FC2ブログ

記事一覧

世界初の映画のキス~製作者は誰だ?

先日仕事帰りに映画友人たちと酒を飲んだ。映画は見ない。
で、その連中のうち一人が「キス」について話し始めた。中年がいきなり何故「キス」の話?
これにはワケがある。

というのもこの連中、以前記事にした映画仲間なのだ。ほら、「『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年ジュゼッペ・トルナトーレ)~あざとさの反則」(2019/01/19)ですからね。
キスになるんですよ、キスに。
(これ以上書くとネタバレになるからここでやめますよ)

そいつが言うには、世界で初めてキスが映画に登場したのは『M・アーウィンとJ・C・ライスの接吻』(1896年)。wikiで見ると約50秒のモノクロ、サイレント。
さあ、ここで問題が出された。

この映画の製作は誰か?

ヒントは、19世紀アメリカの大有名人。
俺はすぐにピンときた。19世紀、アメリカ、有名人、そして映画。
これはエイブラハム・リンカーンだ。あの人は確か劇場で暗殺されたのだ。演劇には縁がある。

でもこれはハズレ。1896年じゃあリンカーンはとっくに死んでるね。
さあ、誰だ。

20世紀の有名人なら、候補はたくさんある。
たとえばベーブ・ルース。野球好きならこれが一番。
カール・ルイス。オリンピックならこいつだろう。
政治ならジョン・F・ケネディ、ミュージシャンならマイケル・ジャクソン。

でも19世紀となるとなかなか出てこない。
個人的にはポーだが、彼もまた1896年にはとっくに死んでる。
カーネギーやロックフェラーも19世紀だが、もっと大有名人が正解。

結局1時間たっぷりみんなしてワイワイガヤガヤしながら、ああでもない、こうでもないと、脱線しながら飲み食いしたわけですよ。
こういうのは楽しい。皆さんも飲み屋でワイワイガヤガヤできるうまいクイズが思いついたら、いろいろと書き込んでください。
ちなみに答えはトーマス・エジソン。

ね?大有名人でしょ?

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 エジソンは映画を発明して、その後 他者が作った映画に難癖をつけまくって(もしくは正当な特許料を要求して)  それが嫌になった関係者が西海岸に逃げてハリウッドができた。

 と オラはこういう認識であるが、だいたい偏見だったり間違った知識だったりする。

エジソンという嫌な奴

エジソンというと、立身出世、子供向けの偉人伝の主役という顔がありますが、実際にはかなり狷介な性格で、敵も多かったようです。
電流戦争などは一方的なエジソンの敗北です。

しかし俺はそうしたエピソードを知ってからの方が、エジソンという人間を好きになりました。

No title

 日本では長らく 清貧が良いことと語られてきましたが、最近変わってきました。

 科学で大儲け、その代表は 青色発光ダイオードの 中村さんでしょう。 (オラ サンタバーバラに取材に行ったことがある。サンタバーバラはいい所だった)

日亜に200億円の支払を命じた青色発光ダイオード訴訟の一審判決には度肝をぬかれました。
あれからもう15年が過ぎたかあ…
本庶先生と小野薬品との訴訟はどうなるでしょうね。

ハイパーカミオカンデ建設に向けて文科省が来年度予算で概算要求するようですね。これまた建設費総額は670億円とすごい。
陽子崩壊が見つかるか、それともベテルギウスが超新星爆発するのが先か。ふふ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント