FC2ブログ

記事一覧

ルールは守るが、生徒は守らない

前回「新型コロナで中学受験はどう変わる?」(2020/07/20)

逆に新型コロナで中学受験を始めたという人もいるらしい。
ん?なんで?と思ったら、結構根深い問題があったので、これに関しては後日ご紹介しましょう。


と書いたので、今回はそのお話です。

まあ新型コロナ騒動で儲けた人もいるから、そういう人が「よし、中学受験でもやらせてみっぺか」と思ったというケースもあるかもしれない(偏見アリ)。
しかし俺がこれから書く内容は、そういうことではありません。

今年の卒業式はコロナのおかげで、散々なものになった。
保護者や在校生の出席がなかったり、式もかなり簡略化され、飛沫が飛ぶということで校歌もなし。
儀式が簡略されると如何に空疎になるか、ということを教師も生徒も痛感したろう。

さて、一部新聞報道にもあったので知っている人もいるかもしれませんが、そうした式でも国歌は斉唱された。

 都教委の説明などによると、安倍晋三首相が全国一斉休校を打ち出した2月27日までに、自治体から「飛沫感染防止策として歌わないことを考えている」「歌わないと、服務事故扱いになるのか」などの問い合わせがあった。

 都教委は翌28日、現場の判断に任せる旨の文書を送った上で、直接管轄する都立校には「国歌斉唱を行う方針に変更ありません」と文書で通知。世田谷区や杉並区の学校は歌わなかったが、都立校は全て斉唱した。ある校長は「歌わないことも考えたが、文書が来たので国歌だけ歌った。校歌など他の歌は感染リスクを下げるために歌わなかった」と話す。

(東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/43611)

しかしホントかね。俄には信じがたい。
都教委は何を考えてるのかな?

NHK君が代
※昔はNHKで放送終了後に「君が代」が流れていたが、今はどうなのかな。それにしてもあの歌は、抑揚に乏しく歌いづらいことこの上ない。

俺は国歌など歌おうと歌うまいとどうでもいいと思っている。
「歌わないと処罰するぞ」と言われたら歌うけど、歌うからといって別に右翼的になろうとも愛国者たらんとも思わない。
所詮歌だ。それも歌いたくて歌う歌じゃない。歌わされる歌だ。どっちでもいいよ。

この問題の要所は、「学校はルールは守るが、生徒は守らない」ということ。
偉そうなことを書いているが、俺だって都立校の教師なら卒業式で生徒に国歌を「歌わせる」。
飛沫が飛ぼうと関係ない。それでコロナが蔓延しようと知るもんか。
「疫病の拡大を阻止するために、君が代を含め歌は歌わないでおこう」などと言って、ペナルティを食らったら馬鹿みたいだもんな。

国歌斉唱の時に起立しなかったり、口がちゃんと開いてなかったりすると懲戒処分。
黒川さんなんて、検事の職にありながら賭け麻雀しても、懲戒より軽い訓告処分だったのにね。

だったら生徒のために何かやろう、なんて考えるだけ無駄だ。
むしろ合理的に考えれば「そんなことはやってはいけない」。

「たかが歌ひとつじゃないか」とも思うが、中には「たかが歌ひとつで終わらないかもしれない」と思った人もいたようだ。
それは「君が代と軍国主義がどーのこーの」ということではなく、公立中学校がどこを向いて教育をしているのかに対する不安なのだろう。

ちなみにこの件に関しては、新聞報道よりも早く動いた人が何人かいたようだ。
中学受験界の友人のところには、小5と小6のすでに何人か、上記の理由で中学受験の門を叩いている。
保護者の嗅覚とでも言おうか。
いずれの家庭も学力だけでなく、「どんなポリシーのある学校があるのか」を気にしているらしい。
ま、そこが気になるのは当然だ。

それにしても妙な話である。
現場もそうだが都教委が守りたいものは何なのだろう?
この人たちは津波が来ても「まずは点呼を取ります」などということをやらかしそうだな。

ちなみに先日、友人宅で今年の麻布高校の卒業式DVDを見せてもらった。
「ほら、これ、これがうちのかわいこちゃん」などと騒がしかったが、麻布の卒業式は国歌を歌わなかった。
あの学校はそもそも式典で国歌を歌うことはない。

戦時中ずいぶん国からイジメられたからね。

スポンサーサイト



コメント

No title

 まあ世間の社会人は「出世のため」なら多少の矛盾は見ないことにするもんだ。
 オラだってそうだ。
 つまらんことで争うのは時間の無駄。
 言うことを聞いていればいい。

 まあ大なり小なりそんな感じだ。

 しかし先日読んだ記事の「いきなりステーキ」はびっくりした。
 この会社は、会議で点呼を取る、と言うのだ。 それも「甘えん坊さん」「はい」「ハルビンさん」「はい」ではなく、 「番号! 1 2 3 4 5 6・・・」とそれぞれ自分の番号を言うんだそうな。

 そんな会社嫌だなあ。 いくら出世のためでも嫌だ。  でも仮に給料を今の倍くれる、と言うなら会議で番号を叫ぶくらいどってことはない。 オラの魂なんてそんな値段だ。

※オラその話を聞いて 「いきなりステーキ」では絶対食事をしない、と思った。 今までも行ったことはないが、そんな会社の肉は食いたくない。

No title

アホ息子2号が怪我をした。で、整形外科に行った。
病院の受付の人にあれこれ聞かれた。
「一応規則なのでお聞きしますが、妊娠の可能性はありますか?」
「・・・?」

 アホ息子はちっちゃくて可愛い。で長髪だ。
どうも女の子と間違われたらしい。 しかし中学生に妊娠の有無を聞くのかあ(レントゲン検査をするからだろう)。中学生だってまあ、妊娠の可能性は0ではないということか・・

 さて、足を怪我したので、校則通りの靴を履けない。 サンダルだ。

 今日朝、「大丈夫かなあ 叱られないかなあ」と心配している。

 まあ、千葉の公立は大丈夫だと思うが・・・ でも日本には、 怪我しようがなんだろうが校則は校則、という学校がまだあるだろう。きっと。

マスクの色

>でも日本には、 怪我しようがなんだろうが校則は校則、という学校がまだあるだろう。きっと。

あるでしょうね。
今回のコロナ禍にあっても、白いマスクじゃないから駄目、という学校がありましたから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント