FC2ブログ

記事一覧

白鴎落ちる奴はJG受からねえよ!

前回の記事「もし大学名に拘るなら、中学受験で頑張るよりも重要で効果的なことがある」(2019/12/05)で、中学受験が偏差値によって輪切りされていることを書いたけれど、それに対抗するというか、風穴を開けるような勢力が、現実には発生している。
それが公立中高一貫校受検勢力だ。

何しろこの人たちは潔い。
全員が全員というわけではないが、受けるのは一校だけ、受からなかったら地元の中学に進む、という人達だ。
せっかく頑張ったんだから受かりそうな私立も受けてみようかしら、などというブレはない。
あったとしても記念受験だったり、試験慣れだけの場合が多い。

知り合いの娘さんで白鴎中に落ちた子は、記念受験で女子学院を受けていた。
清々しいくらいの記念受験だ。
こういう人は偏差値の輪切りなんか縁がない。私立における超熱望組と同じか、それ以上だ。
いや、熱望はしてないところが何とも捻れているが、まあ、新しい受験スタイルだ。

是が非とも中高一貫校に行かせたい、というのでもない。
どんなことをしてでもこの学校、というのとも違う。

例えば件の娘さんを例に例えれば、白鴎じゃなくて小石川でも大泉でも桜修館でもいいのだ。公立中高一貫校であれば。

俺「え?どこでもいいの?」
知「うん、どこでもいい。もっと言うなら、同じくらい安い私立でもいい」
俺「じゃあ特待生とかも狙ってみれば」
知「あんまり知らないような学校は嫌だなあ」

変なところでブランド意識が出てくる。

知「ところでさ、うちの子、女子学院も受けるんだよ」
俺「え?」(たしか四谷大塚で50前後だと思っていたが・・・?)
知「で、質問なんだけどさ、白鴎落ちて女子学院受かったら、行った方が良いの?」

白鴎落ちる奴はJG受からねえよ!

娘さんは地元の中学校に進学し、受験勉強の貯金でかなり良い成績を取っているらしい。
「いやあ、受験勉強させてよかったよ」とは親の声。
「へたに女子学院なんか行ってたら、こんなに良い成績とってないだろうなあ」
・・・・・・そうかもね。

ちなみにもう白鴎のことなんか話題にも出ない。
これが中学受験への新しい向き合い方のひとつなのかもしれない。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

ふつふつと

前の記事と併せて2時間くらい喋り倒せそう…だけど抑えて寝ます。

( ˘ω˘)スヤァ

濱鈴さんへ

おお、どんどん書いてください。
俺は皆さんのコメントを読むのが大好きなんです。

No title

 中堅から下位私立は、「公立中高一貫落ち」の子を囲い込もうと躍起になっている。 
 その一つの現れが「適性検査型入試」である。

「公立の勉強していれば、楽にうちを併願できますよ。 試験慣れでいかがですか? もし何なら入学してもらっても構わないですよ。」

 と大きな声で囁いているのだ
(日本語が変? まあいい)

 さて、塾の講師も知らない、オラだけが知っている秘密データを明らかにしよう。

 芝浦工大柏、という中学がある。 四谷偏差値で50〜54。 まあ中堅だ。

 この学校の近くには難関公立中高一貫校の「東葛」がある。 千葉公立御三家と称される名門校だ。 (ただし制服もない校則もない自由な校風が災いして? かどうかは知らないが、大学合格実績は低迷している。) 

 東葛は全国でも屈指の公立難関校だ。人気も高い。 千葉ではあの千葉中より辞退者が少ないというデータもある。

 で、芝柏は考えた。 この超難関の東葛落ちをうちで拾えないか? まあ、誰でも考えそうなことだ。
 そこで始めたのが「課題作文入試」。 適性検査に近い。 この課題作文入試の試験日は、東葛の発表後で、東葛落ちてからでも出願できる。

 さて、この芝柏の目論見はうまくいっているのだろうか?

 ここから先はオラの分析だ。驚愕の結果だ。

 今年2月。 芝柏の課題作文入試は126名が受験して合格者は33名だった。 この中に東葛熱望組は 4人しかいない。そして4人全員が合格している。

 ほほほ。たった4人しか受験していないのだ。でも4人は合格している。おそらく入学しただろう。
 この結果を見て芝柏の目論見がうまくいっているのかうまくいっていないのか、の判断は難しい。
 オラはうまくいっていると感じている。

 さて・・・ 何でそんなデータをオラが知っているか、という疑問があるかもしれない。ほほほ。
 種明かしは後日。

頭のいい常連諸氏は「ああ、きっとこういうカラクリだ」と気づいているかもしれない。

楽しみ

> さて・・・ 何でそんなデータをオラが知っているか、という疑問があるかもしれない。ほほほ。
> 種明かしは後日。

これは楽しみですねえ。
ちなみに俺はさっぱりわかりません。

No title

たいした「種」ではありませんが・・まず前提となる知識を整理。(長くなるのでテキトーに読み飛ばしてください)


東葛、千葉中といった「千葉の県立中高一貫」には、独特の入試制度がある。一次試験(12月)と二次試験(1月)があるのだ。

 二校とも出願倍率は約10倍。
 それが一次試験で半分以上が落とされる。
 記念受験組や実力不足組は1次で淘汰されるのだ。 東葛の1次試験を通るのは大変難しく、オラの体感だとY60くらいが必要。
 
 そして、公立中高一貫受験者には 2種類あると思う。
 一つは「熱望 専願」組。適性検査の勉強に集中して、私立向けの勉強はしない。 このグループは、落ちたら地元公立いく人も多い。

 もう一つが難関私立の併願組。
 渋幕、麻布など難関私立の入試問題は、適性検査と近いものがある。実際、難関私立の併願組は 千葉中東葛に受かる。そして辞退していく。 

 というわけで、芝柏の課題作文のターゲットは
「東葛の1次試験を通った優秀な子」
「適性検査に絞って勉強してきた 私立併願が難しい子」

 この両方を満たしていて、惜しくも東葛落ちた子を拾いたいのだ。


 芝浦工大柏の入試は 1回から3回まである。
1回と2回は 普通の国算理社。 Y54くらいだ。
3回目が課題作文。Y51くらい。

芝柏の熱望組は3回全部受けるだろう。学校は公言していないが、繰り上げは3回全部受けた子を優先させているという噂がある。3回全部同時出願すると受験料も割引がある。

 芝柏の第三回(課題作文)の入試日は2月4日。 第三回だけの出願は、なんと試験当日 2月4日の朝6時まで受け付けている。

 ちなみに東葛の2次試験の合格発表は2月2日午前9時。 

 ここまでが前提条件だ。
 長い・・・ 疲れてきた

(続く)

No title

ここからが本題。

東葛の合格発表は2月2日午前9時。
実はこれと同じ時間、もう一つの合格発表がある。
千葉市立稲毛中学だ。

オラのアホ息子2号は稲毛を受けた。
そして落ちた。

オラは稲毛の合格発表を確認して、
2月2日9:15に芝柏の第三回試験に出願した。
事前に色々準備してあったのでたった15分で出願できた。

 東葛残念組が、落ちたショックで動揺している間にオラは出願を済ませたのだ。

 そして2月4日。第三回試験。この第三回試験は、理系文系の課題作文の他、面接もある。保護者は講堂で終わるのを待っている。 そこでアナウンスがあった。「面接は5人ずつ受験番号順に行います。受験生が出てきたら、そのままおかえりください」。

 ふむ。受験番号順とな?
 その時、オラは思った。

ということは、アホ息子より後の受験番号の子が、2月2日以降の出願組=おそらく東葛落ち組だろう。一体何人がアホ息子の後にいるだろう?

 講堂で待った。待った。待たされた。
 なんとアホ息子は最終組だった。最後の5人の中の一人だったのだ。

 そしてその夜の発表。アホ息子の受験番号を、仮に1000番とする。
 合格発表はこんな感じだった

・・・
940
972
980
1001
1002
1003
1004
以上

 なんと!アホ息子の番号の後ろの4人は全員合格しているではないか。 面接最終組は、アホ息子を除いて全員合格だったのだ。

 これが種明かしだ。

 東葛の発表後に芝柏に出願した子は、アホ息子を除いて4人。
 その4人は全員が合格している。
 東葛の繰り上げになった可能性はあるが、そうでなければ全員芝柏に入学しただろう。

鮎川ミステリのよう

鮎川ミステリの解決編を読むような、スリルを堪能させてもらいました。
なるほど、出願のタイミングと面接の順番にカギがあったわけですな。

それにしてもこの4人、芝柏からすると喉から手が出るほどに欲しい4人でしょうね。

No title

 ところで 上の原稿を書く上でネットを調べていたら、2020年の千葉中東葛中の最終合格発表は 2月1日9時となっていました。

 2019年までは2月2日9時だった。
 今回の入試から合格発表が1日早まったようです。 たった1日ですが、されど1日。
 どのような影響が出るか、考えても実例はわかりませんでしたが、全くない、ということはないでしょう。
 微妙に千葉県民に影響する・・・かな

※2月1日 県立中高一貫合格発表
  2月2日 渋幕 秀英 入試
  2月3日 東邦入試
  2月4日 市川 芝柏 入試

※1日に発表して 喜んで翌日の渋幕を回避、あるいは気が抜けて落ちて欲しい、ということかニャ?

これ以上ひどくなるのかな、中受(過激派)

>「あんまり知らないような学校は嫌だなぁ」
昔、私が受験すると聞いて激昂した同級生の親もそうでしたが、近くにある公立高校や、誰でも名前を聞く難関しか知りませんね。
「知る人ぞ知る名門」なんてのはもちろん知らなくて、偏差値や「自分が知らない」という理由で嗤ったりする。文化と情報量の違いです。
高校受験では大学進学について塾があまり情報を出さないんですね。高校が出さないのだろうけど、親が関心なければそうなるだろうな…。
近所のお兄ちゃんが〇〇大に行ったからスゴイというのが情報。

>「JG受かったらJG行った方が良いの」
JGを知っているのだろうか??仮にJGに入学出来ても「宗教の時間は勉強させて」「こんなことにお金かけるな」「学校が何もやってくれない」「何着ていったらいいの?お母さんたちがいつもお出かけみたいな服装してくる」etc.
となりそう。
基準が公立だから、私立の創立の精神や文化、慣習、常識がどこまで「そういうものだ」と理解できるか。酷いと「ムダ」「選民思想」「異常」と騒ぎ出すかもしれない。全部あの掲示板で見た反応ですが。適応できるか。

【中学の分類】
・国立大学附属中学
・私立一貫校①完全一貫校(コース制なし・午前入試のみ)
      ②完全一貫校(コース制あり・または午後入試実施・あるいは両方)
      ③一貫校(高入あり・コース制なし・午前入試のみ)
      ④一貫校(高入あり・コース制あり・午前入試のみ)
      ⑤一貫校(高入あり・コース制あり・午後入試実施)
・公立一貫校

ざっとこんな風に分類、あとは男子校・女子校、共学校、男女別学校になるわけですが…
えーっと、個人的にはざっくり「④⑤」≒もはや公立 という認識です。共学は特に。(過激派)。
偏差値表はココと公立一貫は別にしていいと思うくらい。使う受験生家庭が違うから。

(②で伝統があり、大学入試で全く振るわない学校はシェルターです。独自文化もあるのでw)
④⑤は高校受験で併願私立というところとリンク。
「私立」と名乗っているけれど、良く言えばニュートラル、悪く言えば名ばかり私立。独自の校風や文化は感じません(スポーツ校みたいなのはあるけど、中受では浮く)。
そしてそこを選ぶのは「私立だけど公立と差がないことに抵抗のない家庭」。個人の好みは否定しないけれど、中受の世界は少し憂う。

学校を選ぶのに偏差値しか見ない、公立より幾分マシな実績や、経営上やっている「メンドウミ」を文化や特徴だと言うのは自分(我が子)や学校のためにならない。
そもそも東京やその隣接県にいて「中受で私立に行くのと公立高校どっちがいいかな?」と比較する時点で「ぺんぺん草は生えても私学は育たない」土壌に自分自身がいるということなのではないか…

私立の私立たる所以

そうなんですよ、濱鈴さん。
私立の私立たる所以を抜きに、私立と公立を同じ土俵に上げることは、なかなか難しい所業です。


それにしても

>昔、私が受験すると聞いて激昂した同級生の親もそうでしたが、

これはどうしたことでしょう。
何故他人のうちの子供の受験に激昂するのでしょうか。

時々そうした話を掲示板で見聞きしますが、そういう人は何というか、ちょっと思い入れの方向性が間違っているような気が。

遠い目

>何故他人のうちの子供の受験に激昂するのでしょうか。

小6。湘南の田舎の小学校にいました。
12月頃に中受することが漏れ、割と仲良くしていた友人の母親が即反応。
「なんで濱鈴が私立?気に入らない。うちの子だってできる!濱鈴の受ける学校なんか聞いたことない(嗤)だから受験する!受験ったって中学。今からで間に合う。だって通信簿(以下略)」と言い…県内最難関女子校チャレンジ。
腹立ち紛れに「濱鈴とは喋るな」とかなんとか色々言ったようで…。
こっちは本番直前だからどうでもいいですが、親の間でたちまち彼女の受験の速報が流れたのはいたたまれなくなりました。ムラ社会。

友人は学校の勉強が出来るしっかり者。けれど通塾も模試も一切経験なし。
何で中学を受験するの?という田舎だし、塾に行かなければ情報は得られない時代。面接があるので服装からして相当困惑したのではないかと。
親に振り回され玉砕した友人が一番気の毒でした。

同調圧力が強く、秘密裡にと言っても「同じ中学行かないの?なんで?」と嫌というほど聞かれました。あのお母さんも抜け駆けしていいとこ行こうなんて許さないと思ったのでしょうか。
いいところかどうかなんて学校との相性次第で人それぞれなのに。こちとら気に入って受験し母校となったのはそこそこエッジ(私立らしさ・独自の校風)の効いた私立なんですけどね。公立の対極。

エッジの効いた存在感

いやあ、濱鈴さんもなかなか壮絶な歴史をお持ちですねえ。
それにしても

>こちとら気に入って受験し母校となったのはそこそこエッジ(私立らしさ・独自の校風)の効いた私立なんですけどね。

濱鈴さん自身のエッジの効いた存在感は、母校譲りですな。私立かくあるべし、といったところでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント