FC2ブログ

記事一覧

俺が文科相になったら、日本の教育こんな風にしちゃうもんね

陸宿借さんのお題で今回は書きます。
お題は「俺が文科相になったら、日本の教育こんな風にしちゃうもんね」

実はあんまり今の教育に不満はないんだよね。
ちょっと中央への忖度が過ぎるので、そこのところは緩めるべきだけど、まあ、文科省の官僚にあんまりいろいろとやらせると、うまくいかないことの方が多いので、中央も現場もやりたいようにやればいいんじゃないですか。

ただ、やってみたいのは、東大に新学部を作るということ。
これは世界大学ランキングを上げるためだけのもの。それ以外の意味なんて全く考えない新学部です。
ほら、このブログでも年末に、ブログランキングの順位を上げようというので、ボタンをみんなに押してもらったでしょ?
あれですよ、あれ。ランキングが上がったって何の余禄もないのに、上げるために上げる。
あれの世界大学ランキング版を、東大の新学部を使ってやろうという考えです。

もともとは3年ほど前に、東大が世界では評価されていない、という意見がネットにあって、その根拠が東大の世界大学ランキングの低さだったんですな。
で、そんなもの、チョコチョコっとやれば上がるわい、という意味で「東大の新学部」なるものを考えたのですが、昨今の女子比率とコミュ力(笑)至上主義からすると、もしかしたらこれもアリなのでは、と思うこの頃です。

さて、その東大の新学部の名前ですが、「大学ランキング上昇学部」としたいところですが、さすがにこれではまずい。「国際学部」とでもしましょう。
これなら「これからの教育は英語ダー!」と、終戦直後みたいなことを繰り返し唱えている宗派の方にも、好感触を持っていただけそうです。

この定員は300名。現状の各学類の1割を削れば、定員は増やせずに済む。
勿論各学類とも削るのは男子生徒だ。つまり女子生徒の数は現状より減らしてならぬ、と五神さんが各部長に耳打ちをする。
そして、ちょっと内緒なんだが、この新学部の男女比は3:7、いや2:8ぐらいにする。
これで学部女子比率は20%をはるかに超える。簡単なものだ。
ところがこの学部の本当の目的はここじゃない。

ここからが本題。
新学部の選考だが、とりあえず英語がべらぼうにできないことにはお話にならない。
それで出願資格として英検1級だとか何だとか、それらしい基準をつける。
そして選抜方法は、教授との1対1のお喋り。
これで「あ、こいつはダメだな」というのを落とし、それ以外は「容姿」と「雰囲気」で決める(!)。

この件はちょっと表に出せないな。出したらさすがにいろいろな団体が怒りまくるだろうから。
でも、実のところ、この学部の真のウリは「容姿」と「雰囲気」なのさ。
で、採用した学生を、秘書検定etcのビジネスマナーの勉強をさせて、海外にどんどん連れていく。
そして国際機関でアピールしまくっていけば、東大の大学ランキングはうなぎのぼりさ。
英語以外は単なる高校レベルの坊やとお嬢ちゃんだが、どうせランキングを作ってる連中にはわかりはしない。
かわいくて英語が喋れる女の子が多ければOK。あとは鉛筆なめなめ順位をはじき出しているだけなんだから。(偏見まみれですな。はいそうです)

最終的には国連やらに潜り込ませればいい。え?潜り込めるわけがないって?
別にバリバリ仕事なんかできなくてもいい。それこそ、国連のコピー係みたいのを、ボランティアかなんかでやったっていい。
それで「進路先:国際連合」の一丁上がりさ。

それでも大学ランキングが不安ならば、政府関係者や大学の部長が、女の子を(場合によっては男の子を)20人ぐらい連れて、大学ランキング作っているところに顔出したり、世界的な機関にお参りすればいい。
その女の子がかわいいと向こうの受けがいいだろうし、数学や国語が出来なくても英語が喋れた方が良いだろうから、英語と容姿・雰囲気の選考だけはしっかりやる、という発想が、この学部の真のウリというわけ。

それにしても、もしこの方策でランキングが上がったら、すかさず俺は「ホラ、大学のランキングなんてあてにならねーぜ」と大きな声で吹聴するだろうね。


ああ、そうそう、もう一つ、大きな仕事が残ってた。
甲子園(高校野球)で始球式をやる。打者の手元でHOP-UPするマグヌス魔球で空振りを奪ってやるのだ。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

文部科学卿

もっといろいろやりたいごとがあるような、ないような。
あ、そうだ、文部科学大臣という呼称をやめてだな、文部科学卿としよう。

サイエンスと魔術が同居するようなカッコよさがある。

No title

オラが文科大臣になったら まず 配点を見直す。 共通一次は 数学300点 理科400点 国語100点 英語100点 社会100点 だ。

 これで理系人間の天下だ。

 え? もう共通一次なんて存在しない?
 
 そうか。 今の受験制度を勉強して出直しだ

No title

 ちょっと真面目に書くと
やっぱり英語は重要かもしれない。

 夏休みに義弟と飲んだ。
 商社マンだ。
  
 オラが これから語学を勉強するとしたら英語の次は何? と聞いた。 つまりホットな国はどこか、ということだ。

 そしたら義弟の答えは 「どんどん英語=世界共通語化は進んでいるんで、もう 経済取引は英語だけで世界中なんとかなるんでは?
今は英語を母国語のように話せないと話にならない。」 という話だった。

 ちょっと意外だった。 この義弟は中国語が堪能でのし上がった人だ。 これからはスペイン語 とか そういう話かと予想していた。

 やっぱり英語かあ。

国際学部

東大国際学部の定員300名のうち半分の150人は留学生を受け入れると良いでしょう。留学生ウエートが高いとランキングにプラスの効果があります。

この留学生も女性中心。男子の合格者は頭の程度よりイケメン度で揃えなければいけません。東大国際学部は英語だけは出来る美男美女の東大にするのです。

No title

>そして選抜方法は、教授との1対1のお喋り。

いいね。
ただ、定員300名だと、600名から900名くらいは面接しなきゃいけないことになる。
でも、容姿端麗な女子学生の面接なら、みんな厭わないかも。

小中高時代に図画工作や音楽の授業を軽んじていた私が言うのもなんですが、芸術教育をもっと充実させてもよいかもしれません。具体的にどうしたらよいのかはわかりませんが。
機械学習をしたAIがバッハ風の曲やレンブラント風の絵を作る時代になってはいますが、芸術分野の学びを深めることにより、芸術分野自体はもちろんのこと、それ以外の工業分野やサイエンス分野の人材育成にも一定の良い影響がある気がします。

それはさておき、ネットサーフィンをしていたら↓の資料を見つけました。

■2019年3月26日付「数理資本主義の時代~数学パワーが世界を変える~」
https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/risukei_jinzai/pdf/20190326b_report.pdf

経産省と文科省が事務局を務めて、産学界から委員を集めて「理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会」を開いてます。
昨年8月から今年3月にかけて計5回開かれたようで、上記はそのとりまとめの報告書です。
報告書の冒頭の方にこう書いてあります。

*****
現在、世界では、IT 機器の爆発的な普及や、AI、ビッグデータ、IoT 等の社会実装により、社会のあらゆる場面でデジタル革命が起き、革新的なデジタル製品・サービス・システムが新たな市場を開拓していく「第四次産業革命」が進行中であると言われている。
この第四次産業革命を主導し、さらにその限界すら超えて先へと進むために、どうしても欠かすことのできない科学が、三つある。

それは、第一に数学、第二に数学、そして第三に数学である!
*****

熱い!!!

意見交換会の第1回の資料として↓のものがありまして、この7頁には数学オリンピック予選通過者の多くが医学系に進学しているとのグラフが掲げられ、また8頁には灘・開成・桜蔭・筑駒の理三など医学部合格者数が掲げられ、議事録には「IT業界がこれだけ数学・物理の人材を欲していながら、どうして医学系のほうに偏ってしまうのかは一つ論点としてあるのではないか」とあります。
(経産省がこんな資料を作るとは! 灘の医学部合格率の箇所をわざわざ太字・赤線にしてる!)

■意見交換会第1回(2018年8月8日)資料2 経産省「AI時代の人材の育成・活用について」
https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/risukei_jinzai/pdf/001_02_00.pdf

ちゃんと読んでませんが、あとで時間のあるときに眺めてみようと思います。

No title

 やっぱり 研究者の不安定な身分を改善することが必要なんでは?

1)任期付研究者の報酬を劇的に増やす
2)終身雇用に近い採用の数を劇的に増やす

 このどちらか(もしくは両方)が必要なんでは。

 もう何度も議論されてきた内容ですが、今はあまりに不安定すぎ。

※AI分野だけ、というわけにはいかんだろうニャ

殴られそう

>この留学生も女性中心。男子の合格者は頭の程度よりイケメン度で揃えなければいけません。東大国際学部は英語だけは出来る美男美女の東大にするのです。

うん、これはイイ。
「東大国際学部は英語だけは出来る美男美女の東大」というのは、イデオロギーとして完結している。
殴られそうだけど。

フォトショの技術

>ただ、定員300名だと、600名から900名くらいは面接しなきゃいけないことになる。
>でも、容姿端麗な女子学生の面接なら、みんな厭わないかも。

書類選考で落とすとなると、フォトショの技術が無駄に上がりそうだな。

前記経産省資料の桜蔭の大学合格者数のソースがインター○デュだった。
ふんがっふっふ。

国際性なるモノサシ

ロングさん、お忙しい中ありがとうございます。世界ランキングなるものに対する痛烈な皮肉ですね。

英国の一メディアが、自分の基準で拵えた国際性なるモノサシを重要な要素として、「世界大学ランキング」を作成するという行為を見るに、彼らの精神構造は、大英帝国の時代から何ら変化していない事が分かります。

東大の新学部案ですが、ロングさんの痛烈な皮肉に沿えば、英語のコミュニケーション力が高い、容姿端麗な女子学生中心、という事になるでしょう。最初の条件からして帰国子女有利になるでしょうが、英米もしくは旧大英帝国にて英国式の文化を学び、インターナショナルスクールで英国風の発音、文法と「国籍や人種を越えた交流(但し、英国式の価値観に基づく)」なんてものを経験しておけば完璧です。恵まれない人々へのボランティア活動も忘れずに。

こうして集めた彼女達が、必ずや東大の世界ランキングを上げてくれる事でしょう。

プロ野球選手の妻は東大卒

>こうして集めた彼女達が、必ずや東大の世界ランキングを上げてくれる事でしょう。

その後には女子アナ目指すなら東大国際教養!という時代が来る事でしょう(笑)

徒然

日本語能力は未知数ですが、東大女子で容姿端麗なら、女子アナの書類審査は間違いなく通るでしょう。でも、東大の世界ランキングを上げて頂くには、大学に残って頂く必要が有りますね。クロコマさんには朗報です。

甘えん坊将軍さんが紹介頂いている数学の強化、AI人材の不足ですが、日本の場合は教育の問題と言うよりは、学界、財界での待遇の問題だと思っています。米国だと巨大テクノロジー企業が優秀な学生をトレイニーとして受け入れ、15万ドルとか20万ドルの初任給を提示して青田買いしてますから、まあ、勝負になりません。

語学は、コミュニケーション自体が仕事という職種以外には不要になって行くのではないでしょうか。何度か書きましたが、学習機能を持つ翻訳・通訳ソフトが急激に進歩していますから、商談や研究のための語学習得は不要になるでしょう。外国語で会話する事がその人のパーソナリティーウリとなるような場合(日本語上手な外人タレントみたいな)ですかね。残るのは。

しかし、ロングさんの「文部科学卿」という呼び名は、枢機卿、的な怪しげな響きが有りますね。実は、文部科学相と別にこのポジションが有って、実際は文部科学卿が全て黒幕になってたりすると、尚良いですね。

様々な利害が渦巻く教育界ですから、命を狙われる事も一度や二度では済まなそうではありますが。

>甘えん坊将軍さんが紹介頂いている数学の強化、AI人材の不足ですが、日本の場合は教育の問題と言うよりは、学界、財界での待遇の問題だと思っています。

完全同意。
学界とその周縁の待遇を劇的に(向こう30年くらいのマインドセットを切り替えるほどに)向上させるべし。近視眼は捨てて最低30年はやりましょう。

私は小学校のときに身体検査で測ったミディ=クロリアン値が低かったので詳しいことはわかりませんが、文部科学卿は、ジェダイか否かはさておき、フォースを操ることができるでしょうね。うっすらと暗黒面に堕ちているような気もします。

GANプラ

generative adversarial network(GAN)を考えた Ian Goodfellowさんの年収が2億とか3億とか聞きましたね。
まだ34歳ですけどプロ野球選手や外資のファンドマネージャーのようなサラリーですよね。
数オリや情オリで活躍したような学生はスタンフォードやMITで機械学習の博士号をとれば、日本の同年代の医師よりはるかに給料もQOLも高い職に就けることでしょう、今後10年は。10年後はまったく予想できませんけどね。機械学習の研究、開発自体も自動化が進むかもしれませんので。
アカデミアではこの分野で博士の優秀な学生は企業に根こそぎ青田刈りされてしまっているようで外国の大学の人も嘆いているようです。

No title

昼間っからビールなんぞ飲んで いい気持ち? やけくそとも言うが、 まあ 戯言を書いてみる。

 オラが文科大臣になったら、

各県で底辺校とか言われ生徒数が少ない高校を 1校 募集停止にする。 今いる生徒は無理やり国家権力で周辺校に転校させる。要するに一旦生徒数0にするのだ。

 そして各県 一校、首都圏や関西は3校くらいあってもいいが・・・
 その学校は特別認定学校として特別なカリキュラムにして、年齢制限(下限)を排除するのだ。 定員は・・ 各クラス 20名くらいか?

 特別認定学校クラス1 ・・・ 中学1・2年の授業を1年間でする
 特別認定学校クラス2 ・・・ 中学三年 高校一年の授業を1年間でする
 特別認定学校クラス3 ・・・ 高校2 3年の授業を1年間でする。 ここを卒業すると大学受験の資格が得られる。

 クラス1から クラス2には9割しか上がれない。
 クラス2から 3も同様。上がれなかった生徒は普通教育課程の学校に受け入れを打診する。
 
 そして毎年1月に
 特別認定学校 クラス1 2 3 のそれぞれの
 入学試験をする。 年齢制限は下限はなし。上限は例えばクラス1は12歳まで、クラス2は13歳まで、クラス3は・・ 15歳まで

 能力があれば誰でも何歳でも特別認定学校 を受験できるのだ。 幼稚園児でもクラス3を卒業できる。

 要するにものすごい極端な飛び級制度である。

 さて、どうなるか。

え? 「その前にお前は汚職がバレてクビだ!」

暴言パート2

 さて、上記の改革を実行した上に次は
関東で1校 関西で1校
数学特別認定学校 を開校する。定員は・・・10名くらいか?

 2年のカリキュラムで
 一年次・・ 中学数学
 二年次・・ 高校数学

で 卒業試験に合格すると 東大に推薦入学が許される。

 入試は数学のみ。 授業は 数学:一般教養=4:1くらいの割合。

 もちろん年齢制限の下限はない。 数学さえできれば幼稚園児でも東大に入れるのだ。

 これでどうだ?

 え? 「その前にお前は 秘書の女性に手を出したスキャンダルでクビだ!」

なるほど。SSH(スーパーサイエンスハイスクール)ならぬ、HEMS(ハイパーエキセントリックマセマティックススクール)を作ってみたら面白いかもしれませんね。

本気で10年くらい続けたら、ぶっ飛んだ子を発掘できるかも。

No title

 以前、 情報通信研究機構を取材したことがあったのですが、そこで ウイルス対策の専門家の育成をやっていた。 ホワイトハッカー といった形で報道もされたので、知っている方もいらっしゃるでしょう。

 で、そのホワイトハッカー、最年少はたしか小学生か中学生でした。  まあオラの情報はあてにならんし個人情報でもあるので深入りはしませんが、プログラムの世界も 「小さいころから徹底的に」というのが大事なようです。

 こういうことを書くと「総合力が」「プログラムばかりやっているとロクな人間にならない」といった声がすぐ出てくるのですが、もちろん総合力は大事ですが、スペシャリストってのも大事だと思います。 

 偏った教育で「ロクな人間」になるかならないかは (重なる部分もあるかもしれませんが)別問題かと オラは思っています。

※ただ、自分の子供だったら
 数学だけやっている⇒ま いっか。
 プログラムだけやっている⇒ うーん こまった。

 となるだろうニャ

No title

萩生田 文部科学相の発言が問題になっているが、撤回すべきは 発言よりも、「英語の民間試験」の方かもしれない。

No title

なんぞ 与党も野党も「延期したほうがいい」なんぞ言っている。 延期するのはええが、今「延期」と言っている政治家は今まで何やってたんだ?

今朝、大学入試センター試験や大学入学共通テストに関する法令を調べてみたのですが、共通テストの実施に関する根拠法令が見当たりません(私の調べ方が悪いのかもしれませんが)。

現行のセンター試験に関しては、「独立行政法人大学入試センター法」という法律が制定されています。
同法13条1項1号には、独立行政法人大学入試センターの業務として「大学に入学を志願する者の高等学校の段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的として大学が共同して実施することとする試験に関し、問題の作成及び採点その他一括して処理することが適当な業務を行うこと」が規定されています。
そして、同条2項には「前項第1号の試験の実施の方法その他同号の試験に関し必要な事項は、文部科学省令で定める」と規定されています。

この文部科学省令として「独立行政法人大学入試センターに関する省令」が制定されています。
この省令の18条1項には、「・・・試験の名称は、大学入試センター試験とする」と規定され、
同条5項には「大学入試センター試験の実施に関し必要な事項については、別に文部科学大臣が定める」と規定されています。

共通テストの実施に関し、私は既に法令上の手当(必要な法令改正)が完了しているのだと思っていましたが、私が調べた限りでは、まだ法令の改正はされていないようです(少なくとも上記省令18条1項の試験名称の改正は必要と思われます)。

法令改正が完了しているのだとしたら今からそれを覆すのは厳しいだろうなあと思っていましたが、まだ法令上の手当をしていないのだとしたら、政局の流れによっては英語民間試験延期もあり得るのかもしれません。
今さらそんなわけないか…

ありゃ。
英語民間試験があっさりと延期になるようですね。延期するためにわざと失言したんじゃないかと思うほどにあっさりと。

No title

やっぱり 受験生にとって文句の出ない方法というのは 「プラス2技能については各大学で独自にやる」しかないでしょうね。 
 その学校で独自に試験をして独自の採点をする分にはどこからも文句が出ない。

 大学もそのくらいの努力はせい、って感じ?

 げ NHKニュースで栄東の校長が怒っている・・・怖い。

※民間英語の延期のニュースと オリンピックマラソンのニュースが続く。
 よく言えば「臨機応変」、普通に言えば「行き当たりばったり」のニュースだ。ほほほ

No title

げげ 令和6年を目処に、なんぞ言っている。

オラん家のアホ息子が受験の時が、丁度 変革期に当たる、ということだろうか。

 げげ。 

 延期反対!  政府は一度決めたことは速やかに実施せよ!  民間試験来年からやるべし!

CAT'S☆EYE~繰り返される悪夢~

>延期するのはええが、今「延期」と言っている政治家は今まで何やってたんだ?

→民間に丸投げして大船に乗っていたのだと思います。

>ありゃ。
英語民間試験があっさりと延期になるようですね

→乗っていたのが泥船だった事に気付いたようです。乗客を放置して船長と船員が真っ先に逃げるというのは万国共通なのかもしれませんww

>延期反対!政府は一度決めたことは速やかに実施せよ

→泥船じゃ目的地に辿り着けないどころか多数の犠牲者が出ますからねぇ(^^;

語学の必要性

先にも以下のように書きました。

> 語学は、コミュニケーション自体が仕事という職種以外には不要になって行くのではないでしょうか。

こうしている間にも、A I による翻訳・通訳のクオリティは進歩を続けています。ツールとしての英語が早晩不要になるのは目に見えているのに、大学入試の共通科目としてリスニング・スピーキングを採り入れるとは、これまで日本で英語(だけ)で飯を食ってきた人々の救済措置としか思えません。

延期している間に、さすがにそこに皆気がついて来るのではないかと思っておりますが。

ラテラル

>こうしている間にも、A I による翻訳・通訳のクオリティは進歩を続けています。

こうしたラテラルな思考が、現在の「英語教育をどうする?」「日本が取り残されていく!」という論壇に決定的に欠けていると思います。
視野が狭いんだよねえ。

真夜中の特訓

>A I による翻訳・通訳のクオリティは進歩を続けています。ツールとしての英語が早晩不要になるのは目に見えている

→英語を捨てた場合・・・電源喪失に備えて、暗闇の中でもボディーランゲージによるコミュニケーションがとれるように練習する必要があるのではないかと・・・そんな風に思っております。

No title

NHKニュースを見ているだけの印象だが

私立高校・・・準備万端。 延期反対。 
公立高校・・・準備不足。 延期賛成。 

 ってな感じだ。
 NHKのディレクターが「きっとこうだろう」と先入観で編集した可能性もあるが。
 
 私立高校は都市部に集中しているので受験地域で困ることはない。 受験料も大した問題ではない、ということもあるだろう。

 しかしここまで 私立公立で反対賛成が分かれるのも面白い。

暗闇でドッキリ

>電源喪失に備えて、暗闇の中でもボディーランゲージによるコミュニケーションがとれるように練習する必要があるのではないか

暗闇の中でのボディーランゲージ・コミュニケーションは得意な気がします。やったことないけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント