FC2ブログ

記事一覧

早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?3~旧帝はむしろお買い得なのか

前回「早稲田大学・慶應義塾大学はどれぐらいの難関なのか?2~地方旧帝では厳しい」(2019/09/02)は、早稲田大学(以下早大)と慶應義塾大学(以下慶大)がどれくらいの難関なのかを、『週刊朝日』(2019年4月5日号)の「東大・京大合格者実名アンケート東大文系編」と、首都圏某男子校(東大ベスト10常連校)のデータを用いてお話ししました。
ただ前回は文系の話だったので、今回は理系について書いていきます。

尤も『週刊朝日』では理系の記事はなかったので、もう一つの首都圏某男子校(東大ベスト10常連校)のデータによりかかります。
ちょっと意外な結果です。

まずは東大合格者との早慶併願結果。数字は「合格者数-不合格者数 成功率」。
早大政経2-0 100.0%
早大理工9-0 100.0%
慶大理工10-0 100.0%
慶大医学3-1 *75.0%
慶大薬学1-0 100.0%

慶應の医学部に1人やられただけで、25勝1敗。恐るべし、東大理科類。
東大理科類と早慶理工の間には、文系以上に差があるのだろう。
(ちなみに慶應医学部にやられたのは理1)
早大理工はセンター利用がないので、二次勝負となったらさすがに東大受かる連中には、早大理工といえども安牌だったのか。

京大理系合格者のデータは少なすぎて議論のテーブルに上がりませんから(何しろ1人)、東工大の数字を紹介しましょう(こっちも少ないけど)。
早大理工3-1 *75.0%
慶大理工0-2 *00.0%
慶大医学0-1 *00.0%
東工大レベルだと早慶理工とイーブンです。

北海道大学(工学・理学・理系)vs.早慶理工は以下の通り。
早大教育0-1 *00.0%
早大理工0-3 *00.0%
慶大理工0-1 *00.0%
理科大理工2-0 100.0%
明治理工1-0 100.0%
0勝5敗。北大では早慶はなかなか難しい。
ちなみに名古屋大学工学部(1人)は、早慶の各理工に敗退。

というわけで入試の難度のイメージとしては
東大理科類---東工大・早慶理工---旧帝といった感じか。
(文系は 東大文科類--一橋-早慶文系---旧帝)

最初に「ちょっと意外な結果です」と書いた理由は、早慶は理系の方が文系よりも東大といい勝負をしていると思っていたのだが、惨敗だったこと。
そして旧帝の方が早慶よりも、理系に限っては難度が高いのではぼんやりと考えていたが、まったくそうではなかったこと。
むしろ旧帝はお買い得なのではないか。入りやすいし(あくまで早慶に比べてである)、研究費はそこそこあるし、地元ではチヤホヤされる。

もちろんこれはデータの偏りや数の問題を一切無視した話なので、検体が100程度あればまた違った話になると思う。
考えれば考えるほど、『週刊朝日』が4/12号で東大理科類の併願の記事を書いてくれなかったことが残念である。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

なるほど。
この数字を見ると、確かに

旧帝理系・・・お買い得
早慶理工・・・お買い損

な感じはあります。

 ただ、オラは「真面目に勉強するつもりなら理系は国立に限る」という古い先入観で言っているので、最近は違うのかもしれません。確かに慶応理工あたりで、いい研究もある。逆に最近は名門 東北大 理学部でこれ、と言った研究はないような気もする。

 ※例えばJSTのERATOのような巨額の研究費がつくプロジェクトでも、慶応は時々見かけるが、東北大理学部って最近あったかなあ。
 もっとも、オラも最近はERATO、そんなに取材していないのでわからんが・・

No title

あんまりいつもいつも 根拠なし 数字なし 出典なしのことばかり書いているのも何だかなあ、と思って珍しく調べてみた。
 ソースは JSTのHP
https://www.jst.go.jp/erato/research_area/index.html

ERATOという巨額の研究資金が動くプロジェクトで、2000年以降に採択された研究リーダーの所属を数えてみた。

東大 28
京大 5
東工大 5
北大 1
東北大 4
名古屋大 4
大阪大 5
九州大 2
慶応大 3
早稲田大 0

 である。
もちろん ERATOだけで物を語るのは乱暴だが、大学の研究力の一面ではあるだろう。

※東大圧勝である。 これほどとは思わなかった
※京大は惨敗と言っていいだろう
※早稲田 0は意外だった
※旧帝は、まあ こんなもんだろう


 うーん やっぱり旧帝大は お買い得な感じがするニャン

東北大といっても理学部でなく医学部の話で恐縮ですが、出澤真理先生のMuse細胞のことが気になっています。

Muse細胞はiPS細胞のような多能性幹細胞(筋や神経などのいろんな細胞に分化する能力をもつ細胞)の一つです。
点滴で静脈に投与するだけで病巣に届き、損傷した組織を再生させる可能性があるようで、脳梗塞や脊髄損傷などを対象疾患とした治験が現在進行中とのこと。結果に期待してます。

私もJGさんと同じく、旧帝の方が早慶よりも理系は難度が高いと考えていました。JGさんも仰っていますが、検体数がもっとたくさん欲しいですね。

他方でJGさんとは逆に、早慶は文系の方が理系よりも東大といい勝負をしていると思っていました。肌感覚なのでうまく説明できないですし、あるいは感覚がくるっているのかもしれないですが。

国語や社会においては潜在的学力差(?)ほどには点数差が付きにくいからかなぁ。でも東大ベスト10常連男子校の生徒だったら、社会でなく数学を選択するかぁ(早稲田政経や慶応経済は社会か数学かを選択できるらしい)。いやそれともベスト10常連校とはいえ文系クラスの生徒だと社会選択が多いのか…

うーむ、わからぬ。ひょっとしたら年度ごとにまちまちだったりして。来春の週刊朝日のアンケートに期待。

No title

 まあ実際 旧帝といっても様々で、
東北大学などは 理学部と工学部で、オラの頃は共通一次で50点〜70点くらいの開きがありました。

 なので、例えば大阪大の上位学部と北大の下位学部では、100点? 150点?いやもっと違うでしょう。

 でも早慶理工が大変な難関なのは昔からで、
オラは 旧帝理学部受けましたが、受かると思って受けた。 で、落ちた。
 で、早慶理系は受けなかった。受けても絶対受からんと思っていた。
 
 そのくらい早慶理系(理工学部)は難しい。

※要するに 東大 東工大の滑り止めにはなるけど、 旧帝の併願にはならん、ってことね

※あと、旧帝理系には 家庭の事情等で「絶対国立 しかも 100%受かることが条件」という学生が入ってくる。 つまり東大でも早慶でも受かる可能性が十分にあるが、家庭の事情で 旧帝なのだ。 オラの友人にもいる。 だから偏差値以上にとんでもなく優秀な人間がいる。

夏休みの自由研究「小石川型青天井理論の観測」

>旧帝理系には 家庭の事情等で「絶対国立 しかも 100%受かることが条件」という学生が入ってくる。 つまり東大でも早慶でも受かる可能性が十分にあるが、家庭の事情で 旧帝なのだ。 オラの友人にもいる。 だから偏差値以上にとんでもなく優秀な人間がいる。

これはかつて天麩羅蕎麦氏が某掲示板で展開した「小石川型青天井理論」の表れの一つですかね。
「絶対国立」「地域カテゴリトップ」など条件は揃っている様子。

青天井(麻雀に非ず)

「小石川型青天井理論」の元々のカタチは「酒豪」さんが「桜蔭青天井理論」で打ち立てたものです。
俺はその時に「裏校風理論」で対抗したのですが、向こうの方が人気は高かったですな。
で、その桜蔭のカタチを小石川にも応用してみたんです。

尤もあれにはウラがあって、小石川の難関大学の実績が出るや否や国立付属の実績が落ちたので、これは入口時点で流入があったんだな、と推測しました。
「小石川型青天井理論」のバックボーンには、そうした数字的な裏付けもあって、まあまあ面白く議論できました。

早慶理工は東工大と難易度が同じくらいだから、東工大の滑り止めにはならない。
東大の滑り止めにはなる。

東大>>東工大、早慶理工くらい離れてる

理1落ち慶應理工合格 229人 平均偏差値73.7
京大工落ち慶應理工合格 29人 平均偏差値70.6
東工工学院落ち慶應理工合格 25人 平均偏差値69

理1慶應理工W不合格 165人 平均偏差値67.5
阪大工の合格者平均 538人 平均偏差値67.4

2019年 ベネッセ・駿台入試結果データ
http://dotup.org/uploda/dotup.org2157780.pdf

阪大工 × 慶応理工
 ○     ○      5
 ○     ×      41
 ×     ○      0
 ×     ×      11

阪大工よりは圧倒的に早慶理工

正直言ってなかなか受からない

書き込みありがとうございます。

>2019年 ベネッセ・駿台入試結果データ
http://dotup.org/uploda/dotup.org2157780.pdf

上記のページはもう消されていましたが、阪大工と慶応理工の比較は、充分考えられる範囲ですね。

一部の国立信者に必要以上に貶められる早慶ですが、正直言ってなかなか受かりません。
入れるなら中学でも高校でも、入れるときに入っちまって、受験レースからさっさと退場するのが賢いと思います。

尤もそういう奴に限って、早慶ではなかなか手を打とうとしないんですが。

というか、普通に早慶理工は阪大理系よりは難しいですよ
私文と国文と違ってセンター国社しか差がなくて2次試験科目はどちらも数物化英でその偏差値は早慶理工の方が高いので

東工大落ちの早慶理工合格率は1~2割程度で滑り止めにはなりません。
(東工大の数物化英偏差値=早慶理工の数物化英偏差値)(河合塾偏差値65)

京大理系落ちの早慶理工合格率は33%くらい

東大理系落ちで6割くらい

東大理系が早慶理工に圧勝は当たり前
試験会場では京大理系以下を潰せばいいだけだから。科目ほとんど変わらないしね。
(第一志望で早慶理工というのは、少ない。東大や京大の併願がメジャー)

東大文系は早慶文系に少し落ちる
科目がかぶらない上、早慶専願組が多数いるので、英社国の3科目だけなら東大並みかそれ以上ってやつがいるから
理系と違って格下潰しゲームにならない。
あとは私立文系と国立文系の問題傾向や形式の違いかと。
理系は別に私立だろうが国立だろうが単純に学力勝負のため、東大理系が早慶理工に不利になることはない。
(東大理系が解けない問題は、京大以下もできない)
文系は私立と国立で形式が大きく異なる場合があり、併願は不利になる

研究費は進学の際に気にすべきか

よく研究費は国立の方が多い、という話を聞くけど、学部生や修士生にはあまり関係ないよなあ、と思う。
まあ全く関係ないとは言わないけど、いうほど恩恵あるのかな?
研究費の多寡で選ぶべきかな?

東大落ち早慶理工でも大学院から東大にいけば無問題ではないかと思います

最近の首都圏私立はあまりにも難しいため、かえって阪大などの地方旧帝大のコスパがよくなってます。

阪大工学部○理科大工学部✕ 13人
阪大工学部✕理科大工学部○ 11人

理科大工は早慶理工や阪大と違い、3科目
です。科目違うのであくまで併願難易度なのですが、併願難易度ですと
理科大工が阪大工学部を上回ってしまいました。これは驚きですよね。

また、東北大工学部にいたっては
東北大工○理科大工✕ 52人
東北大工✕理科大工○ 10人
と、併願難易度では理科大工が東北大に圧勝しています。
(理科大工は3科目、東北大工は4科目なので純粋な難易度ではありませんが...)

10年前であれば
東北大工学部であれば理科大工学部は滑り止めとは言わないまでも併願対決で勝ってましたし、阪大工学部であれば理科大工学部に圧勝していましたが、首都圏集中で理科大工学部もかなりの難関のようです。

早慶理工を滑り止めにできるのが、
東大と京大理系上位学部
東京理科大工学部を滑り止めにできるのが、
東工大といったところでしょうか。

阪大の滑り止めは同志社理工や立命館理工
東北大の滑り止めは中央理工や芝浦工大のようです。(東北大だと明治理工も滑り止めとしては怪しい感じです)

No title

>よく研究費は国立の方が多い、という話を聞くけど、学部生や修士生にはあまり関係ないよなあ、と思う。
まあ全く関係ないとは言わないけど、いうほど恩恵あるのかな?



 研究室には
「内研」・・・・ 大学の研究室で卒研、修士研を行う。
「外研」・・・・ 外部の研究室、例えば理化学研究所など世界レベルの研究室で研究を行う。

 と 2種類あります。
(この話、京都大の理学部の友人に話をしたら驚いていた。 当時 京大には外研はなかったらしい)

 で、やっぱり外研で研究した方が実験力はつきます。卒業研究から「一流 せめて二流」にいた方がいいとオラは思います。

(卒研でも ふとした発見があり、世界初だったりする。 価値があるかどうかは別ですが。 世界レベルの研究室にいるとそれがそのまま論文になったりして刺激的です)

  今は改善されたのかもしれませんが、昔は理科大の「内研」は 三流のものもありました。 
 
 学費も高くなったし、今は三流は淘汰されたのかニャ? そうあってほしいが。

※あ、何を書いているかよくわかんなくなってきましたが、 「学部生でも研究レベルは高い方がいい」とオラは思います。

 予算=レベル ではもちろんありませんが 

現実的な路線

>東大落ち早慶理工でも大学院から東大にいけば無問題ではないかと思います

まあ、これは現実的な路線でしょうね。
学歴ロンダなどと小うるさい人はいるでしょうが(笑)

阪大工学部がコスパ良さげな感じしますね、最近の併願対決からすると
理科大工学部合格クラスで割と良い判定がとれるはず

理科大の関係各位に申し訳ない話

>阪大工学部がコスパ良さげな感じしますね、最近の併願対決からすると
>理科大工学部合格クラスで割と良い判定がとれるはず

そう考えると、阪大工学部はかなり「お買い得」ですね。
学歴の箔は相当なものです。

こう言ったら理科大の関係各位に申し訳ないですが、理科大工の学力で阪大工に行けるなら、よほどのことがない限り阪大工でしょう。

東大理科類関係各位に申し訳ない話

それと、これは東大理科類関係各位に申し訳ない話ですが、個人的には、入るのに難しいわりにリターンが追いついてない感じがずっとしてます。

首都圏の人間なら東工大か東京医科歯科でいいし、関西なら京大、東北なら東北大、中京圏なら名古屋大。
暴論かなあ?
大学人と官僚以外ならそれでいいと思うが。
まあ、東大というステータスが欲しいなら、それでもいいけど。


え?北海道大学と九州大学?
超優秀な道民と九州人は東大に来い!

最近は理科大工学部もとんでもない難しさ
阪大vs理科大では、
阪大工○理科大工✕ 13
阪大工✕理科大工○ 11

でした。
理科大工学部の中の上位学科である情報学科や電気学科だと

東工○ 理科大工情報工× 5人
東工× 理科大工情報工○ 3人  
→併願難易度では理大工情報>東工大

東北工電気情報物理○ 理科大工情報工学× 7人
東北工電気情報物理× 理科大工情報工学○ 0人
→東北大を理科大工情が完封
東北工電気情報物理○ 理科大工電気工× 7人
東北工電気情報物理× 理科大工電気工○ 0人
→東北大を理科大電気が完封

早稲田先進理工電気情報生命○ 理科大工情報工学× 4人
早稲田先進理工電気情報生命× 理科大工情報工学○ 1人 

→併願難易度は理科大情報>早稲田先進理工

花形学科

 やはり、早慶の記事はコメント欄が盛り上がりますね。

> それと、これは東大理科類関係各位に申し訳ない話ですが、個人的には、入るのに難しいわりにリターンが追いついてない感じがずっとしてます。
<

 最近の工学部で何が花形学科か疎いのですが、私が若い頃は、「航空・電気・計数(情報)」が花形学科で、「造船・金属・土木」が斜陽学科だったという状況でした。東大に合格する学力があれば、他の大学では間違いなく花形学科に合格できたのでしょうが、東大に入ったばかりに、進振りで斜陽学科を専攻することになって、学問へのモチベーションが下がり、銀行とか商社にいった例は多数ありました。(そして、理系の文転就職では、半沢直樹の世界で勝者になることは不可能で、東大卒でも普通に出向の運命にあっていますね。)
 今は、土木が社会基盤と名前を変えて、工学部最難関の学科になっているので、花形学科、斜陽学科なんて気にする必要はないですが、若者の価値観で、そこまで割り切るのは難しいでしょう。

No title

ハルビンカフェさまと同じく「真面目に勉強するつもりなら理系は国立に限る」に一票でございます。

古いと言われようが思い込みと言われようが、決して譲れない一線です(^^)

卒業後に世話になる研究所の数が圧倒的に違う(国立系多し)、実験時の教授の数が圧倒的に違います。

都内国立理系の場合、教授・院生VS学生は2:1や3:1だと聞きます。都内有名私大、よくて1:6?、ひどいと1:10超もあると聞きます。(聞いた話の中なので実測値ではありません)

実験スピードが違うと、できる実験数も倍以上違ってきます。つまらん話ではありますが、実験は理系の生命線ゆえ偏差値以上に譲れない話でもありんす。

企業はそういう内情知っているので、腐っても旧帝大でリクルーターを必ず派遣し「天のお声」が今でもかかると思うのですが。

ただ、「理系として生きていく」場合の話であって、
「理系でした」で就活するなら都内有名私大に軍配あがる気もいたします。

まぁ、なんといっても学費がまったく違う。
院まで行って6年、
しかも院入学時に入学金を再度納入という鬼畜。

はやく理工系も6年制にしてー。入学金払いたくない

No title

大学院から東大にいけばでございますが

本郷は激戦で、
工学部は柏キャンパスになる可能性も高く
住んでる場所にもよりますが
下宿が必要となる事も

ジョウバンズ柏・・・。
まっすぐいけば筑波あるじゃん
上野発の~都落ち感ブルー

そんなこんなで理工系でも都内にキャンパスのある
Wや理科大が好まれてる気もいたします・・
Kはずっと日吉なので若干微妙かも
たしか去年から三田受験となり「詐欺?!」の声も。

理工系、文系と違いキャンパス僻地も多く
偏差値以外に譲れない事、けっこうあるかもです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント