FC2ブログ

記事一覧

指定校推薦百景~6年後は誰にもわからない

先日の記事「指定校推薦百景~四谷で50取れてるなら大チャンス!?」(2019/08/11)の最後で次のように書きました。

実はもう一つ地雷があって、まあそれはおいおいお話しようと思います。

というわけで、今回はその「もう一つの地雷」の話です。
前回の趣旨としては、記事のタイトルにあるようにY50で推薦でマーチに入る、というものだった。

2017年度のY80予想偏差値での数値は次の通り。

足立学園 35(特奨48)
江戸川女子 46(AO48)
桜美林 男44 女45


MARCH以上の推薦枠の数と中入生の数の比較。

足立学園 29/140
江戸川女子 35/200
桜美林 22/160



ただ、大学からすると現在の推薦枠を使うのは、6年前の入学者なので、6年7年遡った偏差値が、入学者の基準になる。
で、2010年度のY80予想偏差値での数値は次の通り。

足立学園 39(特奨48)
江戸川女子 49(AO50)
桜美林 男47 女47

だいたい3程度は上だったんですね。
というわけはですよ、いま上記の3校に入学したところで、書いてあるような大学の推薦が5年後6年後あるかどうかは、どうも悲観的にならざるをえない。

今回はひょいと目についた足立学園と江戸川女子と桜美林を俎上に上げたが(なにしろアイウエオ順で早かった)、おそらくほかの学校でも同じことは言えよう。

無論、指定校推薦というのは高校と大学の関係性の中で決まるので、偏差値がいくつだからどうとか、というわけではない。
けれど、やっぱり大学側もそこはシビアに見てくる。とった学生の成績がイマイチな場合は、下方修正もやむなしとなる。

ところで俺の知ってる限り、指定校推薦で大学に落とされたというケースは聞いたことがない。
以前大学(都内でそんなに難しくない大学)で取材させてもらった時は、指定校以外の推薦(公募やAO)はラインを越えていなければ定員に足りなくても落とすという話だった。
「ほう、なかなか厳しいですね」
「そりゃあ、ひどい成績でアタックしてくる猛者もいますから」

指定校推薦の話になると毎度毎度同じような結論を書いている気がするが、指定校推薦の大学名で学校選びをするのは、とんでもなく危険だということだ。
推薦枠がよっぽど少ないところは別として、推薦戦略の王道はとにかく学業をしっかり積んで、高2の頭ぐらいから指定校推薦の話を担任に持ちかけ、パイプを繋げておくことだ。
もっともそれがうまくできるようなら、一般でもそこそこ行けるかもしれないが。

それほどの準備をして臨むのが指定校推薦だ。
入試をしないで早慶、上智、理科大、MARCHに行こうというなら、これぐらいの労はとらなくちゃね。


ちなみに、
「おれ、今の会社、腰掛なんだよね。キーエンス行ってる先輩に声かけてもらってるからさ、2年もしたら独立して、コンサルやるんだ」
なんて言ってる男と遊ぶのは構わないが、結婚するとなると話は違ってくる。
それぐらいリスクがあるよ、指定校推薦での学校選びは。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 世の中には とりあえずマーチに入りたい、子供を入れたい という人は多いと思う。  

 ここのブログの常連は、皆さんちょっと異常に学歴高そうなので当てはまらないかもしれない。また エデュなんて読むと マーチどころかとりあえず早慶なんて論調もある。まあ、それは置いておいて やっぱりマーチだ。

 よく議論されることでもあるが、「マーチに入るのには何が一番近道か?」  もちろんそんなの人それぞれで答えは決まらないのだが、答えが決まらないから話題になるのだ。


1)中学受験でマーチ付属
2)高校受験でマーチ付属
3)推薦 AO スポーツ推薦 他
  あらゆる手段でマーチ
4)大学受験(一般受験)でマーチ

 さて、どれが一番 近道なんだろう。

 オラは基本的に マーチは「大学で入るのが一番簡単」だと思っていた。
 最近、ちょっと変わってきている。嘘か本当かわからないが大学入試の難化の話もきく。

 一番の近道はもしかしたら中学受験かもしれない。

 家庭教師や塾にザブザブお金をつぎ込んで中学受験するのだ。

MARCH作戦

2)高校受験でマーチ付属
3)推薦 AO スポーツ推薦 他
  あらゆる手段でマーチ

この辺りが一番よさげですが、、、。
中学受験だと、人によっては成長段階の問題で箸にも棒にもひっからないからなあ。

あるいは、中学受験、高校受験、推薦、一般入試と、とにかくMARCHを狙っていく、という方法も。

早慶だとそういう人いますが、MARCHでもいるんじゃないかな。

No title

 指定校推薦の最大の「利権」といえば何と言っても上智からみだと聞いた。
 上智のカトリック推薦? 宗教推薦?
 は かなり枠も多くしかも強固(減らないってことね)だと聞いた。

 以上のことは全部 伝聞なので 書いたオラが言うのもなんだが、フェイクの可能性もある。

MARCH作戦

 中学受験でMARCH付属を受ける場合の最大の問題は「12歳で大学を決めていいのか?」ということだろう。
 
 親には子供の能力なんて見抜けない。 子供のやる気や粘り強さはもっと見抜けない。

 「もしかしたら 早慶、あるいは東大だって入れるのではないか? もしかしたら将来医学部に行きたくなり、その能力があるかもしれない」

 もちろんその逆で 中学高校で勉強せず18歳になったら 東淀川大学にしか入れないかもしれない。 が、そちらの可能性は親はあまり考えない。

 とすると 早稲田中学のMARCH版があるといいなあ、と勝手なことを考える。  やる気があって能力があれば 東大にも行ける。 悪くてもMARCHにとどまる、という学校だ。

 そんな都合のいい学校があるかどうかは知らない。  だいたいそもそも 千葉は付属不毛の地で 系列校を入れても 東邦大 芝浦工大 専大 日大 くらいしかない。 (だから付属なんて考えもしなかった。 調べなかった)

半附属校

ハルビンさんのおっしゃる、MARCHレベルで附属大学への進学はほぼ確保しながら、かつそれ以上の大学への進学も一般的と言えば、立教新座、学習院、学習院女子、が思い付きます。青学から早慶も毎年若干名は居ますが、一般的では無いので孤独な受験生活を強いられます。

しかしながら、こういう早稲田中高的なお得な学校にはそれなりのプレミアムが付いていて、それぞれ中々の難関校になっていますから、難易度で見るとあまりお得感は有りません。

少しズレますが、日本女子大附属は、大学に無い学部を受ける場合、日本女子大学への内部進学の権利を保持したまま受験出来るので、結構外部受験仲間が居るそうです。長期的な女子大不人気で昔に比べるとだいぶ入りやすくなっていて、しかも最近は就職の強さや卒業生ネットワークの強さ等から日本女子大が見直されているようなので、通学に問題が無ければ穴場かも知れません。

No title

ありがとうございます。

 今 サピの偏差値を見たら 立教新座 51
 四谷で 60  (2018年結果偏差値)

 他大学進学実績を見ると 旧帝や東工大にも 少しですが受かっていますね。

 ふうむ。 これをどう見るか。

 確かに、四谷偏差値50台でマーチならお得感ありますが 60だと・・・ 

 昔 塾講師していた頃 立教新座高校はすぐ近くにあったのですが 大変な難関だった記憶があります。 

>中学受験でMARCH付属を受ける場合の最大の問題は「12歳で大学を決めていいのか?」ということだろう。

ドイツでは、4年間の初等教育の後(10歳頃)、そこから職業訓練校(基幹学校、実科学校)に進むか、それとも大学進学を見据えたギムナジウムに進むかで、大きく将来が分かれてしまうと聞きますが、それもまた過酷ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント