FC2ブログ

記事一覧

日本とロシア、もし戦わば

名前にジャーナルなどとつけておきながら、このブログはジャーナリスティックな内容に乏しいと、常日頃から少しばかり後ろめたい気持ちがある。

でもさ、あいちトレエンナーレにしろN国党にしろ、話し始めたら右も左も橘も桜も薙ぎ倒すしかなくなるので面倒だよなあ。
まあ興が乗ったら書きますが、たぶん皆様が期待するような愛国者的売国者的な話にはならない模様です。

とはいえこの3ヶ月ばかりで面白かったのは、北方領土での丸山穂高くんですね。
酔ってあのような乱行をはたらいたのは若気のいたり、というか若者の権利。占領されている自国領土で狼藉をはたらく選良。

 穂高→ ( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

これだけでも国民のサーカスとしては抜群です。
が、彼はこれだけにとどまらず、戦争を仕掛けて北方領土を奪還しようという、夢見る子羊ちゃん。
仕掛ける相手はロシア。

穂高、どうやって勝つんだい?

そこで軍事大好き中二病の友人に「日本がロシアに戦争で勝つには?」と聞いてみたところ、
友「アメリカと一緒に戦う」
俺「個人戦では?」
友「核なんて一発も撃たれずとも、半年で占領されるわい」

もしかすると丸山氏には何か秘策があるのかもしれない。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

妄想

私は、もしロシア人と喧嘩するときがきたら、相手がスペツナズナイフを出してくるのではないかと、びくびくしております。

※スペツナズはソ連の特殊部隊。スペツナズナイフは同部隊が用いたと言われるナイフであり、刃の部分が射出可能になっている。

ロシアと言えば

ゴルゴは、KGBによって養成され西側の人間になりすました女スパイと一夜を過ごした。そこでゴルゴは女の正体を見破る。
英語の発音も完璧にマスターした女が臨終の際に「何故?・・・」と尋ねると、ゴルゴは一言。「その括約筋は、ロシア女のものだ」と。
「グローバル人材」を名乗るには、このくらいのレベルに達しないとダメなんだろうな。

No title

 ロシアって今時珍しい 「常時戦闘態勢」「領土欲満々」ですよね。  
 そんな国と戦ったら 「北方領土を取るはずが 終わってみれば北海道を取られていた」となるんではないだろうか。

 言われていることではあるが、日本はもう人的 被害に耐えられない。戦死者が10人 100人1000人・・・ 耐えられないのだ。  ロシアはどうか?
 もしかしたら耐えられるのかもしれない。

 まあ、偉い議員さんはそんなことは100も承知なんだろうけど。 
 
 その議員さんが「自分は最前線に立って銃を持って島を奪いに行く」というのなら 少しは話を聞いてもいいけど、きっと 「自分は国会で見てるだけ。自衛隊が 体を張れ」なんだろうな。

 自分という個人にとっては 死んだら世界は終わりだ。戦争の結果なんて死んだらわからない。

 でも国の指導者たちは戦争を起こす。
 そんな誰でもわかる戦争の命題なんて エリートは考えないのだろう。

 ※ただし、北朝鮮が攻めてきて、日本が占領されるとなったらオラだって 銃を取るかもしれない。 子供を守るためだ。 それとこれとは 違う。

おそロシア

「スペツナズナイフって本当は存在しなかったみたいだよ」ってwikiに言われて愕然とした深夜0時。
俺の青春のパイナップル・アーミーは……

>「その括約筋は、ロシア女のものだ」

デューク、お前ホント好っきやなあ。

私もスペツナズナイフを知ったのはパイナップル・アーミーでした。
ゴルゴの「銃」の扱いの繊細さには驚かされます。

No title

甘えん坊将軍さんも、ゴルゴ13を読んだことがあるのですね。
私はないのでよく分からないのですが…

ある日、子供が
「ハードボイルドってどういうの?」と聞くんです。

(…ハードボイルド…知らんがな。何故に検索しない、いつもスマホばっかり見てるのに、あ、えーとハードボイルドだよね。うーん…)

私 「ゴルゴ13みたいな感じ」

子 「ふーん」

つけ麺さん、正解でしょうか…

下ネタ投稿をした後で恥ずかしいですが、ゴルゴ13はもちろん読んだことがあります。KGBの女スパイの話は読んでおらず、また全193巻のうち10%くらいしか読めていないでしょうけれど。
むかしは床屋や定食屋、友人の家など、日常生活の中にゴルゴ13が置かれていました。

No title

>日常生活の中にゴルゴ

何なんですか。
吹いちゃいました 笑

なんか頭の良い人って、ときどき真面目な顔して面白いこと言いますよねー。

私は勉強が出来た人とは、中学を最後に別れているので、みんな元気かなーとか、ふと思いますね。ここに来ると。

ロシア女=ボンドガール<由美かおる

>日常生活の中にゴルゴ
→いつも某巨大掲示板の中にいて、たまに遊んでくれる。数撃ちゃ当たるタイプの愉快なスナイパー。実際に扱った事のある銃はおそらく“かみかん鉄砲”のみ

 日本のオトーさん達はホント“ロシア人女性”が好きですよね。何たって美人でナイスバディーですからね!でも残念な事にほとんどの娘は英語が話せないし日本食も苦手・・・もしもパーフェクトな娘がいたら・・・それはおそらく貴方を狙うカメレオンアーミー・・・女だと甘く見ていたら泣きべそをかく事になりますよww

>スペツナズナイフは同部隊が用いたと言われるナイフであり、刃の部分が射出可能になっている。
→忍者の手裏剣や仕事人の吹き矢(毒針)の方が実戦向きのような気が・・・ハッ、くの一の由美かおる様には、入浴シーン&お湯飛沫という必殺技が!! 
穂高を赤ちゃん返りさせ野々村を号泣させる温泉技その名も必殺「おっ〇い!おっ〇い!」だっちゃ☆

ボンドガール

そう言えば、「ボンドガール」という役柄は、次作以降は使われなくなるという話をネットで見ました。典型的な「女性蔑視だ」と。

由美かおるさんのお銀役も、今後はバイセクシャルという設定の人物が演じる事になるかも知れません。しかしながら、実生活における差別禁止は当然の事として、創作の世界でもかような制限を強いられるとは。表現の自由は、一体どこへ行ったのでしょうか。

話は変わりますが、例の教育風掲示板に出没するゴ〇ゴ氏は、今年某テレビ局の中受企画での受験結果に関する予想が、全くかすりもしなかった事が話題になっていましたね。数撃っても当たりもしていないようです

逆張り

>そう言えば、「ボンドガール」という役柄は、次作以降は使われなくなるという話をネットで見ました。典型的な「女性蔑視だ」と。

こういった「正しさ」が幅を利かせてきたら、旧来の「男らしさ」「女らしさ」を隠し持つのがいよいよ効果的になるでしょうな。

男と女なんて、政治や道徳ごときでその本質なんざ変わりませんて。

ロシア女<女子高生

>男と女なんて、政治や道徳ごときでその本質なんざ変わりませんて。
→数年前、私が高1だった時の担任が、女子高生との不適切交際でクビになった。この男、実は私より3才年上の先輩と結婚している・・・だからよ~く分かる。押しに弱いのだ。据え膳食わぬは何とやらとはよく言ったものである・・・女子高生のハニトラ・・・あなオソロシヤ(;゜∀゜)

>そう言えば、「ボンドガール」という役柄は、次作以降は使われなくなるという話をネットで見ました。典型的な「女性蔑視だ」と。

ボーヴォワールは「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」と言ったらしいですが、
男だって「人は男に生まれるのではない、男になるのだ」。
もちろん生物学的性ではなく、社会的性や性自認の話です。

「男らしさ」や「女らしさ」のイメージはある種の文化的装置ですが、装置を除去したり改変したりしすぎると軋みが生じやしないかと心配になります。

またラカンは「人は他者の欲望を欲望する」と言ったらしいですが(ラカンの言っていることやその解説本はさっぱり理解できないので、この言葉しか覚えていない)、
あんまり世の中を「きれい」にしすぎたら、人の欲望の重要な一部が失われやしないかと心配になります。
杞憂かしら。

叙述トリック

 母様の見事なトリックに嵌ってしまった。

>数年前、私が高1だった時の担任が、女子高生との不適切交際でクビになった。


 「数年前、私が高一だった時」まで読んで  ひえええええええ 母様20代前半なのか? と思ったら最後まで読んだら 「数年前 クビになった」のね。

 見事な叙述トリック。 

某掲示板での戦い

 名文は即削除されるのに駄文は削除されない不思議な掲示板で・・・ひょんな事から“液体”と戦う事になってしまいました。はじめてアク禁というものを経験できるのではないかと・・・そんな期待?を胸に抱きつつ書き込ませていただいております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント