FC2ブログ

記事一覧

東大率と東京一工率~東大偏重校をあぶり出す

東大率と東京一工率とを一緒に出してみた。

2018東大率と東京一工率

学校名  東大率 東京一工率 差
筑波駒場 67.3%   71.6%   *4.3%
栄光学園 44.5%   55.5%   11.0%
開成学園 43.7%   49.2%   *5.5%
桜蔭学園 32.0%   36.4%   *4.3%
麻布学園 31.6%   45.4%   13.8%
聖光学院 31.2%   39.8%   *8.7%
駒場東邦 20.2%   31.8%   11.6%
筑波大附 16.5%   22.5%   *6.1%
浅野高校 16.2%   33.6%   17.4%
武蔵高校 16.1%   27.4%   11.3%
海城高校 15.0%   26.6%   11.6%
日比谷高 14.8%   27.4%   12.6%
学芸大附 14.7%   25.7%   11.1%
女子学院 12.9%   25.1%   12.2%
渋谷幕張 12.8%   23.1%   10.4%
早稲田高 12.8%   22.1%   *9.4%
渋谷渋谷 12.3%   22.5%   10.3%
国立高校 *7.8%   20.9%   13.1%
小石川高 *7.7%   16.8%   *9.0%
湘南高校 *6.9%   19.2%   12.2%
県立千葉 *6.9%   15.1%   *8.2%
豊島岡女 *6.1%   10.4%   *4.3%
県立浦和 *6.0%   17.4%   11.4%
西高等学 *5.9%   16.9%   10.9%
横浜翠嵐 *3.1%   13.2%   10.0%
※差に%を使うのは気が引けたが、エクセルさんの機嫌を損ねないように単位を%にした。
(俺の使い方が悪いという話もある)

東京一工率は以前書いたように、優秀層の厚さが如実に出る数値だ。
この数字で30%を超えると、超進学校と言っていいだろう。

<考察>
1.栄光と麻布はあの東大率からさらに10%も東大一工率で伸ばしているのがすごい。
2.桜蔭、開成の東大偏重ぶりには微笑みを禁じ得ない
3.筑附が思った以上に薄い。浅野に抜かれている。
4.東大率で苦戦した豊島岡が東京一工率でも伸びていない。優秀層がこぞっていなくなっているのか。
5.前回、共学4位なんて書いた渋幕が共学3位に浮上。

こうした数字も3年ぐらいの推移をみると楽しいかもしれない。
俺は面倒だからやらないけど。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: どうも

こんなところにいたりするのですよ。
浅野はまだ二光とは大きな差がありますが、そこを狙わずに、そこそこ優秀な男子を集めて鍛えるスタンスを貫くほうがいいでしょうね。(つまり東大合格数ではなく旧帝一工国公医数で競うスタイル)
浅野や海城のような実績のある学校が、アクティヴラーニングをやると結果が出やすいと思います。
(中堅以下のアクティブラーニングをディスってます)

Re: どうも

そうそう書き忘れた。
コメントどんどん書いてくださいね。
みんながいろいろ書かないと、俺すぐに飽きちゃうから。

No title

昨日、サンデー毎日と週刊朝日、恒例の全国主要学校実績号が発売されていたので買いました。
サンデー毎日の方が、収録大学数も多いし、地域による主要大学のカバレッジも丁寧なように感じます。
おそらく今月中には、医学部の数字の集計が出ますね。それが出たら、上位校の数字の集計でもして、書き込もうと思います。

Re: No title

> 昨日、サンデー毎日と週刊朝日、恒例の全国主要学校実績号が発売されていたので買いました。

剛力彩芽が可愛いので、サンデー毎日を買いました。

> おそらく今月中には、医学部の数字の集計が出ますね。それが出たら、上位校の数字の集計でもして、書き込もうと思います。

よろしく!

天麩羅蕎麦さん、たぶんショートカットの子好きですよね。
学生時代に、「女慣れしてない奴は、とにかくロングヘアーにこだわるけど、女慣れしてる奴は、むしろショートカットが好き」って仮説を唱えたんだけど、また一つ強力な実例を見つけちゃったなあ。

Re: タイトルなし

> 天麩羅蕎麦さん、たぶんショートカットの子好きですよね。

そうかなあ、と思いつつ去年のバックナンバーを漁っていたら、てち(平手)の表紙が。
それもサン毎じゃなくて、週刊朝日。
あれ、なんでサン毎じゃないんだろう?てちに魅了されて、この時だけは週刊朝日買ったのかなあ?
つけ麺さんの言葉を裏付けるようで納得いかない。

ああ、それと余の名はジャーナル・ギャップであるぞ。
ロングライダーだ天麩羅蕎麦だと、この界隈のならず者の名前で呼ばんでほしいな。

ごめんごめん、ジャーナル天麩羅ロングさん、これからはこの名前を使うから許してね。
でも、やっぱりショートカット好きなんだ、ちなみに俺は、まだ未熟なロングヘアー支持者でーす。

Re: タイトルなし

> ごめんごめん、ジャーナル天麩羅ロングさん、これからはこの名前を使うから許してね。

もういいよ何でも。(プンスカ

> でも、やっぱりショートカット好きなんだ、ちなみに俺は、まだ未熟なロングヘアー支持者でーす。

ロングも良いよね。つーか、髪型なんかそれこそどうでもいいよ。

No title

大学合格力の話かと思ったら、ロングとショートの話でしたか。
ロングライダーと名乗りながら、ショートカットが好みだったとは。

Re: No title

俺の場合、少し気を緩めるとすぐこんなことになるわけで。

天蕎麦さんにつけ麺さん‥
やっぱりメンクイなんですねw

Re: タイトルなし

平手も剛力も可愛いからなあ。

まあ、名前の通りメンクイではあるけど、ジャーナル天麩羅ロングさんと違って、イケメンじゃないからなあ。
そういえば前に、とある教育サイトに天麩羅蕎麦さんという方が登場した時に、麺類仲間として歓迎の意を込めて、エビ天がロングなんだろうなあ・・・って書いたら速攻で削除されたよ。
きっと、俺の書き込みは何の問題もなかったのに、ロングっていう単語自体が引っかかったんだと思う。

Re: タイトルなし

> そういえば前に、とある教育サイトに天麩羅蕎麦さんという方が登場した時に、麺類仲間として歓迎の意を込めて、エビ天がロングなんだろうなあ・・・って書いたら速攻で削除されたよ。

速攻でで削除されるわ!!!
っていうか、俺も削除されたわ!

No title

さて今週、週刊朝日とサンデー毎日で、恒例の医学部特集号が出ました。書きたいことが色々有るのですが、まずは、
「(その付近の)進学校の序列は、国公立医学部の合格者で見るのが正解」
です。
何を今更・・・と思われる方も多いと思いますが、ざっと見た印象では、今年は特にその傾向がくっきりと出ている感じがします。
東京一工という指標は首都圏以外には使えないですし、旧帝大(東・京以外)も、国公立医学部と各旧帝大の下位学部との難易度差が離れすぎて、大都市圏においても不正確な指標になってきています。京大ですら、狙い目と言われる学科が存在し、某大規模私立高校が固め打ちをしたりしています。(関西の難関私学からは、まず行きません)
一方で、各都道府県の国公立医学部の合格者上位校を見ると、その地域の有力私学と公立トップ校がしのぎを削っています。
ちなみに、朝日は、全ての国公立が一覧になって見やすいけれど各年推移はなし、毎日は、各年推移が4年分あるけれど、大学別は旧帝大のみ。
両方買わせるために、談合したんですかねえ??


医学部地域別 北海道

首位は札幌南の50人で昨年比3人増。二位の札幌北の22人の2倍以上(卒業生は319人と316人でほぼ同じ)。北大合格者では北の122人に対して南が108人なので、旧帝大というくくりで見ると、似たような比率になってしまうのですが、上位層の集積では圧倒的に南が勝っていることが、医学部合格者数を見ると分かります。
南高は旧制一中の流れを汲む伝統校で、比較的自由な校風、2000年には甲子園にも出場するなど、地元でのブランド力は圧倒的。そして、札幌医科大に進み、医師でありながら日本を代表する純愛小説家として活躍された渡辺淳一先生の母校でもあります。

33人で二位の北嶺は前年比1名増。123人の小規模私立校で、東大にも12人(1名の理Ⅲを除く)、京大に2名と、率ではナンバーワン。
三位は前述の札幌北の22人。四位は旭川東の19人。但し旭川東は旭川医大で14人の固め打ちです。

医学部地域別 東北

首位は仙台二の32人で、前年比6人減。以下、秋田22人、山形東20人、青森19人、安積18人、弘前15人、八戸14人、盛岡一13人、福島13人と、各地のトップ公立校が続きます。

東北トップの仙台二が、北海道トップの札幌南に数で大きく劣後しているのは、地元の東北大の医学部が北大医学部より更に難関で、首都圏から48人もの合格者が出るなどローカルな大学とは言えないこと、北海道の札幌医大、旭川医大のように固め打ち出来る公立医大が存在しないことなどが原因だと思います。

医学部地域別 北関東

”北関東”では、茨城、栃木、群馬と取り上げます。

首位は前橋の28人。前年の15人からは大幅増ですが、3年前が26人なので、回復しただけと言えます。
二位の江戸取は23人、以下、高崎14人、宇都宮13人、水戸一12人、土浦一11人と続きます。
気になるのは茨城の公立2校。3年前と比べて、共に10人の減少。じゃあ東大が増えたかというとそうではなく、土浦一は23人から14人と9人減少。水戸一は11人から6人と5人減少。つまり、両校とも、進学校としての衰退が見られます。近辺に目立って伸びた学校も無く・・・こちらは後ほどじっくり検証してみたいと思います。

Re: 医学部地域別 北関東

やった!待望の陸宿借さんによる医学部合格実績分析が始まってる!
どんどんやってください。

No title

あ、田舎者の私にとっては 懐かしい思い入れの深い高校の名前が載っている。
嬉しい。 

医学部地域別 北陸甲信越

首都圏は最後にして、次は北陸甲信越を。

首位は新潟の雄、新潟高校の44人。去年から5人増、3年前からは13人の増加と、トレンドも右肩上がりです。二位は藤島の26人。学校群解消後、旧制一中の藤島が、高志を医学部でも旧帝大でも大きくリードしています。(医学部は26対5、東大京大は18対2、その他旧帝大は37対16)
三位は長らく北陸のトップ校であった金沢大附属の25人。卒業生118人の小規模校で、今でも率ではトップという向きもあるでしょうが、旧制一中である金沢泉丘の追い上げが激しく、ここ2年、東大・京大で泉丘が大きくリード。医学部でも20人で三位につけています。
同じく18人で三位は松本深志。五位の富山中部18人は、前年比13人減。六位は高岡の17人、七位は長野16人。八位に山梨の2校、甲府南と駿台甲府が共に10人。

一局集中が進行する新潟と福井、金沢大附属から泉丘へのシフトが続く石川、富山中部と高岡、長野と松本深志のライバル関係、県によって様相は様々です。

医学部地域別 東海

東海では、静岡、愛知、岐阜、三重を取り上げます。

首位は、ここ数年地域だけで無く全国でトップを続ける東海。今年は国公立合計130人と、昨年比9人増、3年前からは34人増。もはや独走態勢を築いた感があります。
二位は愛知私学二番手が定着した、滝の43人。三位は愛知公立の雄、旭丘の36人。
以下、南山33人、浜松北31人、岐阜30人、岡崎24人、高田21人、静岡20人、と続きます。
設立時に大きな話題を呼んだ、海陽中教は12人で、十二位。東大12人、京大3人、卒業生は105人ですから、何とか面目を保っているとは言えるでしょう。

よく、愛知は保守的で公立優位とは言われますが、一方で現実主義者の愛知県民。無駄な出費は死ぬほど嫌っても、値打ちのあるものへの投資は惜しみません。(余談ですが、名古屋には4回ほど行きましたが、地元民に長らく愛される店のレベルの高さには感激します)。東海に子供を入れるのは、”値打ちのあること”と認知されているのでしょう。
それにしても、経済も堅調で豊かな中京地域。”東大より地元の医学部”という志向は、ますます強まりそうですね。



医学部地域別 近畿

いよいよ、医学部志向の本場、近畿まで来ました。

今年の首位は、灘と洛南が94人の同数ですが、率の話を持ち出すまでも無く、質の点で灘の圧勝です。
灘は、東大理Ⅲ15人、京医22人、阪医15人で、この日本トップ3(慶應医に怒られますね)だけで、52人という中身の濃さ。東大・京大(非医)が96人ですから、卒業生219人のうち、浪人も含めると190人が、東大、京大、国公立医学部のどこかに入ったという、驚異的な数字です。

三位以下は、四天王寺61人、東大寺58人、西大和54人、智弁和歌山50人、甲陽45人、大阪星光39人、白陵37人、洛星35人、と続きます。
(まだまだ有りますが、有りすぎて大変・・・)

関西トップ層の医学部志向も、更に進みそうな予感です。

医学部地域別 中国四国

ちょっとサボってましたが再開。

首位の岡山白陵は、47人と、前年から10人増。以下、広大福山が39人、広島学院が35人、広大附属の25人、岡山朝日が25人、修道18人、松江北16人、米子東15人、出雲14人、ノートルダム清心12人、鳥取西11人。

岡山白陵は、地方における東大から医学部シフトの典型例だと思います。1998年から2010年くらいまでは、毎年20人前後東大合格者を出していたのが、その後は東大は一ケタに。一方で国公立医学部は、コンスタントに40名前後出しています。
広島は、公立改革で広島高校などが東大への合格者を徐々に増やしていますが、医学部は相変わらず国私立の独壇場です。
鳥取・島根は不動の顔ぶれ。私立進学校の経営が成り立つほどの人口基盤が無いことと、交通が不便で他の都道府県から参入がし辛いことの裏返しなのでしょうが。
逆に山口は、二ケタの学校が存在しません。山口、宇部、下関等に人口が分散していること、交通の便の良さから、福岡、広島、岡山の進学校から攻め込まれてしまっているのが原因のようです。

医学部地域別 九州

そして九州。この後に首都圏に戻ります。

首位はラサールの85人。全国でも4位に付けています。2位の久留米大附設が昨年比23人減の55人と急低下したこともあり、九州地区の首位を奪回しました。
3位以下は、熊本の47人、青雲の42人、昭和薬科の41人、鶴丸の33人、明治学園の27人、修猷館の26人、宮崎西の22人、弘学館の21人、大分上野丘の21人、筑紫丘と宮崎大宮が共に20人、となっています。

ラサールと言えば、かつては灘の併願校として機能し、関西から多くの生徒を受け入れて、東大合格者を100人以上出していた時期も有りましたが、最近は灘の併願は洛南、東大寺学園などに移り、九州地区が中心になりました。その後は医学部へのシフトを強め、寮ではスマホ禁止など、かなりみっちりとした指導体制だと聞きました。
久留米大附設は、今や難易度でラサールを上回っているようですが、東大も2年前から14人減と、東大シフトが起きたわけでも無く、謎の低迷です。
長崎は私立の青雲の独壇場。長崎は公立が広島と同様の総合選抜制度を導入して以降、低迷が続きました。最近になり、長崎東を中高一貫にするなど、変更の兆しは見えますが、一度失った公教育に対する信頼は、なかなか取り戻せるものではないでしょう。
宮崎は、理数科の導入で先行していた宮崎西を、旧制一中の宮崎大宮が今年は追い上げています。

医学部地域別 四国

さきほど、中国四国と書きながら、四国が抜けていました。失礼しました。

首位はダントツで愛光の60人。2位は土佐の33人、以下、高松の29人、徳島文理の16人、松山東の15人、徳島市立、丸亀の13人、高知学芸の10人と続きます。

愛光はかつてはラサールと同様、灘の併願校(より正確には、ラサールの併願校)として、東大に50人以上送り込んでいた時期もありましたが、今は東大は20人弱で、医学部に明確にシフトしています。
高知は、全国でも沖縄と並ぶ公立不毛地帯。進学に対する需要を、土佐を始めとする私立が担っています。

Re: 医学部地域別 四国

> 愛光はかつてはラサールと同様、灘の併願校(より正確には、ラサールの併願校)として、東大に50人以上送り込んでいた時期もありましたが、今は東大は20人弱で、医学部に明確にシフトしています。

愛光もラサールもスパルタンなイメージのある学校ですが、医学部狙いにはその方がいいのかもしれません。
あるいは医者という職業は、子どもをスパルタンに育てたいよいう欲求が強くなるものなのか。

No title

>愛光もラサールもスパルタンなイメージのある学校ですが、医学部狙いにはその方がいいのかもしれません。

確かにそうなのかも知れませんね。大学に入ってからも、膨大な医学知識を習得し、国試をクリアし、インターン時代の勤務に耐え、若手時代には当直もこなすには、スパルタによってストレス耐性を付けておくのが良いのかも知れません。
そういえば、東京の医学部志向で知られる学校も、スパルタで有名ですね。

医学部地域別 首都圏

さて、首都圏に戻ってきました。
ここまで、分析とも言えない数字の羅列と短評を散文的に続けてきましたが、首都圏が終わったら、もう少し長いスパンでの、東大合格者数と医学部合格者数の推移の傾向について分析してみようと思います。

なお首都圏は、東京、神奈川、千葉、埼玉を対象にします。

首位は開成の54人ですが、3年前の78人に比べると、随分インパクトの小さい結果です。昨年からも5人減。二位は桜蔭の41人。こちらも3年前の63人から22人減。この原因は後ほど分析します。
以下、渋幕の38人、海城の36人、豊島と聖光の33人、筑駒の31人、駒東の28人、学附の27人、巣鴨の26人、日比谷と栄光の23人、筑附の22人、県千葉の21人、と続きます。

冒頭で、開成と桜蔭が3年前に比べて大きく減少していることに触れましたが、不思議なことに他の上位校も増えてません。渋幕が1人増えていますが、豊島と海城は減少。筑駒が+8、聖光が+11ですが、もう少し調べてみないと上手く説明がつかない感じです。

Re: 医学部地域別 首都圏

首都圏のこの動きの謎、なかなかスリリングですね。

No title

 ふむ。首都圏で減っているんですね。

 しかし改めて「医学部」の難しさ、さらにここの論議とは別の私大医学部の難しさを最近認識しています。
これはやっぱり日本人がなんのかんの言って豊かになっているんでしょうね。
昔は低レベル私大医学部は「入るのは簡単」でも「ざっと3千万かかる」と言われていた。(真偽はわかりません)
 普通の家ではとても出せる金額ではなかった。
 私の周りでは出せるのは医者の息子か 地方の有力者だけだった。
 
 でも今は、(仮に今でも3千万として) 「いいよ3千万出すよ」と言う家が普通にあるんでしょう。
 極端な話「3千万で子供の仕事が買えるならそれでいい」と言う感じ・・・
(すみません、かなり 「遅れて」いますよね。
 「私大を含めた医学部の難化なんて何を今更」って感じですよね。わかってます)

No title

ハルビンさん。
日本人が総じて豊かになっているか、というとそうではないと思います。90年代後半の金融危機以降、先進国の中でも、経済成長率は一番低いレベルで推移していますから。では二極化かというと、メディアが騒ぐほど格差は拡がっていません(この話はつまらないのでこの辺で)。首都圏進学校における国公立医学部現象の謎は、ちょっと後で検証してみようと思います。

確かに医学部は、国公立だけでなく私立も軒並み難化していますね。30年くらい前だと、私立はいわゆる御三家(慶應、慈恵、日医)以外は、そこまで難しくなく、下位の方には、”お金さえあれば”と言われるような所も有ったと記憶しています。
その後、順天堂や昭和が、学費の引き下げや特待生の受け入れなどで一気に難易度を上げ、それを追う形で各校による学費値下げ競争もあり、首都圏の大抵の私立医学部は、早慶の理工より難関になってしまいました。

昔は、下位の大学だと、入学金と学費だけで6年間で4000から5000万円かかっていたと思います。最近は、トータルで2000万円台に収まる大学も増え、更にその中で給付奨学金を得る学生もいます。
医学部の難易度高止まりは、一体どこまで続くのでしょうか。

No title

 ふむ。なるほど。
むしろ「普通の私大医学部」は授業料が下がってきているんですか。 そりゃ 人気が出るでしょう。
 医学部人気、まあ要するに「有名大学の理学部 工学部行って就職したり研究者なったりするより医師になった方がいい」と考える人が昔より多くなってきているってことですよね。

 やっぱりシャープや東芝の苦境を目の当たりにするとそう思うのも理解できる。というか私もそう思う。
 しかしよくわからないのは「医師の需要予測」ってのはどこまで正確なんだろう。厚生労働省の研究班あたりで調査、研究しているんでしょうけど、なんかいい加減な感じがする。「これから医師は余る」と言われた時代もありましたが現実は不足しているようだし、その逆もありそう。

No title

GWは今年はのんびり出来そうなので、医学部の過去6年分の数字を整理して分析しようと思っていましたが、ちょっと野暮用で前半は出かけることになったので、また後半にでもと思います。

Re: No title

> GWは今年はのんびり出来そうなので、医学部の過去6年分の数字を整理して分析しようと思っていましたが、ちょっと野暮用で前半は出かけることになったので、また後半にでもと思います。

楽しみに待っています。

バルバロッサ作戦

GW前半は親戚の法事などもあり、だいぶサボっていましたが、2015年から2018年にかけての首都圏からの国公立医学部減少の謎について、どうやら原因チックなものが出てきました。結論から言うと、”東海による東方への侵攻”です。
先日指摘した、2015年と2018年の比較で、開成、桜蔭がそれぞれ、24人減と22人減となっている件、桜蔭は6年前がサンデーショックで2015年はハイレベルだったという見方も有りますが、豊島も4人減、女子学院が4人増なので、他が増えたわけではありません。開成の方も、上位校である筑駒が10名増ですが、海城、早稲田、渋渋等の併願校は全て減少で、首都圏全体で見ても合計で27名減少しています(2018年合格者5名以上の学校の集計)。
一方で、愛知を見ると、東海の34名増が目立ちます。その内訳を見ると、信州で5名増。山梨で4から6名増。医科歯科でも2から3名増加しています。山梨は、地元と交通の便の良い東京からの進学者が大半だったので、東海からの進学者急増は新しい動きです。信州も新幹線でアクセスできる首都圏からの進学者が多かったのですが、この3年で東海が増えています。また、名大と比べて難易度も高い割に東大ほどのネームバリューがあるわけでもない医科歯科を東海からわざわざ受けるというのは従来は考えにくかったのですが、今年は3名合格者が出ています。
医学部進学指導に定評ある東海の事ですから、事前の票読みで、”こっちにした方が可能性が高い”というような指導もあるのでしょうか。さすがに合計130名が国公立医学部に受かるとなると、同じ大学に自校の生徒を集中させ過ぎないように工夫も必要なのかも知れません。
ちなみに、西には灘、ラサール、愛光、洛南、四天王寺、東大寺、甲陽、西大和、智弁和歌山、大阪星光、洛星、等々、医学部進学の大御所達が勢揃いしていますから、東の方が比較的くみしやすいと考えたのかも知れませんね。

No title

しかし改めて国医の数字を眺めていると確かに不思議な感じ・・

1)凄まじい浪人率にまず驚き
2)地方が強い。 「地元枠」があると聞きましたがやっぱりそれが影響しているんでしょうか・・

 しかし本当にため息が出るような難しさです。

 昔は、いざとなったら旭川とか宮崎 沖縄 だったら共通一次 830点くらいでも入れたのに・・(おっと年齢がバレてしまう)
 

Re: バルバロッサ作戦

> 医学部進学指導に定評ある東海の事ですから、事前の票読みで、”こっちにした方が可能性が高い”というような指導もあるのでしょうか。さすがに合計130名が国公立医学部に受かるとなると、同じ大学に自校の生徒を集中させ過ぎないように工夫も必要なのかも知れません。

東海の医学部の強さは大したものです。
「事前の票読み」というのがなさそでありそで、不思議なリアリティを感じますが。…ちょっと怖いな。

>バルバロッサ作戦
>東海による東方への侵攻

陸宿借さん

なるほどー!画期的な考察ですね。
確かに東海の関東甲信越地区への侵攻はちょっと思いつきませんでした。 面白いです。

首都圏から地方国医とは限らず、逆に名古屋から東方がブルーオーシャンだったとは。

さすが天下人を多く輩出した土地柄ですね。

No title

ロングさん、CygX-1さん、どうも。

東海は東大合格者も、2015年の27人から2018年は30人に増えています。
じゃあ、同地区のライバル校から上位層が東海に移ったのかというとそうではなく、滝、南山、旭丘、岡崎、海陽の国公立医学部合計は、141人から150人に、東大合計は、53人から75人へ、こちらも増加しています。
つまり東海の中で東大シフトが進んだのでもなければ、上位層が他校から流れてきたわけでもない。東海自体の医学部合格者を増加させるノウハウが進化しているのではないかとみています。これまで中京地区を中心としていた学校研究・対策を、東の方に拡げてきた可能性があるでしょう。

東海以外にもう一つ注目は海陽です。2015年は、東大1名、国公立医学部4名と寂しい数字でしたが、2018年は東大12名、国公立医学部12名と急増しています。こちらは全寮制で、関東からも給費生を集めたりしていますから、今年の実績を見て、来年以降関東から流れる上位層が増えるかも知れません。

あれ?陸宿借さん、あの名前をご存知なんですか?
嬉しいような、恥ずかしいような‥さすが情報通ですねー

「‥ナゴヤは偉大なる田舎である:衣食住遊すべて揃った自己完結形の街なので、誰も出ていく必要もなく出ていこうとは思わない。外から支配された歴史もなく、よそ者もよせつけないので、土着の習慣やマインドがそのまま残っている。これは、幕末・維新の尾張藩のころからの伝統でもある。」(中澤 天童:「名古屋のオキテ」)

上の本は名古屋の方が書いた本ですが、特徴をよく示しているなと思います。特に外へ行かなくても結構満足な生活ができるのですが、出ていく気になれば、関西、関東、甲信越方面いずれも交通の便のよい街です。

名古屋には親族がいて、よく行っていました。彼我を比較するともなしに、名古屋は子育てしやすい街だな〜と羨ましく感じたものでした。
東海だけでなく、同じエリアのライバル校の実績も上昇しているのも頷けます。

そのように実力はありながら、伝統的にあまりエリア外を意識した戦略ではなかったのでしょうか。
今後、名古屋勢の攻勢がどのようになってゆくのか、興味深いです。

No title

2000年から2010年くらいは相対的に中部地方の経済が良かったということでしょうか。なんかこの頃は名古屋一人勝ちみたいな雰囲気があった。私も仕事で年に数回名古屋行っていた。

名古屋の豊かさ

CygX-1さん、ハルビンカフェさん、どうも。

私も名古屋は年に一度くらい行きますが、本当に豊かな土地ですね。恵まれている土地に有りがちな排他性を感じることは有りますが、私の知る名古屋人は、知人に対しては非常に親切で太っ腹でもあります。

名古屋は非常に暮らしやすい街だと思います。私が好きなのは地下鉄東山線沿線。覚王山とか、星ヶ丘あたりに住んで、名駅にオフィスが有り、帰りに栄で飲んで帰る。素晴らしいですね。地下鉄もよく整備されていますが、車も使いやすい。飲食店も安くて質がいい。おまけに私立も公立もハイレベルな学校が揃っていて、言うこと無しです。名古屋人がわざわざ外に出ないのも分かります。

とは言え、ここまで愛知勢の医学部進学者が増えると、地元が飽和状態になってしまっている可能性はあります。早くから医学部志向が高かった関西以西の私学に比べて、東大志向が強かった東日本には、付け入る隙有りと考えても不思議は有りません。来年以降も東海、海陽などが医学部合格者数を伸ばすのか、注目しています。

No title

 東京医科大のニュースで驚いたのが

1次試験(学力試験?) 合格者が 450人
で 2次試験(論文と面接) で合格者 170人

 ひええええ 論文と面接で 3人に2人が落とされるんだあ。 厳しい世界だ。 論文と面接の比重は知りませんが、 もし比重が大きいなら何浪しても受からない人は受からない、ってことか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント