FC2ブログ

記事一覧

コンサルクロニクル3~首都模試と青チャートの邂逅

(前回までのあらすじ)
「日本一満足してもらえる学校へ」という校長の要望のため、コンサルとして動こうとする俺を、校長はなぜか邪魔する。
そこには校長の「やりたいこと」が影響していた…

校長の「やりたいこと」は、月曜の幹部ミーティングで明らかになった。
それは「落ちこぼれゼロ作戦」。毎回の授業の最後に確認テストを行い、満点が取れないなら放課後の補習に残し、満点を取れるまでフォローするというもの。
これに教務部部長が難色を示した。
部長「これをやりますと、毎回授業が10分ほど確認テストに時間がとられ、カリキュラムの消化が困難になります」
校長「でも、やらなくちゃだめだよね。どれくらい確認できてるか判断できないんだから」
部長「そもそもその確認が定期テストなわけでして」
校長「遅いよそれじゃあ。だって理解できてない授業を生徒は何か月も受けることになるんだから」
部長「……」
校長「あ、そうだ、いいこと考え付いたよ。定期テストやめればいいんだ。だって確認テストを毎回やれば、定期テスト必要ないでしょ?」

さすがに定期テスト廃止は採用されなかったが、確認テストはやることになった。
来週からすぐにやれということなので、俺は早速文面を作って保護者メールを流し、社内のデザイン部隊にポスターを発注した。
さらに「新世紀確認テスト大会」と銘打ったイベントを次月に実施する段取りをつけ、いくつかのwebメディアにネタを流した。
ここまでなら、何もおかしなことはない。
なんだ、これがやりたかったなら、最初から言えばいいのに。それぐらいの気持ちだった。

ところが木曜、俺は校長に呼ばれた。
「大変なことがわかったんだよ」
校長はそう言うと、俺の前にテキストを何冊か出した。数学のサブテキストや英語のテキストだ。
「これ、うちで使ってるテキストなんだけど、こんなんじゃ大学入試で実績でないんだよ」
俺は手に取ってみたが、別におかしなテキストじゃない。
そもそも東大何人、早慶何人という学校じゃない。ひと握りの優秀な生徒が中堅国立MARCHの実績を稼ぎ出す学校だ。
とにかく全員大学進学、最後の最後まで面倒を見て関東上流江戸桜にでもいいから合格を手にさせる、そういう学校だ。
そうした学校にふさわしく、基礎をしっかり固めるための数学のサブテキストだし、英語だって通常のテキストだ。
何が問題なのか、全く分からなかった。
それだけに校長の次の言葉は衝撃的だった。
「開成とかってさ、青チャートって使ってるんだよ、数学で。うちも青チャート使わないと駄目でしょ」
「……」
「英語もプログレスっていうテキスト使ってるんだって。もうね、テキストから違うんだよ。汚いよね」
「……」

3連点(…)で胡麻化したけど、この時の俺の複雑な気持ちを察してくれ。
ただ言語化した場合、最も近い言葉はこれだろう。
「お前、何者だ?」

だってさ、この世界にいりゃどんなテキストがあるのか知ってるでしょうよ。で、集まってる生徒の学力考えれば、どんなテキスト使うのが最適解か気が付くでしょ。
それを開成がそのテキスト使ってるなら、こっちだってそのテキスト使えば同じような実績が出るなんて、いったいどこの惑星から来たんだ、お前。

「ああ、そうそう、青チャートじゃなくて赤チャ―トというのがさらに上にあって…」
おい、やめろ。

俺は早速教務部長を呼んで、すぐに校長と交えてテキストの話をした。
教務部長は当たり前の話をして、校長の案を退けようとしたが、話は平行線。
なにしろ校長は「やってみないとわからないでしょ」「生徒の学力が飛躍的に伸びる可能性を摘むことは出来ない」と、徹底的ポジティヴな世界観で押してくる。
結局妥協点として、数学では青チャートを配布して要所要所をやらせる。英語はそのままのテキストを使用する、ということになった。
教務部長は来年から実施の線で行きたがったが(当たり前だ)、校長は来週月曜の幹部ミーティングで発表して、再来週から実施を譲らない。
最終的に来月実施ということになる。

こうして首都模試で合格レベルをはかる学校なのに、数学で青チャートを配るという不可思議な状況が生まれた。
ただプログレスを使うというナイトメアだけは阻止することは出来た。

その時の俺は、(そうか、校長のやりたいことって、落ちこぼれをなくしたり、大学合格実績を伸ばすという事なんだな)と思っていた。
しかしやがてそれは間違いだったと、気づくことになる。(続く)

※このお話はフィクションとノンフィクションがブレンドされています。まさかそんな校長いるわけないだろ、と思うシーンもあるでしょうが、おそらくそう思われたシーンはノンフィクションです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ジャナ天さん、これ、ドラマ化した方がいいんじゃない?
ジャナ天さん役、竹野内豊とか、高橋一生とかにしてさ。理事長はトンデモない奴なんだけど、娘がなぜか深キョンみたいな。生徒は適当にジャニーズとAKBから集める感じで。
スパルタ教育で無理矢理進学実績上げて生徒集めをしようとする学園長に、「生徒は、あんたの自己顕示欲を満たすためのコマでもなければ、経済欲を満たすための宣伝の道具でもないんだ!」ってジャナ天コンサルが立ちはだかって、最後は生徒や深キョンもジャナ天コンサルと一緒に学園長を追い出して、ハッピーエンド、みたいな。

ちょっと、チープ過ぎるな。

Re: タイトルなし

> ジャナ天さん、これ、ドラマ化した方がいいんじゃない?

そんなカッコイイ話じゃないんだよ。
厄落としの意味合いで書いてたけど、書けば書くほどうんざりしてきた。

No title

いや、でも私は「落ちこぼれ0作戦」は 好感持てます。
たとえ無理でも 姿勢はいいんでは?
(理想に燃えた新米校長とか理事長がいいそうなことです)
 理想と現実で対立するのは よくあることかも。

(田舎者リべラルは こうした「理想」に弱い。ふふふ)


 なんつってこの先どう展開するんだろう。

Re: No title

> いや、でも私は「落ちこぼれ0作戦」は 好感持てます。

本文でも後程書きますが、この校長は決して悪い人じゃありません。
ただ、いろいろと問題がございまして…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント