FC2ブログ

記事一覧

ブルータス、お前もか~廃れゆく高校受験

以前「女子御三家戦争勃発か!?」という記事を書いた。(2019/07/07)
その中で次のように書いている。

本郷高校が2020年度入学、豊島岡女子学園は2021年度入学を最後に高校入試を取りやめることになった。

実はそれに追い打ちをかけるように、東京都立の公立中高一貫校10校のうち、併設型の高等学校・附属中学校として設置されていた5校(武蔵・富士・両国・大泉・白鷗)が、2022年までに高校募集を停止し、中学募集の規模を拡大する計画らしい。
(情報としてはちょっと遅いか)

いよいよ優秀な都内高校受験生に厳しい状況になっていく。
日比谷、西、早慶進学層には関係ない話かもしれないが、その下は直撃弾を食らっている。
とはいえ、併設型の高等学校の競争倍率は1.00程度。実は大して人気がない。
人気のない理由は簡単で、「中学からの持ち上がりがいる中に入っていくのはしんどい」。

これはおそらく豊島岡や本郷にも、同じ意識があったのだろう。
開成、国立、早慶付属となると、そんなことも気にしないのだろうが(そもそも同じ偏差値帯に持ちがありのない学校がない)、豊島岡や本郷の偏差値帯なら都立に「高校だけの高校」がたくさんある。

さて、この影響はどこに出るだろうか。
高校受験で都立5校の抜けた穴をめぐって、熾烈な戦いが勃発するのだろうか?
俺はそうは考えない。
中学受験がより活発化するのだと思う。

都立5校の定員増員枠が全体のパイを増やす効果もあるだろうが、それ以上に「いい大学に入るなら中学受験しなくちゃ」という親の意識に拍車がかかると思う。
無論「いい大学に入るなら中学受験しなくちゃ」いけないというわけではないのだが、中高一貫教育が大学入試で有利であることを行政がここまで認めてしまっては、「高校からでも大丈夫」派の主張はあまりに力弱い。

一見すると都立5校の完全中高一貫化は、中学受験において「民業圧迫」のように映るかもしれないが、全体のパイが増えることを考えれば私立にとってチャンスである。
東京都市大等々力や順天、あるいは少し偏差値は高くなるが中央・法政などの大学附属は、都立中高一貫校の増員枠を目がけてきた「新しい受験層」を手ぐすね引いて待ってるのかもしれないな。

この新しい「新しい受験層」は、「中学受験が駄目なら高校受験でリベンジ」という従来の発想をしない可能性が高いから、私立の囲い込み合戦の行方に、俺の興味はある。
まあ、こういうのは、馴染みの鮨屋に太巻きを拵えてもらって、ちょっと高みの場所から無責任な声援を送るのが一番楽しい。 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 田舎は 有力な私立高校がないことが多く、昔は第一志望の公立高校に落ちて浪人する生徒などが存在した。

 首都圏は、有力私立がたくさんあっていいなあ、恵まれているなあ、と今まで思っていたが、高校受験に関してだけ言えば 田舎化(悪化)しているのかもしれない。

No title

>昔は第一志望の公立高校に落ちて浪人する生徒などが存在した。

妻のママ友が栃木はそうだと教えてくれたそうです。
今も少しはいるのかな?

No title

オラがいた頃の 県立盛岡第一高校では、定員350人のうち 浪人生が

100人近く

 いました。2浪も5人くらいいた。3浪も1人くらいいた。
 もう矛盾の塊のような 入試制度です。

 今は改善されたと聞きますが・・・

※だから 中学別の合格実績で 「現役○名 浪人○名」 と発表されていた

No title

あ、 もちろん 自明ですが

みんなが 公立落ちる→ 私立に行く
となれば 結果的に私立のレベルが上がる。
すると 落ちたら私立でもいいや、となる。

と 良循環になるわけです。

 当時は
「私立には行きたくない」→「公立落ちたら浪人」→「私立のレベルが上がらない」

という循環だった。

No title

>オラがいた頃の 県立盛岡第一高校では、定員350人のうち 浪人生が
100人近く
いました。2浪も5人くらいいた。3浪も1人くらいいた。

これはびっくりですね!
高校中退、留年はいましたが、友人、知人、近所の人も含め、高校受験浪人は聞いたことがありません。
地方によってそんなにも違うものなのでしょうか?

3割近くが年上とな

>オラがいた頃の 県立盛岡第一高校では、定員350人のうち 浪人生が
>100人近く
> いました。2浪も5人くらいいた。3浪も1人くらいいた。

白河の関の向こうには、関東とは違う価値観があったんだなあ(嘆息)

No title

 あ、よく考えたら「100人近く」は 盛りすぎでした。  でも50人ではない。もっと多かった。

 たしか倍率が1.2 倍くらいだったので70人が落ちる。その70人が翌年に回る・・・

 70人 (5人に一人) ですかね。
 

※だからオラは埼玉で「北辰の確約」を見て「なんて素晴らしい制度だ」と思いました。

 当時、私が住んでいた地域の公立トップ校は(男子校・女子校共に)新入生の半数(100人以上)が浪人生でした。勿来の関の向こう側です。
 その地方には、都市部の有名国立大学卒よりも地元の○○高校卒の方が評価されるという風潮があり、男女トップ校以外の高校は大学入試に対応出来るカリキュラムにはなっておりませんでした。 
 おそらく田舎には若者を(特に女子を)県外に逃がしてはいけない(町を過疎化させてはいけない)という考えが根強く残っていたのではないかと・・・そんな風に思っております。

高校落ち浪人生の全体像を掴もうと、文部科学省の平成30年度学校基本調査からデータを抽出して計算してみました。
抽出したデータは「中学校/卒業後の状況調査」の「257 状況別卒業者数」。

下の数字は次のとおり。
①左欄は卒業者数
②中欄は進学も就職もしていない者の数
③右欄は①に対する②の割合

②には外国の高等学校等に入学した者や家事手伝いも含まれているが、ここに浪人生が含まれているはず。

平成30年3月
全国1,133,016 7,298 0.6441%

北海道 44,746 216 0.4827%
青森 11,830 65 0.5495%
岩手 11,302 47 0.4159%
宮城 20,818 118 0.5668%
秋田 8,171 27 0.3304%
山形 10,211 31 0.3036%
福島 17,622 117 0.6639%
茨城 26,870 175 0.6513%
栃木 18,257 140 0.7668%
群馬 18,551 131 0.7062%
埼玉 64,508 413 0.6402%
千葉 54,798 412 0.7519%
東京 102,257 604 0.5907%
神奈川 77,611 402 0.5180%
新潟 19,201 64 0.3333%
富山 9,656 45 0.4660%
石川 10,560 50 0.4735%
福井 7,466 25 0.3349%
山梨 7,768 56 0.7209%
長野 20,070 127 0.6328%
岐阜 19,991 136 0.6803%
静岡 34,622 280 0.8087%
愛知 71,427 624 0.8736%
三重 17,430 135 0.7745%
滋賀 14,299 88 0.6154%
京都 23,014 115 0.4997%
大阪 79,381 473 0.5959%
兵庫 51,201 304 0.5937%
奈良 12,808 71 0.5543%
和歌山 8,744 22 0.2516%
鳥取 5,195 36 0.6930%
島根 6,233 35 0.5615%
岡山 18,015 168 0.9326%
広島 25,863 151 0.5838%
山口 12,102 92 0.7602%
徳島 6,581 16 0.2431%
香川 9,310 64 0.6874%
愛媛 11,833 64 0.5409%
高知 6,160 60 0.9740%
福岡 46,403 425 0.9159%
佐賀 8,125 79 0.9723%
長崎 12,685 35 0.2759%
熊本 16,738 58 0.3465%
大分 10,128 52 0.5134%
宮崎 10,481 73 0.6965%
鹿児島 15,611 102 0.6534%
沖縄 16,363 275 1.6806%

※岩手の浪人生は県全体で最大47人。割合も全国平均より低い。
※東北は、福島が全国平均をやや上回るが、その他は全国平均より低い。
※関東は、栃木と千葉の割合が高め。
※静岡、愛知、岡山、高知、福岡、佐賀、沖縄の割合が高い(0.8%超は左記7県)。

うげっ! なんで数字の間のスペースが詰まってしまっているのだ。
数字が見にくくなってしまいすみません・・・(直し方がわからん)。

No title

甘えん坊さん、データの提供どうもありがとうございます。
中覧合計7298人のうち半分が高校受験浪人と推定すると約3千600人。センターを受験する浪人生が約9万人だそうですから、やはり比べるとずっと少ないですよね。とはいえ毎年それだけいるなら一人、二人遭遇する機会があっても不思議ではありません。今まで一人も経験者に出会ったことがないのはやはり県による文化の違いのためでしょうか。

*前に栃木と書きましたが、高校受験浪人の文化があると妻が知り合いから教わったのは群馬だそうです。高校受験浪人向けの塾もあるのだそうです。





No title

>高校受験浪人向けの塾

 あ、 当時は高校受験向けの「浪人生予備校」がありました。

 学校のように 朝 9時から夕方15時くらいまで授業するわけです。
 体育も 芸術も HRもない。
 毎日 普通に勉強します。

 こういう「予備校」が盛岡には 2校! ありました。

※よく考えると 当時の岩手の状況を考えれば 中学受験の厳しさなんて どってことはない。

※この中学浪人の話、 オラは「普通」だと思っていたが、 首都圏では「信じられない」「異国の話」らしい。
 田舎者の母様が「真実である」と言ってくれているが、それがなければおそらく信じてもらえまい。

私も高校受験浪人をした方にお会いしたことがないかもしれません。
私は北関東出身ですが、15歳で北関東を捨てた裏切り者ですので、高校受験浪人塾のこともわかりません。

「浪人生予備校」は厳しいですね。
無心に勉強に打ち込めるならよいけれど、心が弱い私には耐えられそうもありません。
大検(高認)で大学を目指します。

No title

 人間って辛いことでも仲間?同類?がいっぱいいれば それほど辛いことと感じないものです。

 今、千葉県で中学浪人になったら相当辛いと思いますが、当時の岩手では「普通」だった。 なんせ盛岡一高だけで 70名 他の高校もありますので、相当数が浪人していた。 

 イメージでいうと大学はいるのに浪人している感じです。
 高校卒業して浪人している人を見ても「大変だね 頑張れ」って感じで特別 悲壮感はないですよね。 そんな感じです。

 実はオラの兄は中学浪人だった。
 高校の頃、ちょっと付き合った女の子がいたのですが、その子も中学浪人だった。

 理科大で留年が多いのも、カリキュラムが厳しいこともありますが「普通にみんな留年するので平気」なこともあると思っています。
 もし クラスで1人くらいしか留年しないなら、もっと悲壮感があるでしょう。

 まあ、いずれにせよ 甘えん坊将軍さんの出してくれたデータを見ると 中学浪人は制度上は絶滅したようで良かったです。

No title

昔のことを書いてもあまり意味がないですが、思い出しついでに・・・

 落ちたら浪人の厳しい高校受験の岩手県。
 さぞかし受験業界は過熱を極め・・・ と思うでしょう。
 実は・・・全くそんなことはなく、のどかなもんでした。 

 受験のために塾に行った、という人をオラは聞いたことがない。(隠しているのかもしれませんが)

 夏期講習も冬期講習もない。
 冬休みなんて、図書館で勉強しながら、みんなでスケート靴を持ってきて図書館の横の池でスケートなんぞしていた。
 
 そんな ダラっとした勉強で、「落ちたら浪人」ってなんだか矛盾しているような感じがしますが・・・
 田舎ってのはそんな感じだった。

 埼玉で塾講師始めた時、「首都圏の人はこんなに勉強するんだあ」と驚いたのを覚えています。

 オラ? 
 オラは中三の秋は勉強しました。なんか「一回くらい学校で一番ってのを取って見るか」と思い、毎日夜遅くまで勉強した。 

 それと、兄が浪人したので、オラは浪人は絶対嫌だと思い、私立向けの勉強もした。「全国有名私立高校入試問題集」なんて分厚いものを買ってきた。 「開成なんて有名だけど どんな感じかな」と解いて見たが、まるで歯が立たなかった。ははは。

 結局 オラは函館ラサールという学校を受けて合格した。  高校から寮生活もいいなあ、と思い、函ラサ受かってからは だらけて勉強しなかったニャ

>「全国有名私立高校入試問題集」なんて分厚いもの

私も中三の秋に旺文社の「全国高校入試問題正解」(通称「電話帳」)を解いては、遥か遠くの地にある高校に思いを馳せておりました。

ブルータス、またお前か・・・

>今まで一人も経験者に出会ったことがないのはやはり県による文化の違いのためでしょうか。
>高校受験浪人をした方にお会いしたことがないかもしれません。
→共通一次の時代、東北の田舎町から自身の進学のために(親や配偶者の転勤ではなく)上京し、そのまま首都圏に住み着いて働き続けている女性がはたしてどれだけいることでしょう・・・。女子寮自体が少ない上に空きがなく、女子学生向けアパートの家賃の相場が月8万円だった時代です。私もゴハンをご馳走して下さるようなサポーターの方々の存在無しで生計を立てる事は難しかったと思います。(赤サギまがいの言動に)多少の罪悪感が無いわけではございませんが・・・経済的に厳しいから、オツムで勝てないからと言って諦める事などできなかった・・・罪深き女でございます。
 ちなみに高校浪人生および現役合格を目指す中3生向けの予備校は公立トップ校の先生方が講師をしておりました。

No title

こんにちは。遅いレスすみません。記事とレスが面白かったので。

岡山県には高校浪人があったと聞いたことあります。
我が子に首都圏での高校浪人を奨めたら、激しく拒絶されました。残念です。

公立高校進学率が異常に高い(98%ほど)愛○県のとある地域、昔は(きっと今も)抱き合わせ方式でした。
成績の良い子1人に、成績の悪い子2-3人がセットになっていました。だから成績の良い子が学区外高校に行きたいと言い出すと中学教員と大バトル必須。
「お前が学区外に行ったら、あいつらは(抱き合わせの奴ら)はどうするんだ!」と恐喝されました。

恐ろしいことに、交通機関未発達の田舎なので親もこの方式を好ましく思い、中学教員は15歳の春を泣かさない最善策だと信じていること。
被害者は、成績の良い他学区高校を希望する子どもだけという異常っぷり。

今なら、地域ぐるみの恐喝犯罪じゃね、と反論できます。当時、他県では高校浪人という自由選択肢が許されていることが羨ましかったです。

地方の奇習

>我が子に首都圏での高校浪人を奨めたら、激しく拒絶されました。残念です。

うひゃひゃひゃひゃ、初めて見ましたよ、自分の子どもに高校浪人を奨める親。

>公立高校進学率が異常に高い(98%ほど)愛○県のとある地域、昔は(きっと今も)抱き合わせ方式でした。

抱き合わせ方式、いいですねえ。自分に関係ないと、こういう地方の奇習は微笑ましい。

これからもどんどん書き込んでください。
みなさんにたくさん書き込んでもらって、ブログ主は楽しようと思ってますから。

No title

えーっ!「うちのエース(学年首席)をそちらに進学させますから、学年最下位の3人もまとめて引き受けちゃってください」って、そんな高校今でもあるんですか?
高校入学後に能力別クラスにしなかったら授業が成り立たないですよね??
高校受験浪人をさせるのは可哀想に思いますが、歴史を誇る素晴らしい名門校があって、地元で生きていこうとしたら浪人してでもその学校に進学したい、という人の気持ちはよくわかります。
が、この「抱き合わせ販売方式」はにわかには信じられませぬ。。。

日本全国津々浦々の受験にまつわる奇習や、「おいおい、それは違うだろ~」という変な宿題、勉強法等を取材したら新書が1冊書けるかな?

No title

奇習といえば 以前 東大理系OBさんという方がエデュで関西の公立のことを書いていた。

 私立進学校なんぞ行こうとしようもんなら全校生徒の前で「自分は利己的な人間です」と自己批判させられるという話。(ちょっと違うかもしれません)

 にわかには信じられないが、書いていることには具体性があり信ぴょう性もあった。

 恐ろしい内容だった。

No title

東大理系OBさんが書かれていたのは地元集中(高槻方式)についてでしたね。私も読んでいて驚きました。

高校受験は地方によっていろいろあるんですね。東京は選択肢が多くて(私立中高一貫、公立中高一貫、難関都立高、難関国私立に高入と様々なルートあり)恵まれているように思います。

ブルータス、またもやお前か(青息吐息)

 “抱き合わせ方式”に“高槻方式”恐ろしいですね( ; ゜Д゜)橋下さんが教育改革だぁ~フンガ~ッて叫んでいた事を思い出しました。愛知の従姉妹は抱き合わせが嫌で国立附属に逃げたけど、大阪の従兄弟は茨木市に住んでたから茨木高校に行くしかなかったのかなぁ・・・なぁんて想像しています。

 少々話題から外れますが「浪人」のおそろしさをよく知っていると思われる世代のひとつが“最後のバブル入社組”と呼ばれる世代・・・1浪でもすればバブル崩壊後の就職難に直面するという悲劇に見舞われることになった世代です。東大などの難関大学に進学するための浪人ならともかく、田舎の女子高に進学するために2浪もしてしまっていたら・・・悔やんでも悔やみきれなかったと思います。

No title

共感していただきうれしいです。ありがとうございます。

愛○県のとある地域は、今でも抱き合わせだと思います。田舎だから。これでも地区で2番目の進学校でした。
能力別クラス編成はしていませんでした。

東大・地元旧帝大に少人数づつ、県下の公立高校からまんべんなく輩出している県は、中学教員が「抱き合わせ進路指導」に近いことをやっていると思っています。

愛○県は突出した有名公立高校というより、東大1-2名とちょろちょろ輩出する進学校数が多い県です。
ただし、名古屋市内にある公立高校は政令指定都市のため教育組織・体制が違うため除きます。

やっちゃってる県の他の識別方法として、センター試験のフル科目受験者率(者ではなく率です)が、すごく高い県はあやしいと思っています。
いくつかありますが、とりあえず北〇道。

大してレベルも高くない公立高校が全生徒にフル科目受験させることができるのは、教員数を多く抱えている公立高校ならではであり公立王国県の証拠です。

公立王国県である愛○県と北〇道の共通点は、地元旧帝大があり、国立の○○教育大があること。
代々、県庁教育委員会か高校は地元旧帝大卒、小中高の教員は○○教育大卒で、ほぼ9割を占めていると思われます。
まさに岩盤教育。強烈な公立王国県には、輩出源が必ずそばにあります。
ただし札幌・名古屋市内の政令指定都市は除く。

国立大学と県教育委員会が強固なタッグを組むのは田舎では多いですが、私立・都立・国立が百花繚乱している東京ではないようのです。

私の中学教員の自慢は「地元小中高卒+愛教大卒+教育実習も母校+配属先も母校」でした。
狭いエリアで長く生きることが地元優良民印のようで自慢げに常に語っていました。

生きてるエリア狭すぎ、人間の器が小さすぎで気持ち悪かったです。でも、この地域では、それがエリートでした。

他の先生も「〇〇先生は、ずっと地元のエリートだから。必ず出世する」とほめたたえていました。
筑波大卒の教員が1人いましたが、出世できないと言っていました。ツ・ク・バ・ダ・イは愛教大の遥かかなたの聞いたことない格下大学という特殊な世界でした。

抱き合わせ方式の利点は、賢い子を中央に集中させないため全県分散的に教育の質が保たれること、過疎地防止となることです。
最大のメリットは、賢い子を分散させると全県下の公立高校の質が均一に保たれ、移動する教員たちに都合がよいのだと思います。

長くなってすみません。クソ田舎の話、ご興味ありますか?まだまだ続けられますが・・・。

No title

なるほどシャチホコの愛○でしたか、坊ちゃんの方ではなく。納得です。

>長くなってすみません。クソ田舎の話、ご興味ありますか?まだまだ続けられますが・・・。
→新鮮なのでぜひもっと聞かせてください。

かの地で大学教員をしている知人が何人かおりますが、地元の学生はとかく地元で就職したがり、東京本社のある大企業にはあまり目が向いていないと言っていましたね。トヨタの傘下にはトヨタ向けのシート専門、ナビ専門などの子会社が無数にあり、学生は概してそういう会社に就職したがるのだとか。あまり外の人と結婚しないとも聞いております。

また、愛知と言えば昔から管理教育で有名でしたね。私の親父は教育熱心だったため家には教育関連の本が数多く置いてありましたが、その中に「奇跡の対話教育―高校へ行かないで、東大・京大に合格するまでの記録」(光文社)もありました。愛知の管理教育になじめず県立高校に進学させることを断念して、大検経由で長男、次男を東大(理三)、京大(経済)に進学させたお父さんの教育論です。
その後キャスト坂上忍(長男)、有森也実(同級生)、菅原文太(父)、長塚京三(担任)でドラマ化され、毎週楽しみに見ておりました。ななしさんはご覧になったことありますか?
挿入歌の「バラッドをお前に」懐かしいなぁ♪

筑波カワイソス

>生きてるエリア狭すぎ、人間の器が小さすぎで気持ち悪かったです。でも、この地域では、それがエリートでした。

ローカルが過ぎると、ローカルならではのエリート思想が生まれますよね。
で、たいてい気持ち悪いんですよ。

>筑波大卒の教員が1人いましたが、出世できないと言っていました。ツ・ク・バ・ダ・イは愛教大の遥かかなたの聞いたことない格下大学という特殊な世界でした。

ダハハハハ、何となく東工大と信州大のコピペを彷彿させますな。

>長くなってすみません。クソ田舎の話、ご興味ありますか?まだまだ続けられますが・・・。

いやあ、大変興味深いです。面白いなあ。どんどん開帳してください。
折角ですから名前も入れてください。お好きな名前をドーゾ。

真夏の夜のミステリー

>愛○県のとある地域は、今でも抱き合わせだと思います
>能力別クラス編成はしていませんでした。
→私の出身県よりも酷い地域があったという事を初めて知りました。しかもいまだにその悪習が続いているなんて・・・衝撃的でした。

>学生は概してそういう会社に就職したがるのだとか。あまり外の人と結婚しないとも聞いております。
→私の従姉妹は、親が売れないミュージシャン&ダンサーだったせいか比較的自由な進路選択が出来たようで、海外の大学に進学し国際結婚をして海外で働いております(苦笑)

 「東大一直線~もう高校はいらない」毎週楽しみに見ておりました。あの頃の坂上忍君が大好きでした・・・それなのに、どうしてあんな芸風になってしまったのでしょう・・・私にとっては彼の変貌が一番のミステリーです。

No title

>移動する教員たちに都合がよい

なるほど。 抱き合わせして一体誰にメリットがあるんだろう? と思いましたが、教員にメリットがあるんですね。
 「底辺校を作らない」とか「15の春の泣かせるな」とか言って その正体は・・ ということか

タイムスリップ~魔境編~

>移動する教員たちに都合がよい
→ド田舎だと母親が早期退職するのと入れ替えに教諭として採用してもらうというパターンも多かったです。縁故>>>実力が当たり前。母親の退任待ちのために留年してるとか普通にありました。

 なにせ母校の校舎が心理的瑕疵物件になっちゃってますからねぇ(つまり亡くなられたお子さんがいらっしゃるという事です。ついでに言えば自ら死を選んだ先生なんかもおられました)もうシャレにもならんほど酷い学校でしたよ。ぶちぶち・・・暴行・恐喝・カツアゲ・14才の母・・・教師はすべて見て見ぬフリというのが鉄則で被害者側に転校もしくは留年をおすすめする。加害者側は〇〇会〇〇一家とかだったりしますからお咎め無しです。

 安心して子供を預けられる学校とライフスタイルに合わせた働き方の出来る職場・・・田舎には、たったそれだけの条件すら満たす事が出来ない魔境が多く存在するようでございます。

No title

>もうシャレにもならんほど酷い学校でしたよ。ぶちぶち・・・暴行・恐喝・カツアゲ・14才の母・・・教師はすべて見て見ぬフリというのが鉄則で被害者側に転校もしくは留年をおすすめする。加害者側は〇〇会〇〇一家とかだったりしますからお咎め無しで

これはずいぶん壮絶ですね。
どうやらGeminiさんの母校が岩手大教育学部付属小→中でないことだけはよくわかりました(^^;)

坂上忍も昔はいい顔してましたよね。
「さよならマンデイ」とか歌っていましたっけ。本人にとっては黒歴史かな?

タイムスリップ~伏魔殿編~

>「さよならマンデイ」とか歌っていましたっけ。本人にとっては黒歴史かな?
→よく覚えているのは「ブギウギしーちゃん」です。しーちゃんバッターボックスぅ~ブギウギ打法さッ♪というのが当時よくTVで流れていたような記憶がございます。あんなに可愛かったしーちゃんが・・・あんな風になってしまうなんて・・・やはり芸能界という所は伏魔殿なのだと思いました。って、私もたまにスタジオとかロケとか取材とか行ってたから色々と見聞きはしてるんですけどね(^^;
 田舎と芸能界はたまに遊びに行くから楽しいのであって、実際にそこで生活していくのは大変だと感じます。

No title

ありがとうございます。お言葉に甘えさせていただきお邪魔します。

みなさまの「信じられない」との反応に救われています。ノーマル反応がうれしいです。公立王国では、レスに書いたことが常識と正義なので、自分は異常なのだと思い生活していました。

上記レスの東大理系OBさんの話も、信じられます。シャチホコ県のとある地域の昔話ですが、

東大の場合。
「なんで東大なのか。なんで地元旧帝大はダメなのか」を教師・親・友達にプレゼンします。納得するわけありませんから「裏切り者」の名を背負い受験します。落ちれば「そら見たことか」と笑いものです。

しかも、「学力不足による不合格」ではなく「親や地元へ不義理を働いたから不合格」という呪いの言葉を浴びせられます。

男子の場合、
地元大学に進学したら親は新車を買い与えていました。新型スカイライン200-300万円相当。地元に残ってくれたご褒美です。早慶MARCH理科大は、裏切り者&親不孝者なので、進学を祝うどころか「なんで東京行くんだろうね」とあらぬ噂話がひろがります。

女子の場合、
地元以外という選択肢が存在しません。娘が生まれたら「庭にヒノキ」をうえ、近所の「平〇殿に結婚式貯金」を開始します。ヒノキは嫁入りのタンスに作るため。「アタシ、平〇殿で結婚式するの」と友達がいっていました。中学生です。相手がいなくても結婚式場が決まっているのが地域デフォ。


ちなみに、庭にカリンの木を植えている家が多くありましたが「他人から物を借りん」だそうです。京都では松を植え「あなたを待つ」にかける粋がありますが、カリンをうえるえげつなさにドンビキしました。

当時、ト〇タ市内へホンダ車で行ったら珍しさで行く先々が振り返りスーパーに駐車したら5-6人に囲まれました。見たことない車という事で。

自分で書いていて、どこの異国の話かと思います。閉鎖性がカイゼンされていることを希望します。

話は現代に戻りますが、
関東圏にも高校浪人は一定数いますよね??表に出にくいけれど高校募集のある難関私立に。ブルータスお前もか高校にもいますよね??。子どもによると受験時アンケートで現役?既卒?があったそうです。

高校は義務教育じゃないので浪人OKです。私立高校は規制してないことが多いです。年齢・住所地の制限を持たず自由度が高いが、私立学校の特色です。公立と同制限をかけるなら、私立学校の存在意義は薄くなります。

15の春を泣かせないは、12の春を泣かせないに変化しましたし、そもそも少子化で泣かせるほど多くの子どもはもういませんので、大学浪人より高校浪人が活発になることを願っています。だって、5教科の基礎学力が定着するのは本人のためにいいし範囲が狭いから1年間の浪人は非常に有効です。

こちらのレスは楽しかったです。特に盛岡第一高校のお話(^^)。「ブルータス、お前もか~廃れゆく高校受験」のタイトルもいいですね。同感します。

高校受験ってホントはすごく便利で人生再チャレンジ可能な制度なのに、廃れていくのはもったいないです。中高一貫化は、義務教育と自由教育の一体化で、カリキュラムの得は大きいけれど、やり直ししにくい教育制度であるという負の面にも目を向けてほしいです。

高校受験でお得校は、面接あるけど3教科で募集人数が多く競争相手が狭範囲・出題範囲も狭い(大学受験と比較)・内申不要の「男子・早慶・高校受験」ですかね。資金があれば政経に行きやすい高校もあるし。

高校浪人&高校受験、面白いんだけどなあ・・・・。

早慶に入るなら

>高校受験でお得校は、面接あるけど3教科で募集人数が多く競争相手が狭範囲・出題範囲も狭い(大学受験と比較)・内申不要の「男子・早慶・高校受験」ですかね。資金があれば政経に行きやすい高校もあるし。

ちょっと前まで早慶に入るのに一番楽なのは大学入試だと思っていましたが、昨今は高校からの方が楽そうですね。
全国を相手にしなくていいし。

それにしても、俺がシャチホコ県に生まれ育っていたら、どうなったろうか。
案外せっせと庭にカリンの木を植えてたりして。

多分、カエサルの言葉

「どんな悪法も、最初は善意から始まっている」という言葉を聞いた事が有ります。

学校群制度も、進学先事前指導も、元々は中学浪人を無くすのが目的だったのでしょう。旧制中学を前身に持つ伝統校が圧倒的なトップ校である地域では、そこに入る事が地元のトップカーストに所属するための必須条件になってしまっていますから、それこそ一浪しても二浪してもそこに入らなければという生徒(家庭)がいた訳です。

内申書を重視する入試制度も、始まりは、試験一発勝負だと、当日たまたま体調を崩した等の悲劇を起こさぬようにとの善意からだと思います。しかしながら善意で始まったはずの諸制度が、次第に教員側の都合や自己満足的イデオロギーで濫用され、生徒の自由や権利を無視した運用が成されるに至ったという事でしょう。

以前アメリカの友人に聞いた話ですが、某都市(かつて自動車産業で知られた都市です)で1970年前後の時期に、公立校のレベルを均質化する目的で、レベルの高い地域とレベルの低い地域で生徒を交換する、という事が行われたそうです。結果として何が起きたかというと、富裕層は続々と街を離れたり、子供を遠くのボーディングスクールに通わせる等して、公立校のレベルは下がり、富裕層の脱出で街も衰退して行った、という恐ろしい話です。

シャチホコ県は今のところは相対的に見て破綻していないように見えますが、今後はどうなんでしょうね?

No title

鋭いご指摘、ありがとうございます。

ボロクソに書きましたが、大人になり振り返ると恐ろしいことにシャチホコ指導は正しかった、今後も継続し続けるだろうと思うのです。もちろん個人的には進路選択妨害として強い憤りを覚えますのでミクロ反対、マクロ賛成です。

抱き合わせ進路指導の正体は、長期スパンでその土地に住むことを前提とした、その地域を枯渇させない方法だったという事です。長くその土地に住むことでメリットの教授ができ、短期在住では私のように不満が残ります。

土地に残った友はどうなったか。
地元の転勤のない中小に就職。地元の人と結婚。家から通勤できる中小のため通勤時間ロスが少ない。給与は高くないけれど、親がスープのさめない距離にいるため子育て支援が充実している。親の介護も程よくできる。住居も安い。

時間ロスが少ない、育児介護といった人生ケアの家族支援の充実。GDPで測っていない価値をまるっと手に入れています。この差は人生が長くなればなるほど大きくなります。

華やかな東京で高給取りとなっても、通勤ラッシュ・ワンオペ育児・高額な教育費。シャチホコ田舎に残った友よりよかったとは思えません。今後、教育費貧乏&下流老人になればなおさら強く思うでしょう。

シャチホコ田舎では、女性が退職しても、もとの会社からパートの声がかかります。子育てに都合の良い時間だけ働いてくれればいいと。会社も元社員のため安心です。新入社員教育に金をかけても、地元に住んでいるので再雇用という形でペイできます。だから社内教育費を削る必要がありません。長く雇用するので特別優秀でなくても大丈夫です。

人材交流を強く拒み若者を地域に囲い込んでも、中部地方は繁栄を続けます。自分を見つめカイゼンを続けまくったトヨタは世界企業になりました。名古屋大学も地域企業と密着し産学協働のトップバッターです。イチローにドラゴンボールの鳥山明、トリプルアクセルの伊藤みどりなど偉人もいます。管理教育から偉人排出という矛盾です。


アメリカの話がありましたが、おかしいですよね。管理教育より自由教育がいいに決まっています。でも結果は反対で皮肉です。

ずっと考えているのですが、わからないので教えてほしいです。

シャチホコ教育の役割は「地元で教育を受ける体制を守ること」、貢進制度に乗らない、進学で子どもを外に出さないことにあったように思います。抱き合わせ指導の結果、地元公立高校の安価な教育費で、地元に必要な人脈を築くことができています。メー大、メーコー大、愛教大が一番、それでいいのです。メー大を頂点に、工業大と教育大がツートップで支えています。

教育とは学校に通う短期間だけではなく、人生のライフサイクル全部ひっくるめての教育だったようです。アメリカ式グローバルとは真逆の「都道府県、市町村単位の鎖国」です。住居の固定化政策を伴う為、一見自由はありませんが「徳川方式」徳川200年の知恵でしょうか。

徳川御三家でありながら人脈流出は決してしない。本家(東京)と張り合わない。本家が倒れても(明治政府に取られても、アメリカ式に染まっても)、御三家として我が土地を守り続ける。それが御三家の生きる道。
家康誕生の地なので他の御三家より、権現様の思想ががっつり残っている気がします。

だいたい、私立中学を御三家って呼ぶの嫌いです。私学を御三家って呼ぶのおかしい、エセ御三家ですわ。御三家なら東大に行け、早慶・医学部行くなって言ってやりたい。6年制度のフライング教育(早期教育ともいう)を受けてきたエリート層の医学部、私大編重はいずれ産業・教育・医療・行政・政治に歪みをもたらすでしょう。

ホントの御三家は、個人の自由選択はなくヒエラルキー崩壊も許さないと思います。

たいへんリアルでスリリングなお話をありがとうございます。

昨年、陸宿借さんが、「東大率と東京一工率〜東大偏重校をあぶり出す」(2018年3月)の記事の中で、国公立医学部合格者数を地域別に分析しその地域の進学校の序列や傾向について深い考察を展開されていました。
その中で、バルバロッサ作戦と称して東海による東方への侵攻を指摘されていたことを思い出しました。

実力がありながらなぜ今まで東京を目指していなかったのか、また私学である東海がなぜ圏外に進出し始めたのかという背景がわかった気がします。

ここまで管理教育がその地域のための維持装置になっていると、なんだか管理教育というより社会主義市場経済的社会という感じがしてきそうです‥
社会があまり変化を必要としないならばそういう選択が成立するのでしょうか。

祝 5000コメント達成

おめでとうございます、「陸宿借」さん
タイトル「多分、カエサルの言葉」のコメントが通算5000コメント目となりました。

お題を頂ければ、出来るだけそれに沿った記事を書きますので、よろしくお願いします。
(真面目に書くとは限りませんが)

光栄です

ロングさん、栄えある5000コメント目の獲得、大変嬉しく思っております。うだるような暑さの中、中年ボディにむち打って二連投した貝がありました。

さてお題ですが、節目の5000コメント目にふさわしい壮大なテーマ。

「俺が文科相になったら、日本の教育こんな風にしちゃうもんね」

で、お願いいたします。私も後ほど真夏の暴論を書き殴らせて頂く予定です。

全校、共学化でもするか

>「俺が文科相になったら、日本の教育こんな風にしちゃうもんね」

これはガラのでかいお題で楽しそうです。
まあ、いろいろ考えてみますよ。フフフフ。

No title

シャチホコさん(お名前がないので、勝手に命名させて頂きました)、白鳥座さん、どうも。

鎖国的な政策は、その土地が自然条件、経済条件、人的資源等に恵まれていれば機能するのでしょう。シャチホコ県は古来より水資源が豊富で、気候は温暖、波静かな内海は海運にも漁業にも適していて、非常に恵まれた土地柄です。平地が多く、戦後の宅地開発や道路整備もスムーズに進んだ所に、あの世界的大企業と膨大な周辺企業群の出現。わざわざ外に出る必要が無かったのでしょう。

白鳥座さんに言及頂いたバルバロッサ作戦の記事では、中京のトップ校である東海の医学部合格実績が関東地区にも増加している事を指摘しました。名古屋大学医学部という、名古屋城の更に頂点に輝く金のシャチホコに圧倒的な強さを誇り、地元では次点と評される名古屋市立大医学部でも例年トップの実績を挙げているのを見ると、地元開業医のご子息等が多い事は窺われますが、転勤族等、地元志向に囚われない優秀層の受け皿になっている事から、東大や関東地方の医学部への合格者も多く出ているのだと思います。

仕事で何度かシャチホコ県にはお邪魔しました。地元の方の案内で訪れた飲食店は、全てクオリティの高さとサービス精神(常連の方が居たからでしょうが)に感嘆しました。住環境も申し分なく、首都圏のような通勤地獄も無い。あまりお金を使いたくない人には高水準の公教育が、お金を惜しまない人には名門私立が用意されている。だから、シャチホコ県の教育システムに多少の不満が有っても、外に出たい人は多くないのでしょうか。

シャチホコさん

シャチホコさんでお願いします。「中学受験のギャップ」というタイトルに惹かれ、書きちらしてしまい申し訳ないです。

友たちから自分の子を母校に入れたと年賀状が届きます。満足しているという事なんでしょうね。管理教育というより社会主義市場経済的社会、その通りだと思います。よく言えば、流行りの持続可能な循環型社会とか?。

ご指摘のように東海中高は転勤族等、地元志向に囚われない優秀層を吸収しています。東京のように数多くある私立の中での優秀なガッコと違い、ここだけが突出していますので天国・地獄型受験になるのかなと思います。

アメリカの友人からの某都市(自動車産業)の話、トンチンカンな返事をしていまいすみません。
ただ、シャチホコとアメリカ某都市は不思議なことに「工業(自動車)の街」が共通項ですね。シャチホコのとある巨大企業城下町はALL社員で構成され、工場内では作業着の色が違う(直営か関連企業か一目でわかる)、腕章が違う(階級、会社別に色分け)、住むエリアが分かれている(管理職、一般、ブルーカラー、ホワイトカラー)、工場内には自前の病院や警備があり、公権力である警察も消防も許可なく立ち入れない異様な会社形成のため塀の外、家族が住む町も世間とずれた社会を構築しがちなのかもと思いました。1万人が働く巨大工場への出入り口が1箇所だけ(検問の為)でしたから閉鎖性に気が付いた瞬間から、塀の中でも外でも生きていけなくなりそうです。

管理教育や閉鎖性などの塀に気づかない生き方が幸せなのかもしれません。進撃の巨人みたい(^^)。

田舎 百景

 皆さんは、今年の開成高校で一番頭のいい人の名前を知っているだろうか?

 オラの出身県では、その代で一番頭のいい生徒の名前が県下に知れ渡ることがある。
 「○○君ってこんなに頭がいいんだって」ってな感じで主婦の噂話になるのだ。 誰が情報を流して誰が広めているのか知らないが、口コミで広がって行く。 ○○君に彼女がいたりすると彼女の名前まで広がっていったりする。

 情報は詳細に渡る。 今回の定期テストでは2位以下を何点離した。東大の入試で数学パニックになった。英語が何割できたとかそんなことまで噂になるのだ。

 例えば外交官になったりすると今の赴任地はどこ、なんて20年経っても噂になったりする。

 つまり一番頭のいい人間は一般人ではない。オラが村が誇る天才、って感じか もしくは芸能人のような扱いになるのだ。 オラは当時は別に疑問に思わなかったが、今考えると 異常な世界だ。

>オラの出身県では、その代で一番頭のいい生徒の名前が県下に知れ渡ることがある。

すごいですね。1位が2位以下を圧倒的に引き離したりするからでしょうか。2番のほうが気楽に生きられそうですね。

都会の都府県ですと、その学年で「一番頭のいい者」を確定するのが難しい気がしますが、どうなんでしょう。定期テスト、校内模試、外部模試などにより、成績がまちまちになるような。

※某校では最優等の卒業生1名に黒田賞という賞が授与されますが、「同校で一番頭がいい」というのとはまた別な気がします。(個人の感想です)

No title

ドカベンで、花巻高校の主将太平洋が文武両道の「人間校宝」を初めて与えられたというエピソードを思い出しました。
動機さんがよく「伝統公立は根拠ない自信が持てる」と吹聴していましたけれど、難関校ではそれぞれの分野でエッジを効かせた全国レベル、世界レベルの生徒がいるので、全部が一番というお子さんはいないようですけどね。お山の大将には非常になりづらい環境のような気がします。
受験勉強だけができる生徒が一段低く見られる傾向もあり(あいつは単なる受験オタのように思われる)、なかなかつらそうな環境です。

「根拠なき自信」は、伝統公立に通えば持てるとか難関校に通うと持てないとかいうものではないと思いますけれどね。

高校のとき以来「頭がいい」とはどういうことを指すのか(どういう人をいうのか)をたまに考えてきましたが、答えが見つかりません。

No title

>「根拠なき自信」は、伝統公立に通えば持てるとか難関校に通うと持てないとかいうものではないと思いますけれどね。

子供の様子を見ていると、「自分はこの教科がとても得意である」という自信は総じて持ちにくいようです。どの教科であれ周りにとても凄い子達がいるので。
そして、相対的に目立てる=少しでも「かっこいい」と友人たちから思ってもらえる教科ばかり勉強する傾向があるように思います。

動機さん理論を非論理的につなげていらっとさせてたらすみません。
動機さん、某サイトに復活されてスレ立てされていますので、そのうち「根拠なき自信」についても聞いてみます。


まったく「いらっ」とはしておりません。
私の書き方がぶっきらぼうでした。失礼しました。

私はたいしたことは考えておらず、伝統公立校であれ難関校であれ、上には上が必ずいるものなので、自信が持てるかどうかは本人の気の持ちようなのかな、と思った程度です。

確かに、難関校の生徒において、伝統公立校の生徒と比べて、入学時に勉強面で自信を持った者が多いのだとするならば、その反作用として入学後に自信を失う者も多いのかもしれませんね。あるいは、難関校の生徒なら入学前に塾通いをした人間が多いでしょうから、塾通いの時点で上には上がいることを既に知っているはずであり、「入学前に持っていた自信を入学後に失う」というよりも、「いつまでも自信を持つことができない」ということなのかもしれません。
(さりとて、じゃあ伝統公立校なら自信が持て、維持できるのかというと、そうでもないような気もしますけれど)

根拠なき自信

「根拠なき自信」というのは、私は良い意味では捉えていません。基本的に有害だと思うからです。根拠のない自信は、単なる自分への過信です。

優秀な人間が目標に向かって真面目に努力をしても、努力しても超えられない他人に出会ったり、他人と比べなくても、自分の能力的な限界を感じる事はあります。
そこを自覚した上で、超えられない他人が居る事は受け入れて努力を続ける、方向性を変えてみる、等の取り組みをする事が、人生において重要だと思っています。

一方、必要な努力をしなかった人間や、優秀な人間と自分との差の自覚すら出来ない人間に限って、「自分は本当はやれば出来る」、という思い込みをしがちです。これこそ「根拠なき自信」です。真剣に努力した事もないくせに、「やれば出来る」かどうか分かるはずも有りません。

「根拠なき自信」とやらが、人生において有利に作用する事があるのか、甚だ疑問です。実力も実績も無くても自信たっぷりに自己アピールが出来るので、就活の面接には強かったりするんですかね。見る人が見ればバレると思いますが。

No title

子供には努力の出来る人になって欲しいと、私も思います。

でも我が家では、努力する、頑張ることの大切さを大きな声で唱えている人がよりによって夫なのです。

努力して、頑張って、その先にあるのが”あなたという人間”なのかと、私はあなたのようにはならない、おそらくそう思っていることでしょう。

今は、学習よりもビジネスの世界を覗いているようです。他の人と順番が違っても、知識や学習が必要だと気付いたときに、そこに取り組んでくれれば良いかなと思っています。

「根拠なき自信」の横綱

「根拠なき自信」でいいますと、やはり横綱は戦前の帝国陸軍及び海軍でしょうな。

「なんとかなる」という盲目的楽観論。
それで余分に100万人も同胞を殺したんだから、罪なものである。

ブルータス、やっぱりお前か~カオス編~

>でも我が家では、努力する、頑張ることの大切さを大きな声で唱えている人がよりによって夫なのです。
→うわぁ~・・・しばし絶句・・・。スポーツの世界では、休養も練習のうちというのが当たり前なのですが・・・厳しいですねぇ(^^;心中お察し申し上げます。

 久しぶりに昔仲の良かった地元の友人に会った時「えっ、〇〇さんて、お酒飲めるの?!」と、驚かれてしまいました。高校生の時「えっ、〇〇さんボン・ジョヴィ知ってるの?!塾とかの名前じゃないよ。」と言われた時以来の衝撃でした(^^;

「根拠なき自信」という言葉に私はあまりマイナスイメージを持っていなかったのですが、確かに努力や合理的判断に裏打ちされない自信は過信に過ぎず、有害になり得ますね。
私は「根拠なき自信」を、「自分のありようをそのまま丸ごと受け入れ肯定すること」という意味合いで用いていましたが、そうなると「根拠なき自己肯定感」と言ったほうが私のイメージに合っているのかもしれません。

努力したからといって成功するとは限らない。
しかし成功した人は皆その人なりの努力をしている。
努力するもしないも君の自由だが、君が努力しないのだったら、努力している人のことを馬鹿にするのは今後一切やめたほうがいい。

…という偉そうなことを、先日キャンプで友人の息子に熱く語ってしまいました。飲み過ぎた。

ジョジョ三大兄貴の一人

「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画にプロシュートという暗殺者が登場します。
主人公に敵対するキャラクターですが、次のような言葉を残しています。

「ブッ殺-す」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!

…物騒ですみません。もう20年以上前の言葉です。

私は「努力」とか「頑張る」といった精神的な単語が出てきたときに、このプロシュートの言葉をよく思い返します。

プロシュートは部下に対して暗殺者の心構えを教えているのですが、
やる人は、やると決めたそのときには、言葉でなく、実際に行動に移している、ということです。
努力すべきときが来たら、「努力します」などと口に出す前に実際の行動に移すべし、という風に私はとらえ、自分に言い聞かせるようにしています。なかなか思うようにはいかないですけれど。

No title

うちがちょっと特殊なだけなんだと思います。
努力とか頑張るとかについては、皆さんの認識で良いと思います。

ただ、今子供には
努力=夫、と見えているのです。そこの拒否感がとても大きい。
私ももちろん、努力している人、してきた人をバカにしてはいけない、
それは違うよと、何度も言い聞かせています。

まぁ、うちはまだしばらく時間がかかりそうです。

No title

うちの子供は、アニメで言うとルパン三世とか、
銀魂の世界観が好きなんですけど、
要は、力の抜けたヒーロー、みたいな。
あ、でも銀魂では土方さんが好きらしい…

ルパンでいうと次元が好きで、次元って銃が天才的に上手じゃないですか。

「次元もね、何もしないで銃が上手いわけないんだよ。きっと誰も見ていない所で練習しているよ」
と、私から子供に言ったことはありますが…

あとは、努力って結局、人から強いられた途端興ざめしてしまう代物なんです。

例えば、「もっと美味しい料理を作るように努力しろよ」って言われてたら…

ちゃぶ台ひっくり返しますね 笑

No title

うちは 鬼嫁は真面目努力型。 
コツコツやって 宿題もきちんとやる。

 オラはグータラ サボり人間。
 宿題なんてやらない 気が向くまで勉強もしない。 苦手教科は得意教科でカバーできるという 根拠のない自信。

 で、鬼嫁は、宿題をきちんとやろうとしないアホ息子に怒り狂っています。 宿題はやるのが「普通」。試験2週間前から自分で計画立てて勉強するのが「普通」。

 その普通ができない息子は「普通ではない」のだニャン。 

 鬼嫁が怒っている時 オラは「まあ男の子なんてそんなもんだ」と思っていても口に出したら火の粉が飛んでくるので仕事をしているフリをしてイヤホンで耳栓している。

※口出ししようもんなら「うるさい、黙っていて。きちんと勉強しないからあんたみたいになってしまうのよ」と言われるだろうニャン

しゃちほこ

>オラの出身県では、その代で一番頭のいい生徒の名前が県下に知れ渡ることがある。

わかります。わかります。田舎あるある。続編です。

車で帰省したら(ナンバーから)手土産を持参した○○方が、ご挨拶をと馳せ参じていらっしゃいます。義母がそっちじゃない側なので(帰省は出来の悪い息子のほう)とお断りしてるのが笑える。就職先も拡散。諜報員が優秀すぎて田舎・コワイ。

根拠と自信

「根拠なき自信」は個人で持って、個人で突き進む分にはなかなか面白いと思います。
うっかりミスが大発見につながるような、計算外の楽しさがありますね。

ただ人の上に立ったら、「根拠ある自信」で動いた方がいいでしょう。
それがリーダーの資質のひとつです。

南イタリアあたりの話を聞くよう

>車で帰省したら(ナンバーから)手土産を持参した○○方が、ご挨拶をと馳せ参じていらっしゃいます。

しゃちほこさんやハルビンカフェさんの田舎話は、浮世離れしていて、異国の昔話を聞くような楽しみがあります。
面白いなあ!

No title

さて、根拠のない自信 といえば 「健康」である。

なんとなく自分は大丈夫、という根拠のない自信を持っている人は意外と多いと推測する。

 多分、人間って「現実を直視」したり「すべての可能性」を考えて対策することはできない生物なのだ。 能力的にできないのか、できない方が適者生存で進化したのかはわからない。
  ある程度楽観的に考えないと生きていけないのだとオラは推測する。

 根拠のない自信は進化の過程で獲得した果実なのかもしれない。

※と よくわからんことを書いて グータラな自分を弁護してみる。


 「グダグダ書いとらんでその間に英単語の一つも覚えんかい!」

へ、へい。

欠落を補う脳。その欠落の補い方

>多分、人間って「現実を直視」したり「すべての可能性」を考えて対策することはできない生物なのだ。 能力的にできないのか、できない方が適者生存で進化したのかはわからない。

池谷裕二さんの『進化しすぎた脳』か『単純な脳、複雑な「私」』(いずれもブルーバックス)の中で、人間の脳は見えない「部分」を勝手に補って「全体」を把握し解釈する、というような話を読みましたが(「ゲシュタルト群化原理」だったか)、そのことを思い出しました。

話がズレましたね。失礼。
でも深く掘り下げていくと話は繋がっているのかもしれない。

ブルータス、やっぱりお前もか~俗世編~

>うちは 鬼嫁は真面目努力型。 
コツコツやって 宿題もきちんとやる。
>試験2週間前から自分で計画立てて勉強するのが「普通」
→私もそういうタイプの人間ですが、愚息はハルビンカフェ様タイプなので、宿題の一部はいつも私がやっています。今年の夏も英語長文読解問題集3冊をやっつけ、現在、芸術系の宿題の製作が佳境に入っております(/。\)

 私には”身体的な障害や知的障害を持つ方々“と一緒に仕事をした経験がございます。ゆえに、どのようなお子様でも(寝たきりで命をつなぐための戦いをしているような状態でなければ)各々に合った方法とペースで努力すれば、色々な事がちゃんと出来るようになると分かっております。したがって、我が子にも無理矢理自分のやり方を押し付けようなどとは思っておりません。
 しかしながら、日本という国は時間や期限にシビアで、決められた日時に間に合わない=出来ない(努力が足りない)と判断されてしまうため、止むを得ず力不足で間に合わないものは手伝う羽目になっております(^^;

酒浸りな8月

>さて、根拠のない自信 といえば 「健康」である。

耳が痛い。今月はまだ休肝日がない。やれやれ。

No title

>各々に合った方法とペースで努力すれば、色々な事がちゃんと出来るようになると分かっております

これをわかっている親、教育関係者ってそんなに多くはないと思うんですよね。
(少なくともオラはわかっていない)

母様は偉いニャ

 

No title

 ふと見たら 高校生クイズの全国大会の出場校が出揃っている。
 まあ、それなり・・・かな

北海道代表 北海道札幌西高等学校
青森県代表 青森山田高等学校
岩手県代表 岩手県立盛岡第一高等学校
宮城県代表 聖ウルスラ学院英智高等学校
秋田県代表 秋田県立秋田北高等学校
山形県代表 山形県立山形南高等学校
福島県代表 福島県立福島高等学校
新潟県代表 新潟県立高田高等学校
富山県代表 富山県立富山中部高等学校
石川県代表 国立金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校
茨城県代表 清真学園高等学校
栃木県代表 栃木県立宇都宮高等学校
群馬県代表 群馬県立前橋高等学校
埼玉県代表 栄東高等学校
千葉県代表 千葉県立船橋高等学校
東京都代表 東京都立日比谷高等学校
神奈川県代表 サレジオ学院高等学校
山梨県代表 山梨県立甲府南高等学校
福井県代表 福井県立藤島高等学校
長野県代表 長野県屋代高等学校
岐阜県代表 岐阜県立岐阜高等学校
静岡県代表 静岡県立焼津中央高等学校
愛知県代表 愛知県立愛知総合工科高等学校
三重県代表 三重県立四日市高等学校
滋賀県代表 滋賀県立膳所高等学校
京都府代表 京都府立洛北高等学校
大阪府代表 大阪府立茨木高等学校
兵庫県代表 灘高等学校
奈良県代表 奈良県立高田高等学校
和歌山県代表 智辯学園和歌山高等学校
鳥取県代表 鳥取県立鳥取西高等学校
島根県代表 島根県立出雲高等学校
広島県代表 AICJ高等学校
山口県代表 山口県桜ケ丘高等学校
岡山県代表 岡山県立倉敷青陵高等学校
徳島県代表 徳島県立城東高等学校
香川県代表 香川県立丸亀高等学校
愛媛県代表 国立新居浜工業高等専門学校
高知県代表 土佐高等学校
福岡県代表 福岡県立筑紫丘高等学校
佐賀県代表 佐賀県立佐賀西高等学校
長崎県代表 青雲高等学校
大分県代表 大分県立宇佐高等学校
熊本県代表 熊本県立八代高等学校
宮崎県代表 宮崎県立宮崎西高等学校
鹿児島県代表 鹿児島県立鶴丸高等学校
沖縄県代表 昭和薬科大学附属高等学校
特別選出枠
長野県 N高等学校
奈良県 東大寺学園高等学校
香川県 香川県立高松高等学校
シード枠
三重県 桜丘高等学校

しゃちほこ

失礼します。
聖ウルスラといえば、名古屋大学のま〇あさんですね。名古屋大学へAOか推薦だった思うのですが、化学好きで高校時代から毒盛り実験・大学で殺人の事件です。

そもそも物理や化学でAO・推薦はムリがあると思うのですが、全学部一律でAO・推薦枠が増え大学も苦しい所かと思います。

東京都立日比谷高等学校は初出場ですね。N高校も出るんだ。どちらも、めでたい限りです。シャチホコ県は愛知県立愛知総合工科高等学校ですか。東京の都立多摩科学技術高校や東工大附属科学技術高校に対抗して作った高校ですかね。

名古屋大学は猛烈なクラッシュ&ビルドで大学リニューアル、田舎移転で広く綺麗な校舎を手にした九大、ともに工業地帯のドン大学の対照的な戦略です。どうなるかわかりませんが、名古屋・栄の地価は上昇してるし人気も出るでしょうね。シャチホコ県に軍配があがるのはフクザツ・・・。

No title

 名古屋大学は前の総長がいろんなことをしていました。 で、中央政界or文科省からの評価は高かったと思われます。
 なんせ、名古屋大学総長の後、科学技術振興機構の理事長になった。 JSTの理事長の座を一大学の総長出身に奪われたのですから上級国民の中央官僚は気分が悪いでしょう。
 
 つまりそれだけ、全総長の手腕が評価されたということだと思っています。 (ナンツッテ違ったりして)

 目立つのは留学生が学びやすい環境を整備したこと。 日本語不要、英語のみで単位が取れる学部を作ったり、 母国にいながら、働きながらでも修士や博士の学位が取れるシステムを整備した。 これが新しかったのかなあ。

 (そうではなく政治力があっただけかも。安倍首相とも近い感じがあった)

しゃちほこ

再び失礼いたします。
>名古屋大学は前の総長がいろんなことをしていました
なるほど。合点、氷解しました。ありがとうございます。東工大学長は初の高専出身者です。ふふ。

名古屋のやり方は、弱肉強食で一部の天才を輩出するより、そこそこでよしと人材源泉を確保しピラミッド底辺が崩れない陣営を組む方式ですから、少子化にマッチしたのでしょうか。足りない分はアジア中国留学生で補充と。

一番高校の秀才が知れ渡る件ですが、皆さんが驚くのに実はびっくりしました。

国と地方のパイプ役になってほしくて東大に出すので、よほど優秀でないと東大に出さない、ビリで東大合格は、もったいないから地元でキープってことだったんですかね??
地方から東大受けるのって、異次元で頭いい子限定じゃなかったですか?

No title

次男が「胃が痛い」と言っている。

 鬼嫁は「定期テスト前のストレスだと思うよ」なんて言っているが、 えええええええええ?

 あの次男が ストレス?? テストくらいでストレス?  嘘だ。  少なくてもテストによるストレス胃炎なんてオラは信じない。

 あの次男にかぎってアリエナイ。

ちょっと心配だなあ

何でしょうねえ?
胃が痛いと言っても、子供は痛いところをうまく言えないことが多いからなあ。

No title

ぎゃああああああ

エデュの市川のページに「高校募集停止?」という投稿がある。

まじか?  (もちろんガセの可能性もかなり高いが)

ゆれる想い~市川編~

>エデュの市川のページに「高校募集停止?」という投稿がある。
→市川は選抜クラス制ですから、高校募集しようがしまいがあまり関係ないのではないでしょうか?資金面を考えるとすぐに生徒数を減らすのは難しいような気がいたします。
 医学部と複数の大学病院と多くの医師OB・OGを抱え豊富な資金力を持つ東邦や、県内随一の進学実績を誇る渋幕とはまた別の道を模索して行くのではないかと・・・そんな風に思っております。

No title

一応 アホ次男が「俺も 市川受ける」なんぞ言っていたんで・・・

 実際問題 アホ次男が市川高校受かるのは不可能に近いだろう。市川高校は結構難しい。
 
 だから関係ないようですが、渋幕 市川が高校募集を停止すると、必然的に  秀英 芝柏の高校偏差値が上昇するのでは・・・・。
 
 それは困る。

>必然的に  秀英 芝柏の高校偏差値が上昇するのでは・・・・。
→当然、上昇するでしょう。 

>それは困る。
→困らないだけの点が取れていれば困りません。そのために、奥様が厳しく監視されておられるのですから、困るわけがありません・・・鬼どころか仏です。日々手を合わせて感謝いたしましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント