FC2ブログ

記事一覧

藤井聡太を倒すのは誰だ?!~地球が植民地化される日

藤井聡太というのはとんでもなく将棋が強いらしい。
などと書くと、今さら何を言ってるんだこのスカタン、と言われそうだ。
しかしこの歳になると「とんでもなく将棋が強い」奴なんてさんざん見てきているのだ。

さすがに大山康晴の全盛期は知らないが、中原誠、谷川浩司、羽生善治、深浦康市と見てきた者としては、藤井聡太がこのレベルのどこに位置するか、興味は尽きない。
中には「羽生と同等」という者あり、また、「全盛期の羽生と戦っても3つに2つは藤井が取る」という者もあり。

さて、中原、谷川、羽生の中にこっそり深浦康市を混ぜたのに気がついたかな?
俺は大して深浦が好きというワケではないが、ちょっと愛着というか親近感がある。
というのも、2008年の王位戦七番勝負がきっかけだ。

ちょっと長くなりますが、その頃の状況をお話します。
前年(2007年)に羽生から王位を奪取し初タイトルを獲得した深浦は、立場を逆にして羽生(当時名人・四冠)の挑戦を受けていた。
羽生が先勝した後の第2局、波に乗ると思われた羽生は深浦の粘りに手を焼きついには逆転負け。
全盛期の羽生では考えられないような負け方に2ちゃんねるは「羽生衰えたな」の大合唱となった。
(四冠で「衰えた」とは……?)

そうした状況の中、2ちゃんねるに伝説の「将棋星人」の書き込みが誕生する。


839:名無し名人:2008/07/25(金) 09:39:28 ID:0ulRSLnj

おまえら、もし地球に将棋星人が攻めてきて、向こうの大将と地球代表が将棋一番勝負で対決し、負けたら植民地にされるという事態になったら、地球代表は絶対羽生でないとイヤだろ?
深浦でもいいのか?深浦に地球の命運を託せるのか?
羽生をけなしてるやつは地球規模で考えるんだ



日付をご覧あれ。
丁度12年前の今日、書かれたわけだ。

さて、めでたく藤井棋聖が最強棋士となった暁は、将棋星人が攻め込んできた時は地球代表として……、しかしここで俺は不穏な情報をキャッチする。
藤井聡太こそが将棋星人なのではないか?

なんだって~!
※懐かしの『MMR』である。

かつて神は悪魔と戦い、悪魔を倒したというが、実はその時勝ったのは悪魔で、我々が神として崇めているものこそ悪魔なのではないか。
そう考えれば災厄が地球上からなくならないことに論理的な説明がつく。
同じように、我々は今、将棋星人を崇めているのではないか。

渡辺明永世竜王・永世棋王が敗れた今、木村一基王位が藤井将棋星人(暫定)の前に立ちはだかっているが、いきなり連敗である。
木村一基が駄目なら誰が倒せるのか。豊島将之名人・竜王か?永瀬拓矢叡王・王座か?
それとも法律的に酒も飲んじゃダメ、煙草も吸っちゃダメな異星人に、七冠持っていかれるのか?

ちなみに植民地になったら、総督府は天童に置かれるに違いない。

スポンサーサイト



コメント

No title

 もし明日 将棋星人が攻めてきて人類代表を誰にするか? と言われたら、オラは(嫌いだけど) 渡辺さんに地球の独立の命運をかけるでしょうニャ。

 本当に本気になったらまだ藤井さんより渡辺さんの方が上だと思う。  

 今は、ね。 来年にはどうなっているかわからんけど。

 だいたい、藤井さんはまず時間の使い方を何とかせい!  時間使いすぎ。 いつも残り10分とかで苦心して勝っている。 残り10分で正解が指せるなら、途中でも1時間も2時間も考えずに30分くらいで正着を指せるはず。 ナンボ考えたって終局までは人間には読みきれないんだから、どっかで妥協した方がいい。


※昨日の将棋も時間で苦労して負けた。

 しかし勝った丸山さんの「悪役」ぶりは見事だった。

 秒読みの藤井さんが席を立つとすかさず指して藤井さんの時間を削る。  アベマテレビの前で堂々と「嫌がらせ」をしたのだ。
 最近 「正々堂々」なんて行儀のいい棋士ばかりなので、こういう「あらゆる手段で勝ちにくる」のはむしろ新鮮。
 ルールの範囲だ。  悪いのは時間を管理しない藤井さんの方で丸山さんは何も悪くない。

 でも丸山さんは、全国300万?の藤井ファンの恨みは買っただろうニャ。
 ほほほ

豊島に賭ける

>もし明日 将棋星人が攻めてきて人類代表を誰にするか? と言われたら、オラは(嫌いだけど) 渡辺さんに地球の独立の命運をかけるでしょうニャ。

俺は豊島に賭けます。
人生の前半、あんなに強くてあんなにタイトル無縁仏だったので、きっとこういう時に借金を返すはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント