FC2ブログ

記事一覧

神奈川公立県立高校からの大学受験戦略

今回は神奈川の公立高校の合格実績比較です。
東京都と千葉だけで終わりにするつもりでしたが、「濱鈴」さんの楽しい書き込みに刺激され、神奈川版もやってみることにしました。
実績を比較することで、どの高校ならどのあたりにいればどんな大学が視野に入るのか、を冷静に見つめようと言う腹です。

そんなのバッチリ勉強して、行ける大学に行けばいいんだよ、という人はカラオケで乃木坂でも歌っててください。
こっちはスターボーの「ハートブレイク太陽族」を歌ってますから。

というわけで、現浪込みの合格率を出してみました。
但し、公立で高校受験のみ実施の偏差値60以上(偏差値は市進から拝借)。

A率:東大率
B率:東京一工率
C率:旧帝一工率
D率:難関国公立率
難関国公立:旧帝一工+筑波千葉電通外大農工横国首都横市

学校名称 値 A率 B率  C率 D率
湘南高校 69 5.3% 15.4% 21.3% 40.6%
横浜翠嵐 69 5.8% 14.1% 22.7% 46.8%
柏陽高校 67 1.3% *7.7% 12.5% 34.2%
川和高校 67 0.0% *3.2% *5.1% 23.5%
厚木高校 66 0.6% *4.2% *6.4% 24.9%
横浜緑丘 66 0.0% *0.0% *1.4% 16.4%
多摩高校 65 0.4% *2.2% *3.3% 12.1%
神奈川総 62 1.2% *2.1% *2.5% *9.9%
相模原高 62 0.7% *1.4% *2.5% 13.6%
横須賀高 62 0.4% *2.2% *4.7% 13.8%
小田原高 62 0.3% *1.0% *7.6% 18.2%
希望ヶ丘 62 0.0% *1.0% *1.6% 10.7%
光陵高校 62 0.0% *0.6% *0.6% *8.8%
平塚江南 62 0.0% *0.6% *1.0% *9.2%
大和高校 62 0.0% *0.4% *0.7% *8.3%
横浜国際 62 0.0% *0.0% *0.0% *5.2%
鎌倉高校 61 0.0% *0.0% *0.3% *5.6%
横浜平沼 61 0.0% *0.0% *0.0% *5.9%
金沢高校 60 0.0% *0.6% *0.9% 12.0%
市立桜丘 60 0.0% *0.0% *0.3% *5.7%
※現浪込み 「サンデー毎日」2019.4.14から俺が手計算
※卒業生数は全日制のみのカウントに合わせるため、「サンデー毎日」2019.6.23を参照。2019.6.23にない場合は、2019.4.14の数字を使用。

01.東京や千葉と違って、神奈川は湘南と翠嵐の二強。私立の二光といい、神奈川には竜虎思想があるのだろうか。

02.二強とその下に断層はあるが、それ以外にはこれというほど強い断層はなさそうだ。

03.金沢の難関国公立率は横市(21人)で稼いでいる。公立では一番だ(いや、全国で一番か)。

04.偏差値70程度の高校に行って、その校内でトップ5%に入りこめば、東大の目があるということらしい。

05.ちなみに桐蔭中教のD率(難関国公立率)は15.8%。偏差値66の公立なみですな。

06.このメンツで一番奮わなかったのは横浜国際(偏差値62)。得意(?)の外大も2名合格にとどまった。

07.それにしてもなんで偏差値62の高校がこんなにあるんだろう?

08.横浜緑丘(偏差値66)のC率(旧帝一工率)は北大3人と東北大1人によるもの。偏差値詐欺なんよ(千鳥ノブ風)。

09.翠嵐と湘南の話だが、入り口がほとんど同じで、翠嵐はあんなに勉強させてるのに、何故出口もほとんど同じなのか?

<参考記事>
都立高校からの大学受験戦略」(2020/01/12)
千葉県立高校からの大学受験戦略」(2020/01/13)

下記書き込み即して表を変更(2020.1.21)
※卒業生数は全日制のみのカウントに合わせるため、「サンデー毎日」2019.6.23を参照。2019.6.23にない場合は、2019.4.14の数字を使用。
スポンサーサイト



コメント

No title

神奈川の公立も褒められたもんではなさそうですね。  でもこちらは千葉とは理由が多分違う。 

 中学受験熱が高い神奈川の公立は、なんとなく「出がらし」感が・・・ (失礼)

09.
サンデー毎日の翠嵐の卒数は定時制の人数が含まれており、湘南は定時制の人数が含まれていない。

浪人も含めると出口があまり変わらないのは不思議ではないと思うのだが。

卒数

サン毎2019.6.23 卒業生数

横浜翠嵐 361
湘南 357

昨年まで週刊誌掲載の翠嵐の卒数は400超。
確かに定時制の生徒も含まれていましたが、今年この卒業生数で定時制の生徒が含まれているのでしょうか?
同校の全日制HPの生徒概況(最新版が2018年)を見ると毎年360人前後、週刊誌は全日制のみになったと見ていました。(翠嵐関係者が騒いだし…)
学校HPでついでに知ったのが男女比2:1程度ということ。いい参考資料。

翠嵐と湘南

>09.
>サンデー毎日の翠嵐の卒数は定時制の人数が含まれており、湘南は定時制の人数が含まれていない。

書き込みありがとうございます。
定時制に関してですが、サンデー毎日の当該記事には

「定時制や通信制を併設学校は、それらを除く全日制の卒業生数を使用した。」

とありますので、どちらの高校も全日制の生徒のみのようです。


>浪人も含めると出口があまり変わらないのは不思議ではないと思うのだが。

おそらくはここに尽きると思います。
横浜翠嵐のあの学習量は、「現役での進学」に強く影響を与えているのでしょう。

No title

中受ブログですし、ローカルな話題ですから興味のある方は少ないでしょうが、他都府県でもありそうな背景を挙げていきましょうか。

【神奈川は湘南と翠嵐の二強】
→数年前まで高校受験塾界隈が塾の活性化のためか上位4校で「SSKH」と呼び4強を謳っていました(過去形)。でも内申比率の違いやらいろいろあって「いっしょにすんな」とか揉めてたな…

【金沢の難関国公立率は横市(21人)で稼いでいる】
→横浜市立の金沢高校は横市に多く指定校推薦枠を持っているとか。
横市合格者数ランキングをもし見たら横浜市の高校である金沢・市立南・サイフロ・桜丘・横浜商業(野球が強かったY校)なんかが入っているのが分かります。
選抜の方法はあくまで「手段」に過ぎないけれど、私立一貫校だと「横市の合格者数=医学部医学科の合格者数」という学校がいくつもあるのを考えると、進学に対する考え方が違うんだなぁと思います(こなみ)

【このメンツで一番奮わなかったのは横浜国際(偏差値62)。
→神奈総と並び、生徒の女子率が高いことが進学志向にも影響を与えている模様。
2018年8月の資料で男24.6%、女74.4%くらい。
学区制があった頃の面影まるでなし。横浜国際は県立上位校(県立外語短大付属。特別に学区がなかった)と底辺校を統廃合してできた学校。
県教委の伝統芸炸裂。

こういう情報、お待ちしてます

>横浜国際は県立上位校(県立外語短大付属。特別に学区がなかった)と底辺校を統廃合してできた学校。
>県教委の伝統芸炸裂。

えぇ…(困惑)

No title

>神奈川は湘南と翠嵐の二強

>上位4校で「SSKH」

千葉だと
千葉御三家 渋幕 市川 東邦
公立御三家 千葉 船橋 東葛

 とか言いますが、神奈川は偶数が好きなようですね。

埼玉は 浦和と川越 二つの異なる経済圏があるため?か
 浦和 川越
 一女 川女  昔は並び称されていました
 今は浦和一強ですが・・

濱鈴さん

サン毎2019.4.14 卒業生数は

横浜翠嵐 419
湘南 357

となっているようですね

4月はそうなんですね。
でも翠嵐の卒業生数は正直どっちでもいい。個人的には。
大学通信のデータはそもそも学校からのアンケート回答だと思いますし。
…定時制を進学しない生徒と学校が位置づけているとなればそれは問題にならないのかな(独り言)

表を訂正します

>サン毎2019.4.14 卒業生数は
>横浜翠嵐 419
>湘南 357
>となっているようですね

ごめんなさい。
こちらの方が正しいですね。

俺の書いた「定時制や通信制を併設学校は、それらを除く全日制の卒業生数を使用した。」は「サンデー毎日」(2019.6.23)の記述でした。

今夜にでも記事の表を訂正します。
ご指摘ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント