FC2ブログ

記事一覧

時間的な地続きを旅する

旅行が好きである。
旅行のいいところはたくさんあるが、そのうちの一つは「世界が地続きであることを実感できる」ことである。

例えば、誰もが中国には万里の長城が、エジプトにはピラミッドがあることを知っている。
しかし実際にその場に立つと、その事実が本当であることに圧倒されると思う。
それを「当たり前じゃん」と言うなかれ。
好きなアイドルをテレビで見るのと実際に見るぐらい違うんだよ、分かりづらい例えだが。

先日とある掲示板で、長生き爺さんの話をしている人がいた。
その爺さんは長生きで100歳近くまで生きたそうな。
その爺さんが生前、
「自分は長生きしてるけど、昔、自分が子供の時に、近所にやっぱり長生きしてる人がいて、その人は戊辰戦争に行った人だった」
と話していたとのこと。

これなどは地理的な地続きではなく、時間的な地続き。
そこでちょっと思いついたことがあった。
歴史のある学校というのは、明治に創立されたことが多い。
その時代を政治史とリンクさせてみよう。

1868(明治元) 明治維新・戊辰戦争・江戸城開城
1869(明治2) 東京を首都とする・版籍奉還・蝦夷を北海道に改称
1870(明治3) 女子学院創立(当時・A六番女学校
1871(明治4) 開成学園創立(当時・共立学校)
         廃藩置県
1872(明治5) 学制公布・日本初の鉄道が開通・富岡製紙工場設立
1873(明治6) 徴兵令・地租改正・西郷隆盛下野
1874(明治7) 青山学院創立(当時・女子小学校)
1875(明治8) 雙葉学園創立(当時・築地語学校)
1877(明治10) 西南戦争・東大創立
1878(明治11) 千葉高校創立
         日比谷高校創立(当時・東京府第一中學)
1879(明治12) 琉球処分(沖縄県設置)
1880(明治13) 盛岡一高創立(当時・公立岩手中學校)
1883(明治16) 獨協中学校創立(当時・獨逸学協会学校)
1884(明治17) 東洋英和女学院創立
1885(明治18) 日本学園創立(当時・東京英語学校)
         太政官制が廃止・内閣制度発足
1889(明治22) 大日本帝国憲法発布
1890(明治23) 第1回衆議院議員総選挙実施
1894(明治27) 日清戦争
1895(明治28) 麻布学園創立(当時・東洋英和学校内尋常中学部→私立麻布尋常中学校)

鉄道開通

学制が公布されるより前に、女子学院と開成ができてたんだねえ。
さらに言えば、鉄道開通よりも前だ。
※一口メモ。開成の設立当時の共立学校の「共立」は「きょうりつ」じゃなくて「きょうりゅう」と読みます。ガオーッ

盛岡一高も千葉高も日比谷も、太政大臣がいた頃に創立されたというのが面白い。
ちなみに当時の太政大臣は最後の太政大臣、三条実美。明治の超大物。

慶應義塾は1858年創立の蘭学塾が元。なんで上に書かなかったというと明治じゃないから。
古いものを挙げろと言われると、世田谷学園なんか16世紀に遡っちゃうからメンドいんよ。
※世田谷学園のwikiを見たら「不祥事」という項目があって、なかなか興味深い事件が記されていました。

スポンサーサイト



コメント

No title

 東北地方には 「米沢興譲館」という とても歴史の古い学校があります。

 出身者は「日本で一番古い」と自慢していました。 今 ウイキを見たら「公立の高等学校としては日本最古である。」という記述があるので、あながち誇張ではないのかも。

ギザのピラミッドからスフィンクスの方を見ると、その先にケンタッキーフライドチキンの店がありました(今でもあるのかな?)。

そこでケンタッキーフライドチキン(20世紀)を食べながらスフィンクス越しにピラミッド(紀元前25世紀頃)を眺めると、不思議な気分になれます。

No title

福岡トップ公立の修猷館が藩校由来の学校だとは聞いたことがありますが(エデュで仕入れた知識だったか)米沢興譲館は修猷館よりもさらに古いんですね。この学校の事は知りませんでした。伝統公立フリークの動機さんにはたまらん学校でしょうね。(それとも進学実績重視の人には物足らないかな?)

>そこでケンタッキーフライドチキン(20世紀)を食べながらスフィンクス越しにピラミッド(紀元前25世紀頃)を眺めると、不思議な気分になれます。

ケンタッキーがあったかはもう覚えていませんが、観光バスが近くまでじゃんじゃん乗り付けるので、アガサ・クリスティーの映画のようなエジプトロマンにひたれる場所でなかったことは確かですね。小さい頃から本の上で知って憧れていたピラミッド、スフィンクスの実物を見た感想は「想像していたよりも小さいな(低いな)。。。」でした。
周囲の雰囲気も遺跡としての立派さも、アンコール遺跡の方に、より感銘を受けました。(こちらは子供の頃はよく知らなかった)
中学高校も、あまりに有名で小さい頃から知っていると、「期待が大き過ぎて入学してみたらがっかり」ということがあるかもしれませんね。




砂漠をすっ飛ばすのも快感です

期待してなかったのに結構感銘を受けたのは、モニュメントバレーでした。
西海岸へ行ったなら、是非!

時を超え続く戦い

>小さい頃から本の上で知って憧れていたピラミッド
→近所の友人のお父様が仕事でよくエジプトに行っていたので、ハトシェプスト遺跡の写真など見せていただいたり、焼き増ししてもらったりしておりました。
 けれども、中東は“女ひとり旅”ができるほど治安が良かった事はないので結局行く事ができませんでした。バックパッカー仲間からも国境でライフル向けられた話とか聞いていたのでちょっと無理っぽいかなぁ~と(^^;
 気ままなひとり旅が好きなGeminiさんには砂漠よりも東南アジアの密林の方がお似合いなのです。

さらーむ

>中東は“女ひとり旅”ができるほど治安が良かった事はないので結局行く事ができませんでした

そうですね。カイロは妻が一緒だったのでツアーでしたし、イスラエル、シリア、ヨルダンへは怖くて行くのを躊躇しました。そうこうするうちに911やイスラム国の勃興があり、完全に訪れるタイミングを逸してしまいました。←比較的安全に行けるうちに行っておきたかった(涙)

話題の都知事はあんな時代によくぞカイロ大学への留学など実行したものだなぁ、と卒業の真偽はともかくとして、その胆力には感心させられます。元々政治家向きの性格だったんですかね。

>小さい頃から本の上で知って憧れていたピラミッド、スフィンクスの実物を見た感想は「想像していたよりも小さいな(低いな)。。。」でした。

私もエジプトで「うおお!」と思ったのは、
ルクソール(テーベ)のカルナック神殿やアスワンのアブ・シンベル神殿のほうでした。
ラムセス2世はただものではないなと。
モーセが民を率いて出エジプトをしたときのファラオがラムセス2世だったのかどうか定かではないですが、かようなファラオの権勢を見せつけられたら、海を割ってまでパレスチナに逃げたくなるのもわかる気がします。

ストリートビューでギザのケンタッキーを探したら、見つかりました。
ケンタッキーの場所からストリートビューの画角を調整したら、スフィンクス越しのピラミッドが見えました。

No title

 アホ息子が 香港について「なんで一国二制度なんてやってるの?」と聞いてきた。

 ま、わからんのも理解できる。そりゃそうだろう。イギリス領香港を知っているのはもう親世代だけだ。 オラも昔 行った。 

 ということで阿片戦争から現在までを説明した。
 オラの説明だから間違いが50%はあるかもしれん。 ま、いっか。

No title

中国の全人代の投票で1票だけ反対票があった。アホ息子とオラの会話。
「この1票ってすごいね。投票した人殺されるんじゃないの」
「いや北朝鮮なら銃殺かもしれんが中国はそこまではしないだろう。失脚かな」
「こわ」
「でももしかしたら 満場一致だと世界から民主主義ではないと批判されるからわざと反対票を入れる係りがあるのかも」
「独裁が悪いってわかっているってこと?」
「多分」
「わかっているならやめなよ」

チャイナ・プー

人間なんていい加減で自己中ですから、あのチャイナのプーさんは

自分がする独裁は「いい独裁」
他人がする独裁は「悪い独裁」

ぐらいの気持ちでしょう。

長い長い旅の果てに・・・

 愚息君は本当に長い間の放浪の末に、ようやく行きたい学部を絞り込み、志望校を決める事ができました。幼稚園児の頃から、たくさんの研究室にお邪魔させていただいて、たくさんの事に興味を持って、色々な経験を通して自分の将来の生業まで考えて考えるようになってようやくです。
 けっこうな難関です。今までサボってしまったし、まだまだ考えも甘いので現役では無理かもしれませんが、目標決まればあとはやるべき事をやるだけなので、頑張ってもらおうと思います。←何故か他人事感満載(^^;
 今年の春夏のオープンキャンパスは軒並みWebになってしまいました。我が家もがっかりですが、まだ志望校の決まっていない高校生などは本当にかわいそうだなぁと思います。

Action!!

>愚息君は本当に長い間の放浪の末に、ようやく行きたい学部を絞り込み、志望校を決める事ができました。

おお、目標が決まったことは大きな前進です!

>今年の春夏のオープンキャンパスは軒並みWebになってしまいました。我が家もがっかりですが、

オーキャンなんて飾りですよ、飾り。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント