FC2ブログ

記事一覧

学習院の懐の深さ、あるいは手の込んだ意趣返し

セレモニーとは何か?「社会的に正しい」とはどういうことか?
そして言論の自由とは何か?

そういったことを考えさせてくれる「謝辞」に出会ったので、皆さんにも晒してご紹介しましょう。

**********************

学習院大学 国際社会科学部

【卒業生代表による謝辞】
卒業生の内、二名の方から謝辞を寄せて頂きました。
※謝辞①は内容が謝辞として相応しくないといった意見もありましたが、本学部は多様な意見を尊重しオープンな開かれた学部でありたいと考え、原文のまま掲載しております。
ただひとつ私たちが願うのは、本学で学んだ学生の皆さんが幸せな人生を歩み、願わくば社会に貢献して欲しいということです。

【謝辞①】

卒業生代表・小堀奈穂子

 卒業生総代答辞の多くが、ありきたりな言葉の羅列に過ぎない。大きな期待と少しの不安で入学し、4年間の勉強、大学への感謝、そして支えてきてくれた皆さまへの感謝が述べられている定型文。
しかし、それは本当にその人の言葉なのか。皆が皆、同じ経験をして、同じように感じるならば、わざわざ言葉で表現する必要はない。見事な定型文と美辞麗句の裏側にあるのは完全な思考停止だ。

 私は自分のために大学で勉強した。経済的に自立できない女性は、精神的にも自立できない。
そんな人生を私は心底嫌い、金と自由を得るために勉強してきた。そう考えると大学生活で最も感謝するべきは自分である。

 すべての年度での成績優秀者、学習院でもっとも名誉である賞の安倍能成記念基金奨学金、学生の提言の優秀賞、卒業論文の最優秀賞などの素晴らしい学績を獲得した自分に最も感謝している。
支えてくれた人もいるが、残念ながら私のことを大学に対して批判的な態度であると揶揄する人もいた。
しかし、私は素晴らしい学績を納めたので「おかしい」ことを口にする権利があった。大した仕事もせずに、自分の権利ばかり主張する人間とは違う。

 もし、ありきたりな「皆さまへの感謝」が述べられて喜ぶような組織であれば、そこには進化や発展はない。それは眠った世界だ。新しいことをしようとすれば無能な人ほど反対する。
なぜなら、新しいことは自分の無能さを露呈するからである。そのような人たちの自主規制は今にはじまったことではない。永遠にやっていればいい。

 私たちには言論の自由がある。民主主義のもとで言論抑制は行われてはならない。
大学で自分が努力してきたと言えるならば、卒業生が謝辞を述べるべきは自分自身である。感謝を述べるべき皆さまなんてどこにもいない。

https://www.univ.gakushuin.ac.jp/iss/news/20200320-1.html

**********************


まず大前提として、俺は小堀氏の謝辞は面白いと思った。
こういうことを言い切っちゃうのは、「忖度」やら「斟酌」が蔓延っている中でエッジが効いてる。

ただ2点、つまらない箇所がある。

1.ロジックのふらつき
「私は素晴らしい学績を納めたので「おかしい」ことを口にする権利があった」と書きながら、「民主主義のもとで言論抑制は行われてはならない」と書くロジックのふらつきはどうしたことか。
「おかしい」ことを口にする権利には素晴らしい学績が必要だというなら、それは言論統制の一歩手前、というか、民主主義以前である。

2.修辞学的甘さ
「残念ながら私のことを大学に対して批判的な態度であると揶揄する人もいた」という箇所の「残念ながら」は、修辞学的に甘い。
「当然のことながら」ぐらいにしておくと、「お前たちの言うことぐらいはお見通しだよ」というニュアンスが入って面白い。

勿論、ケチをつけようとすれば幾らでも付けられる。
所詮22歳の若造の言葉だ。
ただ、親への感謝を示せだの、先生への感謝だって不可欠だの、そうしたことを言う奴もいるが、それこそが「定型」であり、言えば言うほど、「思考停止だ」という小堀氏の論拠を強めることになる。

「学習院ごときでイキっちゃうんだ……」などというのはやめて差し上げろ。
また「これを実名入りで公開しているのは学習院大学の復讐なのでは?」というのは、思っていても口にしてはいけない。

兎にも角にも、ご卒業おめでとうございます。
これにて(勝手に闖入した)来賓の挨拶にかえさせていただきます。

スポンサーサイト



コメント

No title

>経済的に自立できない女性は、精神的にも自立できない。
そんな人生を私は心底嫌い、金と自由を得るために勉強してきた。


 オラは、この言葉に驚く。
 そんな当たり前のことを・・と思った。   でも 「当たり前」でないから「言った」んだろうニャ。

(※だって男性の卒業生が 「経済的に自立しないといけない」なんて言いませんよね。)

 総代なんて優秀な人に こんなアホらしい台詞を言わせる・・・ 日本社会(日本に限らないのか?)のジェンダーギャップは深いな。 鈍感なオラが気づいていないだけなんだろう。

>見事な定型文と美辞麗句の裏側にあるのは完全な思考停止だ。

上記の部分はその通りだと思う。
しかし、上記の部分に込められているであろう小堀さんの考えと私の考えとでは、そのベクトルが異なる。
私は、「思考を停止した状態でも世の中が上手く回るように生み出されたのが定型文と美辞麗句である」と考える。つまり定型文と美辞麗句は思考経済の産物なのだと考える。

「おはようございます」や「ありがとうございます」、「平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます」などのいわゆる挨拶は、その定型度が究極にまで高められた美辞麗句である。
もし仮に人と人との接点においてその場その場でアドホックに個別の言葉を紡がなければならないとすると、人はその都度思考を強いられることとなるが、そのような思考の負担を省きつつ、かつ人と人とが円滑な関係を構築し維持することができるよう、人は挨拶という定型文を発明したのだと考える。

私は他の動物と話をしたことがないから本当のところはわからないけれども、他の動物においては、ヒトが用いているのと同様の意味における挨拶は存在しないと思う。
他の動物はその行動が本能により規律されているから、個体と個体との間のコミュニケーションも本能によるものであって、そのコミュニケーションに誤解や錯誤が生じることはまず考えられない。
その一方でヒトは、他の動物が持っているような意味での本能が壊れてしまっており、個体と個体との間(ヒトとヒトとの間)におけるコミュニケーションの手段として言語(手話や身振り手振りも含む)を発明した。ヒトが用いる言語においては、表現(記号)とそれが意味するところの関係がヒトにより異なりうるから、ヒトのコミュニケーションにおいては構造的に誤解や錯誤の発生が避けられない。
ヒトが生み出した挨拶というものは、そのような誤解や錯誤を生じさせることがないように、定型文の形にし、その定型文に決められた意味を付与したものであると考える。

卒業生謝辞も、上記のような挨拶の延長線上にある(もう一人の卒業生謝辞②の定型度の高さを見よ)。
小堀さんの謝辞①と他の卒業生の謝辞②を並べて読み比べるとき、ヒトが数百万年前にサルの祖先と分岐してヒトの道を歩むこととなった数奇な運命に思いを馳せざるを得ない。

※追記
「誤解や錯誤が生じないよう」補足しておくと、私は小堀さんの謝辞①のような謝辞の在り方がけしからんとか、謝辞②のような在り方が望ましいなどと考えているわけではありません。
なぜ人間の世界には謝辞というものが存在し、また謝辞が定型的美辞麗句を用いる形になったのかについて、人がヒトであることの根源に遡って理解してみたいと思っているだけです(メタレベルでの問題意識です)。

ということで最後に定型文の美辞麗句で締めます。
学習院大学国際社会科学部ご卒業生の皆さま、ご卒業おめでとうございます。

学習院の逆襲おそるべし

>「学習院ごときでイキっちゃうんだ……」などというのはやめて差し上げろ。
→入学金授業料半額免除でバイトかけ持ちしながら仕送無しでお嬢様学校に通っておりましたので・・・なんとなぁ~く彼女の言いたい事は分かりました。
 私の場合、高校も特待生だったので、成績が落ちれば授業料が発生し、クラスが落ちれば教科書全てが買い直しになってしまうため、同級生達がおしゃれして優雅に遊んでいる間ガシガシ勉強いたしておりました。こちらでも何度か書きましたがマンガに出てくるようなぐるぐるメガネのガリ勉さんです。
 一般クラスの方々のために指定校推薦枠を取って差し上げ、自分は一般入試でまた特待生を取らなければならなかったのです。
 大学は半額免除しか取れず、卒業後に残金を返済するというつまらないパターンでしたが・・・おそらく小堀さんは自分ですべて稼ぎきって無事ご卒業されたのではないかと・・・それ故のアノ言葉だったのではないかと推察いたしております。

 上目づかいにちょっと首をかしげてお願いして、可愛い声に笑顔を添えて「わぁ~○○さんてホントすぉ~ごい!ありがとうございますぅ~。」って定型文使えばもっと楽ができるのに・・・若いなぁ~。

 女性の場合、結婚・妊娠出産・育児それらすべてが人生においてのリスクになります。学業や仕事で成功をおさめても、その三大リスクのために全てを失う可能性があるのです。
 大学費用を稼ぎきったくらいでイキっちゃいけないのです。願わくば、お局や姑に可愛がられ、男達に貢がせる女になってから、再び母校に乗り込んで熱弁をふるっていただきたいと・・・そんな風に思いました。

No title

留年しながらギリギリの成績と単位数で卒業し、崖っぷちから辛うじて社会に出た私が、総代を務められるような成績優秀意欲満々の学生さんに物申すのはおこがましい限りなのですが、一言。

大多数の人達が感じたであろう、もっと周りに好かれるように言葉を選べとか、そんなつまらないことを言うつもりは有りません。これから社会で成功するために、人に好かれることは必要条件では有りません。仕事を通じて知り合った方々の中には、本当に嫌な上司だったけれど、仕事は出来たし今思うと教えられたとか、協調性は皆無だけれど仕事では頼りになるとか、そういう人はいくらでも居ます。有名な起業家や経営者でも、プライベートではとても付き合いたくないような人が(むしろ)多いように思います。

私が気になったのは、自分の能力と実績に対して100%の自信を持っているように、少なくとも字面だけ見ると感じられる点です。おっしゃっている「進化や発展」を続けていくには、自らの過去を振り返って、より良いやり方に変えるというセルフチェックが欠かせないと思います。無論、小堀さんはすでに突出した能力とビジョンを持っていて、自らを振り返るなどというのは失敗を繰り返す無能な人間にのみ必要な行為、ということなのかも知れませんが。

祝!7000コメント!

甘えん坊将軍さんの2020/03/29(07:04)の書き込みが7000コメント目でした。
おめでとうございます。

さあ、お題を出すんだ!

>祝!7000コメント!

うほっ! ありがとうございます。
しゃちほこさんかハルビンさんかと勝手に想像していたのですが・・・。

>さあ、お題を出すんだ!

ラジャー!
お題は追って提出します(にわかには思い浮かばず・・・)。

No title

祝!7000コメント!甘えん坊将軍さん、おめでとうございます(^^)

「これを実名入りで公開しているのは学習院大学の復讐なのでは?」というのは思っていても口にしてはいけない。

思いっきり珈琲、吹いてしまいました。

小堀氏のパンチの強い祝辞に、上野千鶴子先生以来かなと頼もしく思う反面、よりにもよって学習院?!と腑に落ちなかったのですが、合点がいきました。

No title

>女性の場合、結婚・妊娠出産・育児それらすべてが人生においてのリスク

まあ、そうなんでしょうね。

 それで、リスクをヘッジできるのが「医療職」と思われている。 桜蔭、豊島の医師志望数、そしてあらゆる学校レベルでの看護師志望数を見るとおそらく「常識」なんでしょう。

 その是非、正否はともかく、学生にそう思われる一般企業は、やっぱりダメだと思う。

JGさんへ…7000コメントのお題

7000コメントのお題を考えました。

「私の予言」

何かJGさんの予言をお聞かせください。
JGさん以外の皆さんも色んな予言をお聞かせください。
3日後のことでも1か月後のことでも1年後のことでも10年後のことでも30年後のことでも。

どこかでハルビンさんが、JGさんと論争が起こったら面白い、みたいなコメントをされていましたが、予言をテーマにすればみんなが好き勝手なことを言いやすくて、真っ向から予言がぶつかり合うこともあるかもしれないなと(それでいて、誰もどうせ正解などわからないので角が立たない)。

緊急事態宣言はいつ発令されるか。
東京オリンピックで日本はいくつ金メダルを取るか。
車の完全自動運転化はいつか。
30年後の中学受験はどうなっているか。

皆さんがゆるりと色んなことを書き込めそうなので、こんなテーマを選んでみました。

いくらでも予言しちゃうぞ

「私の予言」

いいお題をありがとうございます。
予言予想好きとして、いろいろ考えてみます。
乞うご期待!

No title

いいお題ですね、楽しそう(^^)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント