FC2ブログ

記事一覧

楽しくなくてもいいんじゃない?

少し前に若い社員が飯時にこんな話をしてくれた。
子どもが中学受験で塾に通っていて、先日二者面談にでかけたそうな。そこで担任の先生から「お子さんは勉強を「やらされてる」という感じが強いですね」「もう少し自分から「やってみよう」という気持ちがないと」。

「確かに家でもつまらなそうに勉強してるんですよ」
「そりゃそうだ、勉強なんてつまらないものだもの」
「でも、他の子は楽しそうにやってるらしいんですよ」
「他の子は他の子さ。嫌々ながらでもやれば力は身につくし、その力で合否は決まるんだから、あんまり気にするなよ」

最近、何かと「楽しむ」がキーになっている。
「お客様を楽しませるためには自分も楽しまないと」
「まず楽しくないと続きませんから」
「楽しまないと身につかないよ」

確かに楽しめるなら楽しんだほうが良かろう。所詮人生なんてそれぐらいが勘所なんだから。
しかし楽しくなくちゃダメ、なんて考えたら窮屈だ。
楽しくなくても勉強はやらなくちゃいけないし、仕事だってそうだ。
「ああ、楽しまなくちゃいけないのに…楽しまなくちゃいけないのに…」なんて考える必要はない。

楽しみなんて個人的なものさ。仕事が楽しいという奴もいるだろうし、勉強が楽しいという奴もいるだろう。
しかし俺はそんなことより、友人と飲み歩いたり、ここでいろいろな人とやり取りしている方がずっと好きだけどね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

楽しむって後から分かるものなんじゃないかな?
楽しむっていうのが目的になっちゃうとJGさんが仰るように窮屈ですよね。

さらに、他人に楽しまなきゃ、って言う場合は割と下心がある気がする。
楽しむために何か買えとか消費しろとかってね。

そうなると楽しむことが経済を回すことになるのだろうけど、何が楽しいかは人それぞれだから、楽しみを型にはめられたり強制されたくはないですね。

No title

私の夫は人生の優先順位において”楽しむ”は低いです。

なので例えばオリンピック選手が「楽しみながら頑張りたいと思います」
などと言うことが、今ひとつピンと来ないらしいです。

でもこれはスケートの紀平選手も同じ感触を持っていて、以前何かで、
「自分は楽しむとか思うと力が出ないので、ノーミスで頑張ると思ってやるほうがうまくいく」
と言っていました。

ということで、人それぞれに楽しみましょう(あれっ 笑

今から雨後アイスコーヒーを飲みに行きまーす!
(白鳥座さんツッコミをお願いします。ないと恥ずかしいので…)

「子どもの意思を尊重しました。子どもは楽しんで取り組み、結果国立最難関です」ってドヤ顔で書き込んでるエ◯ュママに限って、ダンナの意思は無視してそうだな。
「楽しんでやれる仕事に変わろうと思うんだ。収入は減るけど」なんて言ったら、速攻でぶっ飛ばされそうだ。

>今から雨後アイスコーヒーを飲みに行きまーす!
(白鳥座さんツッコミをお願いします。ないと恥ずかしいので…)

行ってらっしゃいませ!いかがでしたか?

自分は雨後さんのアイスコーヒー日和を楽しく拝見してます。

おかげさまで今年の梅雨は明るい。
(あ、ツッコミになってませんね。
すみません 汗)

No title

確かに…。
エデ〇ママ厳しそうですよね。
皆さん元気でしょうか。

No title

あ、すれ違いになってしまったっ。
白鳥座さん、サンキューです。

今気に入ってるカフェはオフィス街の一角にあるので、
会社員の人たちに紛れてアイスコーヒーを楽しんでいます。

こうしてると何故だか気分が落ち着くのです。

横からすみません。

白鳥座さんっ!

雨後さんの「今から雨後アイスコーヒーを飲みに行きまーす!」は、「アムロ、行きまーす!」をもじってますので、

返しのツッコミは、「飲むんだね!親父も飲んだことないのに!」になりますぞ〜。

>返しのツッコミは、「飲むんだね!親父も飲んだことないのに!」になりますぞ〜。

甘えん坊将軍さん、ナイスツッコミです。笑えました〜

ちょうど娘と真面目な話をしてたのに謎のニヤケ顔になってしまいましたw

そうか。これは気づきませんでした。
「わからないのは‥坊やだからさ」

愛の戦士たち

>エデ〇ママ厳しそうですよね。

「えでゅうか、何もかも皆なつかしい。。。」

→甘えん坊将軍さん、突っ込んでください(笑)

「えでゅうか」じゃなく「ちきゅうか」じゃ。
冒頭から「え」と「ち」を間違っとるぞ。このエッチ!

・・・こんなところでご容赦ください。

No title

こんなセリフあったかなぁ。何のセリフだろう?と思い検索してみました。

ヤマトだったのですね。しかもたくさんの人がこのセリフに思いを寄せている
名言だったとは!

あと一億年位したら、宇宙に人類の生活圏が拡がるのでしょうか…。

ロマンだわ~。

No title

甘えん坊さん将軍さん、どうもです
あれっ?ヤマトもしっかりご存知なのに一世代お若いのですか?(笑)

「リブラ」、早速各方面から牽制が入っていますね。G20直前に発表したことにも作為を感じます。
天秤が司法の公正さを表すアレゴリーだとは知っていましたが、ラテン語でリブラとは知りませんでした。FBが“公正”を気取るとは、おいおいと突っ込みたくもなってしまいます。資金に物を言わせてInstagramやWhatsAppも買収して世界中の個人情報を独占しているというのに・・・


雨後さん、どうも。
そうです。ヤマトがイスカンダルでコスモクリーナーを手に入れ、まさに地球に帰還せんとする直前に沖田艦長は亡くなってしまいます。放射能で汚染された地球を眼前にして彼が最後に吐く名台詞なのです「地球か」は。今でも強烈に覚えています。「真っ赤なスカーフ」も歌えます(笑)
宇宙への移住と言えば、一緒に観た映画の中で子供は「インターステラー」が一番お気に入りでしたね。

脛に傷さん、どうもです。

いやいや私はヤマト世代ではありません(笑)。
脛に傷さんが突っ込みを欲しがるものだから、ネットで名台詞を調べてみた次第です。うふふ。
ネットがなかったら突っ込みを入れるのは難しかったです。

リブラは天秤でしたか。確かに天秤座はLibraでしたね(私はずっと「ライブラ」と発音してしまっていました)。

情報の独占について、今後は独禁当局の規制の在り方が変わっていくだろうと思います。
FBがWhatsAppを買収した際、EUの独禁当局は、両社のアプリ間での個人データの統合は技術的に困難であると言われたことから、買収をいったん容認したのですが、その後にFBが両アプリのデータ統合を実行してFBによるデータの寡占化が進んだため、EUは当初の判断を覆しFBに制裁金を課しています。

M&A(企業結合)が競争阻害効果を持つかどうかを独禁当局が審査するにあたり、当局はこれまで伝統的に「売上高」をベースに市場シェアの寡占度を見てきたわけですが、今後は上記のEU当局の例のように、企業が持つ「データ」の価値を見極めて、企業結合による「データ」の寡占度も評価していく方向になるだろうと思われます。日本の独禁当局である公正取引委員会も、企業結合審査基準の見直しに動いていくだろうと思います。

ぶっ飛ばされそう

>子どもは楽しんで取り組み、結果国立最難関です

結局こういうのは結果からの後付けでね。
国立最難関合格だから、楽しんだことが美点になってる。
こういう人の場合、もし失敗したなら、楽しんだことが敗因になるに決まってる。

結果ありきさ。

だからオリンピックでも「楽しんで頑張ります」というアスリートがメダルを獲ったら、「楽しむことが重要」なんて言ってくるだろうし、入賞に遠く及ばなかったら、「意識が低い、真剣さが足りない」なんてなるんだろう。


>「楽しんでやれる仕事に変わろうと思うんだ。収入は減るけど」なんて言ったら、速攻でぶっ飛ばされそうだ。

というわけで、この場合の「結果」は収入なのです。収入が上がるなら、楽しもうと苦しもうとOKでしょうな。

No title

「好きなことを仕事にする」
まあ、食えるならそれに越したことはない。でも食えないと辛いだろうニャ。  ゴルフが好きでプロになった。でも食えない。 
将棋が好きでプロになった。が、負けてばかり。(将棋の場合は全部負けてもかなりの年月 食えるような仕組みにはなっている)
 
 一般サラリーマンだって、「好きなことを仕事にする」のが必ずしもいいとは限らない。

 オラ、就職した時に先輩に言われたことを今でも覚えている。

「みんな好きでこの業界に入ってくるんだよ。でも辞めていく人がいる。人間、好きなだけでは続かない。どこかで楽しいと思えないと続かないんだ」

 なるほど、と思った。

※でも 以前、 友人に「仕事楽しい?」と聞いたら
「金もらってんだぜ。楽しいわけねえだろ」と言われたこともある。

>「金もらってんだぜ。楽しいわけねえだろ」

仕事観は人ぞれぞれでしょうけれど、私は、「今から仕事に臨むという局面」においては、上記のような感覚を持っています。

「仕事が常に苦痛だ」というわけではないけれど、「相手から対価を得る以上、私が持っているものを相手に差し出さなければならない」という意識があります。ここでいう「私が持っているものを差し出す」というのには、例えば「時間」や「スキル」もありますが、「相手の重荷を私が代わりに背負う」とか「相手の代わりに私が悪人になる」といったものも含まれています。
したがって、仕事に臨む際の心持ちとしては、「負担や苦痛を伴うのが当然であって、楽しみが見いだせたら儲けもの」くらいに考えています。

もっとも、「一仕事を終えたあとの振り返りの局面」においては、結果の良し悪しは様々なれど、「自分の成長につながったな」とか「お客様や同僚から感謝してもらえて嬉しかったな」という思いが前に出てきて(もちろん「対価が得られて良かったな」も)、「負担や苦痛」が「楽しい経験、よい経験」として上書きされていきます。そして、このような上書きがされるからこそ、また次の仕事に向かうことができる。

何が言いたかったのかというと、JGさんのおっしゃる「結果ありき」とか、白鳥座さんがおっしゃる「楽しむって後から分かるものなんじゃないかな?」とか、ハルビンさんの先輩のおっしゃる「どこかで楽しいと思えないと続かないんだ」というのは、いずれも深く腑に落ちます。

No title

ガンダムしばらくお休みだぁ。ちぇーっ…と思っていた矢先に

きたーっ。

2020東京五輪・パラリンピック大会のPRに、小型衛星にガンダムとシャア専用ザクを載せて宇宙に飛ばすとのこと。
しかも東京大学の先生がそれを担当していると新聞で読んでびっくり。
東京大学の先生がガンダムを飛ばす??ええーっ?!
しかもこの先生、ガンダムに出会ったのが大学生のときなんだそう。
またまたびっくり。
私はてっきり、アニメは子供の時に接触しなかったら、もうスルーだと思ってたから。
物事に出会うタイミングって、人それぞれなのですね。

この先生の言葉で印象に残っているものを写します。
ガンダムで描かれる、人類が宇宙に移住した未来について聞かれると
「その時代は絶対に来る。閉じられたところにいないんですよ、人間は。だからこそ進化してきた」

中須賀先生。オリンピック用小型衛星の打ち上げの成功をお祈り申し上げます!

で、載せる模型はガンダムはともかくシャア専用ザクも入れるとは、
もしや先生シャア推しですか?

銀河へ向かって翔べよ〜♪

>2020東京五輪・パラリンピック大会のPRに、小型衛星にガンダムとシャア専用ザクを載せて宇宙に飛ばすとのこと。

こういうことができる世の中になったんですねぇ

これならランバ・ラル中佐も服務拒否しないで参加してくれるかもしれません。

No title

夏休みに息子が車の中で
「空に笑えば」という曲を聴いていた。

 横で聞いていて、オラはこの歌、「中学受験の歌」にしか聞こえなかった。  

 甲子園の歌にも聞こえなくもないが、オラの耳には中学受験にしか聞こえない。ほほほ

*************
泣くな 胸張れ 顔上げて 笑え
そういうあいつも泣いていて

本気で夢を追いかけて来れた
喜びに混じる 悔し涙

もう一つ先へ行けたよな そうだな でも悔いはないよな
拍手が降り注いで 泥だらけの手で応えた


空に笑えば 伝う涙が
駆け抜けた日々 照らす光になる
君がいたから 君といたから
どんな苦しみも乗り越えられた

いつか全てを拾い集めて
青春と呼べる日まで ゆこう

誰かのために 自分に勝ちたい
初めて思えた 場所だった

頑張ることから 逃げていたあの日
誘い出してくれた 君の声

痛みをごまかした時も 想いを背負ってくれた時も
ありがとう 君のそばで 僕も強くなれたんだよ

空に笑えば 君と歌えば
駆け抜けた日々が永遠になる
この先いくつ 出会えるだろう
心から溢れる汗と涙

終わりの先に射す一筋 始まりの光に気づいて
何度も人は立ち上がるんだ まだ見ぬ明日へと 繋げ

夕暮れの風 伸びてゆく影
思い出になってく 僕らの夏

空に笑えば 伝う涙が
これからの日々 照らす光になる
君がいるから 君といるから
どんな未来も乗り越えてゆける

新たな夢を探しにいこう
僕らの旅はまだまだ続く

※よく考えたら、仮に受験ソングとしても「第一志望に落ちた歌」だ。
 ここの住人はどうも 本人も子供も第一志望に受かった人が多いようだ。

No title

しかし次男は可愛いなあ。
 今も、お風呂洗ってくれい と言ったら すぐ洗ってくれた。

 長男は、毎日・・、はオーバーかもしれないが 一月に27回は鬼嫁と喧嘩している。

 なんであんなに喧嘩するんだろう。

 その点、次男は、「ここを踏み越えると怒られる」と分かっているらしい。  地雷探知機が内蔵されているのだ。 巧みに鬼嫁地雷を避けて のほほーんと歩いている。
  
 まあ次男ってのはそんなもんだ。

ある種、禁断の話題

>しかし次男は可愛いなあ。

やはり2人以上いると、差が出ますよね。
俺はどうだろう。どちらかと言えば長男かな。いや、次男か。…ウーム。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント