FC2ブログ

記事一覧

W合格、どっちの学歴をとるんだ?!3~早稲田と明治の仁義なき戦い

2回にわたり、早慶の「W合格、どっちの学歴をとるんだ?!」シリーズを送ってきました。

<参考記事>
W合格、どっちの学歴をとるんだ?!1~早慶文系勝負!」(2019/11/29)
W合格、どっちの学歴をとるんだ?!2~早慶理系勝負!」(2019/11/30)

今回はちょっと趣向を変えて「明治と早稲田でどっちを選ぶ?」というケースを見ていきます。
え?早稲田に決まってるって?
そうとも言えないんですよ、お客さん。

確かに普通に考えれば、明治と早稲田に受かったら早稲田に行くと思う。但し、やりたい勉強によっては明治に行くケースもあるだろう。
たとえば法律がやりたい人が明治法学部と早稲田商学部に受かって明治に行くのはわかる。

しかし明治国際日本が早稲田文化構想に対して「7:93」というのは不思議な気がする。
学ぶ内容に天地ほど違いがあるわけではないのに、7%もの人が明治を選ぶのか。
文化構想が若い学部ゆえに、ちょっと不安だなあ、ということなのかもしれない。
いや、待て待て。国際日本学部の方が1つ年下だぞ。
※明治大学国際日本学部(2008年4月開設) 早稲田大学文化構想学部(2007年4月開設)

また同じ、明治国際日本が早稲田文に対して「25:75」というのも意外な数字だ。
文学部人気がここまで低下しているということか。ちなみに東進によると明治国際日本の偏差値は69.3。早稲田文は71.3。
明治国際日本は一般で130名募集。試験教科は英国社。
早稲田文は一般で390名募集。試験教科は同じく英国社。
これで25%が明治国際日本を選ぶのが、2019年大学受験生の本音なのかもしれない。

明治法学が早稲田文構に「17:83」というのは、明治法学が善戦しているというべきか。
しかしそもそも法学部を受けて法学部に進学する人間が、何故に文構を受けるのか?
早稲田法学は無理だと思って、でも早稲田ブランドを狙って文構を受けたのなら、そのまま文構に進学するのではないか?
謎が謎を呼ぶ。

明治と言えば政経という刷り込みが俺にはあるが、その明治政経が早稲田教育に「14:86」というのも、微妙な数字だ。
明治の看板学部で学びたいというのも、早稲田ブランドが欲しいというのも、両方分かる。
ただその両者の天秤のニュアンスが「14:86」という数字で表された時に、どうしても違和感が生じる。
これは「50:50」でも「10:90」でも同じことなのだと思う。

どっちに行くのが正解かなんて、一般的にはない。
正解がないのではなく、ひとりひとりに正解がある。
もっと言うなら、その選択が正解なのか不正解なのかを決めるのは、誰でもない、決めた人間だけだ。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

W合格 どちらを選ぶ?

というのは微妙にプライドを刺激するんでしょうニャ。  微妙じゃなくて「大いに」かもしれない。

 以前「うちの子は御三家受かる力があったけど○○に入りました」とプラカードを首から下げるという話がありました。

 明治を選ぶ学生は 「俺 早稲田受かったけど明治に来たんだ」と 言いたくなるだろうか。 まあ一回は言うんじゃないかなあ。 「当然」だったら一回も言わないだろうけど。

 オラの会社に (早稲田の)「政経受かったけど一文に入った」 という輩がいる。 別の早稲田出身者が「絶対に嘘だ。アリエナイ」と言っていた。

法政大のキャリアデザイン学部もそうですが、最近の大学の学部・学科の区分に私はついていけていません。
詳しいことはわかりませんが、比較的最近新設されたり、今どきの高校生に人気のある学部・学科には、次のような傾向があるのかしら。

■人文社会系(Humanities and Social Sciences。HSS)と理工医系(Science, Technology and Medicine。STEM)の垣根を超えた「学際性」「学融合性(文理融合性)」
■「教養教育」(リベラルアーツ教育)の復権
■「グローバル」(外国語教育や留学制度が充実しているとか、外国人学生の受入れが多いなど)

日本学術振興会のHPに載っている科学研究費助成事業の「系・分野・分科・細目表」(平成24年度から平成29年度までが掲載されている)を見ても、「総合系」「人文社会系」「理工系」「生物系」の4つの系のうち、「総合系」に分類される情報・環境・複合領域などの項目が年々膨らんでいっているように見受けられます。

私としては、学際的な知や教養教育は大事であり、例えば、学部で言語学と哲学と脳科学を学んだうえで、大学院では計算機科学に進むといった道も面白いと思うのですが、他方で、学部で広く浅く学んだだけで大学を出てしまうと、自分がいったい何を学んだのかがフワッとぼんやりしてしまう気がしなくもありません(学部でろくに学ばなかった私自身のことは脇に置くとして・・・)。

>プライドを刺激するんでしょうニャ。

プライドが大学の序列を生むのか、それとも大学の序列がプライドを生むのか。
たぶん両方(相互依存的、相補的)なのでしょうね。

SMART(上智、明治、青山学院、立教、東京理科)やRJK(立教、上智、慶應)やJAL(JRA?上智、青山学院、立教)といった色んな大学群名称が生まれてくるのも、序列やプライドを攪乱し突き崩そうという企てなのかもしれません。

最先端(手探り)

>最近の大学の学部・学科の区分に私はついていけていません。

私もダメですね。
明治の国際日本は初めて聞きました。できて10年経っているんですね。
キャリアデザイン。HPを見ても進路決め、自分探しか、これ…?

河合・入試難易予想ランキング表を見ると、私大の「社会・国際学系」「総合・人間・情報・環境系」は目新しい、新鮮というよりただ混沌としています。

何を学び、特徴と魅力は何か、今はぼんやりとしかわかりませんが、「コミュニケーション」「総合」「国際」「グローバル」「メディア」あたりが大学にとって「ぼんやり」を包むのに使い勝手がいい言葉というのはわかります。

本当ならすごい

> オラの会社に (早稲田の)「政経受かったけど一文に入った」 という輩がいる。 別の早稲田出身者が「絶対に嘘だ。アリエナイ」と言っていた。

小説家希望以外にカンガエラレナイ…

ぼんやりしたまま

>何を学び、特徴と魅力は何か、今はぼんやりとしかわかりませんが

恐ろしいことに、たぶんわからず仕舞いになると思います。
この20年の教育行政なんて、こんな感じです。
なんとなく耳触りのいい、だれも反対できないような文言を散りばめるのに四苦八苦しているようなものです。

No title

>アリエナイ

 これを聞いた時に思ったのは、早稲田って学内でもはっきりした序列があるんだなあ、ってことでした。
 むしろそれが普通なのかもしれない。
 総合大学では理系と文系もあるし医学部もある。同じ大学でも偏差値は10も違うのかもしれない。

 理科大は、(2部を除けば) 学部学科間格差はほとんどない。 薬学も含めて 「〇〇学部の方が上」という感じはほとんどない。均一な大学ということができる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント