FC2ブログ

記事一覧

小学校受験塾の魑魅魍魎感は異常

今回は今まで一度も話題にしていない「小学校受験」の話です。
俺は小学校受験には距離を置いている。なぜなら、あの世界は魑魅魍魎が跋扈していて、洒落にならないからだ。
何を大袈裟な、と思う方に、今回の記事を捧げましょう。

先日、とある教育ライターと話をした際に、「小学校受験」の話題になった。
それも慶應幼稚舎の話。
まあ、スキャンダルが9割の内容で、大変面白かった。しかしここには書けないのが残念。

※ここに書いたら場合によっちゃ裁判モノなんだもん。
※ちなみに慶應幼稚舎って幼稚園じゃなくて小学校だよって、何度教えてもわかってくれない人がいる。
一般人ならどうでもいい話だが、受験業界人なら致命傷である。案の定とある人、ちょっとしたインタビューで幼稚園前提で話しちゃったので、全部没になった。
俺のところまで話が聞こえてきたので、あの人もうやってけないゾ。

小学校受験には小学校受験の専門の塾がある。
で、当然そうした塾は月謝も相当である。5万円なんて安い方らしい。

ライター「でもね、5万や10万なんていいんですよ、庶民的です」
俺「10万で庶民的かよ。受かる保証もないのに」
ライター「そもそも、値段があるだけ庶民的なんです」
俺「?」
ライター「すごいところは、値段がないんです」
俺「どゆこと?」
ライター「お心だけで十分です、って」

怖っ!!

スポンサーサイト



コメント

幼稚園受験

小学校受験もさることながら、幼稚園お受験はどこも幼稚舎並みですよ(当方経験者)。

その意味では、幼稚舎を幼稚園と勘違いしている人もあながち馬鹿にしてはいけないのかも(笑)。

中学受験の時になんて公平公正・明報会計な世界なんだと思いました。

No title

オラのアホ息子1号は、実は 小学校受験した。

千葉大付属小学校だ。

合格発表は、なぜかネット発表はなく(昔だからか?) 掲示板発表のみ、だった。

 合格発表、オラが行って「番号のない掲示板」を見たなあ。ほほほ

 なんも対策せずに受験した。
 「対策なんていらない(できない)」という噂を信じてしまったのだ。

 後から受かった人の親に聞いたら「専用の塾があるのよ。対策せずに受かるわけないじゃない」 といわれた。

小学校受験塾のひみつ

>後から受かった人の親に聞いたら「専用の塾があるのよ。対策せずに受かるわけないじゃない」 といわれた。

→小学校受験には”集団行動観察“という項目がございます。某附属小は「○人チームを作って」という指示でチームを作り対戦します。専門の塾に通う子達は、顔馴染みの”勝てる子“と速やかにチームを結成。そして塾で何度も練習したゲームをミスなくサクサクこなし勝利します。ちなみにアノ学校は紙のサイズが大きいので幼児の小さな手で素早くめくるのも練習させないと難しい。1問数秒ですから、紙めくりの失敗が失点につながるのです。
 ウチは学区外でしたが、○○ナーサリーや△△学習の会、理□会、伸☆会、I●等々色々なお塾様の模試を受けて、情報収集をさせていただきました。手のかかる幼児向けの塾は席数も少いですから、お安い塾はすぐに満席になります。故にライバルには受験対策塾の名前どころか存在さえ教えないのです。

No title

私「幼稚舎を幼稚園と勘違いしている人」でした。

慶応は小学校のことをずっと幼稚舎と言い続けるのでしょうか??びっくりパニック中。

このように知識のない私が身内A子に軽く「クジだから受験すれば―」と国立大学附属小学校受験を勧めたら、素直なA子は真に受け受験させました。直前に駆け込みで塾へ通った程度で、特に対策もせず合格し「クジ運が強くてよかったね」という、めでたい話で終わりましたが、

A子は幼稚園を卒園するまでママ友、先生に苛め抜かれたそうです。そういう世界だったのですね。すまんA子。合掌。

慶応幼稚舎のHPというものを初めて見ました。
入学時初年度納入金合計 1,600,000円。
出願書類は、10月1日(火)から10月2日(水)までの間に郵便局へ、消印有効。

厳しさに寒気が。かようなワールドが存在しているとは、宇宙のパラレルワールドを勉強したほうが、まだ理解できそうだみゃー。

幼稚園や小学校の受験(お受験)において、合格する(ご縁をいただく)ために専門塾(お教室)が果たす役割も小さくないのでしょうが、私が想像するに、願書の添削(お直し)はとても骨が折れる作業でしょうね。本気で取り組むならば。本気のお直しではお心をいただくのかしらん。

クライバーさんへ

おお、クライバーさんは幼稚園受験経験者でしたか。
うちの子供たちも一応私立の幼稚園でしたが、全入でしたので、受験というものはありませんでした。

そういや以前なにかの本で、子供の成長に最も寄与するのは、高等教育でも中等教育でも初等教育でもなく、幼稚園での教育だと書かれてましたな。

しゃちほこさんへ

>A子は幼稚園を卒園するまでママ友、先生に苛め抜かれたそうです。そういう世界だったのですね。すまんA子。合掌。

受験というか、人間というか、なにやらお腹一杯になりそうなエピソードですな。

JGさんへ

>そういや以前なにかの本で、子供の成長に最も寄与するのは、高等教育でも中等教育でも初等教育でもなく、幼稚園での教育だと書かれてましたな。

そうした説に騙された口かもしれません(笑)。
身の回りでは、幼稚園受験、小学校受験経験組の御三家合格率は相当に高いです。これは、就学前教育の成果なのか、教育熱心な家庭環境のおかげなのか、はたまた家庭の経済力の問題なのかはわかりません。

我が家は、幼稚園3保全滅、2保でリベンジ、エスカレーターで附属小進学後、附属中推薦辞退して中学受験。
一般家庭である我が家としては、(無駄な)教育費のかかり具合はハンパないです(泣)。

ふと、思い出した黒歴史

 知り合いが、都内の某お受験塾の面接で「あなたのお子さんは、犬以下です。」と言われ、「田舎者だと思って馬鹿にしやがって」と非常に憤慨していた事を思い出しました。

 小学受験塾の面談では両親の学歴と出身地を聞かれます。私も出身地を言った瞬間に「あぁ~」とため息をつかれた事がありました(/。\)田舎者にはイチから説明しなきゃならないし、説明したところで分からないから面倒なのだそうです。

 「“豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから(マタイの福音7章6節)”という教えもございますので、残念ですが私どもに合った環境を見つけて頑張っていきたいと思います」と笑顔で一礼し早々に席を立つと、担当者は勝ち誇ったような表情でそそくさと退席していきました。

 私はこの言葉を“相手の個性を尊重し、意にそぐわない事を強要してはならないと言う教え”だと解釈しているのですが・・・あのお兄ちゃんは一体何を勘違いしていたのでしょう?見送りナシとか営業的にはホスト以下じゃん。てか、そもそも豚はアンタで真珠はかわゆいウチの子ちゃんですから(。-`へ´-。)

 ところが、何故かその後しばらく、そのお塾様から勧誘の電話やらDMやらが続いたのでございます・・・門前払いしすぎてノルマ達成できなかったのかしらww 

ヒトがイヌより上とみるのは人間の勝手な思い込みでしょうし、炭酸カルシウムの塊である真珠に価値を見出すのも人間の勝手な思い込みなのでしょうね。

他の動物とは話をしたことがないので(一部のヤドカリ種を除く)、詳しいことはわかりませんが、「価値の生成」や「価値の序列化」は人間だけが持つ病気なのだろうと思います。

また、「価値」とは、その対象から内発的必然として生じるものではなく(真珠の成分や構造を分析しても、真珠の価値を裏付けるものは見つからない)、人間が勝手に対象に貼り付ける幻想に過ぎず、真珠が高価だと思われているのは、そのような幻想が少なからぬ人間に共有されているからに過ぎません(その意味で、「価値」とは「共同幻想」である)。

…という高校時代に読んだ本の受け売り。

No title

 まあ、今日 マイケルジョーダンのナイキのシューズが 3000万円で落札された、というニュースがありました。

 日本のコレクターも「値段がつかないほど貴重」と言っていた。

 オラが入札したら、「中古の靴の値段」で2000円だ。 

※オラは基本的に 価値=機能 だ。
 ブランド価値なんてものもよくわからん。

※ただ、機能以外の要素に金を注ぎ込めるのが「豊かさ」だというのは理解できる。

※人類史上最も巨大な幻想は 「神の存在」か?
 「お金(紙幣の信用)」か? みたいな議論を見たことがある

私の文章の書き方が悪かったですが、私は「価値は共同幻想だ」と思ってはおりますが、幻想だからといってそれが直ちに悪であるとか人に災厄をもたらすものだとは思っておりません。

人間社会の多くの取り決めやしきたりは、ある幻想が共同化され、それが当該共同体においてあたかも幻想でないかのようなレベルにまで高められた結果としての産物であり、裏を返せば、ヒトはその幻想を共同化することによってはじめて人間(当該共同体の構成員)になれるのだと思います。

原始共同体におけるトーテミズムもそのような共同幻想の一つの表れですが、ハルビンさんが挙げておられる神や貨幣も共同化された幻想であるし、「先祖は敬うべきだ」とか「親は子を愛するものだ」とか「相続制度」などに表れる「血縁」という概念も共同幻想だと思います。

以上の意味において、子育てとは、「親(またはこれに代わる保護者)が、その属する共同体において共同化されている幻想を子に染み込ませていく過程」とみることができるのではないかと思います。

余談になりますが、「子どもは学校で教育を受けるものだ」(義務教育制度)というのも近現代において世界に広く行き渡り制度化された共同幻想(不変の真理ではない)であって、今回の新型コロナの影響で学校教育が十全になされ得ない状況下にあって、この共同幻想の行く末に私は思いを馳せます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント