FC2ブログ

記事一覧

年金を政争の具にしなくていいなら、俺でもできそうだな、政治家って

仕事を引退して30年生きるには、どうやら年金以外に2000万ばかり必要らしい。
無論生活の金のかけ方は人それぞれだから、もっと必要な人もいるだろう。その反面、そんなに必要ない人もいるに違いない。

俺はすでにそのあたりのことはいろいろ諦めているので、子供たちに「老後のことは頼むぜ」と言い含めてある。
子どもたちは「お母さんはいいけど、お父さんはなあ……」と渋いことを言ってるが、アーアー、何も聞こえない

さて問題は、「自助が必要とは話が違う」と野党が騒いだことに対して、安倍内閣の対応がマズったこと。(どう対応すべきだったかは※印でこの記事の最後に記載)
挙句には麻生大臣が報告書を受け取らないというお粗末な顛末。受け取らないから、そんな報告書は公的には存在しないという論法は、若い女の子がやると「コイツぅ」となるが、80歳近い金持ちな爺さんがやると気持ち悪い。(ええ、勿論、男女差別者ですよ、それが何か?)

閑話休題。どうも俺はこの麻生太郎という人が、好きになれない。理由ははっきりしていて、教養がないからだ。
ずいぶん前にこの人の経済論を聴く機会があったが、とんでもないシロモノで、「私は物事を簡単に言い切ることが大好きだ」ということと、「私の意見に反対する人間は根性が曲がっている」ということはしっかり伝わった。

年金というものは、収める若い世代が少なくなり、与えられる老いた世代が増えれば、当然窮乏する。それをどうするのかが、各国の経済事情と政治家の腕の見せ所である。
その政治の仕事を「政争の具」にしないのなら、一体政治とは何なのか?選挙とは何なのか?

三原じゅん子議員(「顔はよしな、ボディボディ」)などは「野党は恥を知れ」「年金を政争の具にするな」と言ってる。
年金なんて戦争以上に「人間の世界だけ」の政策なんだから、政治そのものだと思うのだが、自分の気に入らない話題はするな、ということか。

それでいいなら、俺にでもできそうだな。


※安倍首相は「年金ばかりで足りないことは当然のことだと思ってるわけであります」とでも言えばよかったのさ。
そして野党が何か言ってきたらお得意の、他人を馬鹿にしたような笑みを浮かべながら、「いつ私が年金だけで足りると言ったのでしょうか」。あとはネットサポーターたちが「さすが俺たちの安倍首相!」とフォローしてくれるぜ。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 年金ほど 既得権益 世代間闘争 政治的要素あらゆるドロドロが詰まっているものはない。
 
 十数年前、将棋連盟で、女流棋士が独自団体を作る、というドロドロの事件があった。これも 「正会員(奨励会を突破した者。事実上男性棋士のみ)」だけの企業年金制度が発端だった。

 そもそも厚生年金は、太平洋戦争の戦費調達のために創設され、当時は給付する気なんてさらさらなかったと思われる。

 というわけで 社会全体でどうあるべきか? そんな難しいことは よーわからん。
 
 とりあえずオラの年金が1円でも増えればいいな、というくらいだ。

 いや、それではあかん。
 
 日本の未来のために、どの党の主張が正しいか本気で考える。・。。。・・・  なんてことはやっぱりしないなあ。   

私が政治家に求めるのはただ、

①ファクトを収集・調査・分析し、
②得られたファクトに基づいて、講じるべき施策を議論し、
③決定された施策を実行し、
④実行した施策の効果を定期的に見極め、かつファクトの変動を勘案して、必要に応じ施策を見直していく、

ということだけなのだが、大臣がファクトに目を瞑るようでは何も始まらんわい…

老後も自分で稼いでやるぜフンッ( ̄^ ̄)

>子供たちに「老後のことは頼むぜ」と言い含めてある。
→非正規社員として日本経済を支えてきた団塊ジュニア世代がいよいよアラフィフ世代に突入してまいりました。お子様はいらっしゃらないという方がとても多いです。
 その一方で、幼いお子様を家族に託し日本に出稼ぎに来る若い外国人女性が増えてきております。グラミン銀行が女性向けに行っているマイクロクレジットの影響なのか最近バングラデシュ人女性が増えてまいりました。年金制度のないネパールの若者達が親の生活を支えるために日本に出稼ぎに来るというパターンはよくある事でしたが・・・子供達を兄弟に託して、言葉すらままならない異国に渡り、非正規社員としてバリバリ働くアラサーママ達にはちょっと驚きました。日曜しか休まないし残業も絶対断らない。本当にがっつり働いて利益を出してくれる上、日本人のほとんどが知らない言語の読み書きが出来ます。不平不満を並べて選り好みをしていたら、非正規の仕事だって条件の良いものはどんどん外国人に持っていかれてしまうという危機感を常に覚えております。

※バングラデシュは「ニットの聖地」「ヨーロッパの縫製工場」と呼ばれるほど品質の良い生地を作る技術と高い縫製技術を持っておりZARA, H&M, GAP, ユニクロ、東レ等が生産委託をしております。

No title

 まあ AIが世界を席巻しようが年金が崩壊しようが 母様だけはたくましく生き残ることは オラが保証するニャン。

 オラ?オラは変化に対応できず野たれ死んでいくニャ

No title

今回の件、まともな国民は醒めた目で見ていると思います。少子高齢化による年金制度の将来不安は、とっくの昔に言われていた話。しかし、それを公式の文書にすると選挙に不利だと考える与党と、他に攻め手のない野党と、それをはやし立てるメディアによる空騒ぎです。

日本の年金は、賦課方式(pay as you go)が国民年金だけでなく、企業年金でもいまだに主流です。
つまり、お年寄りは決まった金額だけお先に頂いていくけど、若者クン達、あとはよろしくネン!という制度です。厚生労働省のHPを見ると、あたかも諸外国も賦課方式であるかのような記載がされていますが、それは金額の少ない国民年金に当たる基礎部分の話であって、主要な部分については、企業が各従業員のために義務で積み立てる、各人が自分のために所得控除を受けながら積み立てる、のが主流となっています。この度の議論で、正しいことを明るみに出した金融庁のレポートが大々的に取り上げられる一方で、日本の年金制度の改革を怠ってきた厚労省の名前がほとんど取り上げられないことで、日本のマスメディアが自身の無能さを露呈しています。

日本は、米国、豪州、欧州の一部などの諸外国に比べて、投資教育が遅れているとしばしば言われますが、私は、日本人の価値観の中に、投資による儲けは不労所得で有り、良くないこと、という考えが根強くあるのではないか?と想像しています。しかしながら、長寿化で長期化する引退後の生活を不自由なく過ごすには、投資のリターンによって資金を増やすしか有りません。この度の2000万円問題は、この当たり前の現実を広く国民に突きつける、良いきっかけになったと思います。

どうも賭け事は分が悪い

>長寿化で長期化する引退後の生活を不自由なく過ごすには、投資のリターンによって資金を増やすしか有りません。

そこで株とFXで資産を溶かした俺様の登場ですよ(ヤケクソ

大きな事を言って反省してます。
資産といっても一部です。その上、大した資産でもありません。

No title

今日 長男と話をしたが、何のかんの言って
世の中は良くなっていると思う。(今までは)

 オラの幼少時なんて 世の中矛盾だらけだった。

 で、それは与党 自民党がいい、ということではなく やっぱり 選挙がある、というだけでいいのだろう。

 選挙があれば、下手な政策を打てば大敗する。
 で、民意を反映した政策になっていく。

 アメリカの2大政党などもそういう話を聞くが、情報化社会では世論を反映すれば 民主党でも共和党でも、結局政策は似てくるのだ。
 
 もちろん、似てるからどこでも同じかというとそうではなく、最後の部分、戦争するかどうかといった部分は指導者で異なってくるだろう。

 そんなことを思いつつ 政見放送を見ている。

※オラも随分 右傾化した。 投票は左翼に入れるが、それは政策を支持しているんではなく、批判勢力が一定数必要だから、だ。

言論の自由~嘘つくのも自由~

 NHKから国民を守る党の立花孝志さんの政見放送が子供たちの間で大人気になっております。元NHK職員と言う事でNGワードにはお詳しいようで、ほぼほぼカットされずにYouTubeで順調に拡散。内容はともかく、一般庶民が自由に自分の意見を言える国で暮らす事ができるというのは幸せだと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント