FC2ブログ

記事一覧

中学受験の作戦と戦術と戦略

戦争には(あるいはその代替物であるスポーツには)、作戦と戦術と戦略とがある。
作戦と戦術はイメージしやすいかもしれないが、戦略とはある種のゴール観だ。

たとえば高校野球を例にとって考えてみる。
1回戦突破が目標の弱小野球部なら、まずは自分たちの数少ない勝ちパターンを考えてみる。
この時「相手の方が俺たちよりも弱ければ勝てる」などと考えているような野球部なら、まあ偶然にしか頼るものがない。
自分の頭脳と体力に頼れない部活など、単なる数合わせだ。

さて、投手力が弱いならピッチャーを複数用意する必要があるし、変化球に弱い打力ならそうしたトレーニングが必要になるだろう。
そして大会前にはある程度の結論が出る。
「うちはピッチャーはそこそこだが、打線が弱い」
ならばその戦力で勝てる戦い方を考えよう。

戦略:とにかく一勝、目の前の勝ちにこだわる、明日のことなど知らん
戦術:先制逃げ切り、終盤はピッチャーを複数つぎこむ
作戦:送りバントなどの進塁打多用、敵のミスにつけ込み次の塁へ

これが甲子園出場が目標の高校ならそれ相応の「作戦と戦術と戦略」になるだろうし、大学野球などのリーグ戦となれば全く様相は変わる。
ただ重要なのは、作戦は戦術のためにあり、戦術は戦略のためにあるという、それぞれの強い関係性だ。
 

これを中学受験に置き換えてみる。
たとえばこんな感じ。

【Aパターン】
戦略:リベラルアーツの強い学校への進学
戦術:武蔵、海城、芝のいずれかの学校に進学させたい。
作戦:1月中に栄東、市川、東邦東邦の合格をとって、2/1武蔵、2/3海城、2/4芝

【Bパターン】
戦略:武蔵、海城、芝のいずれかの学校に進学させたい
戦術:1月中に栄東、市川、東邦東邦の合格をとって、2/1武蔵、2/3海城、2/4芝
作戦:とにかく算数のミスをほかの3教科でカバー

【Cパターン】
戦略:1月中に栄東、市川、東邦東邦の合格をとって、2/1武蔵、2/3海城、2/4芝
戦術:とにかく算数のミスをほかの3教科でカバー
作戦:算数は比の問題だけはできるように。他教科は過去問重視の復習

【A】は天井に寄っていて、【C】は脚下に寄っている。だがどちらも間違いとは思えない。
作戦と戦術と戦略が連携しているからだ。

※栄東、市川、東邦東邦のリベラルアーツに疑問符をつける方もいるかもしれないが、そりゃあ武蔵に比べりゃ疑問符付けたっていいよ。でもさ、公立中に進学するよりは「教養」は身につくし、何しろ1月中に合格校は欲しいよねえ。

話が華やかになるから武蔵や海城の名前を使ったが、無論どんな校名が入っても基本は同じ。
【A】における戦術のように立派な思想がなくたって構わない。どうせ中学受験という魔境を進むうちに欲が出てきて、いろいろなことを考えるようになるのだから。

昨今は中学受験にも「お買い得」とか「お買い損」というモノサシが幅を利かせている。
俺はこういう風潮は好きなのだが、その「損得」の基準は、人任せでなく自分で持ってた方がいいと思う。
そうでないと「我が子の教育」という親の楽しみが、一気に色褪せちゃうからね。

※平成最後の年末大作戦実行中です。
 下の黄色と黒の「中学受験情報」のクリックをお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント