FC2ブログ

記事一覧

共学別学論争と受験校選びの醍醐味

共学別学論争の続き。
前回は某教育系掲示板(どこのことでしょうか)での共学別学論争が常にぐだぐだになる理由は、情緒的な言説に流れてしまうためだと断じた。
そして客観的根拠(OECDの調査結果)に基づいて「男子と女子では得意教科が違う」という当たり前な立脚点から、こと成績向上に関しては共学よりも別学の方が優れていると着地させた。
まあ簡単に言うと、別学の方が共学よりも成績は良くなる、というわけだ。
かの某教育系掲示板(エデュのことだよ)に巣くう共学賛美派の欠点は、こうした議論において論理的に反駁できないということが挙げられるが、実はもう一つ致命的な欠点がある。
それは根拠を精査する労を厭う、という点だ。何しろ元の情報にあたろうとしない。
(ちなみにソース元はhttp://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/04120101.htm)
で、元の情報にあたってみると、数学的リテラシーに関してはこう書いてある。

数学的リテラシーの男女差が最も大きいのはリヒテンシュタインで、男子が女子より29点高い。リヒテンシュタインを含め28か国は統計的にも有意差があり、27か国で男子が女子より高い。女子が男子より高い国はアイスランドのみである。わが国は男子が女子より8点高いが、統計的な有意差はない。

おやおや、ちょっと風向きが怪しい。最後の一文からすると、男女ともに数学的リテラシーに差はないということになる。
で、読解力についてはこう書いてある。

平均得点については、リヒテンシュタインを除くすべての国で女子の方が男子よりも統計的に有意に高い。得点の男女差が最も大きいのはアイスランドで、女子の方が男子より58点高い。わが国は女子が509点に対して男子が487点で女子が22点高いが、その差は小さい方であり、OECD平均より低い。

こちらは「 統計的な有意差はない」わけではないが、「 その差は小さい方であり」なわけだ。
つまり差は著しく小さいので、前回の投稿「共学別学論争とOECD包囲網」にあるように、「受験校選びの際にそれほど気にする必要はない 」。
まあ別学はそもそもその差が生じる可能性がないのだから、その分だけ成績向上は共学よりも期待できるわけだが、そんな小さな差なんざ、吹けば飛ぶんだどうでもいいよ。
無論こうした理屈でいえば前回も書いたように(書いたかな?)、成績別クラス編成をすれば一気に差は解消する。ひのき坂さんが以前コメントで書いてくれたように、こうなれば塾と同じだ。共学だろうと別学だろうと関係ない。一番成績向上の高さが期待できる。
じゃあ、開成も桜蔭も筑駒も麻布も渋幕も、どうしてそうしないのか
そうした理由も含めて考えてみることが、中学受験における受験校選びの醍醐味なんじゃないかな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

私の高校(地方の公立)では 最後の1年だけ、しかも数学だけ「習熟度別」でした。理由はよくわからない。
私の意見としては、英語もそうして欲しかった。
(ちなみに私は 数学は大の得意、英語は大の苦手です)
 数学と英語だけ、習熟度別にする、というのは一つの方法だと思います。
 ただし、全生徒を習熟度別にすると先生の数が足りなくなるので、例えば文系3クラスで 上中下 理系3クラスで上中下 みたいな感じにする。

 入れ替えをするのかしないのか。サピックスみたいに進度は同じで深度で変える(そうするといつでも入れ替えできる)のか、とかいろいろ議論はありますが・・

地方の公立で、入学していきなり成績別で、毎年入れ替えあり、ってのも聞いたことがあるよ。成績別と言えば、神奈川の超マンモス校を思い出すけど、東大向けクラス、国公立、私立、って感じに細かく分かれてて、結構殺伐としてたって聞いたなあ。
でも、私立文系クラスは女子比率がかなり高かったらしい。1週間くらい、体験入学してみたかったなあ。

No title

エデュに最近 「中学受験層の変化」という投稿がありました。
それを見て、「私も中学受験層の典型の一つなんだなあ」と思った。

 つまり、
「地方公立進学校」から「首都圏の大学」に「偏差値輪切り」で入ってきて「首都圏の会社で働いているサラリーマン」
 さらに「共働き」で「妻もそこそこの学歴」で「教育にはお金を惜しまない」

 という層。
 とりあえず私に代表させてもらって価値観を言うと
・田舎者で、そもそも中学受験をよく知らないから伝統校に対する憧れも希薄
・学校を偏差値と進学実績で判断する
・共学 別学 どっちでもいい

 と言う感じでしょうか。

 なるほどね。(自分で納得してどうする)

Re: No title

>  数学と英語だけ、習熟度別にする、というのは一つの方法だと思います。

おそらくそれが一番合理的な方法だと思います。
大学合格実績を売りたい新興私立はどんどんそうすべきじゃないでしょうかね。
情操教育?
東大合格者を出し続ければ、誰もそんなこと言わなくなりますよ。

No title

>じゃあ、開成も桜蔭も筑駒も麻布も渋幕も、どうしてそうしないのか。

学力向上のみが学校の使命ではないと考えているからでしょうね。
ある程度生成にばらつきがあったほうが、教室内に異なる個性をもつ生徒が一緒に生活することになるので、いろいろな面で、互いに良い影響を及ぼす、ということなんじゃないかな。

No title

>開成も桜蔭も筑駒も麻布も

この辺りの学校は、クラス分けとか細かい工夫が不要なくらい優秀な生徒が揃っていて、そういう優秀な生徒の扱いに慣れた教師も揃っている、ということなのでしょうね。クロコマさんのおっしゃるような、プラスの効果がどの位有るかは分かりませんが、クラス分けは、少なくとも生徒の精神衛生上は、良いことではないように思います。

いろいろな才能や個性の生徒を成績向上という唯一の基準で輪切りにするのは他の可能性を捨ててしまいかねないですよね。
様々な可能性が拓ける時期にそれはあまりにもったいないと思います。

そしてその可能性は、やはりいろいろな人との交流や、いろいろな体験によって育まれてゆくのだと思います。

No title

えっと 「クラス分け」についてですが、上にも書きましたが、私は英語が瀕死の状態だった。
「何がわからないのかもわからない」という状態。
田舎で、塾もなかったし、公立進学校の英語は淡々と進む。どうにもならない落ちこぼれ状態でした。

 例えば「英語と数学は 学校で3段階のレベルを設定するので 希望のクラスを選択してください」というのはどうでしょう? 自分で選択するなら メンタルは大丈夫かと。もしそうだったら私は 英語は迷わず「一番下」数学は「一番上」を選んだと思います。

(もっとも首都圏では、塾や予備校があるので、その役目は学校ではなく塾なのかもしれませんが。)

 で、一番下は「やればすぐ点数に反映される基礎を徹底的にやる」
例えば 10日間で「試験に出そうな 発音」を全て覚える。これは多分効果がかなりある。
あるいは、「構文150」(今でもあるかな?)を全て丸暗記する。 その進捗度も先生がチェックする。

 こうした「すぐ点数に反映される」丸暗記からはじめて少しずつ自信をつけさせる。
 こういうことをやって欲しかったなあ。
(やっぱり 苦手教科はある程度「面倒見」が必要
 地方公立はもちろんそんなことはやってくれない)

 落ちこぼれは「霧の中」で「何から初めていいのかもわからない」んです。

 すみませんちょっとレベルの低い話でした。

No title

>クラス分けは、少なくとも生徒の精神衛生上は、良いことではないように思います。

その通りですね。

御三家は他に比べれば粒ぞろいですが、進学先をみると東大から日東駒専までいろいろです。
日東駒専の人は学力的にはいまいちだけど人間的にダメかっていうとそういうわけでもないです、当たり前ですが。
なので、いろいろな学力の人が一つの教室にいることは、刺激になると思います。

No title

ハルビンカフェさん。

「地方公立進学校」から「首都圏の大学」に「偏差値輪切り」で入ってきて「首都圏の会社で働いているサラリーマン」
さらに「共働き」で「妻もそこそこの学歴」で「教育にはお金を惜しまない」

まさに、中学受験のコア層の方のプロフィールだと思います。自分が学歴を得たことによる成功体験を子供にも伝えたい、どいうことでしょうか。私もそこは似たようなものかも知れません。(成功してるかどうかは分かりませんが)

共働きだと、親の負担が少ない学校の方が助かりますから、中学から学食が使えたり、学校のカリキュラムが充実していたり(いわゆる、面倒見の良い学校)、そういう学校に自然と目が向きますね。それらは往々にして、比較的歴史が浅い(歴史自体は古くても、進学校としての歴史は浅い)学校が多いと思います。神奈川における、フェリスと洗足、栄光と聖光、どれも素晴らしい学校だと思いますが、面倒見という点では、かなり対照的です。
千葉の私学は、熱心で良い学校が多い印象です。公立も千葉や東葛のようなトップ校が併設の中学を作ったりしていて、首都圏でも恵まれている感じがしますね。

No title

 ありがとうございます。
すると、エデュの「伝統校」VS「新興校」というのは
背景に

「最初から首都圏にいて昔からのエリート層」
VS
「うちの家族のような田舎者が首都圏に来て中受する層」

の対立構造と見ることができるのでしょうか。
それは考えすぎかなあ。

No title

「最初から首都圏にいて昔からのエリート層」
VS
「うちの家族のような田舎者が首都圏に来て中受する層」

必ずしも、そうではないのでは?
まず、学力によるエリート層というのが、そう何代も続く例は少ないと思います。(鳩山家はよく知られていますが、途絶えそうな感じですね)。大学の友人に筑駒出身が居ますが、同窓会に行っても、二代続けて筑駒は見ない、と言っていました。

一方、資産家の方は学力より続いている例も多く見かけますが、附属に入れるケースが多いですし、娘の婿に高学歴者を迎えるよう努力しているケースも多いように思いますね。

一つだけ、昔から首都圏のエリート層の中に、昔はイメージの良くなかった学校を敬遠するというのは、どうも有るようです。くだらない話だと思いますが。

No title

なるほど。  ありがとうございます。

やっぱり筑駒レベルになると「世襲」は難しんですね。 開成とかの合格体験記を見ると「将来の夢 キャリア官僚」とか 親の階層が見えることもありますが・・
そんなに単純ではないんですね。

ROMってました。

合格発表から早2ヶ月、入学式も終わり、私の家族の中での役割はすっかり受験前の「置物」化しちゃってます。なんだったんだあの日々は、、、ともあれ、子供は楽しそうに通ってます。小学校は徒歩○○分だったので、朝起きるの辛そうですが、、、

共学、別学論争は、好きな方でいいじゃんというのは、同感。

No title

すみません、HN間違うという大失態。

No title

エデュでも、共学・別学の話はいつも盛り上がるというか、荒れるようですが、純粋な共学・別学の話ではなくて、それぞれについて具体的な学校名が絡んでくるから揉めるのだと思います。
自分が推す学校が共学なら、屁理屈でも共学に有利な情報や材料を集めて来る、ひどくなると、別学に不利な材料を集めて針小棒大に書き立てる。
私も、別学・共学なんてどちらでも良いと思いますし、それによる違いよりも、それぞれの学校の方針や校風による違いの方が遥かに重要だと思っています。

あ、JQさんだ!どうも。
OINでしたよね、娘さん。いつの間にJGになったのかと思った。

No title

でた! 早くも共学の弊害か?!

アホ息子曰く
「雨の中 2回連続女子サッカー部は芝のグランドなんだよ。 で、うちらは土のグランド。 女子サッカー部ふざけてるよ」

 ちっちぇえ 奴だな。

No title

jQさんこんにちは。
某サイトでもおじゃましていました雨後です。
お嬢さん元気そうでなによりです。
JQさんのコメント楽しみにしていますね。

ハルビンカフェさん
サッカー部男子ってもてますよね~。
あ、私だけかなぁ。

No title

>サッカー部男子ってもてますよね~。

 そうなんですか?

私のはるか昔の感覚だと

進学校→バスケ部がモテる
底辺校→サッカー部がモテる

      野球部はどっちでもモテる
      卓球部はどっちでもモテナイ
      テニス部 モテたい奴が集まる

 なんですが・・

No title

 あ、すみません

 自分の投稿読み直すと 冗談になってないかもです

 冗談のつもりです。
 誤解があったらすみません

No title

 なんつって 呑気にビール飲んでたら、
塾から帰ってきた アホ息子2号(小6 次男)が問題を起こしていたことが発覚。

1)昼間 友人と 友人の家の前でサッカーしていた
2)で ボールを蹴ったら 友人の家の窓を割った
3)とりあえず片付けをしたが 塾に行く時間が迫っていた
4)鬼嫁は 塾に時間通りにいかないと烈火のごとく怒る
5)で 次男は窓ガラスをそこそこに 塾に行った・・

 で、今、その全てが発覚した。
 ほほほ。 
 まあ 「野山を駆け巡る」とさして変わらないトラブルだ。 どーでもええが 鬼嫁が怒っている。

 さてでは 次男はどうすればよかったのか?
 今 次男に考えさせているが オラも正解はよくわからん。
 (いずれにせよ 「嫁が怖いから塾に行った」という 理由と行動原則が ? なのは確かだけどね)
 
 子育ては 大変だ。
(でも こんな些細なことが問題になるのはある意味 幸福だ。 世の中にはこんなレベルではない 問題が溢れている)

No title

私の親は転勤族だったので、まあ、いろんな環境におりまして、概ね、ハルピンカフェさんのご指摘もわかる気がします。つい先日も、法事がございまして津々浦々の親族に長女は自分の進学先を紹介していましたが、まあ、灘や開成はともかく、その他ま「知名度」無茶苦茶低いですね。子供は自分の努力他について力説していましたが、そもそもなんで小学生がそんなに勉強すんのよとか、いろいろでしたです。はい。

なんだかんだで大都市圏を除く政令指定都市では、公立中を出て(まああるいは、国立附属学校でも良い訳ですが)、県内トップ校というのが分かり易い出世街道な訳で、こうした高校は北関東を除けば概ね共学な訳ですから、中高共学って割と当たり前の環境なんですよね。

従って、こうした環境から首都圏の難関に進学して、そこそこの企業にお勤めでそろそろ中学受験等という場合、別学にはあまりこだわりないかもしれないです。なんとなくグローバルとか言うとカッコいいし、、、

僕も転勤多かったから、上の子は小学校受験で国立でした(国立学校は全附連というのがあり、親の転勤では国立間の転校他はし易いんです、海外赴任の際も原籍残して帰ってきたりできます)。

で、高校まで上にあがれるところも少なく、中学受験に至った訳です。僕が転勤の場合、単身赴任でしょうね。まあ、役目も終えたので稼ぐとも(笑)

不覚にも入学式で涙し、最寄り駅で待ち合わせ一緒に帰宅というのにトライしてみたところ、早速、学友と駅でふざけている我が子を見て、「ああ俺の仕事はほぼ終わったな」と思う父でした。あのバカバカしい過去問の山も子供の笑顔を見ると、まあやってよかったなと思ってます。何物にも代え難い日々だったけど、本人はそんなに感謝してないだろーなー。

No title

ハルビンカフェさん
まぁ見ててください。お子さんのことを好きになる女子がこの先6年間できっと現れることでしょう。ふふふ、でもこうゆうのは父親にはわからないんだなぁ。知っているのは母親ですよ。あ、でもこれサッカーはあんまり関係ないかも。

JQさん
私も入学式で泣いちゃいましたよ。あれ何の涙だったんだろう?やっと終わった。安堵の涙かな。これから始まるっていうのに私も変ですね。

No title

いやー涙でしたー、自分にまだこういう感覚が残っていたことにちょっと驚きました。大学受験は本人に頑張ってもらいますが、、、まずは、自分探しを沢山して欲しいと思ってます。

入学前はサイボーグみたいな才女ばかりなのでわ?と思ってましたが、快活なお嬢さんが多いですね。

No title

私も 泣きました。1月から2回泣きましたが、
1回目は「最初の合格発表」  会社でネットで見てそのままトイレに入ってワンワン泣いた。「なんとか行く場所ができた」・・

2回目は入学式。息子とは関係なく、入試1位?(多分)の女の子の「誓いの言葉」があんまり立派で感動して涙が出ました。
 すごい立派なことを 原稿も見ず、よどみなく、一言も間違えず、流れるように宣誓した。たいしたもんだ。「私は、将来国連に行って 世界中の理不尽なこと、差別と戦っていきたい。そのために6年間 勉学や人間形成のための活動に研鑽することを誓います」みたいな話だった。
 「将来の夢はゲームクリエーターかユーチューバー」なんて言っているアホ息子とえらい違いだ。

 まあ 国連がそんなに立派な所か?みたいなツッコミはあるかもしれませんが、新中一の女の子が話すこととしては十分だと思います。もしかすると「模範原稿」とかがあるのかもしれませんが・・

No title

アホ息子は今日、朝から遊びに行った。
「クラスの男子女子 8人で 午前中カラオケ 午後科学館行く」
んだそうな。  青春してやがるな。
(4月から友達と遊べるのはいいことだ。)

 カラオケ? けっ  今時の若えもんは。
 科学館?  ふふふ。みんなで科学館かあ。真面目なもんだ。

 共学が進学実績が悪いのは やっぱり「煩悩」のせいじゃないのかなあ。

リア充のお父さんへ

> アホ息子は今日、朝から遊びに行った。
> 「クラスの男子女子 8人で 午前中カラオケ 午後科学館行く」
> んだそうな。  青春してやがるな。

リア充め!!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント