湯島ミコスさんの天然ぶりが見ものです。

一浪で臨んだ大学受験、トム君は慶應大学受験の出願時に、去年と同じ「理工学部」ではなく「医学部」を受験したいと言い出しました。
医者になるつもりも適性もないのに、どうして医学部なのかと湯島さんが聞くと、
(ここから先は湯島さんのブログから引用します)
 

トム:「東大で、開成や灘高出身者に引け目を感じたくないから。」

と言います。「は?どゆこと!?」と聞くと、

トム:「開成や灘高卒の、超頭いい高校のヤツらばかりの中で、慶応医学部の合格通知を、自分のプライドにしたいんだ」

との事。東大二次の試験会場での事を言っているのか、はたまた入学後のことを言っているのか。まだ東大に受かった訳でもないのに、一瞬なにを言っているのかよく分かりませんでした。

「そんな余計なこと考えなくていいから、まずは東大に受かることだけ考えなさい
😓」と、即座に却下しました。お金もかかるし受かったとしても行く気も(お金も)ないのに、何を言っているんだろうと私はイラッとしました。


このトム君の思考回路、何となくわかります。
東大に入ったら開成や灘がブイブイ言ってるから負けられない、ということなのでしょうが、意識過剰です。
たまに東大生(あるいは東大OBの方)が、東大の中で灘や開成の派閥がある、みたいなことを言ってる人がいますが、そりゃあ、知った顔がいればつるむことはあるけど、それで派閥だ何だのと言うほど、彼らのつながりは生産的じゃありません。
せいぜいノートの貸し借りや、単位の難しい教授と易しい教授の情報交換ぐらいです。
そんなもの、ちょっとしたサークルに入れば同じものが手に入る。いや、ほとんどの場合、それ以上のものが手に入る。

東大生の悪いところなんですが(あるいは、頭の良い奴の悪いところなんですが)、自分が与えられているモノに関しては無頓着なクセに、自分に与えられていないモノには神経質なんです。
東大という強力なムラ社会に入ったのですから、それより小さな集落のつながりなんて気にしなくてもいいのに。

で、トム君に訊きたいのですが、慶應医学部の合格通知は、開成卒生や灘卒生に対抗するプライドになりますか?
俺はならんと思うね。

結局どこかで「俺、慶應医学部蹴ったんだ」と言うしかなくなる。
それでも「へえ、そうなんだ、凄いね」ぐらいの反応しか得られないだろうから、ついには合格通知書を見せびらかし、「あいつ、ちょっとおかしいな」なんて言われる羽目になる。

ならば最初からそんな意味のない飛び道具、持たない方が利巧なんだ。
持ち慣れない武器は自分自身を傷つける。

さて、トム君にイラッとした湯島さんは、このあと凄い方向に向かいます。


「とにかく東大合格だけを考える」というのは、「東大までの人」の典型例で、入学後は燃え尽き症候群になるリスクもあります。


え?まあ、そりゃそうかも知れないけど、東大入学後のプライドのために慶應医学部受けたいという若造に、「まずは東大に受かることだけ考えなさい」と言うのは当然だと思うぞ。
いや、当然云々の前に、言わなくちゃいかんだろうよ。


だからトムのその発言は、すでに合格を見越した先の近未来の自分の立ち位置を思い描いてのことであり、東大受験マインドとしてはかなり完成形に近かったのだと思います。


待てーーーーー!!!!
お前は間抜けか、アホか、親バカか!?
……いや、天然なんだろうな。


スポンサーサイト



コメント

No title

 今、慶應の入試日程見たら 医学部と理工学部は重複していないよう。
じゃあ、両方受ければええんでないの?

 医学部いくお金はなくても受験料くらいあるでしょ。本人が受けたいなら受けさせてあげれば。

 もっとも、医学部志望の受験生から「記念受験なんてやめてくれ〜」という悲鳴が上がるかもしれませんが・・

※ところで医学部は面接があると聞いた。
「どうして医学部を受験したんですか?」
「東大に行って開成や灘の連中に・・・」

> ところで医学部は面接があると聞いた。
「どうして医学部を受験したんですか?」
「東大に行って開成や灘の連中に・・・」

ぎゃはははは。
これで合格させてくれたら、慶應医学部の懐の深さに感服する。
ブログ見たけどトムくんの東大2次試験、英語の得点が5割未満。これじゃ慶應医学部なんて箸にも棒にもかからんな。

夢にも思うめえ

でもトム君、東大二次の数学は100点越え。凄いなあ。
やはり彼は理学か工学が合っているように思えるな。
今度4年生だから、もう「開成や灘の奴らに……」なんていう気負いもすっかり抜けてるだろう。

しかしこんなところで自分が話題になってるなんて、夢にも思うめえ。

もし引け目を感じるとしたら、それは「幻想」「記号」「イドラ」としての灘・開成。
「現実」の灘・開成はたぶん違う姿を見せると思います。

それにしても十代というのはいいですね。
自分自身を傷つける武器も混ざっているかもしれないけれど、いろんな武器を振り回すうちに、自分に合った武器が見つかりましょう。
歳をとると、武器を手に取るのも億劫になります。

怠惰の行く末

>歳をとると、武器を手に取るのも億劫になります。

いやはやまったく。
この「武器をとるのが億劫」→「戦うのが億劫」→「平和になる」という流れは、平和なので良いように思えて、若干怠惰すぎる気もする。

年寄りよ、武器を持て!
(キレる老人注意!)

持ち慣れない武器も必要になる時

>歳をとると、武器を手に取るのも億劫になります。
→この倦怠感は仕事疲れによるものなのか、更年期によるものなのか、はたまたコロナの症状なのか・・・全く判別がつきません(/。\)

>年寄りよ、武器を持て!
→とりあえず酒瓶と拡大鏡を持ってみました
ρ(・・、)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント