FC2ブログ

記事一覧

埼玉私学の中入生と高入生2~とりあえず大学合格実績としては見られるレベル

今回は前回の記事「埼玉私学の中入生と高入生1~本庄東って何?」(2020/08/05)の続きです。
さて「華やかでない」学校では、高入生と中入生とで大学合格実績はどう違ってくるのか?
前回の淑徳与野と本庄東では中入生の方が高かったわけですが、今回は大宮開成、春日部共栄に登場願おう。

高校偏差値は3年前の北辰の合格者平均偏差値、中学偏差値は6年前の四谷大塚80偏差値。
※高校偏差値は類型の平均。そもそも合格者平均偏差値なので、かなり高く出ていると覚悟してください。みんな公立に受かったらそっちへに行くからね。
※中学偏差値は複数回の平均。すべて1月校だから、これも高く出るねえ。


★大宮開成(共学校)高65 中47(首都模試80で53)
入学法 S率 国公 早慶 上理 GMARCH
高入生 4.4% 27.1% 12.1% 21.2% 101.3%
中入生 6.0% 19.3% 20.5% 16.9% 077.1%
※現役のみ
※S率は旧帝一工国医率

MARCH合格者数で日本一になった大宮開成、さすが高入生のGMARCHでは100%超え。
日本一に貢献したのは中入生よりも高入生だったようだ。
何しろ中入生の数が少ない。卒生のうち高入生は387名。それに対して中入生はたった83名だ。
旧帝一工国医率や早慶率で中入生は高入生を上回っているが、それ以外では負けているところを見ると、中入生の上位層が数をたたき出しているのだろう。
この辺りを見ると、ほとんどのレンジで中入生が高入生を上回っていた淑徳与野や本庄東とは様相が違う。


★春日部共栄(共学校)高62 中48(首都模試80で56)
入学法 国公 早慶 上理 GMARCH D率
高入生 15.6% 3.5% 4.7% 34.4% 15.9%
中入生 12.5% 5.1% 7.4% 35.3% 08.8%
※D率は成成明学獨國武率

ご存じ野球の名門校。甲子園には夏5回、春3回出場。
1993年の第75回夏の甲子園では準優勝に輝いている。
あの時はサウスポー土肥の抜群の制球力で、埼玉初の夏の甲子園優勝かと思ったのだが……

春日部共栄土肥

やっぱり甲子園ネタは脱線してしまう。
ところで春日部共栄だが、大学合格実績で大宮開成に高入生で負けるのは仕方ないとしても(偏差値65対62)、なぜ中入生勝負で負けるかな(偏差値47対48)。
高入生、中入生の卒生がHPに出ていなかったので、募集定員から均等割りしたけれど、それにしたって随分差がありすぎる。

春日部共栄の中の高入生、中入生の数字を見るとかなり均衡している。
よく「中学受験と高校受験は偏差値が10違う」と言われるが、実のところはもうちょい離れているのかもしれない。


さてここまでは、とりあえず大学合格実績としては見られるレベルだ。
ここからが本当に「華やかでない」学校の本領発揮である。

というところで紙面が尽きた。(←嘘つけ)
続きはまた後日。

※このブログは誰でもコメントできます。(当たり前か)
さらに言えば、本文と関係ないコメントでもOKです。
今日は暑かったけどビールがうまいからよしとしよう、なんていうのでもアリです。

スポンサーサイト



コメント

No title

土肥投手に引っ張られて、野球の話しで恐縮ですが、代替大会で福岡高校が優勝しましたね。
 福岡県公立の雄といえば、東筑高校は有名ですが強豪私立がひしめく中での優勝はすごい。

 東京でいえば国立高校が日大三高に、神奈川でいえば湘南高校が横浜高校に勝って県大会優勝!みたいな感じですかね?
(静岡高校みたいに公立進学校なのに県内から野球推薦でかき集めているわけではないことを願います)

No title

ここまで名前が出ていない学校・・・

「昔の名前」 城北埼玉
「金持ち学校」 西武文理
「昔は女子校」 星野
「埼玉御三家?」 川越東
「昔は底辺(失礼)」  細田 山村 

ぐろっするさんへ

福岡高校、福岡大大濠を倒してのジャイアントキリング優勝ですね。
ちなみに福岡高校というと、俺の敬愛する作家・原尞の母校です。

ハルビンカフェさんへ

>ここまで名前が出ていない学校・・・

>「昔の名前」 城北埼玉
>「金持ち学校」 西武文理
>「昔は女子校」 星野
>「埼玉御三家?」 川越東
>「昔は底辺(失礼)」  細田 山村 


川越東、山村は中学部がないし、細田はまだ卒業生がいない。
城北埼玉、西武文理、星野は中高別の実績を出してくれてないんですよ。

埼玉県で中入生主体は3校だけ

 「埼玉私学の中入生と高入生3」「埼玉私学の中入生と高入生1」の順にコメントしています。ここで、総括しますと、埼玉私学は、高入生主体の高校に、隠しスパイスとして、少数の中入生が広告塔として存在しているとみると理解できます。
 西武文理も東大二桁合格校への脱皮に失敗して、この状態に戻りました。川越東は、隠しスパイスさえ不要という高校です。(ここは星野の系列校なので、中学受験のノウハウがあり、いつでも中学受験に参入できるという余裕があります。)
 その中で、例外が4校ありまして、まず、中入生だけの浦和明の星。
 栄東は、優秀な中入生に、少数の高入生を混ぜるという都内の男子校にありがちな例(こういうところは徐々に高校受験で敬遠されがち)。
 開智は、中入生と高入生を完全分離して、両方とも進学校として人数規模を保っている学校。
 最後にコメント欄で言及にあった城北埼玉。ここは中学受験参入時期が微妙だったのか、優秀な高入生の定員を減らして、中入生の定員を増やしていったら、結果的に平均が下がってしまった例。
 まとめると
中入生、浦和明の星
中入生+α、栄東、城北埼玉
中入生、高入生完全分離、開智
高入生+α、その他の埼玉私学

YTさんへ

> まとめると
>中入生、浦和明の星
>中入生+α、栄東、城北埼玉
>中入生、高入生完全分離、開智
>高入生+α、その他の埼玉私学

YTさんは詳しいだけでなく分析も深いので、参考にさせていただきます。

No title

第40回選抜大会で埼玉に初優勝をもたらした大宮工業でしょう。
大宮の名を全国に知らしめました。

大宮と言えばさんへ

大宮工業といえば、入院先から甲子園のマウンドに直行した、エース吉沢ですな。
スコア表しか見たことないですが、準決勝の箕島戦が痺れます。
相手は東尾(のちの西武の大エース。石田純一の義父)がエースで四番ですから。

2点リードで迎えた9回、二死二、三塁でその東尾がバッターボックス。
埼玉県民、気が気じゃなかったでしょう。

No title

 オラの母校 盛岡一高は、実は過去9回も甲子園に出ている(らしい)

 でも、今の時代、花巻東に勝つのは至難だろう。
 野球は大谷、頭脳は東大級、ってな子が気まぐれで入ってくれない限り甲子園は夢かな。

 もし出たら万難を排して応援に行く。甲子園で校歌を歌いたいのだ。

 校歌は「軍艦マーチ」だ。 日本中の左翼が驚いて、批判するだろうニャ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント