FC2ブログ

記事一覧

俺が部活動の相談を苦手とする理由

最近、プライベートで部活動の相談をたて続けに受けた。
ところで俺は、部活動の相談を受けるのが苦手だ。
進学相談や勉強のやり方などはどちらかというと楽しいのだが、部活動は困る。
何故なら、俺の答えがほぼ決まっているからだ。
「辞めちゃいなよ」

俺は中高6年間、けっこういろいろな部活に所属していた、と言うと怪訝な顔をされることが多い。
多くの人にとって部活動とはひとつに打ち込むものなのだろう。
しかし俺はやりたいことがいくつかあったので、それぞれにちょこちょこと顔を出しながら、自ら「フーコー秘密倶楽部」という地下組織を創り上げ、そこでさまざまな実験をして遊んでいた。

フーコーの振り子
※ご存じウンベルト・エーコの傑作『フーコーの振り子』。読みだすと止まらない、麻薬的怪著。

俺にとって部活とは遊びなのだ。
精神の修行や涵養とは無縁だ。
もしそんなことをしたいなら、禅寺にでも入ればいい。

で、俺が相談を受けて「そんなに嫌なら辞めちゃいなよ」というと、相談しておいて「そういうわけにはいかないんだよ」などという。
まあ、その気持ちは分からんでもない。
部活動文化の人たちは「退部するのは甘え」とか「最後までやり遂げるべき」とか「進学に響くぞ」などという思考方法の持ち主が多い。
それをそのまま受け止めてしまう、素直な人もまた多いのだろう。

しかし俺は、退部したっていい、最後までやり遂げなくたっていい、進学に響いたっていい、と思う。
学校では楽しいこともあるだろうが、嫌なことだってたくさんある。
だったら、何を好き好んで嫌なことを増やさなくちゃいかんのだ。
そんな部活は辞めて、もっと君が楽しめるものを見つけた方が、ずっと青春は輝く。

ひとつのことをやり遂げることは素晴らしいことだが、それと同じように、嫌なことをすっぱりと辞め、もっと自分らしくなれる場所を探す行動力も素晴らしい。
他人は進学に響くというかもしれないが、入試で10点なり20点多くとればいいのだ。
というか、入試とは本来そういうものだ。3年部活やってたからって、大して加点なんかされるものか。

ちなみに部活を辞めさせない脅し文句に、「辞めたら技術が身につかないぞ」というのは聞いたことがない。
本来部活動は、そっちが大切なんじゃないか?
何度も言うが、精神云々だったら禅寺の方がずっとコスパいい。
かつてひと夏放り込まれた俺が言うんだから間違いないぜ。


スポンサーサイト



コメント

No title

 千葉の部活動の悩みといえば 「子供は部活動をやりたい」 VS 「親はやらせたくない」

 あまりにハードな部活が多い。
 
 県内有数の進学校と言われる学校でも部活動が盛んなのだ。
 広大な校庭が3面も4面もあるあの学校だよ! あの学校。

 高校に行ったらさあ。 英語とか物理とか勉強系の、しかもゆる〜い部活に入って欲しいニャン

説得力に問題アリ

>かつてひと夏放り込まれた俺が言うんだから間違いないぜ。

尤もその結果が今なのだから、あまり説得力はないな。

No title

 さて、8月の総体代替大会の参加が決まった。
 3年生の「鎮魂」大会だ。

 4チームによるリーグ戦だ。
 練習試合ではない。 が、公式戦か? と言われたら微妙だ。  勝ってもその上の大会は、ない。
 もちろん、ないよりはいい。 開催してくれた関係各位には感謝しかない。 

 そして8月の大会である。 公立学校の生徒は夏期講習もあるだろう。 彼らは参加するのだろうか?

 まあ、そんなそれぞれの事情と思惑を抱えて、代替大会が開催される。 

 オラはもちろん全試合見に行く。

 ちなみに私学の場合、秋に「私学大会」という中高一貫校だけの大会もあるので、「最後」ではない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント