FC2ブログ

記事一覧

中高一貫校の英語教科書とは?

都内の中高一貫校では、あるレベル以上になると検定教科書をほとんど使わない。
俺はこれが普通のことと思っていたのだが、検定教科書を授業で使わないのは法律に触れるらしい。前川喜平が何かの時にそんなことをボヤいていた。
さすがに文科省の元事務次官だから、こと教育行政に関しては正確だろう。

しかし法律違反だろうと何だろうと、「もっと良い」と現場が判断したテキストがあるなら、それを使えばいい。
そもそもテキストなんか、どうでもいい、とまでは言わないが、大体何でも何とかなる。
何ともならない奴は大人しく検定教科書を使っていればいい。

某教育風掲示板では、英語について「検定外教科書なんて意味なし」と騒いでいる人がたまにいるが、俺から見ればどうでもいい。
検定教科書だろうと検定外教科書だろうと、外国語を勉強するということはそういうことじゃない。

ちなみに検定外教科として有名なのは、プログレス21、ニュートレジャー、Birdlandなど。
こうした検定外教科書(正しくは副教材扱い)を使うことで英語ができるようになる、というのは幻想だ。
いい車に乗れば女にモテる、ぐらいレベルの低い幻想だ。

ニュートレジャー

中高一貫校の多くで検定外教科書を使うのは、これだけいいエンジンを頭に積んでる子供たちなら、これぐらいの英語勉強をさせてもついてこられる、という推測が働いているからだ。
推測だから無論、外れる場合、つまり落ちこぼれもいる。ただ、そういう奴は毎年結構な数いるので、ちゃんとそれなりのルートも確立されているケースが多い。
たとえば英語の先生に相談すると、いい補習塾を教えてもらえたりする。

本来なら「お前の授業のせいで落ちこぼれてるんだから、お前が責任をもって教えろよ」と言いたいところだが、その先生の授業で落ちこぼれているわけだから、その先生の補習で立ち直る可能性に賭けるのは危険だ。
だったらそういう生徒を教えてカネを貰っている連中に任せた方が、ずっと安心だし安全だ。
カネで解決出来るときは惜しんではいけない。
(それにしても、それって癒着なんじゃないのか、マッチポンプなんじゃないのか、という疑念は残る)

というわけで、中高一貫校の英語の検定外教科書の話をすると、必ず薄ぼんやりと浮かび上がってくるのが、「じゃあ、検定教科書はどうなんだ?」という問題。
そもそもそこを明らかにしないと、「検定外教科書の問題」や「教科書と入試の問題」が明確にならない。
ただ、ちょっと長くなる。

これに関しては稿を改めてお話します。(いつかはわからない)

<続き>
地元公立中学で英語を勉強するリスクとは?」2020/03/25

スポンサーサイト



コメント

>検定教科書を授業で使わないのは法律に触れるらしい。

教科書と法律の関係を考えたことがありませんでしたが、調べてみたら確かに検定教科書の使用は義務のようですね。学校教育法34条1項において小学校における検定教科書の使用義務が規定されており、この規定が中学校、高等学校、中等教育学校にも準用されています。
ただ、この義務に違反しても罰則はなく、また34条4項において、検定教科書以外の教材であっても「有益適切なもの」は使用できると規定されています。

*****
〔教科用図書・教材〕
第34条 小学校においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。
2 前項に規定する教科用図書(以下この条において「教科用図書」という。)の内容を文部科学大臣の定めるところにより記録した電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)である教材がある場合には、同項の規定にかかわらず、文部科学大臣の定めるところにより、児童の教育の充実を図るため必要があると認められる教育課程の一部において、教科用図書に代えて当該教材を使用することができる。
(第3項 略)
4 教科用図書及び第2項に規定する教材以外の教材で、有益適切なものは、これを使用することができる。
*****

ご参考まで。

No title

子どもの学校の英語の授業が、学校作成のプリント中心で、進みも独自だと聞いた時には不安であった。何しろ中学受験に向け頑張っていたので、英語の勉強はThis is a pen.からのスタートだったからだ。

ところで、検定教科書のThis is a pen.とかThat is a tree.実生活で使うことあるのだろうか。

No title

 世の中には理科大の英語力を甘く見ている輩が多い。 ここの常連の連中もきっと舐めているだろう。

 ちょっと理科大の英語力の凄まじさを見せてやる。
 聞いて驚け。

 オラのアホ息子が保育園の頃、英会話に通っていた。 よくあるお遊び英語だ。 役に立ったのか立ってないのか・・・おそらく金の無駄だっただろう。

 さて、ある日 アホ息子が課題をもらって来た。
 将来なりたいものを英語で書く、という課題だ。

 アホ息子は「僕 ヒーローになりたい」と言った。
 ほほう。 まあそれならそれでもええ。
 
 「パパ、ヒーローってどう書くの?」

 げ!  オラに英単語のスペルを聞くか?

 えっと 確か h e ・・・l l o かな。

 書いてみたら なんか変だ。 ま いいや。

鬼嫁が帰って来て、それを見て怒った。
なんで怒られないといけないのかオラは今でも理解していない。

 しょうらいなりたいもの  「hello」

理科大英語力

h e ・・・l l o

すいません、理科大の英語力を見くびっていました。

そういやヒーロー(何故かカタカナで書く)で思い出しことがひとつ。
高校の時の塾エピソードなんだけど、まあ、そのうち書きます。

No title

 なんぞ アホ息子が GTEC とかいう英語のスコアをもらってきた。

 見るとベネッセがやっている検定らしい。

 total 783 A2.1

何が何だかさっぱりわからない。
「英語圏でのホームステイや語学研修ができるレベルです」

 嘘をツケ〜〜ーーーーー!

 絶対無理だ。 泣いて帰って来る。

ちなみに私立学校内での英語の偏差値は50より下。
48とか49とかそんなレベルだ。

いきなりマルクスを持ち出す中二病な私

>「英語圏でのホームステイや語学研修ができるレベルです」
> 嘘をツケ〜〜ーーーーー!
> 絶対無理だ。 泣いて帰って来る。

私はカール・マルクスの本を読んだことがないけれど、マルクスの史的唯物論は誤りであると考えている。
マルクスは言う。「存在が意識を規定する」と。

一個の人間の成長史を考えるとき、私はむしろ「意識が存在を規定する」面が強いとみている。

「英語圏でのホームステイや語学研修ができるレベルです」と言われたとき、「嘘をツケ〜〜ーーーーー!絶対無理だ」という「意識」を持つならば、その意識の通りの「存在」(英語圏でのホームステイや語学研修ができないレベル)になるかもしれない。
他方で、「英語圏でのホームステイや語学研修ができるレベルです」と言われたとき、「そうか、そうだよな」という「意識」を持つならば、その意識の通りの「存在」(英語圏でのホームステイや語学研修ができるレベル)になるかもしれない。

マルクスが唱えたのは社会や歴史の発展法則であり(だから「史的」唯物論と言われる)、一個の人間の成長発展史に妥当するものではないという考え方もあろう。
しかし、社会や歴史はそれを成す一個一個の人間の集合体であって、個々の人間のありようと社会・歴史のありようには不可分の連関があるものと私は考えている。

※補足するのも野暮ですが、私が言いたいのはもちろん史的唯物論の当否ではなく、ハルビンさんの息子君へのエールです。

No title

エールありがとうございます。

しかし、どう見てもアホ息子の英語力はそんなレベルではない。

 まあでも語学というのは要するに意思の疎通であり、最後はコミュニケーションであり、英単語なんて一個も知らなくてもコミュニケーションできる人は存在する。

 また、ロシアに流れついて一瞬でロシア語を覚えるような江戸時代の商人も存在する。

 ペーパーで測れるもんではないのかもしれません。

 まあ機会があったら留学でもなんでも行ってみるといい。 オラも付いて行こうかな・・・(バカ親)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント