FC2ブログ

記事一覧

ジャーナル・ギャップ浮気事件

このブログでも何度か書いたが、今年の夏はとんでもなく忙しかった。
休みらしい休みもなく働きまくり、その合間を縫って戦後すぐに起きた雪密室の事件を解決(?)したわけだが(「夏の盛りに横溝正史的な雪密室の謎1~地域によって儀式はいろいろ」(2019/08/25))、じつはそれよりも大きな事件が夏から秋にかけて動いていたのだ。

名付けて、ジャーナル・ギャップ浮気事件。

先日女房から「あなたが若い子と浮気してるって、噂になってるわよ」と言われ、驚く前に強い非現実感に口もきけなかった。
「誰が言ってるんだ?そんなこと」
女房の口から出た名前は、小学校の時の同級生たち。彼らはいったい何故そんなことを言ってるのか。
俺は早速捜査を開始した。
で、ものの半日で真相が解明されたのだが、こんなカラクリだった。

今年の8月に小学校の時の同窓会があった。(楽しかった!)
駅前のとある居酒屋で開かれたのだが、事件の種はそこで蒔かれたのであった。

俺は何人かの友人とお喋りをしていたのだが、ウイスキーのお代わりを頼もうと思って、店員を呼ぶベルを探したが近くにない。
見るとテーブルの向こう端にあったので、その近くに座っていた篤史君(あだ名は「あーちゃん」)にベルを押してもらおうと思って「あーちゃん」と声を出したところに、ちょうど店員さんが通りかかったので、無事ウイスキーのお代わりを頼むことができた。

以上が事件の概略である。というか全貌である。
え?これだけじゃ全然わからない?

そりゃそうだ、俺だってこれだけじゃさっぱりわからない。
これには幾つかの偶然が絡んでいる。
まずその時の店員が、若くてかわいい女の子だった。
次にその女の子の名札に「あさみ」と書いてあった。
そして最後に俺が若い子にモテ……いや、これはよそう。

そんなわけでその場にいた一部の人間は、俺が「あさみ」という子と付き合ってて、その子がバイトしている居酒屋で「あーちゃん」と呼んだ、と映ったらしい。

およそゴシップというのは無意識化の願望に強い関係があるらしいから、このうわさを流した連中はきっと「若い女の子と付き合いたい」と思っているのだろう。
いや、待てよ。首謀者はマダムだったから、これは「若い男の子と付き合いたい」ということかな。

目下の俺の悩みは、女房が「旦那が浮気していると言われ精神的苦痛があった」として、俺に「回転しない鮨屋でたらふく鮨を食わせること」を要求していること。
なんか釈然としないなあ。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

>なんか釈然としないなあ。

今こそラテラル・シンキングをすべきときです。前提を疑いましょう。

女性店員の名は本当に「あさみ」だったのか。
奥様と同級生は結託しているのではないか。
浮気疑惑が先にあり、その後に罪滅ぼしとしての鮨の要求が出てきたのではなく、
鮨を食べたいという欲求が先にあり、鮨をねだるための裏工作として浮気疑惑が捏造されたのではないか。

奥様を問い詰めるしかありません。回らぬ鮨を食べながら。

No title

 いや、以前 つけ麺さんが、「Aという疑惑を笑って話す時には Bという本物の疑惑があってそれを隠すためだ」といった事を書いていた。

 実はJGさんは 「あーちゃん」ではなく「いーちゃん」と・・・

>実はJGさんは 「あーちゃん」ではなく「いーちゃん」と・・・

そうか、そっちの方向でしたか……。私のラテラル度が足りなかった。

となると奥様から問い詰められるしかありません。もちろん回らぬ鮨を食べながら。

どー見ても

肝心なところを書いとらんな。
カモフラージュにすらなっとらん。

Lawyer目線

また雲行きが怪しくなってきたぞ。
JGさんの代理人になるより奥様の代理人になるほうが儲かりそうだな。うへへ(下衆

No title

>「あーちゃん」と声を出したところに、ちょうど店員さんが通りかかったので、無事ウイスキーのお代わりを頼むことができた。

 
 ダブルミーニングって オラ 結構好きで、いろんな冗談にしている。

 オラの会社に、ヤンキー上がりの女の子が入社したことがあった。 

 ある時、 さらに若い山本という男が出先から帰ってこないことがあった。

 するとそのヤンキー娘はこう言った
「山本君帰ってこないんですけど しめていいですか?

 これは、山本君が帰ってこないけど、会社のフロアの鍵を閉めていいか、という問いだったが、ヤンキー娘が言ったのでオラはあまりに面白くて 尾ひれ背びれ胸びれをつけて 言いふらした。 ほほほ

No title

なんか 昔のことを思い出してきた。

 そのヤンキー娘の前に、清楚風な女の子が入社したこともあった。 美人だった。 出身校は JG! →早慶である。 才媛だ。

 新聞記者になりたいらしいが、なんだかよくわからないがうちの会社に入ってきたのだ。

 で、1年くらい働いて、就職試験を受けたのだろう。晴れてどっかの新聞社に採用された。

 そしたら! 
 やめると決まったその翌日から 服装はスーツでなく ジーンズで出勤。いきなりタバコを吸いながら仕事をしていた。(当時はオフィスでタバコが吸えた)

 オラはその豹変の様子が可笑しくて大笑いしながら見ていた。

 オラのJGのイメージは、この女である。
 

ここまで来ると

>やめると決まったその翌日から 服装はスーツでなく ジーンズで出勤。いきなりタバコを吸いながら仕事をしていた。(当時はオフィスでタバコが吸えた)

清々しいですね。入籍でも豹変するタイプでしょうか。

No title

>入籍でも豹変するタイプでしょうか。

ふふふ。
どうなんでしょうね。

 でも綺麗な子でした。

女という厄介な生き物

 容姿端麗だと、それだけで同性から意地悪をされる。大人しい性格であればあるほどイジメのターゲットになる。逞しく強かでなければ生き残れないのが女の世界なのである。

>「回転しない鮨屋でたらふく鮨を食わせること」を要求している

→都内のお母様方は、とにかくあまりお料理を召し上がらないしお酒も控えめ。
 たまには誰にも気兼ねする事なくお腹いっぱい食べたいんじゃないかなぁ・・・。

“待ち受け男”という厄介な生き物

 以前私に自分の携帯番号を渡してきた名前も知らない男性に対してどう接すれば良いのか迷っていたところ、ジャーナル・ギャップ様という方から「とりあえず放置でいいんじゃね」というアドバイスを頂いたので、そのまま放置してみたところ・・・暫くの間、少し距離をとってくれるようになりました。ところが、そのオトコ、最近毎日ハチ公のように私に張りついて仕事待ちをするようになりました。必死で計算している時に、思いきり顔を近づけてPC画面を覗きこんだり、どうでもいいような話を振ってくるのはやめて欲しいのですが、繁忙期に入り、使えないバイト君では納期に間に合わないので、仕方なくかわゆい営業スマイルで彼にお願いしています・・・能力ではなくお顔とボディーで得たポジションなので・・・しばらくはあきらめて我慢するしかないと思っています(TT)

 ちなみにそのオトコ、何を勘違いしたのか、私の事をニックネームで呼ぶようになりました(/。\)

穴子と中トロ

結局、回らない鮨屋、それも近くの馴染みの鮨屋ではなく、遠くの高級鮨屋でたらふく食べられました。
穴子がおいしかったです。

災難ですな(うひゃひゃ

>ちなみにそのオトコ、何を勘違いしたのか、私の事をニックネームで呼ぶようになりました(/。\)

楽しい展開です。
動きがあったら教えてください(他人事感満載)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント