FC2ブログ

記事一覧

国連と、高校生の制服と

本日はデマのお話。
デマといっても新型コロナの話ではございません。

さてみなさんは、次のような話を見たこと聞いたことはないだろうか。

『国連で女子高生が「制服じゃなくて着ていく服の自由がほしい」というスピーチを特別にしたとき、ロシア代表から「あなた方は制服を着れるすばらしさを理解した方がいい。世界には着る服すらない国がたくさんあるのだから」という返答があったらしい。』

国連

俺は何度も見た。
大体これはどんな文脈で語られているかといえば、「子供の権利を制限しようとする」流れの中で顔を出す。

>子供に権利なんか与えたら、こんな甘ったれたことを言い出す。
>世界の恥だよ。

で、保守的な論客は「この高校生たちの背後には左翼がいる」と断定して、「左翼はこんなに恥さらしだ」と持っていく。
ちなみに左翼がこの言説をどう使っているか、俺は知らない。
(左系の人がまわりに少ないせいかなあ)

さて、これは「週刊文春」(1998年6月18日号)が元ネタらしい。
ここで報道されたことを元に、京都府議会や広島県議会でも議題に取り上げられた。
勿論いずれも「子供の権利を制限しようとする」流れの中でだ。

なんでこんな20年以上も前の話を蒸し返したかといえば、先日とある報道関係者と話をしてて、これが話題になったからだ。
丁度「デマ」について話をしていた。そこで彼がいろいろなデマの話をしてくれたのだが(その話はめっぽう面白かった)、その中で「国連で高校生が制服廃止を訴えた」という話にも触れたのだ。

俺「え?あれ、デマなの?」
相手「え?知らなかったんですか?デマですよ」
俺「だって週刊誌にも乗ったし、議会でも……」
相手「全くの嘘じゃありません。でも、逆なんですよ」

どういうことか。
彼によると、ここでいう国連とはニューヨークではなく、ジュネーブでの国際子供人権会議。
ここで日本政府の「学校において生徒の言論の自由は認めるが、決定権はあくまで学校にある」という意見に対して、そこに参加した日本の高校生らが、「言論の自由があっても決定にまったく関与できないなら意味がないのではないか」と反対意見が出た。
その時にひとつの例として「制服の問題」が出てきた。

会議の結論(公式ステートメント)には、その双方のどちらがどうだ、という表現は一切ない。
だとすれば、冒頭にあるようにロシア代表から嫌味のひとつも言われたかもしれない。
(ちなみにロシア代表は、当時の議事録によるとユーリ・コロソフ氏)

ところが、どうもそういうことでないらしい。
というのも、1998年12月に来日したその時の委員長であるカープ氏は(CarpでなくKarp。ちなみにイスラエルの人です)、国連で意見した高校生がメディアや地方議会でバッシングを受けているのを知って驚いたそうな。
当時の新聞の取材に「発言を改めて称讃し、『心ないメディアが彼らをおとしめた』ことに憤りを表明した」と答えている。

この「発言を改めて称讃し」ということから、当時の国際子供人権会議での高校生諸君の評価は高かったようだ。
え?そんな左翼的な情報を載せた新聞はどうせ朝日だろうって?
ところが読売なんだなあ、これが。

そんなわけで、随分と文春君がネジ曲げてくれたわけだよ。
で、その「誤報」に「子供に権利なんか渡したくない」連中が群がったワケ。

俺「へえ、知らなかったなあ」
相手「でも、これ、Wikipediaにも載ってる内容ですよ」

まあ、世情に疎いんだな、俺。

スポンサーサイト



コメント

No title

制服を 着ろというなら 金をくれ 今の日本ならこうなるのかな

うちも貧乏だったので?制服のない中高でした

制服は便利

でも制服って便利だよね。応用範囲が広すぎる。

ちなみに私服の学校って、制服着ていってもOKなんだけど、ほとんど見かけない。
あ、JGには制服好き女子がいて、好みの制服を2、3着、着まわしてるという話を聞いたけど、ホントかどうかは知らない。

No title

 そうそう。
 制服がないと冠婚葬祭が大変・・・
(もっとも 部外者にはわかりっこないので、冠婚葬祭用に制服っぽいのを1着買っておけばいい話だが・・)

No title

アホ息子の会話

2号 (愛知トリエンナーレの慰安婦像を見て)「あれ? この像 何だっけ」

1号「えっとね  待機児童像

 お前ら、韓国行ったらただですまないよ。

日本と韓国と中国と、

フハハハハ!

ちなみに韓国の留学生と昨年話をする機会がありましたが、彼らは日韓問題に関しては非常にクールでクレバーでした。

曰く、「僕らの世代に任せてもらえれば、もっと双方向的な文化圏が作れる。自信がある」
曰く、「日本と韓国の間にあるのは海だけ。壁を作っているのは、それで商売している人間だけ」
曰く、「アジア経済圏は文化圏よりも簡単に作れると思うけど、中国が厄介かもしれない。まあ、それ以上に厄介なのは」

「それ以上に厄介なのは?」
「インドですよ。あいつら何考えてるかわからない」

それから同じ留学仲間のインド人に対しての悪口が続きましたとさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント