FC2ブログ

記事一覧

大学は目利きの面接官が顔だけで選んだっていいって本気か?

今回も前回の記事「入試問題は学校から受験生へのラブレターである」(2020/06/07)と同じく、「サンデー毎日」2020.3.29の「大学入試をとことん考える 君たちはどう学ぶか(下編)」という記事からの「悪口」回です。

今回の登場人物はタレントのふかわりょう氏。
ふかわ氏は慶應大学経済学部卒業。
世間的にはかなりの高学歴。
某教育風掲示板では単なるソルジャー要員。
受サロ(@5ちゃんねる)では低学歴扱い。
(恐ろしや~恐ろしや~)

ふかわ氏は前回記事の山口真由氏とは意見が異なり

マークシートのようにマル、バツをはっきりさせる試験も実施しつつ、推薦やAO入試という偏差値とは違う尺度で測る選択肢が増えていくのは悪いことじゃない。

と述べている。
こういう立ち位置の違う意見が並列されるのが、俺の好みである。
どちらか一方の自分の気に入った方の意見ばかりに囲まれて悦に入る人がいるが、そんなに「裸の王様ごっこ」は面白いのか?と思う。

ちなみにふかわ氏はその後、自分の立場(=タレント)を思い出したのか、こんなことを言っている。

なんなら、目利きの面接官が顔だけで選んだっていい(笑)。イケメンとか美人とか造作を基準にするのではなく、内側から表情ににじみ出るもの、その第一印象で決める。「お、こいつ、いい顔してるな」と。

面接

さすがタレント、読者に「ナハハハ、馬鹿なこと言ってらあ」と言わせようとするサービス精神が旺盛である。
但し少しでも本気で言ってるなら「本物の馬鹿」である。

「目利きの面接官」とやらが、今の日本にどれだけいると思っているのだろうか。
ましてや、そんな職人的な勘に学歴や人生が左右されるとなったら、我が国における学歴の信用価値などどこまで落ちるかわからない。
つーか、18歳や19歳の「内側から表情ににじみ出るもの」で選ぶって、そもそも大学って何するところだよ(笑)

「信用崩壊に関して日本人は意識がうすい」とどこかの経済学者が言ってたのを思い出した。
理由は「円がデフォルトの遥か彼方にあるから」。
だがもし「自分は経済の達人である」と思っている人なら紙幣を印刷していいとなったら、さすがの「円」だって紙屑へまっしぐらだと思うがね。

もし「目利きの面接官」ごっこをやるなら、信用崩壊が起きてもさほど影響のない大学でやったらどうか。
どことは言わないが。

(どうせなら慶應でやってみるのも面白い。え?何も起こらないって?それなら最初から、慶應はそういう大学ということだ)

スポンサーサイト



コメント

もう荻原でも萩原でもどっちでもいいよ

ちなみに俺はふかわりょうの漫談の大ファンである。
特に
「あれ?その服、カーテンと同じ柄じゃない?」
「もう荻原でも萩原でもどっちでもいいよ」
には腹がよじれた。

ある種の天才だよ。

No title

中等部には面接がある。 中等部ってどこだ? 中等部は中等部だ。

 で、中等部には面接があるだけでなく「体力測定」という謎の試験がある。  聞くところによるとボールをキャッチするとか簡単な試験らしい。

 これはもう、面接と運動能力テストで、ある種の障害とかをフィルターにかけているとしかオラには思えない。

 差別的で非常に気分が悪い。

 が、なんせ中等部だ。 誰も文句を言わず試験を受ける。  オラも出願だけはしたから偉そうなことは言えない。

※訂正 出願はしなかった。出願の準備していたのだ。 出願の日に千葉のとある私立の合格発表があったので結果 出願しなかった。

No title

面接と言えば

中学受験だと女子校の面接が多くありますが
(お嬢様度を測ってるのだろうか?)

高校受験では
男子校の面接はありますが
女子校の面接はゼロになります(一般入試です)

15歳。
なんで女子の面接しないのかな?
なんで男子の面接するのかな?
面接の謎です

No title

男子は顔を見れば中身がわかる。
女子は顔に騙されて中身がわからない。

という面接官の心の綾でしょうか・・・

容姿合格

あっても良いかも。
乃木坂やジャニーズと並ぶ東大ブランドを確立。
アイドル、俳優、女優も東大卒だらけ。東大合格者ランキングの上位に堀越や日出が入る日がくるかもしれません。

前言撤回、顔だけで選ぼう!

>アイドル、俳優、女優も東大卒だらけ。東大合格者ランキングの上位に堀越や日出が入る日がくるかもしれません。

コイツは面白い!
これなら東大の念願、女子比率の向上もばっちりだ。もっと言えば成績優秀男児たちは、今以上にガムシャラに東大を目指してくるぞ。
フェミニストからの宣戦布告は折り込み済みだ。
五神総長はすぐにでも決断すべし。

で、面接をする際にはぜひとも俺も一緒に同席を……

No title

 ちょっと本線から外れるようで 本質のようで・・・

「目利き」って実はそんな簡単ではない。

例えば若い研究者の中からダイヤを見つける。国としては限られた研究資金を、才能のある若い研究者に振り分けたい。実際、そういう制度もある。

で、「その道の第一人者」みたいな偉い先生が「目利き」となって若い研究者のプレゼンを見る。

 さて、本当に才能のある研究者を見抜けるのだろうか?

 こういうのって沢山ある。
 特許の「目利き」。  新しいビジネスの「目利き」。

 「目利き」できるくらい先見の明があれば誰も苦労はしないのだ。 「今の基準で」石ころとダイヤを見分けるのは簡単だが、「未来の基準で」は難しい。  

名言

>「目利き」できるくらい先見の明があれば誰も苦労はしないのだ。「今の基準で」石ころとダイヤを見分けるのは簡単だが、「未来の基準で」は難しい。  

名言。どっかで使おうっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント