FC2ブログ

記事一覧

難関校で校則が必要ないということは、結局こういうことだ

前回の投稿「ルールの範囲内で戦うのにズルいも何もあるものか」(2019.01.13)の続きですが、実は今回は校則のお話がメインです。
前回とのつながりが見えない方もいると思いますが、なあに大丈夫です。大船に乗ったつもりで俺に任せてください(泥船……

さて校則の話で、生徒の自由や時には人権を侵害する校則の話題の時に、「まだ中学生だから(高校生だから)仕方がない」という論調が生まれる。
ところがそうした論調に対して、「制服のスカートの長さなんてどうでもいいじゃん。女子学院は制服そのものがないよ」と言うと、「女子学院ぐらい頭が良ければいいんだよ」と返される。
また「髪の毛の色なんてどうでもいいじゃん。麻布なんて七色だよ」と言うと、「麻布ぐらい頭が良ければいいんだよ」と返される。

この学校名には筑駒や開成などが入ったりもする。

じゃあ頭の良い学校は、偏差値の高い学校は、東大にたくさん合格する学校は、校則で縛らなくてもいいのか。
そういう学校の生徒は髪の毛の色や制服の長さや下着の色などで縛らなくても、自分で善悪を判断し、自分で行動できるから、校則でいちいち指図する必要はないのか。

となると、前回「ルールの範囲内で戦うのにズルいも何もあるものか」(2019.01.13)に書いたことと矛盾する。
難関校の生徒たちはそうでない生徒たちに比べて、自分で判断して動けるのか、それとも指示がないと動けないのか。

あくまで何となくだが、俺の考えは「難関校の生徒たちはそうでない生徒たちに比べて、自分で判断して動ける」から校則は必要ない、といったほうに近い。
こう考えれば企業が実施する学歴フィルターの合理性も証明できそうだ。

これからの社会では、誰かからの指示で動くのではなく「自分で判断して自分で動く」ことが重要だ、と多くの識者が言う。
ならば圧倒的に難関校の生徒が有利になる。それも校則のない難関校の生徒だ。
「ルールだから守れ」なんていう大人の薄っぺらさを冷笑する子供たちだ。

でも、こういう頭のいい連中は、自分に有利なルールはしっかり守るからな。
だから受験のルールはしっかり守るのさ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント