FC2ブログ

記事一覧

地元公立中学で英語を勉強するリスクとは?

先日「中高一貫校の英語教科書とは?」(2020.03.23)という記事を書いた。
この記事の中で、中高一貫校に来る生徒はそれなりのエンジンを頭に積んでいるので、まあこれぐらい大丈夫だろうと推測して検定外教科書を使っている、という趣旨のことを載せたが、その際に「じゃあ、検定教科書はどうなんだ?」という問題が浮かび上がってくる、とも書いた。
本日はその件に関して書こうと思う。

中学英語の検定教科書の中身は簡単である。それは、まあ、当たり前と言っては当たり前の話だ。
学力レベルが相当に広いわけだから、真ん中より下の子が読んで「わからない」と感じる作りでは教科書失格だ。
文科省だって出版社だってそこは知恵を絞っている。

ただこれを3年間やって、果たしてどれだけの英語の実力が身につくのだろうか。
たとえば英語検定協会は、中学修了時の英語を3級に位置付けている。
地元公立中学を卒業する中3生と、中高一貫校の中3生のどちらが3級以上の力があるか。

勿論、そもそもの学力が違い過ぎる、という話も分かる。
しかし英語なんて、中1スタート時点では地元公立中生も中高一貫生も大した違いはない。
「いや、中高一貫生は小学校の時に英語だって勉強している筈だ」というなら、論点をこう絞ってもいい。

小学生の時に学校以外で英語を勉強していない「地元公立中生」と「中高一貫生」は、3年間の勉強で同じレベルに到達できるのか。

思考実験としては面白いが、現実には中3終了時点でほとんどの中高一貫校が高1の中盤レベルまで学習している現実の前には、いささか間が抜けた感じになるのは仕方がない。
ちなみにいわゆる中堅と言われる中高一貫校の、中3終了時の授業進度は下記の通り。(「中学受験案内」(声の教育社)より)
※カッコ内はY80偏差値

高輪中学(50)高1中盤
芝工大附(50)高1中盤
国学院久我山(51)高1終了
香蘭女学(51)中3終了
共立女子(51)高1終了


※まあ興味のある人はいろいろ調べてみてください。
※ちなみに偏差値とはあまり相関がないかも知れません。麻布も開成も「高1中盤」です。
※付属の進度は公立なみです。慶應普通も湘南藤沢も「中3終了」です。上の香蘭が「中3終了」なのも立教の絡みかなあ。

さて検定教科書の問題に戻ろう。
検定教科書の問題は先にも書いたように「簡単」ということだ。
何が問題って、こんな教科書やっていても、高校入試で点が取れないというのが問題だ。

「ちょっと待て」という声が聞こえた気がする。
たしかに高校入試は、中学の指導要領から逸脱した問題は出題されない。それは日比谷の独自問題でも同じだ。
一部難関の私立高校では、逸脱しまくっている気もするが。(早慶付属の英語入試問題の難しさよ!)
 
しかしどう考えてもこの問題は中学生には無理だろう、というような問題も公立入試で出題されている。
で、専門家に聞いてみると、「教科書の隅っこの方に~~が載っているから、それを知っていれば解ける筈」なんて言ってくる。

そんなものを覚えていて、なおかつ入試で使える奴なんていねえよ。

結局難関高校に行こうとする中学生にとって、英語の検定教科書は基礎を固めるには格好の教材だが、入試で点を取るためには(あるいはライバルに差をつけるためには)、あまり適しているとは言えない。
やはり難関向けの教材が必要になる(本屋で山ほど売ってる)。
塾に行くのもいいだろう(これまた必要以上に林立している)。

逆に、馬鹿正直に「教科書をやっていれば大丈夫」という信念で勉強している中学生は、「教科書の罠」に落ちないように気を付ける必要がある。
これに関しては、また次回。

スポンサーサイト



コメント

No title

地元中学進学組の方が、中学受験経験組よりも英語のスタートは早いと思います。小6時点での英語塾通塾率は地元中学進学組の方が多いです。
しかし、3年のうちに少なくとも中学受験組はこのハンデに追いついてしまう。6年のうちには追い抜いている。

あと、付属中でいう中3時点での中3終了は、あくまでも文法とか構文を教えた範囲という意味だと思います。長文を読ませている量や原書を読む量は違います。おのずと、触れた単語量も違うと。

中3以降は、目新しい英文法も、構文もないので実態は付属も麻布も開成もあまり変わらないかと。それよりも、英語教育を売りにする私立と特段謳っていない私立での差はあるのか気になります。

次回以降期待しております。

私が高校受験生だった頃と今は違うのかもしれませんが、田舎公立中学から中高一貫私立高校の受験を経験した私に言わせれば、公立中学で検定教科書をすみずみまで勉強したとしてもまず間違いなく早慶附属等の高校入試問題には歯が立たないです。

日比谷高校の独自問題のことは知りませんが、地方公立高校入試問題と難関私立高校入試問題は、前者の延長線上に後者がある(基礎を徹底的に固めさえすれば後者にも対応できる)というものではなく、全く性質が異なるものだと思っています(基礎固めをしたところで合格点は取れない。極論すれば前者はセンター試験で後者は東大実戦のようなもの)。

JGさんは紳士的にも、

>結局難関高校に行こうとする中学生にとって、英語の検定教科書は基礎を固めるには格好の教材だが、入試で点を取るためには(あるいはライバルに差をつけるためには)、あまり適しているとは言えない。

という控えめな表現をされておられるけれども、検定教科書では確実に足りないと思います。
難関高校を受験するならば市販の教材でも塾通いでもいいからとっとと高校範囲の英語に手を出さなければなりません(それが良いことなのが悪いことなのかわかりませんが、現実はそういう風になってしまっている)

No title

公立高校入試は都内については独自問題ですが、千葉は共通問題です。
センター試験と同じで、最難関を目指すものは9割以上の得点が当たり前になっています。検定教科書しか勉強していなくても、千葉の公立高校入試では満点がとれるのです。

当日のちょっとしたケアレスミスで当落が決まってしまうこわーい側面があります。

併願高校受験向けとして、どれだけ検定教科書の範疇を超えて勉強したかが、県千葉、県船入学後のポイントなのかなと思います。
つまり、千葉上位私立高校併願組は入学後も千葉上位私立高校とあまり変わらない学力ですが、公立受験に重点を置いていると、気がつくと置いていかれてしまいます。当然、英語以外の教科にも言えることです。

ここが、千葉の公立高校の大学合格実績の凋落の一因だと思います。

紳士JG

>JGさんは紳士的にも、

あら?ちょっと刺激的かもと思ってましたが、みなさん、すれっからしですねエ。

千葉の優秀な中3生諸君

>併願高校受験向けとして、どれだけ検定教科書の範疇を超えて勉強したかが、県千葉、県船入学後のポイントなのかなと思います。

この辺り、問題が(優秀生にとって)簡単だと、それはそれで困りますな。
結局、公立中学での学力幅の広さが、いろいろな問題を生んでいるような気がする。

 千葉市内やそれよりも東京寄りだとInternational pre-schoolが沢山ございます。英語教室ではないので、2歳前後から毎日5時間程度預ける事になります。小学校受験塾も2歳から日記を書かせたりいたしますがpre-schoolでも2歳くらいからwritingの時間がございます。
 愚息は幼稚園入園前までpre-schoolに通い入園後から小3までafter-schoolに通っておりました。
 また、ネイティブ保育士の完全英語保育を取り入れている幼稚園も多くあり愚息君もそのうちのひとつに通っておりました。 私の叔母がロスに住んでいるので、海外の学校へ行く事も視野に入れての英語教育でした。
 ところがpre-schoolに通うご家庭のほとんどは海側のあの私学の受験を視野に入れてその準備として幼稚園や小学校受験をされる方々でした。
 schoolでは○倍速の速聴などもやるので、hearingはほぼ完璧になります。正しい音を聞き取る事が出来ればあとはフォニックスのルールにしたがって書けば良いだけなので、スペルを覚えるのもカンタンです。故にNew treasureなどの検定外教科書を楽しむ事ができるのです。
 ちなみに千葉日大附属などは特に英語教育に力を入れているような事は言いませんが、小1からしっかりとした英語の授業があるようです。
 それから千葉は国際線のクルーや航空整備士も多いし外国人も多いので、塾に通わずとも親が英語を教えられるというご家庭も多いのです。

ちょっとしたケアレスミス

自分が高校受験の時だ。漢字の書き取りは非常に厳しかった。縦の線が上に出ているとか出ていないとか、横棒は上が長いとか短いとか。先生は虫眼鏡を使って採点していた。未と末のように明らかに違う漢字となるなら納得できたが、そうでないものは反抗したくなった。今も千葉の高校入試ではそのようなことをして差をつけているかもしれない。

社会の定期テストで尊王攘夷という答えに対し、尊王攘位と書いた子がいた。先生は漢字で書けと書いていないのだから、入試ではひらがなで書くようにと言いながらテストを返した。当事者でないので、◯だったのか✖️だったのか知らないが、ちゃんと漢字を覚えるように指導しないところが公立中の限界なのだと思った。

大人となった今、これが千葉の管理教育だったのかと納得している。千葉の公立高校受験では、別の受験テクニックが必要だ。

エアロスミス-I Don't Want to Miss a Thing

>あら?ちょっと刺激的かもと思ってましたが、みなさん、すれっからしですねエ。

あら?私の感覚のほうがおかしくなっちゃっているのかもしれません。

>当日のちょっとしたケアレスミスで当落が決まってしまうこわーい側面があります。

「ケアレスミスなどしない注意力の高い生徒を取りたい」というポリシーがあるのであればそれはそれで結構ですが、これでは県千葉レベルの高学力層の選抜試験としては有効に機能しないように思います。県千葉入試の受験者平均点がどのくらいなのかわかりませんが、個人的には問題のレベルを受験者平均の6割程度に設定したほうがよいように思います。
県千葉を志望する生徒たちはポテンシャルが高いでしょうから、そういう風に問題レベルを変えることによってそのような生徒らの勉強方法や内容にも変化が生じ、入学者の学力水準も全体的に上がるように思うのですが、受験制度上(県の風土上?)は難しいですかね。

No title

 千葉県の教育委員会は 県千葉の実績を上げたいのか下げたいのかよーわからん。

○中途半端な中高一貫
 → 先取りをガンガンすればもっと実績が上がると思うのだが・・

○終わらない教科書
 → 高校3年ギリギリまで教科書の授業をやっている教科が多いと聞いた。 さっさと終わらせて入試対策した方がええんちゃう?

○県内統一入試
→ 簡単


 まあ、そんな感じである。
 入試については、公立統一試験の他、学校独自の入試も認められているので(面接や小論文など) そこで、工夫すればいいと思うのだが・・・

 これは想像だが

本音・・・渋幕なんぞに負けるな! 東大数で渋幕を追い越せ!

建前・・・大学入試対策が 高校教育の本分ではない。 高校卒業時に教科書を終わるのが、県立高校のあり方だ。

 さらに想像だが、東大数で市川に負けたら、「目がさめる」と思う。
 いきなり予備校みたいになったりして・・

※もっとも市川は市川で リゾート学校なのだが・・

千葉三景

 もし某掲示板に『市川リゾート・東邦温泉・渋幕予備校』なんて書いたら萌えちゃうのかな・・・。

 稲毛のとお~ってもローカルな英検塾の入塾テストって昔から漢字テストなんですよ・・・コツコツ漢字を覚えるられるような子じゃないと英語速習は難しいのではないかと解釈しています。

統師権干犯問題

>ちゃんと漢字を覚えるように指導しないところが公立中の限界なのだと思った。

いやいや、高校もひどいようで、聞いた話ですが「統帥権干犯」の「帥」を「師」と書いて〇をもらった奴がいます。
「次からはちゃんと「帥」と書けよ」と言われたらしい。

おーい!テストの意味がないぞー!

7000コメントは誰か?

それそろ7000コメントが近づいてまいりました。
キリ番の7000コメント目を投稿した方は、恒例の「記事のお題提供」という権利を手にできます。
お堅い話題でも柔らかい話題でも何でも構いません。
さあ、誰がこの悪魔の地雷を踏んでしまうのか?!

No title

 アホ息子次男との会話

アホ息子「ダメだ もう死ぬ」
オラ「どうした?」
アホ息子「勉強しすぎ もう2時間も勉強した」
オラ「たった 2時間?」
アホ息子「これ以上やったら死ぬ」
オラ「大丈夫だ。歴史上 死因が勉強というのは聞いたことがない」
アホ息子「じゃあ俺が第一号だ。 これ以上やったら死ぬ」

 一回 死んでみろ!

No title

7000コメにあたるといいなと、
内容のない事、書いてみる。

公立高校と英語。日比谷などの公立高校にも隠れ帰国子女多くいます。属性は公立中学校出身者となっているため表には出ません。日本の高校・大学受験、英語に肩入れしすぎだと思うんだよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント