FC2ブログ

記事一覧

アジアカップ2019

アジアカップが佳境に入っている。ベスト4が出揃い、祭りの終焉が近づいてきた。
ちなみにベスト4は、カタール(2022年W杯開催国)、UAE、イラン、そして日本。
日本は薄氷を踏むような試合もしたが(どんなレベル差でもそういう試合をしてしまうのが日本のお家芸)、まずますの力は出せていると思う。

意外だったのは韓国。低い位置からの攻撃の組み立てが早く、昨年のWカップの頃よりは火力が段違いになってきた。おそらくオーストラリアかどちらかが向こうの山から決勝に来るだろうと思っていたのだが、カタールに敗れベスト8止まり。
アジアの虎もアジアカップでは相性が悪く、第1回(1956年)、第2回(1960年)の連覇以来優勝から遠ざかっている(W杯のウルグアイみたいだ)。
直近の3大会ではベスト4に入っていたのだが、今大会は今までよりもいいと思えていただけに、関係者もファンもがっかりだろう。

しかしそれ以上に意外だったのは、前回優勝のオーストラリア。かつての空中戦頼みのサッカーから、ドリブルや細かいパスワークなどを織り交ぜながら、堅実に勝ち進んできて臨んだ準々決勝。
UAEの不安定な守備をなかなか崩せないまま、不用意なバックパス1本で決勝点を献上してしまった。
殊に最後の10分は死闘だった。接触プレーで脳震盪を起こし、しかし両軍とも交代のカード3枚を切り終えた後なので動くに動けず。UAEのディフェンダーなどは一度ピッチから出た後に、おそらく強引に復帰し、ボールをクリアした後その場に倒れるという満身創痍ぶり。
この過激な消耗戦を勝ち上がってきたUAEの監督は、あのザッケローニである。

8年前、ザッケローニに率いられた日本は、香川、本田、岡崎、長友、長谷部を擁してアジアカップ決勝まで勝ち進んだ。
そしてオーストラリアとの決勝戦では、延長で李忠成の美しいボレーシュートが決まり、加盟国最多の4度目の優勝をもぎ取った。

日本の次の相手はイラン。アジアの古豪であり、アジア最強国である(FIFAランキングはアジア勢最高の29位。ちなみに日本は50位。言葉は悪いが日本は「格下」だな)。
この相手に勝てたなら、森保は本物だろう。
そして、もし決勝に進んでUEAと戦うとなったなら、ザックは見たことのない「日本」と戦うことになるに違いない。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

アジアカップはよく見ていないのですが…

明日はイランとですねっ(イランってどうなんでしょう

日本人は堂安選手が注目されているようですが、
どんどん知らない人が出てくるなーと。

良いことです。
みんなどんどん行こーっ(笑

No title

また問題文をよく読んでいなかったっ(汗

イラン随分日本より上だったのですね。

がんばろー。

富安

富安スゲー!何だよあの落ち着き。まだ二十歳だぜ。
有望なディフェンダーが出てきたなあ。

No title

おはようございます。

いえぃっ!

首都はドーハ

さあ、最後の相手はカタールだ。
…ずいぶん政情不安な国とやることになっちゃったな。

出遅れましたが

与し易いと想われていた相手に苦戦を続けていた日本が、強敵イランに快勝。サッカーは分かりませんね。強豪と目されていた韓国、豪州の敗退を見ても、ちょっとした運・不運が勝敗を分けるほど、各国のチーム力が接近して来たという事でしょう。

エース大迫が結果を出し、若手の冨安が出色の活躍。彼は本当に回りが良く見えているし、慌てたり緊張する、という事がないのでしょうね。スピードも有るしプレーも正確。あれでまだ二十歳ですか。

決勝はカタールが相手に決まりましたね。この勢いでしっかり勝ちきって欲しいです。

準優勝で閉幕

うーん、カタールが強かったなあ。こちらのミスを見逃さなかった。

それにしてもカタールがここまでやるとは。
ことによると勢力地図が変わっていくのかもしれない。

No title

そうですね。カタール強かった…

見ていて分かるレベルだと、
高校サッカー決勝の青森山田と流経大柏も
「うわー青森山田強い」って思いました。

でも、押されていても勝つことってあるし、なんとかと思っていたんだけど。

顔をあげて前を向こう。

No title

今日は市川中サッカー部は 多摩大目黒をホームに迎えて練習試合。

 「めちゃめちゃ強かった」そうだ。
「まるでサッカーにならない」

 ふふふ。
 

No title

 先日多摩大目黒に惨敗したと書いたが、
明日は 暁星(暁星国際ではなく暁星ね)をホームに迎えて練習試合らしい。

 調べるとサッカー強豪のようだ。

 市川の監督はなんでこんな強いチームばかり選んで練習試合やるんだろう。
 というより、よく相手チームがOKしたな。
 市川くんだりまで行って楽勝のサッカーしてもしょうがないだろうに。


 というか定期テスト1週間前なんですけど。何やってんの?

※もしかして市川の人工芝のサッカー場が魅力なんだろうか?千葉にいると 東邦にも芝柏にも人工芝のサッカー場があるのでありがたみを感じないが・・
 ちなみに芝柏のサッカー場は、夏場の暑い時にはミストが噴出するというから驚きだ。

 まあ、サッカー場自慢しても仕方がないが。
 「で 東大には何人入るの?」と言われそうだ。

No title

ハルビンさん、

私にとって千葉は“野球王国”のイメージが強いんですね。
長嶋、掛布、谷沢、鈴木孝政、、、(古っ)
「すすめ!!パイレーツ」のパイレーツの本拠地は流山で、当時とんでもない田舎として描かれていたことを覚えていますが、今はTXが開通して漫画とは別世界ですよね。

千葉の子も今は野球よりはサッカーなのでしょうか?

No title

 野球はいないです。

 小六の文化祭で「将来の夢」を発表するのですが、「プロ野球選手」は絶滅危惧種です。サッカー選手は もう石を投げれば当たるほどたくさんいる。

 びっくりしたのが、うちの子ってキャッチボールできないんですよ。「やったことがないから」だって。
 キャッチボールって最初から誰でもできるもんだと思っていましたが、それは親世代の話みたいです。(親世代は物心ついた頃から野球の真似事遊びをやっているので自然にキャッチボールできた)

 もちろん、野球のクラブチームに所属している子も少しはいます。(クラスに1人か2人?)
 小学生の競技人口としては・・・
 サッカー5:野球1  くらいのイメージでしょうか。

サッカーやろうぜ

> 「で 東大には何人入るの?」と言われそうだ。

そう言われたら、「そんなことよりサッカーやろうぜ」と言ってやったらいいでしょう。
仲間とボールがあるなら、学歴でマウント取り合うよりも、サッカーの方がずっと楽しい。

No title

 千葉のとあるショッピングモールで
 サッカーショップが閉鎖になり、卓球場がオープンした。

 時代は卓球なのか?
 次男は中学行ったら卓球部に入ると言っている。

No title

 みなさま オリンピックのチケット予約しましたでしょうか。
 オラはもちろんゴルフ。 そして子供が見たいというサッカーを数試合。
 倍率はどのくらいでしょうね。 一つくらい見たいものであるが・・・

No title

オリンピック、予約しました。
野球、テニス、開会式。
全部当たったら破産です。

No title

オリンピックの年、息子は高3のはずなんだが、「一生に一度のことだから、数日間勉強しなくても良いんじゃない?」というのが妻の考え方。
「え?マジ?受験生がオリンピックとかまずいんじゃあ?」というのが僕の考え方でしたが、最近どうでもよくなってきた。

数日間勉強しないくらいで落ちるなら、落ちてしまえばいい、とも思えてきた。
どうなんだろうね。

うーん、うちはそういう勇気も余裕なかったなぁw

どうしてもその期間に出たい夏期講習がある等は別として、勉強そのものはあらかじめ計画をしっかり工夫すれば数日間なら何とかなるかもしれません。

どちらかというと問題はメンタルですね。特に親の。
もし勉強をお休みするなら、後から変にブレて焦らないようあらかじめメリハリつけて割り切っておくことが大切なように思います。

それから熱中症にはくれぐれもならないようにした方がいいです。
回復に意外と時間がかかります。

ハルビンさん、ありがとうございます。チケット申込みを忘れてました。助かりました。

私も高校受験時の中三がオリンピックイヤーでした。野暮用がありまして夏休みはほぼ毎日学校に行ってましたので、職員室のテレビでオリンピックを見てました。

すみません、忘れてました。
昨年の夏休み中、京都の大学の見学ツアーがあり、一泊二日の弾丸ツアーだったけど、行きたいと言ったので迷った末に参加させた。
結果的には気分転換にもなって良かった。

ただ、これがもう少し長かったら親である自分のメンタルが持たなかったかも。自分は2、3日が限度でした 笑

でも夏は大事と聞いていたけど、後から振り返ると思ったより結果には大きく影響しなかったな〜という感じでした。
(※個人の感想であり効果を保証するものではありませんw)

クロコマさんへ

俺はオリンピックは涼しいところで見ることにするよ。
クロコマさんのところは、共通テスト一期生か。試験制度はちょい心配だが、3日程度遊んだところで結果は変わらないと思うよ。
むしろワーワーキャーキャー遊ぶくらいのほうが、いいんじゃないかな。
(個人の感想です)

No title

以前もちらっと書きましたが・・・

 エデュにはpandaさんというプロ家庭教師らしき人がいる。その人が

「冬に3日間、勉強禁止の日を作ります。ゲームでもなんでも好きなことやっていい。ただし勉強は禁止です。それで男の子はスイッチが入ります。」

 みたいなことを書いていた。(細かい文章は忘れた)

 中学受験で、男子限定らしいが、それにしても・・
オラは3日間なんて見てられない。1日ならわかるけど (正月とかに1日 今日はなにもしなくていいよ、ってのは理解できる)
 3日間ゲーム三昧の息子を正気で見ていられる自信はない。

No title

中学受験のときは子供の教育に熱くなれたのですが、大学受験にはなぜかあまり興味がわかないのです・・・
なんでだろう?

中学受験は、親としての使命感に燃えていたんだと思います。
小学生の教育には親が全面的に責任持たなければ、という気持ちがありました。
でも大学受験は、子供が責任もって切り抜けるべき試練だから、あまり親が手だしをするのもどうかなあ、と思っているのだと思います。

とはいうものの、具体的な志望校が明らかになってくる頃には、また気になりだすのかもしれません・・・

高等教育と親

>中学受験のときは子供の教育に熱くなれたのですが、大学受験にはなぜかあまり興味がわかないのです・・・
>なんでだろう?

まあそういうもんですな。
大学(高等教育)なんて、親の立ち入る隙なんて無いだろうし、もしあったとしたら、そんなスカスカな高等教育なんて魅力ないでしょ。
大学名というバッジの色なんて、大人になるとあまり興味がなくなる、というのもあるのかな。

No title

えーん えーん えーん。
オリンピックのゴルフのチケット抽選「ハズレ」たよー。
えーん えーん。  
 ゴルフだけでなく全部外れたよー。 えーん えーん。

 きっと元官僚とかは配慮されて当たっているに違いない。 しくしくしく。
 はっ もしかして 甘・・・・ さんとか クロ・・・ さんとかは当たっているのか?
 ということは 学歴差別か?
 しくしく。

 これは参院選の争点だな。
 オラにオリンピックのチケットを当ててくれる候補に入れる。

 

フォフォフォ。
ハルビンくんは正面から申し込んだのかい。
私は裏口から申し込ませていただいたよ。
フォフォフォ。


・・・なんちゃって。
私も妻も全部外れました…

※周りの5、6人に聞いたが、皆外れ。

No title

全部外れた。
全部当たったら困ると思って、厳選して申し込みをしたのが愚かだった。

チケット狂騒曲

前に書いたように、俺はオリンピックは涼しいところで見ることにするので、チケットの予約などはしなかった。
しかし友人連中は全敗だったようだ。
かなり「いいお値段」の席をエイヤっと予約したものもいたが、これもハズレ。
「ハズレて少しホッとした」というぐらいのお値段だったらしい。

おいくら万円?

No title

応募者数と当選数から 期待値(想定支払額)を計算してくれればいいのに。

でもそうすると 意外に期待値が低いな、とさらに応募しどんどん当選確率が下がって期待値が下がるというフィードバックが生まれるかも。

No title

ハルビンさん、私もダメでした。かなりマイナーな競技を複数狙ったのですが。
大学で留年した人間には当たらないのかも知れませんよ。

No title

>大学で留年した人間

ひええええええ
学歴フィルター ならぬ 「留年フィルター」
そんなことまで関係しているのか。 

侮れん。オリンピック。

>大学で留年した人間には当たらないのかも知れませんよ。

はっ! 私も留年してます。そういうカラクリだったのかぁ・・・

No title

 なんだ。
みんな 一流大学生かと思ったら 一留大学生なんだ。

 ちなみにオラは二留大学生。

No title

 仕事を休んで行って来ました。
 アースモンダミンカップ。 女子プロゴルフのトーナメントである。どんなに忙しくてもこの試合だけは毎年必ず行く。雰囲気が別格に楽しいのだ。
 入場料5千円で、ソフトドリンク飲み放題。食事もデザートもたべ放題。
 アルコールだけ有料だ。 オラはビールを5本 冷凍して持って行った。で、食べ放題ピザを食べながら観戦した。

 今日感じたのは プロという職業の残酷さ、だ。

 朝行ったら、丁度 午前組が全員スタートした後だった。
 練習場に行ったら 二人だけ練習しているプロがいた。そのうちの一人が 諸見里しのぶ である。(年間4勝したこともあり、一時期はトッププロだった)

 久しぶりに見た。 ひょっとして今日 出場するのか?と思って スタート表を見たが、名前はない。
 多分、ウエイティング上位(欠場する人がいれば繰り上がりで出場できる)だったのだろう。1時間くらい黙々と練習して、結局 出場できずに帰って行った。

 そのまま練習を見ていたら、どっかで見たようなオバさんプロが現れた。誰だろう?と思って名前を見たら堀奈津佳だった。驚いた。6年前2勝して、可愛らしい顔で一躍人気プロになった選手だ。まだ20代なはずだが、40近いおばさんのような風貌になっていた。今はシード落ちしている。きっと苦労しているんだろう。
(この試合は「過去の優勝者枠」で出場しているんだろう)

 その堀は、フェアウエー真ん中からウエッジで左にOBを打ったりボロボロ。今日だけで16オーバー。見てはいけないものを見たような気がした。

 さて、トーナメントの方は、強風吹き荒れる千葉 カメリアヒルズ。この強風でアンダー出るんだろうか?と思って見ていたら、トップは 5アンダーだった。やっぱりプロはすごいね。

ビールを冷凍だって?!

>女子プロゴルフのトーナメントである。どんなに忙しくてもこの試合だけは毎年必ず行く。雰囲気が別格に楽しいのだ。

こういう楽しみがあると、人生はカラフルになるよね。

>オラはビールを5本 冷凍して持って行った。で、食べ放題ピザを食べながら観戦した。

え?ビールを冷凍?
おいしいのそれ?

それにしても、どんなに有名な選手でも成績が悪ければ次へ進めないという「スポーツの掟」は、残酷なほどに清々しく単純で気持ちいい。

No title

 あ、正確には
「缶ビールを冷凍しておいてゴルフ観戦に持っていき、自然解凍した頃に飲む」 ということです。
 だいたい12時間くらいの冷凍がよく、あまり長時間冷凍していると冷凍庫の中で破裂します・・・
(水は氷になると体積が増える、という物理法則を実感する・・・・)

今夏の冒険

>「缶ビールを冷凍しておいてゴルフ観戦に持っていき、自然解凍した頃に飲む」

ほうほう、今まで一度もやったことがないけど、今度試しに一回やってみようっと。

No title

 平成の30年間で日本のプロスポーツは大きく変わった。 昭和の時代は、「プロ」と言える(食べていける)のは 野球 相撲 ゴルフ くらいだった。
 たしか3大プロスポーツみたいな表現があったように記憶している。

 平成初期、プロサッカーリーグが生まれた。
 その後の隆盛はここに書くまでもない。

 今は、あらゆるスポーツにプロがいて、オリンピックレベルであればそれなりに食っていけるらしい。 実業団で会社から給料をもらうのではなく 賞金、スポンサー契約などで食っていけるのだ。 まあ、いい時代になった、と言えるかもしれない。

No title

>成績が悪ければ次へ進めないという「スポーツの掟」は、残酷なほどに清々しく単純で気持ちいい。

 プロスポーツって、年金を別にすれば、「弱い奴は1円ももらえない」のが普通です。 プロスポーツの魅力はその残酷さが裏打ちしている。と思う。

 さて、将棋の世界では先日
藤井聡太 ー 堀口 戦というがあった。アベマTVでも中継されたし報道もされたので、耳にした方もいらっしゃるかもしれない。 
 持ち時間各6時間の順位戦は、日付が変わるまでやることも全然珍しくない。ところがこの 藤井ー堀口戦は午前中で終わった。堀口七段がさっさと投了したのだ。

 この堀口七段、体調が悪いのか精神的に病んでいるのか、10年くらい前からまともに将棋を指さない。ほとんど全て、瞬時に負けているのだ。

 実は、プロ将棋の世界は、基本給があり、さらに対局料というのがある。対局場に行って、座りさえすれば金がもらえるのだ。
 もちろん負ければ基本給も対局料も減っていく。
 しかし 0円になるまでには10年から20年もかかる仕組みになっている。超手厚い制度になっているのだ。
 この超手厚い制度があるから、プロ将棋を目指す人が多い、という説もある。確かにそういう面もあるだろう。プロになればとりあえず食いっぱぐれないのだ。安心して将棋が指せる。

 しかしあまりに甘すぎないか?と オラは思う。

 つまり、もしこれが普通のスポーツなら羽生さんや藤井さんは数億円もらって 堀口さんは0円になる。 それが 将棋連盟では 羽生さんでせいぜい1億円。 堀口さんでも数百万円もらえるのだ。


※まあ 要するに堀口七段みたいにフザケているから頭にくるだけだが・・ 弱くても真剣にやってくれればそれほど問題にはならない

プロとアマ

プロとアマに関しては、以前から少し考えていることがあるので、そのうち何らかの形で書こうと思っています。

乞うご期待!

No title

 今、ラジオを聞いていたら、オリンピックのチケットの抽選販売をもう一度やることになるらしい。

 前回は、ちょっとお金を気にしたが、どうせ当たらないんだ。次回は少し強気でいくことにするか。

No title

 アホ息子に「VRで何がみたい?」と聞いたら
「W杯で 本田が決めたフリーキックをキーパー目線で見たい」

 だそうな。

 なるほど、メッシのシュート、クリロナのシュート、伝説のシュートをキーパー目線で見たらそりゃ面白いだろう。
 もうあるかもしれんが、オラも見たいニャン

っていうか、もう数年経ったら 「リアルタイムで」キーパー目線とかで試合が見られるかもしれん。

VRといえば定番ネタの…(誠に失敬)

>「VRで何がみたい?」

いや、だからその、あのほら、なんていうかさ、あるじゃん、うまくいえないけどさあ、あのやつ、わかってるくせにほら、もうこまったちゃんだなあ、えっ、
いや、だからその(以下繰り返し

No title

 中島らも のエッセイだったかな?

 学校でスカートめくりをして 母親がよびだされ、職員室で 母親を交えて怒られた。

 家に帰ったら 母親が怒り心頭。

「そんなに見たいならお母さんが見せてあげるわよ!」 と スカートをまくりあげて向かってきたそうな。

 そういうことじゃないんだよなあ。

タブーの起源

>そういうことじゃないんだよなあ。

そういうことじゃないんですよね。

高校の国語で扱った本に載っていた、人間がなぜ近親相姦のタブーを作り出したかについての考察を思い出した(近親相姦のタブーは人種や民族の別なく広く認められるタブーであるが、民族により禁圧の範囲はさまざまなようであるから、遺伝疾患予防という人類共通の生物学的理由を持ち出しても説明としては不十分であり、心理学的ないし人類学的な理屈付けが必要とされる)。

スカートをまくりあげた母親には、近親相姦のタブーが人類の作り出した精妙な文化的装置であるとの視点が抜け落ちていた。

…えっ、そういうことじゃない?

No title

我がI中サッカー部 新チームは 4141 らしい。 なんだそれ? オラは 4141なんてシステム聞いたことないジョ。  まあいい。
 多分、4141だろうが 4321 だろうが 3232だろうが22222だろが 大差ないレベルだ。

No title

げげ  オナイウ阿道が代表招集されている。

元 ジェフ千葉の選手だ。
どいつもこいつもジェフではまるで活躍せずに、他のチームに行くと大活躍する。

 要するにジェフというのは「誰がプレーしてもダメなチーム」なのだ。

祝 6000コメント

ハルビンカフェさん、おめでとうございます!
下記の書き込みが6000コメント目です。
つきましてはお題をよろしくお願いします(脅迫)


>げげ  オナイウ阿道が代表招集されている。

>元 ジェフ千葉の選手だ。
>どいつもこいつもジェフではまるで活躍せずに、他のチームに行くと大活躍する。

> 要するにジェフというのは「誰がプレーしてもダメなチーム」なのだ。

No title

>ハルビンカフェさん、おめでとうございます!
下記の書き込みが6000コメント目です。
つきましてはお題をよろしくお願いします(脅迫)


げげ。
 ウレチイ ニャ。

では、真面目真面目大真面目に。

「いじめ」について

1)いじめ回避のために中学受験を考える家庭は少なくないと思う。最大の理由ではなくとも、理由の一つ、となると何割かの受験生が当てはまるのではないか? 

 体感として「偏差値が高いほどいじめは減る」という感じがある。少なくとも恐喝や暴力のようなイコール刑事犯のようないじめは減ると思う。
 でも本当に偏差値と相関するのだろうか?
 また、私立と公立でどちらがいじめが少ないのだろうか。


2)我が子がいじめにあったら?  どうすべきか?
 オラの考えは、「最初は担任に相談。 2回目は校長か教育委員会に相談。 3回目は、弁護士に相談する」  だ。

 とにかく早いほうがいい。いじめは生きる気力を奪う。何にも優先して解決する課題だ。 お金をケチってはいけない。いくらかかろうが、自殺、登校拒否よりはいい。 

※オラのアホ息子は今の所 問題ないようだ。 楽しく学校に行っている。 私立でも公立でも 大差ないようだ。 しかし油断はできない。 

No title

昨日のサッカーは見事な負けっぷりだった。
ここまでくると笑うしかない。

 渋野は予選落ちするし 昨日は藤井聡太さんが負けるし いいことがない。あ、野球は良かった。

No title

 ちょっと考えることがあって・・

いじめの典型的一例

「服を脱がす」

 これは オラの頃もあった。公立中学でもあった。盛岡一高でもあった。 理科大でも一部のサークルでは伝統行事であると聞く。  また、旧帝大 グライダー部では「初フライト」の後 脱がすのが伝統という話も聞く。

 ほとんどは「笑い話」だ。 ああ あったあった、と悪しき伝統を懐かしむ感じだ。

 でも ほんの数% 心に傷を負う人もいる。

 いじめってのは難しい。

※なんでこんなこと書いたかというと

先日 オラの次男が友人のズボンを下ろしたらしい。
パンツまでは降ろさなかった。 体操着だ。 遊びでやったらしいが、 先生からきつく怒られたらしい。

 オラもきつく注意した。

 遊び、で済むかどうかは、やった方にはわからない。

ハルビンカフェさんへ

いじめって厄介ですよね。
厄介な原因の一つは、いじめが人間の生きるエネルギーと不可分な性質を思っているからだと思います。

では近日中に記事にしますので、乞うご期待!

>3回目は、弁護士に相談する

「スクールロイヤー」という語が少しずつ知られるようになってきました。
学校におけるいじめ対応や、保護者の学校に対する過剰要求への対応(いわゆるモンスターペアレント対応)について、法的側面からサポートを行う弁護士のことです。
萩生田文科相も9月24日の会見でスクールロイヤーの活用促進について話しています。

弁護士が機能する面もあるとは思いますが、JGさんが示唆されるように、いじめは人間の深層にその淵源があると思われ、法という切り口からの対応だけでは限界がありますね。
某教育風掲示板でしばしば繰り広げられるマウンティング合戦を見るにつけ、そう思います(私自身の心の中にある闇にも気づかされます)。

No title

まあ、日本人一般は オラも含めて「訴訟」に慣れていない。
 だから学校も加害者も「弁護士を立てて訴訟も辞さない」と言う姿勢を見せるとビビるんではないか、という期待です。

今までは、自殺とか事件になってから弁護士を立てている。 オラの考えは、その前に早めに、ということです。 有効性は。。。 どうなんでしょうね

※オラは 半年前までは「公立中はいじめがあり、学校は何もしてくれない」というイメージだった。
 実際は、そんなことはない。
 
 私立I中の対応も早いが、地元公立も早い。 なんかあるとすぐ対応して親に連絡してくれる。 
 地元公立も「予想外」にしっかりしている。


※ちなみに長男も次男も むしろ「加害側」で問題になっている。 全くもう・・・人権意識のない奴らだ。

(長男はラインで 同級生の女の子の噂話を広めて問題になった。 次男はふざけて友人のズボンを下ろした いい加減にせい(怒))
 
 

Clear and Present Danger

>だから学校も加害者も「弁護士を立てて訴訟も辞さない」と言う姿勢を見せるとビビるんではないか、という期待です。

弁護士という存在は一つのカードに過ぎませんが、目の前に現実の危機があるときには、遠慮なくそのカードを切っていただきたいと思います(宣伝)。

こう書いていて思い出しましたが、ジャック・ライアンシリーズの映画『今そこにある危機』(ハリソン・フォード主演)の原題は『Clear and Present Danger』ですが、この言葉は本来は米国の憲法学上の用語でして、講学上は『明白かつ現在の危険』と訳されます。

表現の自由に対する表現内容の規制が憲法に反するか否かについての判断基準です(wikiの「明白かつ現在の危険」の項を参照)。

ルンルン千鳥足日記~パート2~

>先日 オラの次男が友人のズボンを下ろしたらしい。
パンツまでは降ろさなかった。
→昔「スカートまわり」という鉄棒遊びが流行っていた。スカートをぐるぐると鉄棒に巻き付けると連続で何度も前まわりができるのだ。何十回もぐるぐる回れるのがとても楽しくて、いちごパンツまる見えなんて全く気にならなかった。小学生なんてそんなものだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント