FC2ブログ

記事一覧

酒と酒の日々

今年は随分と酒を飲んだ正月だった。
大晦日は「大晦日というのは暇である」(2019/12/31)にも書いたように、日本酒を少し飲んだだけだったが、あけて正月から酒のち酒の日々だった。

1月1日
まず起きてニューイヤー駅伝をチラチラと見ながら、おせち料理をつまみに日本酒。二合ばかり空けたところで、ウイスキーを飲み始める。
後は子供たちのカードゲームを横目で見ながら、時々カードを隠したりして妨害して、怒られながらちびりちびり。
風呂上がりにビールを大瓶1本飲んで、あとはまたウイスキーを。

1月2日
箱根駅伝を見ながらサッポロビール。
駅伝が終わったらポール・アルテのフレンチミステリ(といいつつ、中身はJ・D・カー)を読みつつ、焼酎のお湯割り。
夜は女房が録画した紅白を見る。またまたウイスキー。でも今回はハイボール。
米津の「パプリカ」はどこかで聞いたような曲だが、この「どこかで聞いたような曲」というのは、ヒット作の極意らしい。
昔ポール・マッカートニーが「イエスタディのメロディが思い浮かんだときは、それがオリジナルだとは思わなかった。何かの曲を思い出したんだと思った」と言ってたなあ。
宇多田の「Automatic」も初めから聞いたような音楽だったし、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」もそうだった。
「当時のAKBならどんな曲でもヒットしたよ」と子供が反論してきたので、来年のお年玉はもっと後にしようと心に誓った。
それにしても秋元は、欅坂をどんなアイドルグループにしたいのだろうか? それともこれが、お前の欲した形なのか?

1月3日
また箱根を見ながらサッポロビール。うまいなあ、サッポロ。(尤も俺はだいたいどんなビールも旨くいただいているのだが)
子供たちは早くに友達と遊びに行ったらしく、俺が起きたときはいなかった。
女房も8区が始まる前に出かけてしまい、独りぼっち。
庭をボケっと見ていたら、昨年末からうろちょろしている茶虎ネコが横切って行った。
ちくわの余りを適当に放り投げておく。正月は施しの季節だ。

1月4日
珍しく小学校の時の同級生が3人遊びに来る。昨夏の同窓会で約束しておいたのだ。
みんなワインや日本酒を持ってくる。ブランデーも持ってきた。
珍しいのでブランデーから飲む。正月に開けた家のウイスキーはこの日で終了。
焼酎も開ける。
「ジャーナルは俺たちを裏切って中学受験したから、小学校の校歌など忘れたろ」と言われたので小学校の校歌を歌う。最後は合唱になった。
しかし誰一人、高校の校歌を歌えない。俺なんか6年間通ったのに、全く覚えていない。

1月5日
ついに家の酒がすべてなくなった。
日本酒が1升と4合。焼酎が1升。ウイスキー1本。ビール大瓶6本。
それに昨日もってきてくれた、ワイン2本、ブランデー1本、日本酒4合が2本。
いささか飲み過ぎではなかろうか。
ウイスキーと日本酒を買っておく。
夜、別の友人と飲みに出かけるが、自重していつもの70%程度に抑える(自己申告)。
そうそう、庭のちくわは無くなっていた。

スポンサーサイト



コメント

正月はにごり酒で乾杯です。

 年末年始は酒ウコンの力酒ウコンの力と本当によく飲みました。

 日本酒は、例年、佐倉の旭鶴まで『くらのおり酒』を買いに行っておりましたが、今年は999円という価格に負けて近所のスーパーで『北あきたにごり酒』を購入。シャンパンも2本で999円に負けてカヴァのスパークリングワインロゼで妥協。ワインはリーズナブルなアパッシメントとシャブリを購入いたしました。ウイスキーは買い置きの角2.7Lペットボトルです。

確か高校の時に、「薔薇と薔薇の日々」って映画のタイトル見たな。

>「薔薇と薔薇の日々」って映画のタイトル見たな。

ロ○○○○ノかな……

同時上映が、「若い牡鹿たち」だったよ。

断酒中(1/6、1/7)

結局、ここ2日、酒を飲んでいません。
酒好きだけど酒豪でもない俺にしては、やっぱり飲み過ぎたなあ。

ジャック・レモンの話かと思ったら…

「酒とバラの日々」(主演ジャック・レモン)の話かと思ったら、薔薇と薔薇の日々…?
ロ○○○○ノ?
若い牡鹿たち?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

断酒中(1/6、1/7、1/8)

ついに3日間も酒を飲んでない。

No title

いやあ しかし戦争になるかと思ったが、とりあえず すぐ開戦にはならないようで良かった。

 戦争は嫌だ。

断酒も終わった

今日から通常運転です。肝臓君、ガンバってくれたまえ。

No title

 政治家はよく「一丁目一番地」という表現を使う。
「改革の一丁目一番地です」みたいに言うのだ。

 ところで千代田区霞が関一丁目一番地に何があるかご存知だろうか。

 法務省である。 ゴーンさんにコケにされた法務省だ。法曹関係の建物もあったりする。

 今日、ちょっと所用があって法務省に行った。
 
 「司法試験予備試験出願書類」みたいなものがあって、取りに来ている人がいた。

(オラが司法試験受けるわけではないジョ)

No title

先月は私もたくさん飲みました。

高校の同窓会で、高校生の子供をもつ友人と「入試制度が変わって大変だよね~」と話しかけてみましたが、「そうか?共通テストなんてどうせ配点低いんだから、それで影響受けてるようじゃだめだよね~」と返されました・・・
確かに国立大はセンターの比率低いし、自分が受験生だったらそう思ってたかもしらんな~と。
でも、子供の話となると別なんだよね~

その友人も、「ま、うちの娘は私大文系だから、どうせ関係ないけどね~。受験は来年(2020年)だしさ。」とおっしゃってました。

No title

  ストレス発散に ビール「マスターズドリーム」をたくさん買ってきた。

 美味い。美味い。 このビール、マジで世界一美味いんではないだろうか。

 しばらく毎日1本ずつ飲もうっと。

 ビールの美味さが感じられるうちはコロナ感染していないということだろう。(逆にビールが不味くなったら 怪しい・・)

No title

マスターズドリーム、美味しいですよね。大手ビールメーカーが出している製品の中では、一番旨いと思います。

最近のマイブームは、タカラ焼酎ハイボールのドライに色々な柑橘を搾った生搾りサワーです。この時期は国産の柑橘類が豊富なので、定番のライム以外に、橙、甘夏、黄金柑、はっさく、と色々試していますが、それぞれに個性を発揮してくれて至福の時を演出してくれます。しかも原価は合計150円程度。

コロナ禍が終了して、我々は外飲みに戻れるのでしょうか。氷がやたら多くて、業務用の割り材を使ったレモンサワーで一杯600円も取るような店は、結局淘汰されるように思います。

No title

 そうなんですよね。
家で飲む。 ネットで話しながら飲む。

 その日常からコロナが収束して「高い」飲み屋に戻るのか?

 最初は反動で戻るでしょうけど、長い目で見ると・・・

 まあ、女性と濃厚接触する飲み屋は料金云々ではないので戻るでしょうけど・・・

No title

 最近、オラは家では ホッピーを飲んでいる。
ビールみたいな苦い炭酸に焼酎を入れて飲む、あれである。 

 理由は簡単、安いからだ。
 焼酎を増やせばいくらでも濃くできる。いくらでも酔える。 ホッピーに焼酎。 労働者の酒である。 飲みながら革命の歌でも歌いたくなる酒だ。

 いいことが一つ。

 普段 ホッピーなんぞ飲んでいるとたまにビールを飲むと感動するほど美味い。 マスターズドリームなんぞ飲んだら本当に魂が震えるほど美味いのだ。

 この感動は、セレブにはわからんだろう。ほほほ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント