FC2ブログ

記事一覧

いつルビコン川を渡ったのか?

高校受験には独特の生ぬるさがある。
中学受験のような先鋭化したイメージもなく、大学受験のような専門的なイメージもない。
大衆の大衆による大衆のための受験である。

さて今回の話題は、埼玉県の私立高校入試だ。
このところ埼玉の友人と話すことが多いので、今回も埼玉の記事です。
ルビコン川を渡る
※上の絵の川は利根川でも荒川でも高麗川でもなく、ルビコン川です。
おそらく馬に乗っているのはカエサルでしょう。源義家でも渋沢栄一でもありません。

「埼玉」で「高校受験」で「私立」となると、もはやこのブログのタイトルとは大きくかけ離れ、更に言えばこのブログのメイン読者となる千葉県民の関心も薄れ、多くの人は無関心になり、もはや「大衆」などどこにもない、と言うことになろう。
それでもあえて書くのは、一体全体埼玉の私立高校は本気で生徒を集めたいのか、本気で生徒を難関大学に入れさせたいのか、と疑問に思うことが山積しているからだ。

ところで埼玉の私立と言えば泣く子も黙る北辰テストが有名である。
埼玉の中3生のほとんどが受験する業者テストで、早慶立教の付属校以外のほとんどは、北辰テストの成績で合格を「確約」したりする。
2学期中に押さえが決まるのは学校・生徒ともに良いこと尽くめのようだが、根本的に大きな問題を抱えているのは、過去にご紹介済み。
「外部テストで笑うのは誰か~二段重ねの枕」(2018/07/28)

いま埼玉の私立が直面している問題は、「北辰テストが開催できない!」ということである。
一応北辰テストは行われてはいるのだが、受験生を会場に集めることができず、自宅受験となっている。
つまり成績の公平性が担保できない状態にあるのだ。

それでとりあえずというか何というか、9月以降の北辰テスト全面再開に一縷の望みを掛けている学校も多々あると聞く。
もう確約の基準なんて辞めちまえばいいのに、などと無責任な俺は思うのだが、中の人達はそうはいかない。
みんなが一斉にやめてくれるならいいのだが、一部の学校だけがやめたとなると、受験生はまずそうした学校を選ばないだろう。

もはや埼玉の中3生と保護者にとって私立高校とは、確約の基準でしか語られない存在といってもいい。
校風も何もありゃしない。家から近いか遠いか。確約がもらえるかどうか。

ああ、そうだ、ひとつ校風がらみで違いがあったな。
古くからいる人は、花咲徳栄や昌平や大宮開成をなかなか選んでくれないそうだ。
昔の底辺校のイメージが強いからとのこと。

とにかく北辰の確約という「発明」をした瞬間に、私立高校さんたちは知らぬ間にルビコン川を渡ってしまったのさ。

スポンサーサイト



コメント

「北辰テスト」や「確約」のことを知らなかったのでネットで少し調べてみたら、なかなか独特な仕組みですね。「確約」というのは、各私立高が受験要項などに掲げている表立った制度なのかと思いきや、単なる関係者間における「暗黙の了解」なのですね。

埼玉の私立高がルビコン川を渡る際、「埼は投げられた」と言ったとか言わなかったとか。

No title

 北辰確約というと思い出す高校がある。

「星野女子」だ。

 仮に浦和一女を「超進学校」 所沢 所沢北を「進学校」としよう。 (この基準もいい加減だが)

 この「進学校」の併願に用いられたのが星野女子だった。 細かい数字は忘れたが、偏差値60って感じだっただろうか。
 つまり秋の北辰で偏差値60とって星野女子の併願確約とって 所沢 所沢北の試験に臨むってことね。

 その星野女子はいつの間にか共学になり、中高一貫になったようだ。

 どんな学校になったんだろう・・・

高校受験のプレッシャー

 中学受験、高校受験、大学受験の中で、一番プレッシャーが強いのは、経験上、高校受験なので、渦中にいる人にはありがたい制度ですよ。特に、栄東、開智という東大二桁合格校が、ガチの入試でなく、実質、自己推薦(確約のこと)という形で三年生の二学期に抑えられるのは、県立トップ校を目指す受験生には精神的に大きな安心感につながります。
 首都圏の中学受験は多数併願できて、それでも納得できないなら、地元公立中にいけばいい。大学受験も国立以外は多数併願出来て、納得できなければ、浪人すればいい。一方、高校受験は公立も私立も統一受験日が多く、意外と併願の選択肢は少なく、浪人は断固できません。となると、安全策のために併願校の偏差値をかなり下げます。本命校と併願校でその後の進路が東大とFランク大ぐらいに変わります。

北辰テストの優秀層は男子が多い?それとも女子?

>中学受験、高校受験、大学受験の中で、一番プレッシャーが強いのは、経験上、高校受験なので、渦中にいる人にはありがたい制度ですよ。

渦中の人にとっては確かにありがたい。
ところで北辰テストと言うのは、男子と女子とではどちらが優秀層が多いのかな?
あのテストは模試と言ってもかなり範囲の縛りがあるテストだから、ことによると女子のほうが成績がいいのか。

なんでこんなことを書くかと言うと、埼玉の某私立進学校の教頭は、以前「大学合格実績のことを考えると男子をたくさん取りたい」などと言ってたから。
(もう随分前の話ですから時効にしましょう。でも名前は出しません)

ヤラレタ

>埼玉の私立高がルビコン川を渡る際、「埼は投げられた」と言ったとか言わなかったとか。

う、うまいこと書かれた!

併願なのに推薦?

考えてみれば(まあ、考えなくても)、「併願推薦入試」というのは変な言葉だね。
これによって「一般入試」が事実上意味がなくなった。

結果的に(以前も書いたけど)、このやり方だと私立高校は自分たちにとって必要な生徒ではなく、北辰テストの偏差値で輪切りになった生徒を入学させることになるんだよな。

ま、埼玉の多くの私立にとって「自分たちにとって必要な生徒」像なんて、もはやないのかも知れないけど。

正確な数字はわかりませんが、年間のべ30~40万人が北辰テストを受けているという。
30~40万人 × 4300円/回 = 12.9~17.2億円。うーむ。

「ローマで二番になるより、村で一番になりたいものだ」-ユリウス・カエサル-

「日本で二番になるより、埼玉で一番になりたいものだ」-北辰-

中1から反映される内申とか、試験は1回だけど選抜は2〜3回あるとか、埼玉県公立高の入試の仕組みは難しいですね〜。

我が家は埼玉県に住んでいたら迷うことなく中学受験かな。高校受験だと親の理解不足で子供に恨まれそう。

No title

しかしこんだけ大規模な「談合構造」をいつ、誰が作ったんでしょうね。

 神奈川のアテストとかは 政治主導(県の政治ね)なんでしょうけど、埼玉の北辰は政治主導とも思えない。 (民間業社が入っているから)

 当時JGさんみたいな、すごい教育フィクサーがいたのかも。

(15歳の浪人を作らない、という大義名分があるから 多少の無理も通りやすい)

ラストリゾート

(千葉県が独立して共和国化する際の混乱に乗じて、共和国統一テストを作って普及させて一儲けしよう・・・)

No title

 「必要悪」という言葉がある。
 悪いことかもしれんが、多くの人が幸せになる、という悪だ。

 いや、そんなものはない、法は法だ。法が全て、というのが法治国家かもしれない。
(必要悪が本当に必要なら法を変えるってことね)

 北辰の談合が、必要悪かどうかはオラにはわからんが オラはいい制度だと思う。

No title

YT 様、クライバー様

うちは千葉だけど、高校受験を回避したのは千葉でも高校受験の厳しさを感じたからです。千葉にも同じように併願推薦がありますが、併願推薦制度は千葉私立トップ高(渋幕、市川、秀英)にはないんですよ。東邦は高校募集停止。渋幕、市川、秀英の高校募集人数は少ない。それだけでなく公立には千葉独特の「前期」「後期」制度があるのです。

公立高校 同じ学校を2回受けられると言えば、聞こえはいいが、ちょっとしたケアレスミスが命取りとなるほどの易しい入試問題の前期でコケてしまうと「後期」はちょっと辛い。それこそ、ランク下げは一生に関わる悩みどころなのですよ。
私立高校 渋幕や市川は内進と外進ではカリキュラムが違う。外進では部活やら遊びやらも充実できなそうだなあと考えた。千葉の優秀公立高校併願する生徒も集中してしまう秀英の高校入試は中学入試時とは全く違う難易度になってしまう。秀英を落とすとなると、入試日程や通学のしやすさなども絡んで公立も含めた悩みどころである。

千葉の公立の併願としては、「知っている人のご子息」には某大学付属が人気だ。某大学は総合大学。医学部ですら絶対にこのブログでも話題にならない大学だ。考えてみれば千葉の公立高校を2回も不合格となった場合、この総合大学の医学部以外の学部でも、ガチ入試で現役合格するには相当な努力を要するだろう。「そうとは気づいていないご家庭のご子息」は、別のもう少し偏差値が上といわれる高校を受験される。

甘えん坊将軍様
共和国統一テスト…その時はひとつよろしくお願いします。

シンプルには、なれない

>試験は1回だけど選抜は2〜3回あるとか

クライバーさんも知ってますなあ。
入試というのはシンプルな方が、学校と生徒の両方に良いんですが、どうしてもいろいろと「思惑」が入ってきてね。

チーバくんさん

共和国統一テストの会社を作る際には、こちらこそご協力をよろしくお願いいたします。
チーバくんさんには、共和国内の中学・高校の分析や、その分析結果を踏まえた統一テストの設計(回数や難易度の設定など)の統括をお願いする予定でおります。

あとは営業部隊(対学校、対生徒・保護者)と出版部隊(参考書や過去問集など)の人材確保が必要だ・・・

トップ校の力関係

チーバくんさん、

 併願推薦制度が機能するのはトップ校の力関係なんですよ。
 埼玉県は、曲がりなりにも男子中学生が憧れる県立浦和高校があるので、優秀層が高校受験まで待ってくれます。県立高残念の受験生を受け入れるために、栄東と開智があります。2校あるのが重要で、実は、栄東のほうは確約をやめたがっていますが、今やめてしまうと、県立高残念の優秀層が開智に集中してしまうので、やめられません。奇妙な均衡状態です。
 ところが千葉県は渋幕が独走してしまい、併願推薦は不要ですし、しかも県千葉が附属中を作ってしまい、優秀層が高校受験まで待つ動機もなくなります。こうなると、高校受験の選択肢が狭まります。

No title

YT様

解説ありがとうございます。
埼玉県人の中学受験率が高い理由に納得しました。

JGさん

>>試験は1回だけど選抜は2〜3回あるとか
>クライバーさんも知ってますなあ。

いや、こちらのブログとコメントをみて確認してみたのですよ。こちらのブログと常連の皆さんのコメントには、私の乏しい知的探究心でも刺激されることが多いです。

ついでに、「15の春は泣かせない」で有名な京都府立高の入試制度も見てみたのですが、埼玉県を数段上回る難解さでした。

私は大昔に学校群制の都立高受験を経験していますが、当時はなんてシンプルだったのだろうと思います。公立高受験が難解だから中学受験にシフトする人が多いのではないかと思ってしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント