FC2ブログ

記事一覧

道徳『星野君の二塁打』はこう教えようか1~サイン無視の代償

今回は前回の流れを踏まえて、道徳のお話。
道徳というのが「教科」に格上げされたらしいので、その言祝ぎも兼ねてです。

というか、道徳って俺、苦手なんだよね。
あの「それぞれの意見を尊重し合う」というフニャチン、穏やかな決着のつけ方がね。
とはいえ、世の中には白とも黒ともはっきりできないことも多いので、今思えば道徳の効用というのは大きかったと思う。
というまくらを挟んで本題に入るが、皆さんは「星野君の二塁打」という道徳の教材をご存知であろうか。
ネットで検索すれば全文でてくるが、ここではあらすじだけ。(あらすじはネットから拾ってきた)

とある野球大会への出場が決定する予選の最終試合でのこと。同点の最終回裏の攻撃、ノーアウトランナー1塁の場面でバッターは星野君に回ってきた。
監督からはバントを命じられたが、絶好球が来たのでバントの指示に背いて二塁打を放った。そして、星野君のチームは次の打者が犠牲フライを打ったためこの試合に勝利することができた。
しかし、翌日に監督はバントの指示に背いた星野君に「共同の精神や犠牲の精神の分からない人間は社会の役立つことはできない」と話し、大会への出場停止処分を下した。

さて、実はこういうシチュエイションは古くから議題に上る。
道徳の議題じゃないよ。実際の野球指導者の間でだ。
多くの場合は「ま、しゃーない、今回は結果オーライだが、次からはしっかり守れよ」みたいなニュアンスに落ち着く。
そういったなあなあなに落着しないのは、野球強豪校かつスパルタンなところだ。
尤もそういうチームで監督のサインを無視できるのは、清原や松井クラス、あるいは退部覚悟の奴だけだろうな。

これは道徳という教科だから、文科省から「ねらい」というのがしっかり設定されている。それは「よりよい学校生活,集団生活の充実」
いやあ、さすがですなあ。監督による一方的な星野断罪を全面支持、ですか。さすが権力者の考える道徳はおもしろい。
様々な学校もこの指針に従った指導案を作成している。
そこでの主題の設定理由は「規則を守る、義務を果たす心を育てる」とある。

ところでこの監督の星野君を叱る言葉がふるってる。

いいか、野球は、ただ、勝てばいいのじゃないんだよ。健康なからだをつくると同時に、団体競技として、協同の精神をやしなうためのものなのだ。ぎせいの精神のわからない人間は、社会へ出たって、社会を益することはできない。

ホントかね?
監督は混乱してるのさ。
自分のサインが無視され、しかし勝負に勝ったのだから、「勝った」という事実を矮小化したい、その一念で「ただ、勝てばいいのじゃないんだよ」なんて言ってるのに過ぎない。
小心者だなあ。

まあこの監督の小心っぷりには、みんな驚くぜ。
まず何故この人は野球の監督なんかすることになったのか。

ぼくが、監督に就任するときに、君たちに話した言葉は、みんなおぼえていてくれるだろうな。ぼくは、君たちがぼくを監督として迎えることに賛成なら就任してもいい。校長からたのまれたというだけのことではいやだ。

まあこういう背景があったわけです。
しかしね、小学生なり中学生が、新しく監督になる人に「監督として迎えることに反対だ」なんて言えるかい?
さらにこんなことも言ってます。

ぼくは野球部の規則は諸君と相談してきめる、しかし、一たんきめた以上は嚴重にまもつてもらうことにする。また、試合のときなどに、ティームの作戰としてきめたことは、これに服從してもらわなければならないという話もした。諸君は、これにも快く賛成してくれた。

そりゃ大人からそう言われたら、子どもなんざ浅はかだから「そうなんだろうな、そうしよう」となるわけです。「ルールだから守らなくちゃ」という気持ちは、大人よりも子供の方がずっと強い。
この監督はそこのところを悪用して、さあ、証文を書いたんだから、これを履行しろ、と言ってるようなものです。
ここに一人おっちゃんがいたら、「おい、監督、そいつは道理がおかしいぜ」と口を挟むところですが、そうはいきません。

なにしろこの教材は「よりよい学校生活,集団生活の充実」のためのものですから。
そしてここにおける監督は先生、選手は生徒のメタファーです。おっちゃん(保護者のメタファー)がいたらまずいわけ。
「クラスで決めたこと」なんて言ったところで、全部先生が決めたことだ。それを「クラスで決めた」というアリバイを作って「だから先生が一方的に決めたことじゃない」という言い逃れをしているに過ぎない。
小心者め。

さて、野球が「ただ勝てばいい」ものじゃないなら、野球は何のためにやるのか?
このあたりは次回へ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

2002年頃から「心のノート」なるものができて、心まで管理するのかーと思ったものだった。
まあ、家族や地域などで人との交流の層が薄くなる中、コミュニケーションとか人間関係を学ぶための一種のシミュレーションとしては、有効なのかもしれない。

そして予想されたことではあったが、ついに道徳が教科になった。

教科になったからには当然、評価がある。

他の教科のような数値化や到達度の測定が困難と思われるため、相対的に評価するのではなく、その子それぞれの成長を評価することになっているらしい。

なんだか同調圧力が変に強まらないといいけど。

No title

野球評論家のジャーナルギャップ様:

いつも面白い話題提供ありがとうございます。

>ただ、勝てばいいのじゃないんだよ。健康なからだをつくると同時に、団体競技として、協同の精神をやしなうためのものなのだ。ぎせいの精神のわからない人間は、社会へ出たって、社会を益することはできない。

たしかに、これはイタイですねぇ。


〇アマチュア野球での目的は「勝利」だとして
「勝つためにバンドを命じたのになぜ従わないのだ。たまたまヒットだったからよかったものの、7割は失敗につながるプレーを大事な場面で勝手にやりやがって。お前は出場停止だ」だったら、結果は同じ処分でも、だいぶ理由は違いますね。

また、あの衝撃的な「松井の4連続敬遠」は、「勝つため」だったので良かったのかなぁ。勝つためだったら、あれはあれでよかったんだろうなぁ。でも、なんかスカッとしない・・・

〇プロ野球の場合。
プロ野球も、目的は「勝利」なんですかねぇ。プロのビジネスであることを考えると「客が喜んでお金を払う」ことが目的で、「勝つこと」は手段、という可能性ないですか?
「落合は勝つための野球やってくれてるけど、あの野球は面白くねー」と、中日の熱狂的ファンがよくぼやいていました。実際、観客導入数がどうなったのかは知りませんが、やっぱり、中日、強かった時の方が客入ってたんだろうな・・・

同調圧力は日本の伝統です

> なんだか同調圧力が変に強まらないといいけど。

いやいや、これで同調圧力が強まらなかったら、奇跡です。
というか、日本民族として間違っています。
やはり日本人は横並び圧(以下自主削除

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント