FC2ブログ

記事一覧

東京理科大に推薦で入学するという罠

大学入試における一つの定説に「推薦組は勉強ができない」というものがある。
まあ、何となく理由もわかるし、「そうなんだろうなあ」という気持ちもする。

しかし数年前に早稲田大学が調査したときは、推薦組の方が一般組よりも少し評価が高かった。
おや?じゃあ、「推薦組は勉強ができない」というのは都市伝説なのかな?
あるいは早稲田レベルになると推薦組の程度が高い、ということか。

で、先日ネットの中をふらついていたら、「東京理科大学が基礎学力テストの結果を公開して推薦入試組を公開処刑!」という記事を見かけた。
https://ameblo.jp/gekifutoriyagineko/entry-12574532744.html

気になるテスト結果は下記の通り。
数字は左から「推薦入試・指定校推薦入試」「一般入試」「センター入試」による入学者の順です。
元ネタは「東京理科大学・教育開発センターFD通信vol.25」

1.英 語 
文構成問題 28.2% 52.0% 56.4%
読解問題@ 45.9% 68.1% 77.2%

2.数 学
応用(微分積分)30.1% 50.6% 49.5%
応用(ベクトル)24.8% 51.8% 51.8%

3.物 理
力学(Ⅰ) 42.8% 61.4% 64.2%
波動@@@ 50.7% 71.5% 74.2%
電気@@@ 25.6% 47.8% 45.6%
力学(Ⅱ) 40.9% 55.7% 57.1%

4.化 学
物質の構造 55.6% 75.4% 79.4%
物質の変化 42.7% 58.4% 66.1%
物質の状態 34.7% 58.8% 63.3%
無機質@@ 40.8% 71.3% 79.5%
有機化合物 42.6% 68.5% 73.5%

まあ、惨敗ですな。
しかしここまで違い過ぎると、授業についていけるかどうかというより、友達同士で勉強の話がかみ合わないだろ?
リポートでも「まとめ」として下記のように締めくくっている。

これらは一部にインパクトのある結果を含んでおり、必要な学生に対してはリメディアル教育を施すことが急務になっていることがわかります。このメディアル教育により何とか大学の講義が受けられるだけの実力をつけ、さらにその後に、高校から大学への学び方の転換、即ち受動的から能動的学習への転換ができ、実りある大学生活、そしてその後の社会への旅立ちができるようになることを切に願っております。

東京理科大という理数脳を磨く地獄に、推薦で入るというのは「賭け」というより、もはや「罠」である。
どうしても推薦で理科大に入りたい人は、せめて駿台模試か河合模試で早稲田理工A判定をとってから入学した方が賢明だ。

上智・理科大・早稲田
<上智の浴衣デー・理科大のチェックデー・早稲田のアロハデー>
みんなちがってみんないい。 みつを みすゞ

それにしてもこの「東京理科大学が基礎学力テストの結果を公開して推薦入試組を公開処刑!」というブログ記事。
不思議だなあ。
「東京理科大学・教育開発センターFD通信vol.25」は2012年7月。ネット記事は2020年2月。
7年半も前のことを「いま聞いた風に」書く理由はなんだろう?

ま、俺もそれで理科大のアセスメントテストのことを知ったぐらいなので、件の記事の中身はお粗末だが、話題に出してくれたことは感謝しよう。(←お約束の上から目線

スポンサーサイト



コメント

No title

 まあ、受験数学、受験物理と 大学の数学 物理は違う。

 入ってから真剣に勉強すれば問題ないと思います。 (逆に好成績で入っても入って麻雀ばかりしていたら・・(略))

 なんにせよ理科大は 入ったから安心 では決してない。 推薦だろうが一般入試だろうがそれは一緒。

No title

 ところでオラが入った頃の東京理科大には
入学アルバム」という謎の冊子があった。
卒業アルバムではない。入学アルバムだ。

 大学の受験風景、合格発表風景、入学式の様子などが収められたアルバムである。

 卒業アルバムは? そんなものはなかったと思う。少なくともオラはもらわなかった。

 なんで卒業アルバムではなく入学アルバムなの?

 もうみなさんは理由がお分かりだろう。

 入学した学生は、一部は留年し、さらに一部は留年を繰り返し、さらに一部は除籍退学になっていく。 卒業アルバムをどう作っていいかわからないのだ。

 入学アルバムならみんな一緒。
 「せっかく理科大入ったんだから 記念にアルバムをあげよう。 頑張って卒業してね」という意味だろう。きっと。

 恐ろしい大学である。

還らぬ者もいる

「入学アルバム」はいいですね。
出征する前の部隊の記念写真みたいな趣があります。

No title

そういえば、
理科大推薦って考えたことないかも・・・

だって、留年の恐ろしが刷り込まれているうえ、
現世代から、やはり鬼畜である(企業評価は高し)と
聞くたびに恐怖は蓄積する一方だから。

留年DNAを持つ我が子には無理二乗と確信できます

でもって、ハルビンカフェ様の「入学アルバム」
→ムンクの叫び状態!!

理科大様に推薦を願い出る勇気があるなら、
駿台様の門をたたこうじゃないかという
一見前向きな方向へ舵を切るだろうな。

つまるところ
理科大推薦組とは留年を恐れない真の勇者だ!と思います

木を隠すなら森の中

よくよく考えてみれば、理科大推薦組が留年しても、元から留年の多い大学ゆえ、「ああ、あの大学は大変だよねえ」で済まされる。
つまり木を隠すなら森の中、ということか。

No title

 一応 理科大の弁護をしておくと。。

 「理科大は1留までは企業は不問」と聞きました。

 志望する人へ、過度に心配することはありません。大丈夫です。

 きちんと授業に出て 普通に勉強すれば留年することはありません。 万が一、 いや万が一じゃないな 十が一(じゅうがいち) 留年しても 1回なら就職に問題ありません。

No title

私も理科大の弁護をしておきます。。

入学時の成績と、その後の成績は関係ないが、
1年修了時の成績と、その後の成績には強い相関関係が見られる、
だから、入学後しっかり勉強することがすごく大事だそうです。
理科大オープンキャンパス教務より

全学生の成績データーベース作って追撃調査してるのね、
エビデンスに基づく的確なアドバイス。ありがとう理科大☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント