FC2ブログ

記事一覧

新型コロナの検査はかなり政治の匂いがするな

新型コロナに関して、今もって不可解な点がある。
まあ未知のウイルスというだけあって不可解な点だらけだが、俺が不可解に思っているのはウイルスさんサイドの話ではなく、我々人間サイドのお話。

検査はした方が良いのか、しない方が良いのか?

検査数が増えれば医療崩壊するという意見の方は、「しない方が良い」と主張している。
その中身は「陽性が出ても治療薬がない」「入院する施設が限られているので、家でおとなしくしているしかない」「陰性であっても陽性の場合があって、オレ陰性だから外出してもいい、という気持ちで拡散してしまうから」「結局陽性だろうと陰性だろうと、その後のすべき生活に変化がないから」

もうね、聞けば聞くほど、わけがわからない。
まず「陽性が出ても治療薬がない」だが、だから何だ?治療薬がないから何なんだ?
治療薬がなくても重篤なら入院・隔離させればいいし、そこまでじゃないなら「家で巣篭っててくれ」と指導すればいい。
治療薬がないから検査しなくていい、というなら、そもそも検査など1つとしてする必要がなくなる。
そうしたことが考えられないくらい、新型コロナに脳内がやられているのか?

次に「入院する施設が限られているので、家でおとなしくしているしかない」
そりゃあ軽微なら「家でおとなしく」でしょうが、ヤバいなら即入院・隔離でしょう。
そのための施設がないというなら(そんなワケないのだが)、そもそも先ほどと同じように「検査など1つとしてする必要がなくなる」。

続いて「陰性であっても陽性の場合があって、オレ陰性だから外出してもいい、という気持ちで拡散してしまうから」
じゃあ検査していない人は「オレ陽性かもしれないから外出しない」と考えるとでも思っているのか?
むしろ陰性のお墨付きをもらった人間は、わざわざ陽性になる危険を冒そうとは思ないがな。

そして最後に「結局陽性だろうと陰性だろうと、その後のすべき生活に変化がないから」
なかなか凄い。プロテスタントの予定説に迫るような、清潔な絶望感がある。
しかし本当にそうだろうか?陽性だろうと陰性だろうと、我々の生活に変化はないのだろうか?
そんな馬鹿なことあるもんか!

「その後のすべき生活」は変わらないかもしれないが、実際に行う生活は全然違ってくるに決まってる。
俺は陽性となったら自室に引き籠る。仕事はキャンセルするかテレワークに切り替える。
陰性ならばそんなことはしない。

それともこれを読む皆さんは、陽性だろうと陰性だろうと同じように生活しますか?


さて、検査数が増えると医療崩壊が起きるという意見だが、結局入院・隔離の線引きなんてお役人様の指示ひとつなのだから、困らないところで線を引けばいい。

それなのに「検査数が増えると医療崩壊ガー」と言ってたのは、単に感染者数を増やしたくないからだ。
何故か?
そりゃ、ああた、オリンピックのためですよ(ゲス顔)

でも延期が決まったから、感染者数も劇的に増えるんじゃなかな、なんて書こうとしたら、すでにガンガン増えてて草。
わかりやすすぎるぞ。

東京都内陽性患者数推移(日別)
3月20日 金 11
3月21日 土 07
3月22日 日 02
3月23日 月 16
3月24日 火 17←オリンピック延期決定
3月25日 水 41
3月26日 木 47
3月27日 金 40
3月28日 土 63


スポンサーサイト



コメント

なんか、陰性、陰性ってあちこちに書いて有るのを見たら、一瞬、いんけ◯って書いてあるように見えて、ジャナ天さんのことだから1つくらいホントにいんけ◯って書いて無いか検査したら、残念ながら全部陰性だった。
なんか目がおかしくなってるけど、これがもしや新型コロナか?
まさかあの日の、ふじ◯み主催のお食事会で??(続く)

 

自分の知る範囲でコメントします。

現在新型コロナウィルスは感染症法における指定感染症2類の指定を受けており、診断された時点で 軽症であっても 入院の勧告・措置がとられます。
治療薬がなく特別な治療を必要としない軽症コロナウィルス感染者に、結果として病床が1つ占領されることになります。(せめて2類でなければ入院措置は必要ないのですが、政府が2類と指定してしまったのでもう手遅れです)
軽症者が自宅で待機している限り、一般人にとって病院に入院しているのと感染のリスクとしては変わりません(だから自宅待機でよい)。しかし入院すれば医療従事者に感染させるリスクが高くなるのは小学生でも分かると思います。
またコロナウィルスのPCR検査は喀痰かつ/または鼻咽頭ぬぐい液(インフルエンザの検査のアレと同じ)で行い、十分な感染防護措置がとられていなければ検査自体に低くない感染のリスクがあります。
これが やたらに 検査をすると医療崩壊するリスクの一つです。実際にイタリアでは検査を徹底した結果、10%程度の医療従事者に感染が及び十分な医療が提供できなくなり高い致死率につながっているという現実があります。

ではなぜ検査するのか?今回のコロナウィルス感染症では重症の肺炎が特徴の一つです。
重症肺炎です、根本的な治療したいですよね?できます!細菌性の肺炎とかインフルエンザ肺炎ならば・・・、できません!コロナウィルスなら(でもアビガンが効く可能性は高そうです)
このように有効な治療(薬)がない疾患でも、他の原因を排除して無効な治療をしないためには診断を確定する意味があります。
このことは逆に、そもそも治療の必要の無い患者さんに積極的な検査が必要でない理由になります。

まあ、これまで検査が少なかったのはたぶんオリンピックのためなんですけれども(ゲス顔)

No title

 森永卓郎さんが 「サンプル検査をして(例えば東京都の無作為に近いサンプル数百人とか) 実際どのくらいウイルスが蔓延しているのか調べたほうがいい」みたいなことを言っていて、なるほど、と思いました。

 視聴率調査みたいな感じで「傾向」はわかる。

 で、調べたとしてそれでどうするんだ?  それは森永さんに聞いてください。

どーでもいい話

>なんか、陰性、陰性ってあちこちに書いて有るのを見たら、一瞬、いんけ◯って書いてあるように見えて、

あれって、「陽」を使った表現もあるよね。凸凹からすると、陽の方がしっくりくるなあ。

No title

 こんだけ大騒ぎになると 「中学受験に影響なし」ってことはないでしょうニャ。

 どう影響するか・・

 とりあえず 合不合とかの受験者数に着目しようっと。

No title

 オラとアホ息子1号の会話

オラ「パパの会社だっていつリストラするかわからない」
アホ「そしたらどうなるの?」
オラ「パパはクビかなあ。まあ、ママは大丈夫だろう。ママが働いている限り 路頭に迷うことはない」
アホ「パパって ヒモってこと?」

 親に向かってなんてこと言うんだ!

 勘当してやる!

二兎さんへ

なるほど、法律上、軽症でも入院措置になるわけですね。
じゃあ軽症の場合は「う~ん、コロナじゃないけど家でおとなしくしててね」ということにしてしまえばいいのでは。
え?嘘までつくのかって?

嘘じゃありませんよ。今問題になっているのは「新型コロナ」であって「コロナ」じゃないんです。
なあに素人なんかわかりませんよ(やっぱりゲス顔)

緊急事態宣言が発令されるとどうなるか。

先般の法改正により新型コロナウイルス感染症も適用対象とされた「新型インフルエンザ等特別措置法」によると、緊急事態宣言が発せられると、官(政府や都道府県知事)は、民間との関係では次のような措置を講ずることができるとされています。

①住民への外出自粛要請、学校・興行場・百貨店・ホテル等の施設使用制限・停止等の要請・指示(潜伏期間、治癒するまでの期間等を考慮)
②住民に対する予防接種の実施(国による必要な財政負担)
③医療提供体制の確保(臨時の医療施設等)
④緊急物資の運送の要請・指示
⑤政令で定める特定物資の売渡しの要請・収用
⑥埋葬・火葬の特例
⑦生活関連物資等の価格の安定(国民生活安定緊急措置法等の的確な運用)
⑧行政上の申請期限の延長等
⑨政府関係金融機関等による融資

(内閣官房公表の概要資料)
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/pdf/130413houritu_gaiyou.pdf

(特措法及びその政令の条文はこちら)
https://shop.gyosei.jp/online/wp/wp-content/uploads/2020/03/1584340748.pdf
特措法45条~60条の辺りが上記①~⑨の対民間措置の定めになります。

No title

世田谷区44人とか、東京都95人とか。なんか報道が胡散臭いので23区別の感染者数を人口で割ってみたらあまりにも分かりやすい結果でびっくりしました。もう少し例外的なエリアがあってもよさそうなもんだが。

人口 感染者数 感染率
(千人) (人) (%)
港区 244 39 0.0160
中央区 143 19 0.0133
渋谷区 219.9 18 0.0082
台東区 191.7 15 0.0078
目黒区 271.5 21 0.0077
新宿区 334.2 22 0.0066
品川区 378.1 24 0.0063
千代田区 58.6 3 0.0051
杉並区 553.3 28 0.0051
世田谷区 883.3 44 0.0050
中野区 321.7 15 0.0047
豊島区 280.6 9 0.0032
練馬区 719.1 20 0.0028
大田区 712.1 15 0.0021
江東区 501.5 10 0.0020
墨田区 261.7 5 0.0019
文京区 210.3 4 0.0019
葛飾区 452.8 6 0.0013
足立区 678.6 8 0.0012
北区 341.3 4 0.0012
江戸川区 686.4 8 0.0012
荒川区 211.3 2 0.0009
板橋区 550.8 4 0.0007

No title

 最近読んだネット記事で感心したのは

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200405-00171556/

 この記事だ。

 下の方の

「チョコレート消費量とノーベル賞の関係」
「マーガリンの消費と離婚の関係」

は面白い。

 このブログでも何度か話題になっている「相関」と「因果」の違いだ。

No title

  げげげ
 非常事態で、学習塾も「休講」ですか・・・

 こりゃ受験生は大変だ・・・

※東ドイツの秘密警察の「密告」みたいになるのかな? 
 誰々さんの息子の家には家庭教師が行ってました! とか 誰々さんはこっそり塾に行ってました! みたいな 密告合戦。  でも誰に密告する?  ほほほ

No title

 まあ 悪いことばかりでもないかもしれん。

 アホ息子は「学校行きたい行きたい行きたい」と叫んでいる。

 「学校に行ける幸せ」
 「学ぶ幸せ」

というのを思い知ったに違いない。

学校が再開したら貪るように勉強する・・・かな?
多分 3日くらいは・・・ ほほほ

スピードと精度

いざ緊急事態宣言の発令を目の前にすると、わが社内でも対応すべきことが大なり小なり色々と出てきました。
何が正解かわからないですね。
とりあえずティーショットを打って、1打目がラフでも2打目でグリーンに寄せればいいや、くらいの気持ちでどんどん意思決定と執行を前に転がしていかないと手遅れになりそうです。

ワンショットワンショットは7割の精度で良しとしよう(と自分に言い聞かせる)。

No title

我が社でも、明日の緊急事態宣言に向けて準備中です。
基本は全員在宅勤務。これまでは在宅勤務希望の社員が上司に申請してたのが、発令後は会社に来たい社員が上司に申請。
手続き上の違いは有っても本質的な違いは無いかと思うのですが、これは時間が経ってみないと分かりません。

やったぜ!少し暇になってきたぜ!(週70時間勤務)

最近少し忙しさが緩くなってきた。
俺もテレワークしたい…

No title

在宅勤務の方が忙しくなりそうだ。というのも、季節は田植え準備に種蒔きシーズン。低温注意報も出ているので、稲苗は注意が必要だ。出勤していればできない細かい管理が可能だ。忙しくなるな、絶対。3密の環境じゃないし、健全な環境だ。
今、農作業を休んだら食糧難がやってくれる。世間はどうか知らないが、少なくとも、我が家は食糧難になる。

昨年の台風で折れてしまった桜が、残った枝に満開の花をつけた。感動した。逆境からも立ち上がったんだ。次は人間の番だ。

No title

 私立I中では 海外修学旅行が中止になったらしい。
 まあ、当然といえば当然だが、かわいそう・・・

(と言いつつ「お金が戻ってくるニャン ひひひ」)

田植えはきついのだ

>在宅勤務の方が忙しくなりそうだ。というのも、季節は田植え準備に種蒔きシーズン。

あ、そうか。そういう時期か。忙しくて実感がなかった。

埼玉の友人が兼業農家で、毎年GWには駆り出されるのだが、今年も呼ばれるのかな。
こればかりはコロナと関係がない。

春の訪れ~その日は突然に~

 小学校等の休校で子供の世話をしなければならない保護者が取得できる有給の特別休暇の『等』について、中学・高校はそれに含まれるのか否かを上司に問うてみました。
 もし、含まれないのであれば中学生及び高校生に関しては、保護者が世話をする必要は無いということになるのだですが・・・それで良いのでしょうか?そんな訳ないだろう。と、言うことで今日からGW明けまで特別休暇を取る事にしました♪
 お国の一大事に協力することが出来て本当良かったと思っています。Ufufu♡

No title

 最近 市長や知事などの首長がよくテレビに映る。

で、この市長はいいね。この知事はどーにもならない、みたいな感じで有権者に批評されまくっているだろう。

 千葉では森田知事の評判がすこぶる悪い。(オラの周囲だけかもしれんが) この知事は、昨年の台風の時に県庁に不在で遊んでいたかなんかで酷評され、もう何を言っても県民は信じない感じだ。(と思う)

 オラの家では 熊谷千葉市長の評判はいい。

「そういえば市川市の市長はダメらしいよね」とオラが言ったら・・・
(コロナとは関係ないが、市川市の市長が自分が使う公用車に高級車を買って問題になったことがあったのだ)

アホ息子「ふーん。市川の市長って市川学園卒らしいよ」 だって。

 ほほほ。

No title

 千葉には「千葉市民ゴルフ場」というのがある。
 市営のゴルフ場だ。

 9ホールで、広く 真っ平。 まあ世界一簡単なゴルフ場である。(オラ、ここだけはアンダーパーで周れる。プロになった気分になれる)
 安く、初心者でも楽しめるので、いいコースだ。

 さて、アホ息子連れて千葉市民ゴルフ場でも行こうか、と思ったら「クローズ」だって。 まあそりゃそうか。
 屋外で安全と言っても万一感染があったら市が叩かれる。 仕方ない。(涙)

No title

 しかしまあ これで大企業が大量に留保したお金で労働者の雇用を守れるなら 「内部留保」も悪いことばかりではない。
 
 かなあ?

 しかし企業ってのは シレッと 留保がありながら「みんなが解雇しだしたら」解雇するかもしれん。 油断ならん。

※もし 留保によって雇用が守れてハッピー、となったら 要するに企業は政府を信用していないということだ。
 政府の政策に信用がおけないから「留保」するのだ
 そして 従業員に給料を支払わない。
 
 要するに政府が悪いのだ。 官僚が悪いのかもしれんが

No title

外出禁止。疎開者あり。アメリカでは自給用にヒヨコが売れているらしい。ついに自給自足が目の前か?
そういえば、もち麦ブーム。要は麦飯というやつか?

戦時中化してきたなあ。

No title

昨日と今日は朝4時起床。タケノコ掘りだ。タケノコはイノシシの好物なので、放置しておくと、餌場と認識されてしまう。家人に下茹でをお願いした後は、代掻きだ。再来週は田植え。

フランスでは農業への求人に対し、応募数が大変なことになっているというう。元々、農繁期のみロマ人が手伝っている構図があり、農繁期のみの求人形態が確立しているのだろう。

ハルビンカフェさんはゴルフクラブだが、自分は鍬の方がしっくりくるのだ。もっとも今は、田植え機も稲刈り機もGPSを使って、無人運転が可能だ。ただアスファルトの上ではなく、下が泥濘みなので機械が横転する可能性がある。一度横転すると起こすのが面倒なので、乗車しているのだ。

酔いもあって文章にまとまりがない。読みにくくてすみません。

コロナで子供達の進路希望も変わるのだろうか。医療系に志願するのか、激務ぶりにドン引きするのか?人類にはやっぱり農業は欠かせないと農学部系が見直しされるのか?だとしたら、ちょっと嬉しい。

国際系の学部人気はどうなるのだろうか?芸術系やスポーツ系は?
ここ数年、入試動向から目が離せない。

No title

>タケノコはイノシシの好物なので、放置しておくと、餌場と認識されてしまう。
→Oh、そうだったのですね。うちは毎年義母がたくさん下茹でして持たせてくれます。筍ご飯や土佐煮も作りますが。一番人気は巨大春巻きです。

 私の祖母は鶏を30羽飼っていたので天敵はイタチでした。イタチは地面に穴を掘って鳥小屋に侵入するので雉やオナガドリなどお高い鳥の小屋は二階建てにしたり、周囲をコンクリートで固めたりしておりました。 

タケノコ

>タケノコはイノシシの好物なので、放置しておくと、餌場と認識されてしまう。

俺の好物でもあります。

タケノコはやはり炊き込みご飯かな。
たまに料亭などで飲んだりしたとき(年に1回か2回程度だよ)、最後にご飯ものでタケノコご飯がでると嬉しい。
お代わりしたくなっちゃう。

No title

「消毒液代用に酒 厚労省認める」

 ほらほら。 やっぱり家に帰ったら強い酒で入念に喉と食道を消毒した方がいいんだ。 きっと。

No title

 あー 夏の高校総体中止のニュースが続々入っていますね。
 
 多分、中学の夏の総体も全競技中止だろう。

 オラのアホ息子レベルでもかなりかわいそう。
せっかく今ままでやってきたんだから 夏に「負けてみんなで泣いて終わる」経験をさせてやりたかった。

 アホ息子のレベルでもかわいそうだが、世の中には「全てを総体のために」やってきた学生が数万? はいるだろう。 

仕方ないとはいえ 切ないね。

No title

 政治家や学者などの「高学歴著名人」が 賞をもらったり不祥事を起こすと「学歴(特に中学高校ね)」を調べてしまうのは 「エデュ病」の一つだ。  

 高井議員は・・  函館ラサール→東大。

げっ  高校受験時、オラの心の支えだった函館ラサールかあ。

No title

 ロイター通信によると、日本政府は新型コロナの感染拡大に伴い、低所得国債務救済のため、国際通貨基金の大災害抑制・救済基金「CCRT」への資金拠出を準備。今週にも資金を緊急経済対策から拠出すると麻生財務相が公表するという。
 えっ?えっ?ええ~っ!!

 私は庶民だから、成蹊や学習院よりラサールの方がまだマシだと思っています。

Geminiさんへ

>えっ?えっ?ええ~っ!!

もうね、ウラをとる気力もありませんよ。

No title

 しかしコロナってのは厄介だ。

エボラみたいに「超凶悪な」「致死率の高い」ウイルスが一番怖いと思っていたが コロナの
「感染率が高く」「致死率はそうでもない」「潜伏期間が長い」のが、実は手に負えないのかもしれない。

 最近 歴史 戦争ものの映画ばかり見ているせいか
 
「地雷は一発でコロす地雷より 足だけ吹っ飛ばしてコロさない地雷の方がたちが悪い」という話を連想した。  

※不謹慎な投稿なのは承知しています。

クラスター

クラスターなんていう言葉も、新型コロナの前は地雷用語が一番有名だったんだけどね。

※不謹慎ぐらいがちょうどいいんですよ。

No title

※不謹慎2

 政府は国民には「家にこもれ」と言っているくせに 昨日福岡では こもっている人に「武器を捨てて出てきなさい」と言った警察官がいたらしい。

 政策の不一致だな。

No title

全国中学校体育大会『中止』に サッカーや陸上など16種目 地区予選なども中止に
****************

 やっぱり・・
まあ、そうだろうとは思っていたが、万に一つ。。。と望みを持っていた。

 ふうっ

アホ息子にはオラの口からは言えないなあ。
いずれ友人からラインが入るだろう。

 オラは、「中学のうちは死ぬほどサッカーやって、高校入ったら英語とか科学系とか文化系に入ってほしいなあ」と勝手に思っていた。
 
(もちろん選ぶのは息子だ。高校でも運動するかもしれん。)
 
 中止かあ。 いいメンバーだった。あのメンバーの試合、もう見られないのか。。

No title

しかし 現場の話を聞くと 疑問点が色々出てくる。

「検査」

 今、PCR検査も 他の検査も「医師」がやっているらしい。

バカじゃないの?

 法律はどうなっているか知らんが、多分 研修すれば3日でできる仕事だ。 検査だよ? 検体を採取するんでしょ! アホらしい。 オラがやってやるよ。

 こういう 些細な矛盾を 瞬時に解決するのが政治なんでないの? (つまり、やれば簡単なのに 法律が邪魔している というケースだ)

※まあ 要するに 医師会が「既得権」を確保しすぎるあまり、 どーでもええことまで医師がやらんといけないわけだ。 天から見れば「愚かさをおもいしれ」って感じ?

※なん度もいうがオラがやるよ。

No title

オラの家では毎日 「県別感染者数」をチェックしている。 千葉は、発表が遅い。 夕方 「+3」とか発表しても 翌朝には「+20」になっていたりする。

 で、当面のライバルは埼玉だ。

 何とか埼玉に勝てないものか?と 数字を見て一喜一憂している。

 あと少しなんだけどなあ。 

※抜いたから だから何だ? なんて正論は聞かない。

No title

千葉は県発表と千葉市発表、船橋市、柏市発表の4つに分かれていますので、その時点で発表数が変わります。政令市、中核市と県発表は別なのです。県の発表には県の検査機関に成田検疫分を加えるので、またちょっと特殊です。

つまり、千葉県での感染者カウント分には、成田空港検疫や入国後成田近くのホテルへの自主待機者、最初の中国帰国者ホテル三日月分も含まれているので、単純比較は難しいです。
また、施設での大規模なクラスターがあり、県内在住かつ居宅生活者の数となるともっと違う数字になるのかと思います。

いずれにしても、大声で唾を飛ばしまくって話をしているにもかかわらず、マスクをしない、更には外出自粛しない不届きな部下に、マスクをさせ、外出自粛させ、うがい、手洗いをしっかりさせることが、自分にできる最大の危機管理であると認識しております。

元気な千葉勢

>県内在住かつ居宅生活者の数となるともっと違う数字になるのかと思います。

→千葉市民御用達の商業施設は広いのです。無料で1000台くらい駐められる駐車場などザラにございます。船橋のような渋滞もないので、買い物も通勤も自家用車という人が多いです。

 ホームセンターも広いです。日用品やDIY グッズ、食品はもちろん、種苗、犬猫ウサギなどの小動物や小鳥、トカゲなどの爬虫類、昆虫、毒蛙、巨大アロワナや電気ウナギ、カラフルな熱帯魚、アルビノのウーパールーパー(1980円くらいで買える)なども販売しています。人ごみの中を移動しなくても、そこそこの生活物資その他を入手することが可能なのです。 

 救急車の中で搬送先を選べるほど設備の整った病院の数も多いです。

 房総半島寄りは公共交通機関の発達がなくともそこそこ豊かで文化的な生活ができる土地なのです。  

 そのような所以で、千葉勢はコロナ禍の中でもけっこう元気なのではないかと・・・そんな風に思っております。

No title

有事の際には貨幣価値が下がる典型ですなぁ。

買い物に行かずとも、1ヶ月ぐらいはいけるんでないか?
農水産物に恵まれてるだけでない。自家水がある。いざとなれば、ガスもある。

ますます、千葉の地元志向が強くなる。

No title

 千葉の「いいところ」だけ力説したら、友人が千葉に引っ越して来ました。 ゴルフ場の隣に家を建てたのです。

 で・・・ 「風が強い! そんな話聞いてないぞ」

 ほほほ 千葉の名物は強風でござる。
 春も強風。
 夏は台風。
 冬も強風。

 要するに1年中強風なのだ。

No title

自粛要請に従わないパチンコ屋のバッシングがマスコミで行われてるけど、違和感あるなあ。
個人的には、学生時代パチンコ屋に百万円以上のお金を搾取されたので、全く好きにはなれない。
でも、今この非常時にパチンコ屋を糾弾するのは間違ってると思う。
その存在がグレーであることは違いないと思うけど、その糾弾は平常時に行うべきであって、今行うべきじゃないと思う。

パチンコ屋にはパチンコ屋の正義があって、自分とその家族、従業員の生活を守るには営業を続けるしかない。
日本国民の健康のために営業停止すれば、何千分の一か、自身と関係者のコロナ罹患確率は下げられるかもしらんけど、自分たちの経済が100%確実に破綻する。
営業を継続すれば、コロナ罹患確率が1/1000程度上がるかもしらんけど、自分たちの経済はとりあえず破綻を先伸ばしできる。
常識的な経営者なら、自粛要請などに耳を貸さず、営業を続けるに違いないと思う。
少なくとも、僕ならそうする。
こういう常識的な判断を、「そんなものはあり得ない」と糾弾する人たちは、じゃあ、自分たちがパチンコ屋の経営者だったら、自分とその家族が路頭に迷うことを覚悟の上で、営業自粛するのか、と問いただしたい。

今、僕たちにできるのは、そういう自粛要請がなされた人たちに、補償金が支払われることを容認することだと思う。
こういうときに困った人たちを切り捨てると、彼らの日本への忠誠心は間違いなく低下する。
これにより、治安は悪化し、僕たちを含む日本人全体が安心した生活を営むことが困難になると思う。
政府は休業補償への決断が遅すぎると思う。
ここで困った人たちを助けないと、コロナ収束後の日本が大変困ったことになると思う。
彼らを助けることは、彼らのためというよりは、それ以外に我々のためである、ということを、国民全体が認識すべきと思う。

コロナ疫病を戦争に例えるなら、これは鎌倉時代の元寇と同じと思う。
勝っても(おそらく1-2年後には勝利するとは思うが)、得られるものは何もない。
鎌倉幕府は徳政令をだしたけども、経済破綻して崩壊した。
今の自民党政権(ひょっとし日本の国体自体)も崩壊するだろうと思う。
でも、政治家はそれを覚悟の上で、いろいろな決断をしなければいけないと思う。
今の安倍政権からは、その覚悟が伝わってこないのが不安た。

農作物も水もガスもない

>買い物に行かずとも、1ヶ月ぐらいはいけるんでないか?
>農水産物に恵まれてるだけでない。自家水がある。いざとなれば、ガスもある。有事の際には貨幣価値が下がる典型ですなぁ。


都会っ子の俺には厳しい世情です(貨幣があるとは言っていない)。

ちょいと不良が必要

クロコマさん、ひさしぶり。

20世紀初頭の政治を勉強した人はわかると思うんですが、この流れはファシズムを呼びますな。
自分にとって都合のいい正義は国民を分断しますし、また国民が「我々」「あいつら」と分断されると、全体主義を培養するのにいい状況になりますから。

ファシズムを作るのは、たいてい国民・民衆です。
自分をいつも「正義」のサイドに置きたい心の弱い人々が、強い権力を熱望するんです。

だからね、俺は時々書いてますけど、不謹慎や非国民ぐらいでいいんですよ。
ちょいちょい不良がかき混ぜるぐらいがちょうどいいでしょう。
我が国の国民性は真面目過ぎるからさ。

No title

JGさん、どうも。
ちょっと飲んでるので、テキトーなこと書きました。

社会全体に不安が広がると、スケープゴートとして糾弾される人が出てくるので、そういうのについ敏感になってしまいます。、
一歩間違えると自分が糾弾される立場になってしまうので。
要は私は小心者なのです。

卑近な例で気になってるのは、ジョギングはマスクしないと感染を広げるかもしらん、という意見です。
それはその通りなのかもしれないけど、僕は、正直マスクしてジョギングできるほど肺活量ないです。
#ジョギングは趣味なのですが
小心者の私は、ジョギングする人はどの程度マスクしてるのか偵察しに、本日某河川敷に行ってきました。
結果、マスクして走っている人は半分くらいでした。
この状況だと、マスク無しで走ると糾弾されそうだな~

というわけで、マスクして1km走ってみましたが、辛かったです。
肺炎になる前に窒息して死んでしまうなあ、と。

やれやれ。
住みにくい世の中になりました。

それを見逃せば、そいつは君の首に手をかけるかもしれない

「人は誰も「自由」が好きだが、それは「自分の自由」であり、「他人の自由」などできるだけ制限されていた方が気持ちが良いくらいだ。」

まあ、そんな風に俺は考えているから、俺は子供たちには中等教育でできるだけ「自由」というものにバンバン触れて、その本質を掴んでもらいたいと考えてるのさ。


これに関してはマルティン・ニーメラー牧師の言葉が有名だ。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

No title

千葉の弱点は電気。
昨年の台風での大混乱の原因だ。水も電気ポンプ、ガスも水と一緒にポンプで汲むのだ。電気の復旧が、もう少し何とかなっていれば、昨年もあそこまで被害は大きくなかったと思う。
でも、千葉っ子は知っている。有事の際には、行政からの応援を待っていては、自分が一番困ることを。あの停電が東京だったら、政権交代にもなったかもしれない。
昨年の台風で、痛い目にあった千葉っ子は、まずは、自家発電機を買ったのだ。

田植えは終わった。

クロコマさんは謙虚にも「テキトーなこと書きました」と仰いますが、私は本件における本質的な問題を突いていると思います。

「新型コロナウイルス感染症により国民の生命・身体が害されるリスク」と「感染症対策により経済活動と家計が害されて国民の生命・身体・財産が害されるリスク」とを天秤にかけて、どのリスクをどの程度取るかという大局的判断が問われているのだと思います。

このような大局的な目で何を取り何を捨てるのかの判断は、政治の仕事だと思います。
ミクロだけを見て正誤を考えてしまうと、ミクロでは正しくてもマクロでは誤ってしまうといういわゆる「合成の誤謬」が生じてしまうおそれがあります。

また法技術論として、新型インフルエンザ等特措法(=今回の緊急事態宣言の根拠法)の法体系もよくないと思います。
緊急事態宣言は「内閣総理大臣」が下すとされている一方で、企業や施設等に対する休業要請は「都道府県知事」が下すとされており、休業要請を出した場合に補償措置をどうするかについて、対応関係が噛み合っていないと思います(個人的には、本件はもはや都道府県レベルを超えてしまっているので、休業要請権限とそれに応じた補償措置権限は国のレベルに引き上げるべきであったと感じます。国が適切にその権限を行使してくれるかどうかはさておき)。

No title

 しかし 「不謹慎狩り」が吹き荒れていますニャン。  サザエさん一家が旅行の計画を立てている、というので「不謹慎」なんだとか・・

 アホらし。

 と言いつつ、オラも「人が密集して会話したり叫んだりしているCM」を見ると「危な」とちょっと反応してしまいます。

甚六さんは映像授業で受験勉強

お魚くわえたドラ猫を追いかけるにもマスク着用が求められ、
買い物しようと街まで出かけたら怒られるサザエさん。

ふんがっふっふ。

No title

JGさんとか、甘えん坊将軍さんとか、文系の方々は歴史、法律など含めた一般常識が豊富だから、国の進路の判断とか大きな話になってくると頼りになる感じですね。
歴史とか、若いころもう少し勉強してもよかったかなあと思ってます。

お遅ればせながら、3月末頃、オリエンタルラジオの中田さんという方のユーチューブで世界史とか古事記とか、少し勉強しました。
日本の神話はほとんど知らなかったので、新鮮でした。
ヨーロッパの歴史は、もう少し勉強しておきたいかな。

No title

そういえば、以前にロシア出身の友人から、「日本の関東軍とか、ソ連からすれば負けるはずのない相手だった」と聞いたとき、微妙な気分になりました。
日本のゼロ戦はすごかったらしい、とか、日本海軍はたくさん戦艦もってた、とかの浅い知識しかなかったので。

世界史をちょっとでもかじってれば、戦争に明け暮れてたヨーロッパやロシアと陸地で戦って日本が勝てるわけなかったな、という感想になるのだと思いました。

ノモンハン事件

>そういえば、以前にロシア出身の友人から、「日本の関東軍とか、ソ連からすれば負けるはずのない相手だった」と聞いたとき、微妙な気分になりました。

1939年当時はしっかりした情報を掴めてなかったので、帝国陸軍にしろ関東軍にしろ、ちょっと相手を舐めていた輩は結構いたようです。
しかし上層部でも情報に近い人間は、まったく歯が立たないことは承知の助。
それでもノモンハン事件(ノモンハン戦争)が起きるわけだから、いかに人間は(あるいは日本人は)、客観的な判断が苦手か、といういい見本です。

そのロシアの友人に言ってあげてください。
「4倍の兵力で戦ってるのに、日本よりも戦死者が多いのはどういうワケなん?(煽り」

クロコマさん、どうもです。
私としては自分自身が一般常識を持ち合わせているのかどうか心もとないです。
中高時代に歴史を勉強したはずなのに、すっかり忘れてしまっています。

+++++
文系であれ理系であれ、一つのことを深く深く掘り下げていくと、その先にこの世界や人間に通底する何かが見えてくるのではないかと考えています。井戸を深く深く掘っていくと広大な地下水脈に当たるかのように。

昨晩、ループ量子重力理論学者であるカルロ・ロヴェッリさんの『時間は存在しない』(NHK出版)を読了しました。物理学の観点から「時間」について考え抜いたその先に、人間とこの世界との関係の本質が垣間見えた気がして、刺激的でした。

また、歴史と聞いて、JGさんがかつて紹介して下さった武蔵中学の歴史の授業のエピソードを思い出しました(2018/3/20の記事)。
記事を改めて読むと、武蔵中の世界史の先生は1年かけて「鉄の歴史」を教えたとのことですが、むかし読んだジャレド・ダイアモンドさんの『銃・病原菌・鉄』(草思社)をふと思い出しました。
銃・病原菌・鉄を軸にして人類社会の文化文明の盛衰を描いた本でしたが、中身を忘れてしまったのと、アフターコロナの世界を想像するためとで、読み返してみたいなと思いました。

話が散らかってしまいました。失礼しました。

No title

>物理学の観点から「時間」について考え抜いたその先に、人間とこの世界との関係の本質が垣間見えた気がして、刺激的でした。

なかなか難しいこと考えてますね。
物理には、大きく分けて、素粒子、宇宙、物性の3つに分かれていて、それぞれがかなり違ってます。
私が専門としている物性は、身近な物質を扱うので割と俗っぽくて、実はあまり賢くない人たちが集まってます(というと怒られるかも)。
時間とは何か、ということについては、ここ長いことあまり考えてなかったりします・・・

個人的には、ここ2年くらい全力で取り組んできたテーマが、つい最近おおこけしたので、コロナ関係なくやる気が起きないです。
みんなどんなことやってるのかな~と、他の人の論文とか眺める日々です。

静かに物を考えるには、テレワークは悪くないですね。
通勤時間が削減されるだけでも、かなりゆとりが出ますし、余計な電話もかかってこないし。
自営業の人たちには申し訳ない気持ちがありますが、研究者はわりと幸福な時間を過ごしていると思います。

No title

>そのロシアの友人に言ってあげてください。
>「4倍の兵力で戦ってるのに、日本よりも戦死者が多いのはどういうワケなん?(煽り」

ソ連の戦争経験者は、戦争は勝ってもたくさんの人が死ぬことをよく知っていたので、ソ連時代は反戦教育が施されていたそうです。
#ソ連ではかなり早い時期から女性も社会に出て働いていたようなのですが、それは、男が戦争でみんな死んでしまって働き手がいなかったから、という事情があったとか。
ロシアでは戦争を知っている世代が引退して、戦争を知らない世代が指導者になってきているので、結構危ういかも、というのがその友人の見立てでした。

>なかなか難しいこと考えてますね。

すみません。紛らわしくて失礼しました。
「時間」について考え抜いたのはカルロさんであり、私ではないです。

>静かに物を考えるには、テレワークは悪くないですね。

私も自宅では仕事に集中できないのではないかと思っていたのですが、いざやってみると意外と集中できるし、仰る通り電話の時間が減り、読み書きや思考に充てられる時間が増えた気がします。

ただそれでも、職場の書庫にある文献で調べねばならぬ仕事もあるため(仕事で使う全ての文献が電子書籍化されているわけではない)、私は早朝の時間帯だけ職場に出勤しています。

No title

昨年度のナショナルジオグラフィックのテーマは医療と人類の未来のようなものであった。今から思うと、先見の明があったのか?
感染症、病原菌など、もう少し真面目に読んでおけばよかったと思っている。

戦争と平和は、ようやく第1巻が終わりそうだ。読み終わる前に、ナショジオを一年分読み返してみたい衝動に駆られる。だめだ!JGさんとの勝負に負けてしまう!

自分のように、いろんなところに興味関心が言ってしまう人間には、在宅勤務は本当に難しい。ここにいる皆さんのように、部屋にこもりたいのだが、修行が足りない。
今日も、農作業に自家製の保存食作りに励んでしまいそうだ。ここが、千葉っ子のいいとこであり、だめなとこなんだろうな。

チーバくんさんへ

>戦争と平和は、ようやく第1巻が終わりそうだ。読み終わる前に、ナショジオを一年分読み返してみたい衝動に駆られる。だめだ!JGさんとの勝負に負けてしまう!

ご安心を。
俺は日々の些事にかまけて、2巻の途中から全く進んでいません。
このままだとゴールは夏かと思われ。

突然の開成と筑駒

ちなみに第二次世界大戦の戦死者数

01.ソ連 2,660万人
02.中国 1,320万人
03.ドイツ 690万人
04.ポーランド 600万人
05.インドネシア 400万人以上
06.日本 310万人
07.ベトナム 200万人以上
08.ユーゴスラビア 170万人
09.インド 150万人
10.オーストリア 120万人
11.フィリピン 110万人
12.フランス 60万人
13.イタリア 45万人
14.イギリス 40万人
15.アメリカ 30万人

よくソ連の戦死者数がネタになりますが、ポーランドの率が物凄いことになっています。

01.ポーランド 19.0% (人口2320万人)
02.ソ連 13.5% (人口1億9,670万人)
03.中国 2.5% (人口5億2,000万人)
04.ドイツ 10.0% (人口6,900万人)
05.日本 4.3% (人口7,130万人)

開成のソ連、筑駒のポーランドといったところでしょうか(不謹慎

No title

アメリカの死者数を調べて見た。

アメリカの死者数(出典:ウイキペディア)

独立戦争 2万5千
南北戦争 65万5千 
第二次大戦 41万8千
ベトナム戦争 5万8千
911      3千
コロナ    5万8千以上

※死者数は民間人や関連を含むらしい。
※ウイキペディアの、それもいろんなページからの抜粋だから細かい数字は信用しないでね


 ブッシュ大統領だったら戦争になるだろうニャ。どこと?

No title

>ちなみに第二次世界大戦の戦死者数

ウィキとかでも確認しました。
戦死者数は日本がダントツと思ってました。
東京大空襲とか広島原爆とか沖縄戦とかあったので。
あと、東南アジアでの無謀な作戦とか。
歴史の勉強をしないのは罪なことだったなあ。

しかし、ソ連2660万人って、どうやってそんなに死んだんだろう?
東京の人口の2倍か?
死者数多めにしとけば戦後補償で沢山お金取れるとか、そういうのがあったんじゃないかと疑いたくなる数字。
#多分、すごい反論きそうだけど。
#歴史勉強してない人間の愚問、ということでご容赦。
中国は南京とかですごい数字出してきてるから眉唾な気はするけど、この数字の信ぴょう性ってどうなんだろう。

ポーランドはなんで多いんだろう。
ユダヤ民族浄化ですか?
そもそもポーランドって、枢軸国側?連合国側?
両方から敵扱いされてたとか?
サウンドオブミュージックの主人公の旦那さんがポーランドの軍人だった、くらいの、うすーい知識しかないです。


やっぱ、世界史を勉強することは大切だったなあ。

No title

で、JGさん、最近9月入学って話が出てきてますけど、どうなんでしょう?
個人的には、アリなんじゃないか、と。
今年の2月に通常の入試ができるとはちょっと思えないです。
ま、うちの子の受験なんだけど。

共通入試も変わるし、今年の高3は受難の年だなあ。
若いことの苦労は買ってでもしろ、ということなので、今年の高3は幸運の星の下に生まれてきた、という考え方もできますが。

大学院の入試は多くは8月とかに行われるのですが、こちらは、いろいろ大胆な案が具体的に出てきてます。
2月の学部入試も、大胆なことを考えなければいけないんじゃないかなあ、という気がしてます。

No title

>で、JGさん、最近9月入学って話が出てきてますけど、どうなんでしょう?

今のままでは来年の2月や3月に通常通り大学入試、高校入試ができるとはとうてい思えないのですが、あと1年4ヶ月で教育制度やら就職やら予算に関わることを全て変えて9月入学、始業を実現させるのはもっと難しいように思えます。そうなると残るの全員1年留年ということになりますが、どうなるのでしょうね。予測ができません。
皆さんはどう思われますか?

No title

来年は 東大合格者数 岩手県(感染者0 授業もやっているらしい)躍進か?

 ちなみに知事の達増さんは オラの高校の先輩だ。頑張れー!

No title

9月入試は個人的には賛成だが、現実的には、いつからとするのか?

ここは、法体系をしっかり組まなくてはならないので、大変そうだというのは素人でもわかる。議論もそこそこにスタートしてはいけないと思う。
だいたい、国からの通知一本で学校の始業を9月に変える。で、できてしまうほど簡単なのか?

4月1日生まれまでの子を9月入学にする?そうでないと、ある学年だけ一年半分の人数がいて、次の学年は半分の人数とかになってしまう。上手にやれば、今の早生まれは不利という問題も少しはクリアできるのかなあ。
よくある体力測定などの平均みたいな数字は変わっちゃうのかな?

長子の学校と次子の学校、地元公立中の休校中のフォローを見ると、地元公立中は不利だなあと思う。長子の学校と次子の学校でもカラーが違うと思う。これが、一生にかかる歴然とした差になってしまうとすれば、ちょっと問題だ。これからの不況で、地元公立しか選択できない家庭も増えるだろう。社会的格差がますます開く。問題だ。

大学入試も推薦なら秋に、中学受験も千葉は12月には始まる。早急に9月にするのか、1年留年か決めないと可哀想だ。スポーツ推薦を狙っていた子はそれを発揮する機会すら奪われている。今から、一般入試に変えようにも、塾は休みだ。

それはそうと、自分に置き換えた場合、9月スタートとなると、
①9月でないと新卒者が入社できない
②自分の定年は半年伸びる
となるのか?

疑問しかなく、思いつきなのでまとまりがない。
今日は暑かったので、仕込んでおいた甘夏酒を飲んでいる。

9月入学と不謹慎厨

9月入学については、やってみる価値はあると思うが、その理由が「面白そう」では、世の不謹慎厨たちが騒ぐので、まあそうだな、理由は「世界に合わせるため」とでもしようか。

ところが言うほど世界は9月入学と言うわけじゃない。

1月…シンガポール
1月末~2月初め…オーストラリア、ニュージーランド
3月…韓国
4月…パナマ
5月…タイ
6月…フィリピン
9月…アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国
10月…ナイジェリア、カンボジア

まあ、ちょいと考えるとしよう。
何しろ入試を風邪とインフルエンザが蔓延するさなかに行うのは、どう考えても理不尽だからな。

今日一番

>今日は暑かったので、仕込んでおいた甘夏酒を飲んでいる。

今日一番羨ましい!

~酔いどれて~底辺から叫んでみる

 中学受験ブログだから仕方がないのだが・・・9月入学となれば、未就園・未就学の子供達の入園入学も遅れる事になる。つまり、適正な時期に適正な教育を受け社会性を育む機会を逃してしまう子供達が出てくるのだ。保育施設やスタッフが不足しているのだから、母親達の仕事復帰だって遅れる事になる。
 収入減少と家事負担増で途方に暮れる母親達に対しての支援など早急に取り組むべき課題には目を背けたまま、何故、9月入学にすれば丸く収まるかのような案が出てくるのか・・・政治家やタレントは教育の専門家ではないし、中等教育や高等教育には詳しくても、幼児教育や保育の重要性については何ひとつ分かっていないのだ。私は、大きな声を出せる人々に従って、日々目覚ましく成長する幼い子供達から長期間学びの場を奪ってしまう事が、Bestな選択だとは思えない。
 そもそも非正規で働いてる氷河期世代なんてほとんど独身子ナシなんだから、入学時期云々よりも、家賃支払いに間に合うように一刻も早く現金支給して欲しいのよ。そこが上級国民には分からないのよねぇ~。

No title

もしも来年2月入試を強行する場合は、筆記無し、テレビ面接+書類のみ(推薦とかAOとか)とするしかないんじゃないかなあ。
私大では、現状ですでにそういうのが大半、というところは結構あるみたいだけど、東大とか京大でそれをやるのは大丈夫かな、という気がする。
いやー、やっぱ無理だ、それは。

来年の東大京大入試は推薦のみ(募集人員100名程度)、という超難関にするならあり得るかなあ。

9月に入試を遅らせるか、2021年度入試は中止とするか、どちらかしかない気がする。

9月入学制度への移行について考えてみる。

前川喜平さんのツイッターにこう書かれている。
「今年の小1を9月に入学させると、その12分の5は入学時に7歳になる。来年以降もそうするなら、義務教育の年齢を「6歳から」でなく「6歳5か月から」に変えることになる。もし来年9月の新入生を6歳に戻すなら、来年の4~8月に6歳になる子も加わるから、この学年だけ人数が4割超多くなる。」

上記の後段のように2021年9月に小1になる者を「2014年4月~2015年8月生」とするとその学年だけ人数が4割超多くなってしまう。
また上記の前段のようにすると、Geminiさんも指摘するように義務教育開始月齢の遅れが生じてしまう。
前川さんの言う後段の激変を緩和しつつ、前段の義務教育開始月齢の遅れを同時に解消するために、次のような措置を講じるのはどうだろうか。

【目下の状況】
2013.4~2014.3生=2020.4に小1 → 2020.4~2021.8が小1期間?

【現行制度のまま】→→→→→→→→→【甘将私案】
2014.4~2015.3生=2021.4に小1 → 2014.4~2015.4生=2021.9に小1
2015.4~2016.3生=2022.4に小1 → 2015.5~2016.5生=2022.9に小1
2016.4~2017.3生=2023.4に小1 → 2016.6~2017.6生=2023.9に小1
2017.4~2018.3生=2024.4に小1 → 2017.7~2018.7生=2024.9に小1
2018.4~2019.3生=2025.4に小1 → 2018.8~2019.8生=2025.9に小1
2019.4~2020.3生=2026.4に小1 → 2019.9~2020.9生=2026.9に小1(※①)
2020.4~2021.3生=2027.4に小1 → 2020.10~2021.10生=2027.9に小1
2021.4~2022.3生=2028.4に小1 → 2021.11~2022.11生=2028.9に小1
2022.4~2023.3生=2029.4に小1 → 2022.12~2023.12生=2029.9に小1(※②)
2023.4~2024.3生=2030.4に小1 → 2024.1~2025.1生=2030.9に小1
2024.4~2025.3生=2031.4に小1 → 2025.2~2026.2生=2031.9に小1
2025.4~2026.3生=2032.4に小1 → 2026.3~2027.3生=2032.9に小1
2026.4~2027.3生=2033.4に小1 → 2027.4~2028.3生=2033.9に小1(※③)

1学年の人数が4割超になってしまうのは、1学年に「17か月分」(2014.4~2015.8生)を一気に詰め込んでしまうがゆえに生じることなので、上記の甘将私案のように向こう数年間は「13か月分」の生徒を1学年として扱い、激変を緩和する。

また上記の甘将私案では、はじめの数年間は現行制度よりも義務教育開始月齢に遅れが生じるが、※①の段階で現行制度に追いつく。
ちなみに、※②まで進めた上でそれ以降は12か月分を1学年と構成すると、フランスのように「毎年1月~12月生の子が6歳になる年に小1になる」という形になり、さらに※③まで進めると、毎年4月~翌年3月生を1学年と構成するとしても、現行制度より義務教育開始月齢が1年前倒し(学年の始期が5か月後ろ倒しになることを考慮しても7か月前倒し)になる。

前川さんのツイッターにはこうも書かれています。

「来年から大学を全部9月入学にすると、来年の新入生の検定料、入学金、授業料の入金が5か月遅れになる。私学財政には大打撃だ。当然補償が必要になる。世耕議員は近大の経営者だから分かってる。」

確かに全体的に学年開始が5か月遅れになることに伴う一定の財政出動は必要になるかもしれません。

あと、9月入学となると、

・7月25日~27日:東大入試
・8月10日:合格発表
・8月12日頃~:サンデー毎日・週刊朝日発売

となり、サンデー毎日・週刊朝日の記者のお盆休みがなくなる。

脱線させてすみません

9月入学で、全国の知事の皆さんの映像が出る。小池さんは小洒落た白い手作りマスク。そんな中、徳島の知事は藍染の手作りマスクだった。そうきたか!と感心した。そのうち、西陣織やら、久留米絣、黄八丈なども出てくるのか?数年後の中学入試(渋幕あたりか?)マスクの写真と都道府県を結ぶというのが出たりして。

まあ、そっちは良い。千葉の画像の背景にチーバくん映るんだよなぁ。また、青の市松模様に赤いチーバくんなので、隅っこにいても、目立つんだ。

知事にお願い。画像と同じぐらい目立つ施策を提案してね。一緒に映っていて恥ずかしいよ。あの場にいるチーバくんが赤いのは、知事の提案や意見が薄口でちょっと恥ずかしいからなんだ。

9月入学制度の導入にあたっては学校教育法や学校教育法施行規則の改正が必要ですが(※1)、そのほかに国や自治体の会計年度との平仄合わせも必要かと思い、他国の会計年度を見たところ、入学時期と国の会計年度とは特に一致していない国が少なくないですね(※2)。

※1
学校教育法第17条に「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」とある。
また学校教育法施行規則第59条に「小学校の学年は、四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。」とある。
少なくともこれらの規定の改正を要する。

※2 国の会計年度の開始月(かっこ内は入学開始月)(誤りがあったらごめんなさい)
1月:中国(9月)、韓国(3月)、フランス(9月)、ドイツ(8月)、ベルギー(9月)、スイス(8月)、ロシア(9月)
4月:日本(4月)、インド(4月)、イギリス(9月)、カナダ(9月)
7月:フィリピン(6月)、スウェーデン(8月)、オーストラリア(1月末~2月初)
10月:タイ(5月)、アメリカ合衆国(9月)

No title

 とりあえずセンター試験のようなものだけはやらないと 全国の大学が困りますよね・・・ 

 センター試験ができないと 昔に戻って各大学個別入試。 工夫を凝らして 「スカスカ空間入試」とかネット入試とか・・
 まあそれならそれでもええのか。


 やっぱり今年 浪人せずに安全策で入ったもん勝ちなのか、逆に 来年は現役が学力不足なんで浪人生の草刈り場になるのか。

No title

現役有利か、浪人有利かはツイッターでも議論されていましたね。確実なのは自宅学習できるか否かで差がつくということ。元々映像授業による学習に慣れている子も有利。模試が行われれば、現役、浪人の得点分布からどちらが優勢か容易に想像がつくのですが、今年は模試すらちゃんとやれるか不透明です。
駿台は前期を全て映像授業に切り替えることを決めたようで、昨日は「宅浪決定」のツイートが飛んでいました。

No title

来年の入試の時期に、今と同様にソーシャルディスタンスが必要とされている場合、一つの試験会場に収容可能な受験生の数が少なく制限されてしまいますね。
そうなると、筆記試験の実施が難しくなるんじゃないか、というのが僕の懸念です。
センター試験のように同日同時間帯に部屋を用意するとなると、かなり大変な気がします。
全ての大学と高校の教室をフルに使えば何とかなるような気がしますが、そうなると、試験監督(答案用紙の回収業務なども行ってる)、会場本部詰め、連絡係、などの人員の確保が大丈夫かなと不安になります。
人員が手薄になって、たとえば答案紛失とかのトラブルが発生すると、大変だろうと思います。

共通試験が実施できれば、個別の大学では共通試験の成績で足切りして受験生の数をコントロールできるので、何とかなる気がします。

いろいろ悩んでいるうちに時間が過ぎて、インフルがはやり始める11月くらいに、「やっぱ来年度の入試取りやめ」とかなるよりは、来年度の入試は8月に延期して入学は9月にした方がいいと思います。

小学1年の入学者数が1.5倍になる問題は、甘えん坊将軍さんの案で緩和できると思います。
あと、もし何もせずに1.5倍になったとしても、我々のころと比べれば子供の数は少ないので、それくらいは君たちの試練だよ、ということにしても良いんじゃないかというのが、僕の乱暴な意見です。

No title

 全員留年(全行事 入試も一年先送り) 案もあるようですが、 これだと ある学年が 1.5倍 どころじゃなく2倍になるのかあ。

 さすがにこの案は「ない」かな。

No title

義務教育開始月齢、1学年の人数の調整だけでも甘えん坊さんが考察されたようなことを含めて考えねばならない上に予算や補償、採用に定年に法改正と、9月入学をスタートするためにクリアしなければならないことが多過ぎて、とても今年の9月から開始というわけにはいかないでしょうね。時間が足りな過ぎる。よしんば9月入学が実現できたとしても、秋以降第2波、第3波がやってきたときに再び長期休校してしまえば、同じ事の繰り返しになりますし、来年の7,8月に正常に入試が行える保証も今のところはありませんしね。赤道直下のシンガポールでも感染が再び増えているようですから。
というわけで、「国も5月中に9月入学を決めるのは難しかろう。とりあえずは奇跡が起きる可能性にかけてオリンピック同様ぎりぎりまで変更するのを先延ばし」だと予想しています。世論がどう動くかも観察している気はします。

No title

今年4月に入学した1年生を、4月入学はなかったことにして9月入学にする、というのはあまり意味ない気がします。
私の頭の中では、今の生徒たちは2020年4月入学2021年8月修了として、次は2021年9月入学2022年8月修了、を想定してました。
これであれば、9月入学への制度変更に1年以上時間があるのでまあまあ余裕があるかな、と。

まあでも、私が9月入学を良しとする理由は、感染症がピークの時期に入試を行うことが合理的ではないから、だけです。
グローバルスタンダードに合わせるとか、あまり意味がないような気がしてます。

日本、韓国、中国では、大学学部は入学することに重きが置かれてるけど、アメリカや特に一部のヨーロッパでは大学学部は卒業することに重きが置かれているので、同等には議論できないと思ってます。
学部入試の筆記体策をしてない欧米の高校生は、率直に言って、東大とか京大入試を突破できないと思います。
だから、学部を秋入学にしても欧米からの留学生は増えないと思います。
韓国は3月入学だから、秋入学にしたら韓国からの留学生は減るでしょうね。
中国からの留学生は少しは増えるかもしれません。
まあ、でも全体としてはさほど効果ないのでは、と思います。

大学院の方は既に秋入学という制度はあるので、留学生は一定数来てますね。
こちらは日本の学校も一応グローバルスタンダードにはなってる、ということでしょうか。

No title

 前川元事務次官の記事によると 文科省では過去 何度も検討したことがあるというので、その 「課題」「問題点」を公開してほしいですニャ。

 もちろん前川さんには今なんの権限もないので、 大臣にお願いしたい。

※NHKニュースでも取り上げていたが、こんなもんではなく 有象無象の問題点があるだろう。 
 全部 まな板にのせてほしい。

No title

今年度4月入学生を来年8月終業で9月始業に変更。いいと思う。

一番、困るのは、会計年度との絡みだろう。国も地方自治体も会計はその年度内に予算執行しなければならない。学校や教育機関、ひいては保護者への補助や委託事業だけ、毎回繰越しなくてはいけなくなってしまう。

結構、今年度は修学旅行、体育祭を中止や延期にした学校がある。また、予定の組み直しが教員に降りかかる。先生方、かわいそうに。

生徒で問題なのは、今年度の高校入試組だ。普段の年でも高校入試組は2月に全力を尽くしきってしまい3月、4月はだれている。学校からの課題もなければ、もっと緩んで、家庭は不安だろう。入学式でしか会っていない担任では、相談もしにくい。こういう時の学校の対応で、学校選びの評価基準も変わるんだろうな。

CBTはどうだろうか

俺が「面白そう」などという理由で「9月入学については、やってみる価値はあると思う」と書いてから、たった1日でたくさんの意見が出ましたな。
真面目な意見ばかりで肩身が狭いっす。

ところで、風邪やインフルが流行る時期に入試をやるのは理不尽だから9月入学、などと書いておいてこんなことを書くのもなんだが、入試をCBTでやるなら一気にすべての問題が解消される。

今までと同じ4月入学で問題ない。
問題はCBTの精度だな。

※インターネット環境も問題のひとつになるかもしれない。
いま俺をこき使っている某教育サービス会社では、インタラクティブ授業を推進しているが、「ネット環境にない」「子供に使わせるコンピュータがない」というクレームを結構ちょうだいしている。
※今日も夜中まで働かされた。
※でも天丼奢ってくれたから赦そう。

No title

我々の業界のイベント(学会とか国際会議とか)は、今後1年くらいは、今までのようには開催できないかもしれない、という感じで話しているので、学部入試も大変じゃないかな、と想像しました。
でも、学校の9月入学に関しては、マスコミとかでは入試と絡めた議論してる人はいなさそうなので、杞憂なのかもしれませんね。

9月入学のメリットを、学事歴をグローバルスタンダードに合わせると留学生を呼び込める、っていうのは的を外してると思うけどなあ。
中等教育は国によって全然違うんだから、違う文化圏の学部に留学するのはよほどの事情(留学先が圧倒的に進んでいるとかの)がないとメリットないと思うんだよね(ここら辺、某掲示板で良く書いてた気がするけど)。
逆に、学部で留学生を受け入れなければいけない意味も分からんです。
学部レベルの教育はどの国のどの大学で受けたって大差ないんだから、母国の大学に進学しとけばいいと思いますです。

僕の感覚が世間の感覚と大分ずれてるのかもしれないなあ・・・

No title

JGさん、どうもです。

>ところで、風邪やインフルが流行る時期に入試をやるのは理不尽だから9月入学、などと書いておいてこんなことを書くのもなんだが、入試をCBTでやるなら一気にすべての問題が解消される。

こういうの、結構真面目に議論されるんじゃないかなと思うんですよね。
#そんなの無理だろ、とかつい思ってしまうんだけど。
記述式問題をCBTってのはなかなか大変じゃないかなあと思うけど、手書きしたものを写真にとってアップロードすれば不可能ではないかもしれない。
#手書きの汚い数式を写真にしたらなお読みにくくなりそうだけど。
#判別不可能な文字を書く優秀な学生も結構いるので、この問題は結構根が深いかもしれない。

シラフだけど~底辺から叫んでみる~

>私の頭の中では、今の生徒たちは2020年4月入学2021年8月修了として、次は2021年9月入学2022年8月修了、を想定してました。
これであれば、9月入学への制度変更に1年以上時間があるのでまあまあ余裕があるかな、と。

→なるほど、納得です。甘えん坊将軍様のプランもとても良いと思いました。
 けれども、幼児教育や児童教育の観点から見た場合、9月入学となると教育カリキュラムの大幅な変更や修正が必要になってくるという問題があるのです。
 なぜならば、日本という国には四季があるからです。小さな子供たちは春に種や苗を植え、交代で水やりや草むしりなどの世話をして、植物たちの育つ様子を観察しながら自身も成長していく。初夏にはプール掃除をしながらヤゴを拾ってその成長を観察し、秋には作物を収穫して調理する。
 9月入学となると、その流れを変更する必要が出てきてしまいます。
 しかも、半年遅れのスタートとなれば、グローバルスタンダードどころか、年齢的には世界標準よりも半年遅れてのスタートとなってしまいます。

 台風による被害も考慮しなければいけないし、来年度実施となれば、入試時期とオリンピックが重なり、交通機関や宿泊施設の混雑は避けられない状況となる事も予想されます。
 短期間に簡単に片付けられるような単純な問題ではないと思っています。

No title

Geminiさん、どうもです。

>しかも、半年遅れのスタートとなれば、グローバルスタンダードどころか、年齢的には世界標準よりも半年遅れてのスタートとなってしまいます。

確かに、現時点で学校に在籍している生徒(学生)の修了(卒業)は半年遅れになります。
私も、来年2月に入試が可能なら、8月卒業9月入学にする必要はないと思います。
ただ、コロナの影響で来年2月に入試が不可能となると、スケジュールを半年遅らせて7月入試、8月卒業、9月入学は有力な選択肢と思いました。
これ以外の方法としては、来年の入試は中止、スケジュールを1年遅らせるしか方法がないのでは、と思います。
あと、子供たちの中学入試では、インフルにはとても敏感になってました。
あの苦労がなくなるのは9月入学のメリットと思います。

実は正直なところ、もしもコロナがなかったならば、4月入学のままの方が良いと私も思います。
9月入学の一番気に入らないところは、グローバルスタンダードと学事歴が一致してしまう、という点です(笑)
終身雇用がまだ少しは残っている日本では、会計年度と学事歴が一致する方が便利です。
入学式には桜があった方が良いです。
フレッシュな1年生には若葉萌ゆる春がふさわしいです。
これら日本の良き文化を壊してしまう破壊力が、感染症というものにはあるのかもしれない、と心配しています。

No title

Twitterでは
#九月入学
#9月入学反対
のついた投稿が始まっていますね。
私は将来的に9月入学に移行することに反対ではありませんが、来年9月からの実施には反対です。コロナ対策、オリンピック対策、景気対策など喫緊に取り組まねばならぬ案件と同時に短期間で処理できる事柄ではないと思うからです。3月からの授業が止まっていることを安直に解決しようとしている気がします。


No title

>3月からの授業が止まっていることを安直に解決しようとしている気がします。

不足した授業日数を補うための9月入学というのは、どうかな、という気がしますね。小学校なら6年間、中学、高校なら3年間あるので、そのうちの3か月がなくなったとしても、長期休みを利用すれば何とかなるような気がする(無責任な物言いだけど。そして現場は相当大変だろうけど)。
小学1年生がまだ学校に行ったことない、と言っているのを聞くと残念な気持ちにはなるけどね。
高3はどのみち各々勝手に受験勉強してるだろうから、学校が休みでもあまり関係ないよね。

問題は、中学入試、高校入試、大学入試が通常通り1~2月に実施できるか、という点だと思うんだけどなあ。
3月卒業しても、入試がなければ4月から行先がないからねえ。
公務員試験と司法試験は1か月延期されたけど、これがどうなるかも心配だなあ。
季節が良いから実施はされるとは思うけど、スケジュールが確定しないので学生は困ってます。

No title

高校入試問題って絶対に中学3年までの範囲を、大学入試問題って絶対に高校3年までの範囲を出題しなくてはいけないのだろうか?

高校入試なら中学2年まで、大学入試なら高校2年までとすれば、今度の入試もいつもの時期でいけるような気がする。

小学校入試も、行動観察と保護者面談だけなら何とかなりそうか?

中学入試は難しそうだな。

No title

クロコマさん

お久しぶりです。今年度の大学入試を行う方法について考えてみました。

・今年の秋に数学、理社の試験範囲だけを絞って入試をやってしまう。

具体的には共通テストは中止とし、10月に個別試験を数学、理社の試験範囲をしぼって行う。もしも緊急事態宣言が出されたら各々1ヶ月ずつ入試日を後ろにずらしていく。(今年の公務員試験、司法試験のように)
すると4回緊急事態宣言によって順延しても11月→12月→1月→2月と遅くとも
2月に入試を行うことができ、例年通りに終業できる。(さすがに5ヶ月の間に入試を1度くらいは行えるだろう)
これでは浪人が圧倒的に有利になるから駄目かな?
でも、もしもこれが可能なら面倒な手続きをせずとも入試を行えるんですけどね。
たとえ来年の9月入学を選択する場合でも、入試延期の可能性と対処方法は考えておくべきだと思いますから、いよいよ大学入試でもJGさんの言うようにCBTの導入を検討すべき時なのかもしれません。
♯何か有効な治療薬、治療法が確立されて、コロナによる死亡率がインフル並みに落ち着けば、わざわざ入試や入学の時期をいじる必要もなくなるんですけどね。

文部科学省は毎年6月頭に次年の「大学入学者選抜実施要項」を公表しているようですね。
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senbatsu/1346785.htm

過去3年の要項を見ると、いずれも学力検査の試験期日は2月1日から4月15日までと設定されています。
来年の受験の要項がどうなるのかが気になりますが、報道によると、9月入学制度について6月上旬までに文科省内で論点や課題を整理するとのことですから、今年は例年よりも要項の公表が遅くなるのかもしれません。

娘が英検CBTの受験を検討していたのですが、CBTといっても自宅で受験できるわけではなく、指定場所でしか受けられないのですね(そのため英検CBTも6月までは中止になっている)。
佐賀大学がCBT試験の導入検討をしているようですが、大学受験にCBTを導入するとした場合のその仕組みには興味があります。

No title

脛に傷さん

ご無沙汰です。
>具体的には共通テストは中止とし、10月に個別試験を数学、理社の試験範囲をしぼって行う。

前倒しは難しいのではないかなあ。
9か月後と思っていた試験が6か月後に変更、となると、多くの人の理解を得られにくいような気が・・・

来年度入試をどうするか、という決断は、究極的なものとなる可能性が高い(入試中止とか、半年延期とか)ので、現時点での決断は尚早かもしれませんね。
オリンピックが延期されたのが当初開催予定の4か月前だったから、入試をどうするかの決断も10月か11月頃になるのかな。

活動制限が解けて普通に入試できるじゃん、となっているのが一番いいですけどね。

No title

クロコマさん、甘えん坊さんどうも。

甘えん坊さんはいつもすぐに関連する公的文書を提示してくれますね。

クロコマさん、正直、良いプランを思いつきませんでした。2月に全国から受験生を1ヶ所に集めて入試を行うことの難しさを感じました。コロナの流行と今後の治療法の進展次第ですが、6月中に来年の9月入学が決定されなければ1で、その場合、最悪ケースでは7となることでしょう。今から法律改正してその他のプランを実行するのはほとんど不可能な気がします。9月入学も私の予想ではおそらく無理。私立大学の授業料1つ取っても、前期半年分の授業料が入ってこなくなることに(早稲田で約50万×9000人=約45億)少なからずの大学が耐えられないのでは?その他に解決しなければならないことが山積しているのに今はとても諸課題を解決して実行する余裕がないでしょう。6年以上もかけて計画していた共通テスト用英語民間試験の実施すら頓挫したのですから。
最悪、公立高校入試は内申書のみで合否判定できるでしょうね。そうせざるをえません。その他、私立中入試、私立高入試についてははわかりません。もし入試が中止になれば塾の模試の平均偏差値とかで無理やり選抜することは可能では?伝統校では抵抗が大きくてやりにくいでしょうが、他に代替手段を思いつきません。

1.通常通りの入試→緊急事態宣言が出されたら延期(リミットは4月15日)

2.共通テストのみ→緊急事態宣言が出されたら延期(リミットは4月15日)

3.個別試験のみ→緊急事態宣言が出されたら延期(リミットは4月15日)

4.共通テスト、内申書(英検やTOEFL、科学オリンピックの成績で加点)、リモート面接(慶應SFCの推薦入試はこれをやるらしい)の結果から総合的に決定

5.人数をしぼった推薦入試のみ(これは実施できる確率が高いが、ペーパーテスト入試が実施できない場合は1学年の人数が減ってしまうので実現は難しいか)

6.9月入学プラン
6月共通テスト、7月個別試験→緊急事態宣言が出されたら延期

7. 全員1年留年プラン

8.法律改正して1~7以外のプラン

♯東大などの国立大学の入試を想定しています








No title

>7. 全員1年留年プラン

間違えました。
7. 今年度入試は中止
  →現役は1浪、n浪は(n+1)浪へ
この場合翌年の定員をどうするかなどまったく不明

No title

脛に傷さんの7を変形してみる。

普通に入試があった場合、今年の高3は受験希望者は受験しても良い。
で、大学合格者は飛び級扱いで卒業。
希望しない人と残念組は一年遅れだが、通常卒業扱い。
高2以下は1年留年。高校入試もなし。

これじゃ、ダメかな。
就職希望組はどうしようか?

底辺でひとり呟いてみる

クロコマ様:
 第一線で陣頭指揮を執っておられる先生からの貴重なご意見をお聞かせいただきありがとうございます。凡愚な私には皆様方のように次々と複数のアイディアを出す事は出来ませんが、腹をくくって事態を見守っております。

甘えん坊将軍様・脛に傷様:
 やっぱ頭いいなぁ~。斬新なアイデアの数々には毎回脱帽です。

チーバくん様:
 実は、新紙幣のレートと景気も気になっています。バブル崩壊前後、新成人の就職は卒業時期によって明暗が分かれる事になりました。
 庶民なので、入学時期よりも卒業時期の景気が気になってしまいます(苦笑)

No title

>私立大学の授業料1つ取っても、前期半年分の授業料が入ってこなくなることに(早稲田で約50万×9000人=約45億)少なからずの大学が耐えられないのでは?

書いたそばからボロが出ますね。
授業料半年分減が耐えられないなら1年分だとさらに無理。現在大学にいる学生を来年も同じ学年に留めたとしても授業料を2度とるわけにもいかないでしょうし、一体どうするんでしょ?
やっぱり2月→3月→4月と入試日をスライドするくらいしかできないんじゃないかな?来年の2月に入試が行えない状況ならオリンピックは中止ですね。

No title

 とりあえず、お金の問題は置いておいてもいいのでは?

 国の都合で変更するのだから、国がある程度 補償してくれると仮定しないと変更なんて絶対できない。

 お金を議論すると、その時点で議論は終了となります。

※と言いつつ、 あのケチな政権とケチな財務省がお金出すか?  という疑問はあるが・・
 確信的に、「私立は各大学でなんとかしなさい」となりそう・・・

No title

>>私立大学の授業料1つ取っても、前期半年分の授業料が入ってこなくなることに(早稲田で約50万×9000人=約45億)少なからずの大学が耐えられないのでは?

頑張れば、卒業は3月にできるかもしれませんね。
入試は無理ですが・・・

授業料に関しては、半額にするのかな。
大学と学生で損害を半分ずつにするとか。
あるいは、国が少し負担して、損害を1/3ずつにするとか(三方一両損?)。
それとも学生負担をなしにして、大学と国で折半かな。
いずれにしても、どれか一つに負担を集中させるのは良くない気がします。

No title

>もし入試が中止になれば塾の模試の平均偏差値とかで無理やり選抜することは可能では?伝統校では抵抗が大きくてやりにくいでしょうが、他に代替手段を思いつきません。

中学受験では、こういうときに、偏差値表の下剋上が起こるかもしれませんね。
御三家とかは文科省の指示を額面通りに受け取って入試自粛。
新興校は裏技使って入試を行って、偏差値トップに君臨する、とか。
こういう時代、ある意味チャンスかもしれませんね。

No title

>とりあえず、お金の問題は置いておいてもいいのでは?
国の都合で変更するのだから、国がある程度 補償してくれると仮定しないと変更なんて絶対できない。

私立の授業料の例を出したのは具体的な問題点としてわかりやすかったからですが、他にも色々問題点がありますよね。で、それらを5月、6月に洗い出して全て解決できるとはとても思えない。
それに、店舗にお金を払って休業要請せず、各家庭に10万円すら払えずぐずぐずしている現政権が気前よく私大に補償するとも思えないですね。

No title

>新興校は裏技使って入試を行って、偏差値トップに君臨する、とか。
こういう時代、ある意味チャンスかもしれませんね。

本当は模試の成績や親の職業、学歴を見て学校が自由に生徒を選んだ方が6年後の大学合格実績を向上させるには好都合でしょうね。1回だけの入試では実力を捕捉しきれないでしょうから。塾と仲良くしている学校はこういう時情報収集しやすくて有利でしょうね。渋谷教育学園などやろうと思えばできるんじゃなかろうか?

この9月入学制度問題については、私はクロコマさんとほとんど同じ考えです(「ほとんど」という言い方をしましたが、これは言葉のあやであり、基本的に全ての点において相違はありません。「入学式には桜があった方が良い」という情緒的なところまで含めて)。

>甘えん坊さんはいつもすぐに関連する公的文書を提示してくれますね。
>やっぱ頭いいなぁ~。

うれしいお言葉をありがとうございます。
調子に乗って、早稲田大学の2019年3月期の決算情報を示しておきます。
https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2019/05/01_zaimu-gaiyou18.pdf
事業活動収入1,049億円のうち学生生徒等納付金が663億円(63.2%)を占めます。
事業活動支出989億円のうち人件費が494億円(50.0%)、教育研究経費が439億円(44.4%)。
約45億円分の授業料の減収となると、事業活動収支の黒字分がほぼ丸ごと飛ぶレベルであり、インパクトは小さくないですね。

>本当は模試の成績や親の職業、学歴を見て学校が自由に生徒を選んだ方が6年後の大学合格実績を向上させるには好都合でしょうね。

確かにそうかもしれません。
しかし20年後30年後のことを考えると、それは学校にとってマイナスであり、その生徒本人にとってはいっそうマイナスだろうなと思います。私が思うに。

Gemini 様

お疲れ様です。卒業時の景気は本当に人生を左右する問題ですね。
今の中学から大学生の親世代は、自分の大学受験では苦労した。その上、就職氷河期を目の当たりにした。働き方も終身雇用にこだわらなくてもいいと気がついた。だから、子供には大学受験に有利となる中学受験をさせ、できれば資格職を選んでくれれば良いなあと思っている。

企業側も、就職氷河期があるのは大変なんですよ。自分が人材育成に悩まされたのも、それが原因。リーダー1号位の世代がいないんです。自分が新人教育係も兼ね、組織のマネジメントもする。手のかかる新人を複数抱えると、完全にドツボなんです。昨年度は、何度、人と話をする時は、メモを取ることと言ったことか。メモも付箋じゃダメだ。ノートはないのか?剥がして捨てるぞと脅したことか。

新人にしたら、ちょっとしたことも聞ける人がいない。それはそれでかわいそうなのだ。かといって、リーダー1号が質問しやすいとは思えないが、これは個人の属性によるものだ。

今回の騒動で、求人が増えそうなのは、医療、介護。
事務職はAIに代わるから減。
サービス業も軒並み減。ただし一部は増もあり(保険、輸送、IT系、通信など)
働き方改革や、テレワークもあり、将来の職業はよーく考えないと、後で後悔するかもしれないですね。

No title

9月入学を導入するのであれば、卒業は単位取れ次第いつでも可とすれば良いと思います。海外と合わせると言うのなら、全員3月卒業で4月に新卒入社、はもうやめても良いでしょう。私の同級生で3月に単位が揃わず、10月入社になったのが居ましたが。しっかり活躍しています。

今年から9月入学は流石にないと思いますが、来年から9月入学となる場合、初年度の新入生(浪人も含む)は、以下のいずれかを選択することにしてはいかがでしょうか。

1.4月までに高校の成績や調査書をベースに選考して5月に仮入学。5月から8月をサマースクールとし、成績が問題なければそれも単位に組み入れ。成績不芳なら入学取り消し。

2.8月までにペーパーの入試を行い、9月入学。こちらは成績不芳でも入学取り消しにはならないが、今の大学の制度と同じなので留年は有る。きっちり単位を取れば、4年未満での卒業も可能。

サマースクールは授業料も取ってはどうでしょう。単位に組み入れが出来るなら、あるいは難関大学なら需要はあるでしょう。4月入学から9月入学に移行する際の収入源の緩和策ともなり得ますし、毎年やればむしろ収入が増える可能性も有ります。

中学入試はどうなりますかね。めざとい学校は何か口実を作って早めの日程で推薦入試を多用するかも知れません。例えば帰国入試を拡大して、本人だけでなく保護者が海外経験が有れば、グローバル入試、と称して囲い込みをするとか。両親の学歴と職業を書かせて、ちょっと面接でもすれば、大体分かりますからね。

無料法律相談

甘えん坊将軍さんへ

eduの9月入学のスレッドに
「2020秋に法案提出→可決最短で間に合うなら実施一年前公布周知にはいり
2022春までの学年を9月まで延長する 」
と書いている方がいたのですが、
学校教育基本法には9月入学を導入する際の「実施一年前公布周知」に関する記述があるのでしょうか?
もし「「実施一年前公布周知」が強制力のある条件ならば来年9月からの実施は法的には無理なように思えます。しかし、別のところでこの件は文科大臣が認めさえすれば進められるとの記事も読みました。どちらが正しいのでしょうか?

脛に傷さん、どうもです。

法律の公布と施行の間に周知期間を置いたほうが望ましいことは確かですが、周知期間を必ず置かなければならないわけではありません。現に過去の学校教育法改正においても、公布と同時に施行している例も多いです。
というわけで、前者の「実施一年前公布周知が必要条件かどうか」については、必要条件ではありません。

後者の「文科大臣が認めさえすれば」という点については、建前としては法律(公布日も基本的には法律に規定する)は国会(=立法府)が決めますから、文科大臣(=行政府の一部)でなく「国会が認めさえすれば」が正確です。
ただ、法案は文科省が作成するわけですから、その意味では「文科大臣が認めさえすれば」と言っても差し支えないかもしれません。

※追記①
eduのスレッドを見てきました。つい勢いで投稿してしまいました…

※追記②
調べてみたら、「法の適用に関する通則法」という法律の第2条に次の規定がありました。

「法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行する。ただし、法律でこれと異なる施行期日を定めたときは、その定めによる。」

ということで、法の建て付けとしては、
■公布後20日経過日に施行。
■例外的に法律で別の施行日を設定することも可。

No title

>前者の「実施一年前公布周知が必要条件かどうか」については、必要条件ではありません。

甘えん坊将軍さん

前例も多いのですね。では秋の国会で可決されて、今年度の終業が8月31に延長され来年から9月入学、始業の施行も一応可能ということですね。
ファクトチェックどうもありがとうございました。



脛に傷さん、どうもです。
ご質問いただいたおかげで、私も勉強になりました。
今後ももし何かあればご質問ください。
(>JGさん、いつもコメントスペースをお借りし、すみません)

検察庁法改正といい、チーバくんさんがどこかでお書きになっていた種苗法改正といい、法改正問題にいろいろと焦点が当たってきていますね。
前者(黒川氏の定年延長問題)は今年1月の閣議決定時にもトピックになったのですが、その時は今ほど反対の声が大きくなかったように思います(私の目からすれば、あの1月の閣議決定が既に大問題でしたが、当時は論点がわかりにくかったのかもしれません)。
ここ数か月の間に急激に政権の信頼度が落ちたことを如実に表しているように思います。

新型コロナ特措法の法構造の問題(国と地方の権限のねじれ)といい、法というものに焦点が当たることが多くなり、一人ひとりの市民がリーガルマインドを鍛えることの大切さを感じます。

Thief in the Fire , or Shock Doctrine

甘えん坊将軍さん

検察庁法改正案、コロナのどさくさに紛れて採決されようとしていますが、松尾邦弘元元検事総長ら検察OB有志が改正案に反対して意見書を提出するとのこと。
急速に反対運動が高まってきましたね。この改正法案ですが、「特定の検事の定年を政府の意向次第で恣意的に延長可能にでき、しかも黒川さんの定年延長はこの改正法を事後的に適用しようとしている」という理解であっていますか?検察の独立を守れるかの瀬戸際なのですよね?食い止める見込みはありそうですか?

(JGさん、たびたび甘えん坊将軍さんへの質問箱としてこことを使ってすみません)

火事場泥棒

どんどん使ってください。
俺も勉強になります。

脛に傷さん、どうもです。
検察庁法改正の話は、いったい何が問題なのかがわかりにくいですよね。
長くなりますが、私なりの考えを述べます。

【ご質問】
ア 「特定の検事の定年を政府の意向次第で恣意的に延長可能にでき、しかも黒川さんの定年延長はこの改正法を事後的に適用しようとしている」という理解であっているか?
イ 検察の独立を守れるかの瀬戸際か?
ウ 食い止める見込みはありそうか?

【前提事実】
① 検察庁は内閣総理大臣を頂点とする「行政府」に属している。検事総長(=検察トップ)、次長検事(=No.2)、検事長(=各高等検察庁トップ)の任命権者は内閣である。
② その一方で、検察官は刑事訴追権を独占し、容疑者を起訴するか否かについて裁量を有しており、検察庁は「準司法府」としての性格も持つ。
③ 現行の検察庁法では、検事総長の定年は65歳、その他の検事の定年は63歳となっている。
④ 現行の国家公務員法では、国家公務員の任命権者は、定年に達した国家公務員でも最大3年まで勤務延長させることができるとしている。
⑤ 上記④の勤務延長制度導入時の国会審議では、国家公務員法の勤務延長制度は検察官には適用されないと答弁されていた。
⑥ 今年1月頃までの当初の検察庁法改正案は、検察官の定年を一律65歳に延ばしたうえで、次長検事・検事長につき63歳の役職定年を設けるというものであった(つまり検事総長は従前どおり65歳定年だが、次長検事・検事長は63歳で役職定年を迎え、それ以降65歳まではヒラ検事になる)。
⑦ その後の検察庁法改正案と国家公務員法改正案では、内閣が認める場合には、検事総長は最大68歳まで、次長検事と検事長は最大66歳まで勤務延長・役職延長ができるものとされている。改正法案の施行日は2022年4月1日である。
⑧ 黒川氏は2020年2月8日に63歳になり、2022年2月8日に65歳になる。

【私の考えとご質問への回答】
■上記③⑧より、東京高等検察庁の検事長である黒川氏は、現行の検察庁法下では2020年2月8日に定年を迎えるはずでした。しかし政府は⑤の法解釈を変更して、④の国家公務員法の勤務延長制度を黒川氏に適用し、黒川氏につき2020年8月7日まで勤務延長する旨の閣議決定を1月31日に行いました。
これは、立法府の法解釈である⑤を行政府が変更したわけであり、三権分立構造を歪めるものであって問題であったと私は考えます。2014年時に政府が集団的自衛権に関する憲法解釈を閣議決定で変更したのと同じ問題です。私としては、立法府の解釈を変更するのであれば、同じ立法府(国会)において審議し議決するというプロセスを経るべきだと考えます。

■ご質問アの前半「特定の検事の定年を政府の意向次第で恣意的に延長可能にでき」という部分については、上記⑦より、改正法案では検事総長らの勤務延長・役職延長を内閣の判断でできるとしているのであり、脛に傷さんのご理解の通りと考えます。

■ご質問アの後半「黒川さんの定年延長はこの改正法を事後的に適用しようとしている」という部分については、正しくないと思います。
上記⑦のように改正法の施行日は2022年4月とされており、⑧より、施行日前の2022年2月に黒川氏は既に65歳に達しますので、黒川氏には改正法は適用されません。せいぜい言えるのは、「今年1月の閣議決定を、法改正により後付けで正当化しようとしている」という程度だと思います。

■上記⑥の当初の改正法案は、「定年は一律65歳、役職定年は63歳」というすっきりした内容であって、内閣の恣意的な判断も入らない内容でした。その後にどういうわけか上記⑦のような、内閣の判断により検事総長らにつき勤務延長・役職延長がされうる法案に変更されました。上記②の検察の準司法的性格や検察の独立性を重視すればこれは問題であり、この観点から元検事総長らが改正法案に反対しているわけです。

■他方で、上記①のとおり検察は行政府に属し、また検察自体も強大な権力を有しますからその暴走への歯止めが必要だとの観点もあり、それでは誰が検察を牽制するのかといったら内閣になるのではないかと考えます。
私は、まずプロセス論としては、上記①と②の観点をどう調整するかについて、丁寧に立法府において審議し結論を出すべきと考えます。今は新型コロナ対応で他に審議すべきことが山積しているでしょうから、落ち着いた後に腰を据えて審議したほうがよいと考えます。内容論としては、人によって考えが分かれうるところでしょうが、私は上記⑥の当初案がすっきりしていてよかったのではないかと感じます。

■ご質問イ「検察の独立を守れるかの瀬戸際か?」に関連して、検察庁法第14条は次のように規定しています。
「法務大臣は、・・・検察官を一般に指揮監督することができる。但し、個々の事件の取調又は処分については、検事総長のみを指揮することができる。」
つまり、内閣の構成員である法務大臣であっても、個々の事件処理については、担当検事の判断に口を挟めないこととなっており、今回の法改正でも同条は改正されませんから、検察の独立性が直ちに壊されてしまうわけではありません。しかし、同条には法務大臣による検事総長への指揮権も規定されており、今回の改正法案が通れば検事総長人事への内閣の関与度合いが高まるわけですから、間接的には検察の独立性を低減させる方向にはなります。

■ご質問ウ「食い止める見込みはありそうか?」については、わかりません。
「国家公務員の定年延長」という特に誰からも異論がなさそうな総論の中に、検察庁法改正という「政治家と検察の権力のぶつかり合いの調整」という難題が混ざり込んでしまっているのが今回の問題です。
個人的には、検察庁法改正の部分だけは切り出して審議を先送りしたほうがよいのではないかと感じますが、どうなるでしょうか。

No title

甘えん坊将軍さん、非常に丁寧に教えてくださりありがとうございます。お忙しい中お手数おかけして申し訳ございません。じっくり読ませていただき、また後程返信させていただきます。

さあ、きな臭くなってまいりました

甘えん坊将軍さんが下記のように書いてくれたように

>施行日前の2022年2月に黒川氏は既に65歳に達しますので、黒川氏には改正法は適用されません。

俺も法文を読んで、「あれれ、じゃあ何のために政府は急いでいるんだ?」と思いました。

ところがどうも違うようです。
黒川君はなれそうですよ、検事総長に。フフフフ。

★「黒川氏は68歳(2025年)まで検事総長として君臨できる」法務省が公式見解
https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_63659/

★黒川検事長は検察庁法改正で68歳まで検事総長をできると法務省~やはり「政権の検察支配法案」
https://news.yahoo.co.jp/byline/aizawafuyuki/20200512-00178147/

ところで、どうして黒川君が検事総長になれるのか、記事を読んでもよくわからない@ポンコツ頭。

わかったのは、このブログの隠れキャラ、前川喜平君が暗躍してますなあ。

改正法は、施行日を前倒ししない限り、「黒川氏を検事総長に据えること」自体には役立ちませんが、
JGさんが引用して下さった記事のように、仮に法施行前に黒川氏が検事総長になれたなら、「その任期を68歳まで延ばすこと」には役立ちますね。
勉強になりました。

No title

甘えん坊将軍さん

詳しく教えてくださったのでこの件に関して少し興味が湧いてきて、いくつかネットの記事を読んでみました。↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/goharanobuo/20200201-00161318/
https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20200203-00161543/
https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20200215-00163131/
山尾議員のFB
https://www.facebook.com/yamaoshiori/posts/1268419686684462?__tn__=K-R
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2020/0302.html

法解釈を変更して、国家公務員法を適用して検事の定年延長を行うのは、
国家公務員法81条の3において、「定年に達した職員が前条第一項の規定により退職すべきこととなる場合」の対象として検察官は含まれないので駄目、ということみたいですね。やはり黒川氏の定年延長は違法ではないのかな?今回の性急な検察庁法改正の動きは、後ろめたい強引な法解釈をなんとか事後的にでも正当化したい気持ちの表れのような気がします。(←いい加減な理解で書いておりますので、おかしな事言ってたらまたご修正ください)

No title

>記事を読んでもよくわからない@ポンコツ頭。

私もです。頭悪いのでわからないところ多々あります。
↓の国家公務員法に基づいて定年延長を行った場合、1年以内の延長を複数回行ってトータルでも当初の定年退職の予定日から3年以内に退職しなければならないということですか?

-----------------------------------------
国家公務員法
(定年による退職の特例)
第81条の3 任命権者は、定年に達した職員が前条第一項の規定により退職すべきこととなる場合において、その職員の職務の特殊性又はその職員の職務の遂行上の特別の事情からみてその退職により公務の運営に著しい支障が生ずると認められる十分な理由があるときは、同項の規定にかかわらず、その職員に係る定年退職日の翌日から起算して一年を超えない範囲内で期限を定め、その職員を当該職務に従事させるため引き続いて勤務させることができる。

2 任命権者は、前項の期限又はこの項の規定により延長された期限が到来する場合において、前項の事由が引き続き存すると認められる十分な理由があるときは、人事院の承認を得て、一年を超えない範囲内で期限を延長することができる。ただし、その期限は、その職員に係る定年退職日の翌日から起算して三年を超えることができない。

脛に傷さんが挙げて下さったネット記事に色々と理由が書かれているとおり、
1月の閣議決定(黒川氏の半年勤務延長)の前提となる政府の法解釈(検察官への国家公務員法の適用)が誤りなのであって、
私も脛に傷さんがお考えのように、「後ろめたい強引な法解釈をなんとか事後的にでも正当化したい気持ちの表れ」のような気がしています。

>国家公務員法に基づいて定年延長を行った場合、1年以内の延長を複数回行ってトータルでも当初の定年退職の予定日から3年以内に退職しなければならないということですか?

このご質問については、ご理解の通りです。
黒川氏に対しては、内閣はこの国家公務員法第81条の3の「第1項」を適用してまず半年勤務延長しました(2020年2月7日から8月7日へ延長)。

もし8月7日より前に現在の稲田検事総長(灘卒)が退官すれば、黒川氏が検事総長に就任する途も開けますが、もし「稲田検事総長が8月7日までに退官せず、かつ黒川氏を検事総長に据えたい」ならば、黒川氏について再度勤務延長をしなければならず、そのときには、脛に傷さんが挙げた水島朝穂教授の記事にも書かれているように、国家公務員法第81条の3の「第2項」の「人事院の承認」が必要になってくるはずですので、面白いことになってきそうです。

No title

>法というものに焦点が当たることが多くなり、一人ひとりの市民がリーガルマインドを鍛えることの大切さを感じます。

今回の検察庁法改正問題は、芸能人が多数声をあげたこともあり、私を含め一般市民の、法律、ひいては憲法への関心を高める効果があったという意味ではよかったのではないですかね。黒川氏の定年延長自体はとんでもないことのように思えますが。

今日は、本件を通じて岡口基一判事のことも知りました。白ブリーフ姿をTwitterにアップするなんて型破りな人ですね。
「ETV「筋肉体操」に出演していた弁護士の小林航太さんが司法修習生だった頃、飲み会に白ブリーフを持ってきて「これにサインください」ってねだられたのでサインしました」ってエピソード、爆笑してしまいました。
雲助裁判官を尊敬している、とも言っていましたね。丁寧な審理をするのでほとんど控訴がない、でも処理件数が少ないので出世には遠いのだと。
こういう人間味のある裁判官の話は、素人が読む分には大変興味深いのですが、プロの甘えん坊さんはまた違った印象を持たれているかもしれないですね。

No title

あ、JGさんをはじめとする常連の方々は岡口基一判事のこと今まで耳にされたことありましたか?

ああっ、岡口さんを見つけてしまいましたか(なぜか少し恥ずかしい)。
私自身は岡口さんに対して特に思いは抱いておりません(少し変わり者だなと思っている程度です)。
岡口さんが書いた『要件事実マニュアル』シリーズはベストセラーであり、私の職場にも置いてあります。

そういえば、今年の頭にサービサー法(正式名称「債権管理回収業に関する特別措置法」)に関するご相談を受けて、調べものをしたのですが、その際に読んだ解説書(『逐条解説サービサー法』など)の著者は黒川さんでした。黒川さんはサービサー法の立法担当者だったのですね。
余談でした。

※『要件事実マニュアル』について追記。
「要件事実」とは、ある法律効果を発生させるのに必要とされる事実をいいます。
法律家しか使わない用語であり、司法研修所や法科大学院でしか学びませんから、一般の方は『要件事実マニュアル』を手に取ることは一生ないと思います。
でも法律家は司法研修所で教官から「要件事実」をみっちりと叩き込まれるのです。

例えば、貸金の返還を求める訴訟においては、
(1) 原告(貸主側)は、要件事実(請求原因)として、次の要件事実を主張立証する必要がある。
 ①消費貸借契約の成立(金を貸したこと)
 ②弁済期の到来(返済日が来たこと)
(2) 被告(借主側)は、原告の請求を拒むための抗弁として、次のような要件事実を主張立証する。
 ①借りた金は弁済した。
 ②借主も貸主に対して金銭債権を有しており、債権債務を相殺する。
 ③貸金は時効により消滅した。 など
(3) 原告(貸主側)は、被告の抗弁に対する再抗弁として、次のような要件事実を主張立証する。
・・・(略)

こういった具合に、どういう法律効果(上記の例では貸金返還請求権の発生や消滅)のためにどちらの当事者がどういう要件事実を主張立証しなければならないかをまとめたのが、岡口さんの『要件事実マニュアル』です。
法技術論的には大事な話です。

ツイッター厨

岡口基一氏については、正義だとか法律だとかの前に、そんなにツイッターやりたいのか?!、という印象ですね。

No title

岡口さん、あまり知られていないみたいですね。
私も今まで知りませんでした。ネットではずいぶん話題に
なっていたようですが、自分の目に触れて記憶に残るニュースはほんの一部なんだなぁ、とあらためて思いました。

クロコマさんに触発されて山川の世界史を読み直していますが、いま開いているフランスの絶対王政の頁にこう書いてあります。

「1661年ルイ14世の親政開始とともに王権の強大化は頂点に達し、「太陽王」と呼ばれた。」

太川陽介→太(川)陽(介)→太陽→太陽王→ルイ14世→ルイルイ

いまはじめて私の中ですべてが完璧につながりました。
(これは常識なのかしら?)

No title

>太川陽介→太(川)陽(介)→太陽→太陽王→ルイ14世→ルイルイ

間違いありません。

永きに亘り在位したルイ14世と同様、バラエティ番組の帝王として(路線バスの旅、等)君臨し続ける太〇陽〇王は、今後、同一バラエティ番組における出演者最長記録としてギネスブックにその名を残すとみております。

No title

>「1661年ルイ14世の親政開始とともに王権の強大化は頂点に達し、「太陽王」と呼ばれた。」

元検事総長等が法務省に提出した検察庁法案に対する意見書の中で、安倍首相がルイ14世に譬えられていましたよね。

>太川陽介→太(川)陽(介)→太陽→太陽王→ルイ14世→ルイルイ

え、甘えん坊さんレッツゴーヤングとか見てたんですか?私とあまり年齢変わらなそうですね(^^;)

陸宿借さん、脛に傷さん、どうもです。
私のアホな投稿にお付き合いさせてしまい、すみません。
いやいや、レッツゴーヤングを見たことはありません。

黒川の手帖

「・・・ああ、こんなことになるなら2月に定年退職して、弁護士でも公証人でも企業の社外役員にでもなっておけばよかった・・・」

No title

1)賭けマージャンをした
2)緊急事態宣言中に「密集」した
3)記者の家に行った

 どうも この3点が問題のようですが、
こういう事件があると 1)については 「ええんちゃう?」といつもオラは思う。

 そうねえ。 サラリーマンなら 1日の勝ち負けが1万円以下なら「遊びの範囲」かなあ。

 もちろん一円でも賭ければ違法で、立場を考えれば「遊びの範囲」という言い訳は通用しないが・・・

※大学の横の雀荘を摘発すれば 大学生がぞろぞろ捕まるだろうニャ

※もちろんオラも捕まる

>1)については 「ええんちゃう?」といつもオラは思う。

ええ。ゴルフコンペでもよく握・・・(あれ、キーボードが壊れて入力できない・・・

ただ法的には1)が重く、単発の賭博罪でも50万円以下の罰金または科料、常習賭博罪となると3年以下の懲役となります。
記者が用意したというハイヤーの使用も、場合によっては収賄罪(5年以下の懲役)、記者は贈賄罪(3年以下の懲役または250万円以下の罰金)になり得ます。

No title

公安などは、拘束したい監視対象がいると 凄まじい微罪で拘留するという。

 職務質問→公務執行妨害なんて序の口、
 例えば 道路を歩いていて誰かの所有地を50cm横切ったとか・・・ そんなんで拘留すると昔 本で読んだ。

 ふと思い出した。

No title

問題は「どこからこの情報が漏れたか」ですよね。はかったような絶妙のタイミングで。
監視社会の時代ですから、地位のある人は金と女には本当に気を付けた方がいい。弱みは既に握られていて、その情報が最大の価値を持つ日まで眠っている。。。
ちなみに岡口判事はスマホを持ってないそうです。流石!

川の流れのように

>地位のある人は金と女には本当に気を付けた方がいい。

そういえば前川さんも出◯い系バーのことをほじくられていましたね。

それにしても、森友問題の佐川さん、そして前川さん、今回の黒川さん。みんな名字に「川」がついている。
「でこぼこ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生」ということでしょうか。

No title

>森友問題の佐川さん、そして前川さん、今回の黒川さん。みんな名字に「川」がついている。

本当ですね。すごい偶然w
黒川さんの賭麻雀が目くらましになって、スーパーシティ法案が可決されてしまいそうですね。こっちの方が国民に与える影響は大きいのに。

No title

 うちの会社でも W杯など大きなイベントがあると優勝チーム当ての馬券表などが回ってきて、新入社員から重役まで参加していた。(一口五百円とかそんな感じの「遊び」である)

 いつだったか、そんな賭博をやった団体?会社?が大きな問題になったことがあって、それ以来うちの会社でもなくなった。

No title

 実際 FBIとかは 主な政治家や高級官僚を監視していて弱みを握っていたらしいですよね。(昔の話だ。今もやっているかは不明)

 橋下元府知事も「いいよる女性がたくさんいて ハニートラップだと思って警戒していた」と話しています。

 JGさんなどは、内閣情報調査室に弱みを握られまくっているだろう。

No title

昨日、元最高裁判事、弁護士、学者等約660人が安倍首相への告発状を東京地検に提出したようです。
黒川さんへのハイヤーが贈賄罪に相当するなら、後援会の人達に5000円でニューオータニの夕食会に参加させてあげるのも同じだと素人には思えますが、さて、はたして起訴されるのでしょうか?
こんな有事に政権がぐらついているのは不幸な事ですね。
でも、ここぞというタイミングを待っていたのでしょうね。

脱税

>JGさんなどは、内閣情報調査室に弱みを握られまくっているだろう。

たぶんたくさん握られていると思います。
ああ、そうそう、先日「脱税」をしました。
コンビニでコーヒーとパンを買って、車の中で食べようとしたのですが、ついうっかりイートインの席で食べてしまいました。

2%の脱税です。

賭け金は情報

黒川さんの賭け麻雀ですが、賭けていたのは多分お金ではなく「情報」だったと思います。
黒川さんの検察内部や官邸の情報に対して、新聞記者の方は「いま浜辺美波が誰と付き合っているか」とか「佐々木希の離婚がカウントダウンだ」とか。

これは黒川さん、牌を切るにも力が籠ったろうな。

(もちろん嘘ですよ)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ローマ帝政から占う賭け麻雀の未来

週末は世界史でローマ帝国の盛衰を学びました。

■ディオクレティアヌス帝によるキリスト教徒迫害(303年)
[賭け麻雀の禁止]
 ↓
■コンスタンティヌス帝によるキリスト教の公認(ミラノ勅令、313年)
[低いレートなら賭け麻雀を許容 ←今ココ]

今後の流れとしてはおそらく・・・
 ↓
■ニケーア公会議によりアタナシウス派(三位一体説)を正統教義と認定(325年)
[テンピンを正統なレートと認定?]

No title

競馬やパ〇ンコはおとがめ無しで(今、別の視点から叩かれてはいますが)、賭け麻雀でおとがめというのも、矛盾以外の何物でもないのですが、レートで線引きするのが一番合理的ですかね。

テンピンを上限のレートとし、それ以下ならOK。但し、一日の負けの額に上限を付ける。2回ハコになったら退場、ハコ下はカウントしない、等々。

「公益社団法人 日本健全麻雀協会(健麻会)」という自主規制団体を作り、そこの自主ルールを遵守する雀荘(協会員)でルールを守ってプレイする分には、合法ということを明確化すれば良いのです。

もちろん、法外なレートでプレイしたい人達が集まる闇雀荘も間違いなく現われるでしょう。

No title

中学生のころ賭けマージャンしてた同級生が検事になったので、検察庁はかけ事には寛容なのかと思ってたけど、違ったのか?
あるいは戒告で済んだのだから、やはり寛容というべきなのか??

最近は金地金らしい

>もちろん、法外なレートでプレイしたい人達が集まる闇雀荘も間違いなく現われるでしょう。

そうした雀荘では賭け金の代わりに文鎮やしおりが使われまして、その文鎮やしおりを指定のお店にもっていくと、お金に換えてもらえ……あれ、何かに似てるなあ(棒読み)

No title

>そうした雀荘では賭け金の代わりに文鎮やしおりが使われまして、その文鎮やしおりを指定のお店にもっていくと、お金に換えてもらえ……あれ、何かに似てるなあ(棒読み)

プレイヤーは、包みの表面に特殊なホログラムを施した梅ジャムをやり取り。雀荘の近所に、何故かその特殊な梅ジャムを売買する古物商が存在。

万が一プレイ中に踏み込まれても、「お菓子を賭けていました」で無罪放免。

確かに、何かに似てますなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント