FC2ブログ

記事一覧

ドラマにおける役者の顔

先日、当ブログのコメント欄で、物理の教師というだけで女子生徒には嫌われるかもしれないが、TVドラマ『ガリレオ』にあるように福山雅治演じる湯川学が先生をやるなら、女子の反応も違うだろうと書いた。

読みようによっては、かなりアンチ・ポリティカルコレクトな内容だ。
しかし実はドラマの中で、そのような場面がある。

准教授の湯川(福山)の授業は女子学生で満席だが、湯川が用事があって代わりに渡辺いっけい演じる助手が授業をすると、だあれもいなくなってしまう。
一応湯川の授業は面白いが、渡辺の授業はつまらない、というエクスキューズがあるが、そんなのこじつけに過ぎない。

そういえば『魔術師が多すぎる』(ランドル・ギャレット 1977年)の中に、助られた女がこんなことを言うシーンがある。
「ああ、あなたみたいなカッコいい人に助けられてよかったわ。もし不細工だったら、せっかく助けてもらったのに残念な気持ちになるから」

俺はこういうのは差別だとは思わないし、区別だとも思わない。これはドラマツルギーだ。
顔で判断してはいけない、という主張はわかるが、そんなことは物語の中に持ち込まない方がいい。
ドラマが痩せる。

もし本当に「顔で判断してはいけない」というのなら、『ガリレオ』も渡辺いっけいを湯川にして、福山に助手を演じてもらうか。
申し訳ないが、あまり面白そうではないな。
渡辺いっけいに主役を張らせるなら、もっと翳の深い悪魔的な男をやらせる方が面白い。彼ほどの役者なら難しくないはずだ。
(俺は福山よりも渡辺の方が、役者としては多面的だと思っている。ただ湯川は福山だ。)

ドラマにおいて役者の顔は重要だ。しかしそれはカッコいいとかカッコ悪いという話ではない。
そこを読み違えると、楽しめるものも楽しめなくなってしまう。

それにしても、『ガリレオ』の続編、やって欲しいなあ。
ヒロインは内海刑事(柴咲コウ)でも岸谷警部補(吉高由里子)でも、どっちでもいい。しかし湯川学は福山雅治でお願いしたい。

彼より美男子がやってもいけない。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

欠点が少なすぎる

ちなみに、ドラマの中で湯川がスポーツ万能なのは、面白くない。

ちょっと論点がズレますが、トランスジェンダーの男性役としてシスジェンダーであるスカーレット・ヨハンソンさんがキャスティングされたことについて、トランスジェンダーの俳優から抗議がされ、ヨハンソンさんが降板したということが昨年ありましたね。
センシティブな問題であることは承知しつつも、個人的にはこの「ポリティカル・コレクトネス」は行き過ぎだと感じます。

私には定見はないけれど、演じるとはどういうことか、そして人にとってドラマを見るとはどういうことかについて、考察を深める必要がある気がします。

No title

トランス・ジェンダーとその他とするとマイノリティを差別しているように聞こえるから、その他の方も並列な扱いとすべくシス・ジェンダーと呼ぶらしいですが、となると、異性愛者はヘテロ・セクシャルと呼ぶのが今後一般化するのでしょうか。

しかし、同性愛の傾向がある人の平均IQが高いとか、平均的な収入が高いとか、クリエイティブな才能を現す事が多い等と、同性愛者の生物的な優位性を挙げる声はよく聞きますから、その内、「ヘテロ」というのは劣っている異性愛者に対する差別用語として使用が禁止され、何か他のポリティカル・コレクトな単語で置き換える必要が出てきそうです。

以前の「ちびくろサンボ」の発禁には嘆息したものですが、こういうのを正義だと信じて生きがいにしている人がいる限り、こういう騒動は続くのでしょう。

No title

 ポリティカル・コレクトネス って 数年前まで「正しいこと」だったのが 最近は「揶揄」されている感じがします。 トランプさんの影響かなあ。
 アメリカでは「差別発言」で議員の首が飛んだと記憶しているのですが、大統領は平気なようだ。

 ポリコレは難しい。
 最初は揶揄、冗談から始まる。
 30年前に「会社は禁煙」「セクハラ発言 防止」なんて言ったら「まあ、さ。 言いたいことはわかるけどね」 なんて笑って無視される雰囲気だった。

 冗談だったわけです。

 それが今は変わった。

 でも一方 陸宿借さんがおっしゃるように「言葉狩り」も進行している。

 オラは言葉狩りは反対だ。

 差別用語ってなんだ? 単語の問題なのか?
 
 確かに つんぼ キチガイ メクラ など差別的な言葉もある。 しかしそれを 聾唖 精神障害 盲人 と言い換えればいいのか? そうじゃないだろう。 

 今は 「放送禁止用語」みたいに一律に自主規制している。 で、過去の文学作品まで改変される始末だ。 

 これも「思考停止」の一つだ。

※と 言いつつオラは基本的にポリコレ野郎です。  つまりネトウヨに批判される「なんでもポリコレ」 に近い。 ほほほ 根がリベラル左派なんでね

いろいろ売ってるせいか、わからなくなってきた

>以前の「ちびくろサンボ」の発禁には嘆息したものですが、こういうのを正義だと信じて生きがいにしている人がいる限り、こういう騒動は続くのでしょう。

そしてそれをタネに商売する奴も依然としているわけで。
俺も少しはそんな商売をしてるのかな?最近何を売ってるのかわからなくなってきたよ。

うまく言えないけれど、私は「言葉狩りは好きではないが、言葉の変遷は受け入れる」派です。

昔から用いられてきた言葉に対し、目くじらを立てて差別だ差別だと囃し立てるのはいかがなものかと思います。それと同時に、その言葉を不快に感じる人たちがいて、そしてその人たちもそうでない人たちも受け入れられる新たな言葉が見出せるのであれば、言葉はどんどん改めてよいとも思います。

陸宿借さんが出した「ヘテロ-」の例のように、差別と逆差別は微妙なバランスの上で揺れ動きうるものだから、言葉を改めるのも一筋縄ではないですね。

男性代名詞 he / his / him / his や 女性代名詞 she / her / her / hers に代わり、中性代名詞として xe / xyr / xem / xyrs などを用いるとか、あるいは they / their / them / theirs を中性「単数」代名詞として用いるという風になっていくのかしら……ふう。

では一首。

障害者障碍者そして障がい者わたしがみてるしょうがいはなに (甘将)

No title

皆さんの近くにLGBTの人はいますか?

私は、今思えばあの人そうだったのかなぁと思い出す人がいます。

当時私も彼女も20代で、その彼女の見た目は一言で言えば”美少年”。
スカートをはいているところは一度も見たことがなく、顔は綺麗、髪はショート
でいつもダボっとしたカジュアルな服を着ていました。

自然と仲良くなって、普通におしゃべりしたりしていたのですが、ある時ふと目
が合ったんですね。それで何故かその目がそらせないのです。
彼女は真面目な顔して真っ直ぐに私を見ていて、私は「えっ」ってなって、
「えっ」って思ってる自分に「えっ」ってなって、この感じは…男?何…何なの?
とドギマギしている自分が何か得体の知れない所につれて行かれそうで怖かった。

その間、数秒でした。なけなしの理性でぐいっと意識を戻して、いつもの友人と
しての顔を作り何事もなかったかのように接しました。

LGBTの話題を耳にするたびに、見つめ合って動けなかったあの場面を思いだします。
恋愛は男と女でするもの、という私の中の常識がもしなかったら違う展開になっ
ていたのかもしれません。

私はこれまで、GかTかなと思う人に出会ったことはありますが、本人からそう聞いたわけでもなく、本当のところはわかりません。

私は①生物学的性は男、②社会的性はどちらかというと男、③性自認は男、④性指向は異性愛者ですが、①と②③が一致するのが自然の成り行きというわけではないし、④もそれが当然というわけではなく、ある人が異性愛者になることは、ある人が同性愛者になることと質的には同程度に不可思議なことだと考えております。

種族保存本能が他の動物のような形では維持されていないヒトにおいては、②③④は生物学を離れた社会学的、心理学的な問題であり、各種の性倒錯(この言葉もそのうち淘汰されるかな)も、他の動物とは別の進化の道を(あるいは退化の道を)辿ることとなったヒト固有の宿痾(比喩としての)だと思っております。

ピーッ~NGワードにご用心~

>皆さんの近くにLGBTの人はいますか?
→以前、某掲示板に“性別変更”のために小学校教員を辞める事になってしまった友人の話を書き込んだところ・・・ななし様のスレが丸ごと削除されてしまうという事がございました(^^;

 友人から名前と性別の変更についての連絡を受けた時「驚いたでしょう」と言われましたが・・・おそらく驚いたのは彼(現在は彼女)の両親だけで、私を含む友人一同は誰も驚かなかったのではないかと思っております。“彼女は”いつでも何の違和感も無く女子の輪の中におりました。そして私が“彼女”を男だと思った事は今まで一度も無いのです。呼び方も昔から○○ちゃんでしたので今も変わらず・・・変化と言えば、勤続20年のベテラン教諭が、教育関係の職に就く事が出来なくなったという事だけです。
 教育業界ではLGBTの方々に配慮するなどと言いつつ『性転換』はNGワード・・・エグい手術をしたなどと口にするのはタブーなのでございます。

No title

あれ? そういえば 母様 「実は男性疑惑」ありませんでしたっけ?

No title

Geminiさん

ご忠告ありがとうございます。
某掲示板…もう全然行かなくなってしまいましたが、そうなのですね。
また遊びに行くときには気をつけます 笑

ちなみにGeminiさんが男性でも私大丈夫ですよ~。

No title

今、雨後さんの後に続けて「Geminiさんが○○でも○○でも私は大丈夫ですよ」
と書き込もうとしたら、
掲示板のシステムに誹謗中傷の可能性があると判定されたのか、書き込めませんでした。
うーん。

No title

ちなみに○○の部分は
「JKでもおじさんでも」と書いたのですが。。。
何か他の原因かもしれません。

FC2君はすこし気難しい

>掲示板のシステムに誹謗中傷の可能性があると判定されたのか、書き込めませんでした。

FC2君はちょっと潔癖な奴でね。
俺なんか7、8回は弾かれてますよ。
お蔭ですこし上品ですかね?最近の俺は。

デモでも

>「JKでもおじさんでも」と書いたのですが。。。

公安当局はJKデモやおじさんデモに対して最大級の警戒をしていますからねぇ。。。

おそらく

JKとおじさんがネットで連絡を取り合う書き込みと判断されたのでせう。
ちなみに、数字の記載はありませんでしたか?

No title

陸宿借さん、どうもです。

>ちなみに、数字の記載はありませんでしたか?

えーとなかったと思います。画像認証の数字を2度続けて入力し間違えただけかもしれません。

先日は華僑の方が抱く「信用スコア」の印象を教えて下さりありがとうございます。
まぁ、日本もあくせく子に学歴をつけさせようとするのは私達庶民で、富裕層は別ルートを歩ませたりしますよね。中国の信用スコアも庶民のステップアップのためのもの、あとは統制の手段なのかなと思いました。

日本でもいったんそのようなものが根付いてしまうと、手段と目的が倒錯して、国民が信用スコアを上げることに血道をあげることになりはしまいかと警戒しております。

魔法少女Gemini

>ちなみにGeminiさんが男性でも私大丈夫ですよ~。
>Geminiさんが○○でも○○でも私は大丈夫ですよ
→ありがとうございます(。^。^。)
ちなみに・・・サイボーグでも魔女っ子でも大丈夫でしょうか?ハッ、セレブなサロンでうっかり放送禁止用語を使ってしまったわ・・・「魔女っ子」を「魔法少女」に訂正しなければ魔女狩りに遭ってしまう!!テクマクマヤコン テクマクマヤコン シャランラ~

No title

>ちなみに・・・サイボーグでも魔女っ子でも大丈夫でしょうか?

はい、サイボーグでもアンドロイドでもアンドロギュヌスでも大丈夫でございます。話が面白ければ。

昔「東北の讃歌」という合唱組曲があって、Nコンの自由曲として「かまくら幻想」、「南部うまっこ唄」がよく歌われていたものです。
「南部うまっこ唄」の歌詞の意味を当時はよく理解できませんでしたが、盛岡は馬を大切にする風習があって「ちゃぐちゃぐ馬っコ」という有名なお祭りがあるようですね。Geminiさん、ハルビンさんはきっとご存知でしょうね。

No title

 オラ、この世で最も苦手なことが「絵を描く」ことだ。  はっきり言って 下手だ。 

 立方体の切断や円の問題などの数学的な図は 我ながら惚れ惚れするほど 綺麗に黒板に書ける。

 が、絵はダメだ。

 絵が下手な子にとって一番嫌な時間は「写生会」である。
 盛岡の小学校は 毎年 チャグチャグ馬コの日に写生会をする。 外に出て 着飾った馬の絵を描くのだ。  たしか3年生くらいから6年生くらいまで毎年だった。オラはこの日が苦痛だった。  人事さんの体育くらい苦痛なのだ。

 というわけで チャグチャグ馬コは、由来とか歴史とか以前に嫌な思い出しかない。
ほほほ。

※絵のうまさってなんでしょうね。 よーわからん。
 空間認識か? でも立体は認識できるじょ。

※絵の才能は遺伝する。 間違いない。
 オラのアホ息子は二人とも悲惨な絵を描く。
 申し訳ない。

課題曲はヒミツよ~歳がバレちゃうから~

 小学5年生の時「南部うまっこ唄」で東北大会まで行きましたが、横手南小に敗れ全国大会に進む事が出来ませんでした。
 団員の中にボウズ頭の森君という男の子がいたので「森のかげの曲り屋で~♪」という歌詞を「森のハ○のあばら屋で~♪」と歌っておりました(^^;

 私も馬には乗れるのですが・・・JK時代は十二単とか着せられて歩く事が多かったです。ミス○○なら姫役で籠に乗れたのですがねぇ・・・いつも侍女役だったので、馬フ○を避けながらトボトボ歩いておりました。

No title

> 盛岡の小学校は 毎年 チャグチャグ馬コの日に写生会をする。 外に出て 着飾った馬の絵を描くのだ。  たしか3年生くらいから6年生くらいまで毎年だった。オラはこの日が苦痛だった。  人事さんの体育くらい苦痛なのだ。

それは災難でしたね。

>※絵の才能は遺伝する。 間違いない。

バッハ家に代表されるように音楽は遺伝があるみたいですが、絵の才能はどうなんでしょうね。ピカソのお父さんが美術の先生で息子が上手すぎたために筆を折ったというエピソードを聞いたことがありますが。

絵が下手で有名だったのは数学者のアンリ・ポアンカレですかね。
何を描いてあるのか他の人にはわからないほどだったらしいです。図形の細部を気にしないからトポロジーの先駆けとなる研究ができたのかしら?

佐藤優さんはロシア語を学べるというのが理由で早高院が第1志望だったそうです。で駄目で浦和高校に入学したということが『十五の夏』に書いてありました。伝統公立バンザイの動機さんに教えてあげたかった豆知識です(笑)

No title

それにしてもGeminiさんにはたびたび驚かされますね。
そのレベルで合唱をされていたとは。
私もあえて自分達が歌った課題曲を書くのは避けますが、愛媛大学教育学部附属小、二本松南小が強かった時代だと記憶しております。

>団員の中にボウズ頭の森君という男の子がいたので「森のかげの曲り屋で~♪」という歌詞を「森のハ○のあばら屋で~♪」と歌っておりました(^^;

じさまの馬っこまだ生きてるか。覗いてこ~い、見舞ってこ~い♪仲間がだんだん減るもんな。減っては寂しくなるもんな~
もう一つついでに駒形神社を見付けて、頼んでこ~い絵馬っこに。鈴を鳴らして祈ってこ~い。どこかで馬っこの子っこが生まれて、大事な仲間が増えるように。
あーああああああああ♪ 懐かしい!

大人になったと他人は言うけれど・・・

 脛に傷様はきっと・・・未知という名の船に乗り 希望という名の地図を見て 夢という名のコンパスで 未来を訪ねる冒険者だったのではないかと・・・そんな風に思っております。
 私の所属していた小学校の合唱団は11年連続東北大会に出場しており、ソプラノ歌手の島田祐子さんのコンサートに出場させていただいた事などもございました。
 何せ田舎でございましたから、ドイツ語の発音が酷く、とても叱られた事を鮮明に覚えております(苦笑)ちなみに2歳前からインターナショナルプリスクールに通わせた愚息は、ドイツ語の発音もマジャール語の発音もとても綺麗です。

No title

えーと、よく覚えていませんが「空がこんなに青いとは」だったかな?
「トランペット吹きながら」だったかな?
「気球にのってどこまでも」だったかな?(すっとぼけ)
誰が読んでいるかわからないので課題曲は内緒にしておきます(笑)

先生にテープをダビングしてもらった「かまくら幻想」の演奏は横手南小のものだった気がします。Geminiさんは岩手大附属小かしら?
それにしても、よもやこんなところで『東北の讃歌』を知っている人に出会うとは夢にも思いませんでした。昔話にお付き合い下さりありがとうございました。

No title

 絵の授業でオラ  職員室に呼ばれたことがある。 ふと思い出した。

 オラは、先生に反抗もしないし、概ね良い子だった。 宿題を忘れて殴られるくらいはあったが、当時は日常茶飯事だ。

 そのオラが、職員室に呼ばれた。
 
 中三だったかな?
 教育実習生が来て「自由に何を描いても良い」という美術の時間があった。 オラ その頃 星新一にはまっていたので、ショートショートを題材に絵を描いた。

 よく覚えていないが、壁に手が生えていて、そこからいくら血を取っても無限に出てくる。 いくらでも輸血できるのだ。 ただしその分、世界のどこかで交通事故で人が死んでいる、という話だった。

 その話をそのまま絵にした。

 実習生にはオラの下手な絵が伝わらなかったのだろう。 「問題のある絵を描く子がいる」「何かとんでもないことをしでかすのではないか」みたいな報告をしたのだと推測する。

 美術の教師に呼び出され、絵の意図を聞かれた。 説明したらことなきを得た。 ほほほ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント