FC2ブログ

記事一覧

高校受験組に東大合格はムリ、なのか?

豊島岡女子が高校受験を辞める話は以前書いた(「女子御三家戦争勃発か!?」(2019/07/07))。
今回はそれに関係したお話。

PRESIDENT Onlineに「私立中高の決断「高校受験組に東大合格はムリ」~中学受験組のほうが理科社会に強い」という記事が上がっていた。執筆者は矢野耕平氏(中学受験専門塾スタジオキャンパス代表)。
おや?前に聞いたことがある名前だなあ。
(参考記事「1月に学校を休むのはかなり効果があるらしいぞ」(2018/12/24))。

さて記事の内容だが、豊島岡女子や本郷、そして都立中高一貫校が次々と高校入試を廃止する件に関して、矢野氏はつぎのようなルポルタージュを記した。

わたしも来春より高校募集を停止する本郷の教員からこんな「ホンネ」を直接聞いた。
「高校1年生をみていると、高校入学組と中学入学組は学力的には競っているのですが、高校2年生、3年生と大学入試が近づくにつれ、中学入学組が高校入学組を一気に突き放していくのです。どうしてだと思いますか?」
こちらが思案していると、この教員はその核心をつく発言をした。
「それは、中学入学組が受験勉強のときに理科・社会の学習に打ち込んだことがアドバンテージになるからです。私立の高校入試用の受験勉強をしてきた子たちは、英語・数学・国語の3科にしか打ち込んでいないのですよ。この違いはかなり大きい」


・・・・・・う~ん、矢野氏はその発言が核心を突いたかどうかを考える前に、次のような質問をすべきだったのだ。
「本郷を受験する生徒は私立希望の人がほとんどなんですか?」

本郷学園

都立を全く考えていないなら、英語数学国語の3教科だけ勉強しているのは分かる。
しかし本郷の高校募集は推薦募集24名に対して一般募集60名。
さらに一般募集の入学手続きは各都県の公立入試発表まで待ってあげているのだから、3教科しか勉強していない受験者数が多数を占めているとは思えない。

もっと言うなら、そんなに理科と社会が大学受験でアドバンテージになるなら、そういう高校入試を実施すれば良いだけの話だ。
しかし矢野氏はそうした疑問を持つことなく、「核心をつく発言をした」などと呑気なことを言っている。
では核心とは何か?実は恐ろしいことに矢野氏はその本質を既に書いているのだ。

高校募集を停止した豊島岡女子の担当者は朝日新聞の取材に対し、「コメントしない」としている(2019年8月7日付)。
だが、同記事において早稲田アカデミーの高校受験部長・酒井和寿氏は「中学入学者と高校入学者のレベルが、一番の理由だろう」と述べている。
さらに記事では、豊島岡女子の今年の東大現役合格者は全員が中学入学者で、高校入学者はゼロだったことを紹介している。

もうこれでしょ。ワセアカの酒井氏が言ったことが全て。
「レベルの高い高校生が取れないから」高校入試を辞めるのだし、「レベルの高い高校生が取れないから」実績が奮わないのだ。

但しこれをもって「中学受験しないと難関大学には入れない」というわけじゃない。
それは日比谷や県立浦和や開成の新高生を見ても明らかだ。
つまり中学受験や高校受験が問題の核心ではなく、「高校受験時に頭の良い生徒じゃないと難関大学に入れない」。
そして難関大学に行ける頭の良い中3生は、日比谷や県立浦和や開成に行ってしまって、豊島岡女子や本郷や都立中高一貫校には入学してくれない。
これが豊島岡、本郷、都立中高一貫校がそろいもそろって高校入試を辞める理由だ。

さてこの「高校受験時に頭の良い生徒じゃないと難関大学に入れない」というのは、当然だが自然法則ではないので、勿論例外はある。
高校受験時の偏差値で60程度でも、東京一工や国立医学部に合格出来た人もいるだろう。

しかしだからといって、もしこれを読んでいる方が「だから大丈夫」と考えたとすれば、厳しいことを書くようだが「愚か」だ。
高校受験で偏差値70に手が届かない人が、東京一工国医を狙うなら、かなり厳しい未来予想図を書く必要がある。
少なくとも「理科や社会が受験教科にないから難関大学に合格出来ない」などという戯れ言を口にしたり、その戯れ言が「核心だ」と判断してしまう程度のエンジンでは、次善手を考えた方が良い。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 我が I学園は高校入試に理社がある。
 しかも「各100点ずつ」の均等配点だ。

 昔は3科目入試だったらしいが、数年前に5科目入試にしたらしい。

 中学入試においても、渋幕は理社の配点が低いが、I中は均等配点だ。理社にこだわりがあるのかもしれない。

 で、高入の東大割合は? 何の情報もない。
 オラも知りたい情報の一つだ。

>「高校受験組に東大合格はムリ」

高校時代の私に喧嘩を売っているようなタイトル(笑)。

私は3科目入試(早慶付属)も5科目入試(梨ではない方の新高)も経験しましたが、公立高入試と難関国私立高入試との間で難易度差が大きいのは国数英の3科(特に数英)であり、この3科に比べれば理社はそれほど大きな難易度差がないように感じていました。
(私の経験が古すぎて、今の高校入試は全然違うのかもしれないけれど)

本郷の実態はわかりませんが、
「中学入学組は、中学受験時の理社の学習により、理社でアドバンテージを持っている」
というよりも、
「高校入学組は、国数英に時間を割かれて、理社に手が回っていない」
ということなのではないかしら。

「理社がそもそも苦手な中学生」または「大学受験勉強において理社に時間を避けないのではないかと危惧する中学生」であって、かつ「国数英なら高度なレベルにまで引き上げられる」と見込めるなら、はなから理社を捨てて早慶付属に的を絞るのも一案かもしれません。(そりゃ当然か)

単純な話

今の首都圏高校入試では、東大に入れるレベルの生徒さんは、開成、筑駒、その他トップ国公立でコマが尽きてしまうからでしょう。

理社が難関大合格の決め手なら、鉄〇会は中学から理社をやらせるはずですが、英数しかやらせません。某首都圏進学校の教員も、「極端な話、英数以外は副教科。高一までは英数しっかりやっていれば、理社は高二からでも十分間に合う」と言っていました。

何より、あの灘は入試に社会が有りません。こんな中学受験の超基本情報も知らない代表者が運営している中学受験塾専門塾が有るのですか・・・いやはやなんとも。

虚業たち

>こんな中学受験の超基本情報も知らない代表者が運営している中学受験塾専門塾が有るのですか・・・いやはやなんとも。

まあ、こうした知識や知性のギャップがある限り、我々虚業連中の飯の種は尽きないでゴンス。

そんな資料は配られるのか

> で、高入の東大割合は? 何の情報もない。
> オラも知りたい情報の一つだ。

たぶん高校生になったときに、保護者会で配布されるんじゃないかなあ(テキトー

No title

同窓会での会話

「今度さあ 、 盛岡一高卒の奴が箱根駅伝 走るんだって」
オラ「ほー すごいね。 で どこの大学?」
東大
オラ「と・・・東大? 大東大でなくて東大?」

https://hochi.news/articles/20191119-OHT1T50168.html

 世の中にはこんな奴もいる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント