FC2ブログ

記事一覧

たまにはゼニカネのことをさっぱり忘れて、自分の純粋な欲望を見つめてみる

我々はみな、おしなべて経済的人間である。
値札を見ては一喜一憂する動物である。
(おや、どこかで見たような書き出し方だぞ)

<参考>
かわいそうな模試たち」(2019/11/23)

去年だったか一昨年に、中学受験塾の取材で数名のマダムとお喋りしたときのこと。
「もしお子さんが、武蔵、渋渋、小石川に合格したら、どこに行かせます?」と質問したら、小石川が一番多くて、武蔵、渋渋の順だった。
次に「武蔵も渋渋も学費免除となったら、どこに行かせます?」と再度質問したら、ほとんど武蔵で、渋渋、小石川の順だった。

それよりも古い話だが、子供が医学部狙っているという親と話しているときに、仮に東京医科歯科と慶應の医学部受かったらどっちがいい?、と質問したら、答えは東京医科歯科だった。
続けて、どっちも学費が同じだったら?と訊くと、「慶應」と答えを変えてきた。

学費が免除になったりするようなことはないだろうから、あくまでこれは純粋な思考実験だ。
しかしゼニカネのことをすっぱりと外した場合、一体どの学校に通わせたいのか。
これによって自分の純粋な欲望が見えてくると思う。

立地と偏差値と校風と大学実績。こうなりゃ立地や偏差値だって外してしまえ。そうして残ったものだけで選ぶならどこなのか。
もしこれから中学受験の志望校を考えるなら(あるいは大学受験)、一度自分の素直な考えを直視してみることをお薦めします。

付き合う女の子だって(男の子だって)、家の資産だとか、誰かの評価ではなく、自分の好みだけで選ぶでしょ?
え?誰か一人に絞り切れないって?
ま、学校と違ってこの場合は無理に一つに絞らなくても……

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 子供の学歴への「欲望」ってなんでしょうね。
まあ大体は「親が言うから」「親の誘導」なんでしょうけど。

 オラん家のアホ息子は 以前も書いたが
興味ある大学・・・敬愛大学 淑徳大学 帝京平成大学。。。  まあ別にこれで何が悪いということもない。 調べて行きたくなったら行けばいい。

(ナンツッテこれは嘘だ 本当にそうなったらオラは絶対に反対するだろう)

「大学はどこでもいいよ。留年しないで卒業したいな」
なんてぬかしやがる。

 その通りだ。留年なんかしたらただじゃおかない。
 
 このアホ息子もそのうち 帝大行きたい 早慶行きたい 医学部行きたいとなるんだろうか?
 

競争者の欲

「「いい学歴を手に入れられるように成績を上げたい」と考える若者は増えてる?減ってる?」(2018/11/10)の記事の中で、「できるだけいい学歴を手に入れられるように成績を上げたい」と考える生徒の割合をだしました。

学区分 1990 1996 2001 2006 2015    
高校生 54.3 51.4 54.9 58.7 67.0
中学生 62.6 56.4 57.8 61.9 67.2
小学生 **** **** 67.0 67.8 74.6
(ベネッセ「第5回学習基本調査」データブック[2015]より)

今の若者は25年前の若者に比べると、学歴というヒエラルキーに自覚的ですね。
学歴への欲は、野球部員が1回でも多く勝とうとするのと同じ、競争者の欲です。
中身なんて大したものはないけれど、でもその欲望が彼らを燃やしてるのでしょう。

市川から早慶

どうしても東大、という人は別として、俺は昔から「芝から早慶」というのがひとつの学歴のアイコンだと思っています。
芝のような楽しくてぬくぬくした中等教育を経て、3教科受験で日本最高峰の私学に入り、就職のフィルターにひっからない学歴を手にする。

市川から早慶、というのも魅力的ですなあ。

No title

昨日は 高校の同窓忘年会だった。
楽しかった。 年齢を重ねるごとに同窓会が楽しくなってくる。
 
 まあ、老化の一つの表れだろう、きっと。
 
 で、同窓会というと必ず誰かが中学受験の話を持ち出す。 当然だが娘 息子の年齢はそれぞれ違うので「今まで興味なかったけど」「今 3年生で」 ってな感じで参戦してくる奴もいるのだ。ほほほ。

 で、改めてみんなの話を聞くと、みんな子供優秀だニャ。  御三家ぞろぞろ出てくる。 うち桜蔭、あそうなんだ、うちJGってな具合だ。(何故か雙葉は聞いたことがない。田舎者には縁のない学校らしい)

 (よく考えたら、オラ、高校で平均以上になったことほとんどなかった。 数学、物理はできたが、総合点では大体200番くらい(350人中)なんで、みんなオラより頭がいいのだ。)

 で、経験者は中学受験で死ぬような思いをしているので 新たに参戦してくる奴がいると「地獄へようこそ」ってな感じで面白がって茶化す。

受験を控えた娘が生意気だ、という話題もあった。算数を教えてあげると「私にわかるように教えて」と怒られたというのだ。ひゃひゃひゃ 

同窓会

>昨日は 高校の同窓忘年会だった。
>楽しかった。 年齢を重ねるごとに同窓会が楽しくなってくる。

同窓会、楽しいよね。
俺もこの夏は小学校の同窓会に出席しました。
(「ジャーナル・ギャップ浮気事件」(2019/11/13)参照)

>で、経験者は中学受験で死ぬような思いをしているので 新たに参戦してくる奴がいると「地獄へようこそ」ってな感じで面白がって茶化す。

この感覚、分かりますねえ。
栄光学園の丹沢キャンプと同じような感じ。
で、終わってみれば懐かしくなるのも同じ。
そして二度とやりたくないと思うのも同じ。
(※個人の感想です。ちなみに俺は栄光出身ではないので、丹沢キャンプは話にしか聞いてませんが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント