FC2ブログ

記事一覧

1月に学校を休むのはかなり効果があるらしいぞ

1月に学校を休むと受かるのか?落ちるのか?というテーマで3回ばかり書きましたが、今回はそのスピンオフ。

<関連記事>
12/6「1月に休む子は受かるのか? 落ちるのか?
12/7「1月に休む子は受かるのか? 落ちるのか?2~罰なんか当たらない
12/8「1月に休む子は受かるのか? 落ちるのか?3~誰が家族を守るのか


「1月に学校を休むと受かるのか?落ちるのか?」ということに関して、他の人はどんな風に思っているのか。
ということで、「1月に学校を休む」とグーグルさんに打ち込んでみたところ、いろいろなブログに当たった。

無論「1月に学校を休む」というのは「いけない」「悪い」「落ちる」に掛かる枕詞のようなものなので、否定的なものが多かった。


●矢野耕平氏(中学受験専門塾スタジオキャンパス代表)
プレジデントオンラインでの記事であるが、もちろん「否定派」。
否定派であるのは構わないのだが、論理が無茶苦茶で、よくこんなのプレジデントオンラインは載せてるな、というのが正直な感想。

>「義務教育」は、日本国憲法26条にて次のように定められている。「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ」。
>つまり、親は子を小学校に通わせなければいけない。中学受験勉強に専心させようと、小学校を休ませるのは、明らかなルール違反といえる。


憲法違反なんだって(プッ

>「限られた時間」しか与えられないからこそ、子どもはその時間を有効に活用しようと懸命に学習に励むのだ。
>だから、親がよかれと考えた結果、子どもに学校を休ませ「時間」を与えれば、それは、そのバネの反発作用を抑止することと同義である。


ホントかよ。じゃあ、時間のない受験生の方が好結果になるというわけか。
明日から受験生には1時間しか勉強させない方がいいぜ。
いや、それだと30分しか勉強していない受験生に負けちゃうな。

>わたしの経験則でいえば、小学校を欠席する子ほど「不合格」になる可能性が極めて高い。

ダハハハハハ、こんなこと書いといて

>笑顔の春まであと少し。がんばれ、受験生。

偽善者め(笑)



●森下武三氏(中学受験・高校受験塾「テイクオフ」代表)
A子ママと塾教師という掛け合いの「1月は学校休むか?◆ほんものの合格を超えて◆No.14」。
ここに出てくる「塾講師」というのは筆者(森下氏)の真意を語るお人形である。もちろはA子ママも、筆者の言いたいことを導くだけの「都合のいいキャラ」にすぎない。

>塾教師「目先の合格が大事だというのはよくわかりますが、本当にお子さんの将来を考えるなら、これまで培ってきた人間関係、これを大事しながら受験することです。大事にしようという想いで築き上げた人間関係は、思わぬところで、将来のA子さんを支えてくれることになるんじゃないですか?」

中学受験で学校休んだくらいで崩れる人間関係なら、「思わぬところで、将来のA子さんを支えてくれることになる」ワケなんかないよ。



●日能研 親と子の栄冠ドラマ-中学入試体験記-
これは前2つと違って保護者の体験記。やはり1月に休むのは「否定的」。

>うちは両親とも共働きで、自宅で一人だけではきちんと勉強が見れないという事情もありますが、最終的には1月受験の日以外は全て前日まで学校に行きました。

これが伏線になっています。

>中学受験の意味:そもそも中学受験のために小学校を休ませること自体、正しくないと思います。小学校も中学校も義務教育の一環です。
>子供たちは社会の公民分野で義務教育とは何か勉強しているのに、勉強したことと違う行動をしているのではないでしょうか。
>中学受験のためなら何でもして良いという風潮がまかり通っている感があります。


結局この作者は、自分の家が共働きだから学校に行かせているのに、それを「(学校を休ませるのは)勉強したことと違う行動をしているのではないでしょうか」と胡麻化してるに過ぎない。
しかし「中学受験のためなら何でもして良いという風潮がまかり通っている感があります」とは恐れ入った。
自分だってその風潮をいいように使っていたくせに、ちょっと不利なことがあるとこうだ。
そもそもそんな風潮よりも、「勉強したことと違う行動をしている」のは怪しからん、という同調圧力の方が、ずっと大きいに決まってるじゃないか。


ま、何度も書くが、1月に学校を休むと落ちるかどうかなんて、どっちでもいいよ。
それより「1月に学校を休む子は落ちる!」と言い放つ、そのメンタリティに興味がある。

全部はもちろん紹介しきれないが、これだけ「落ちる!」「落ちる!」と連呼されるところをみると、1月に学校を休むのはよっぽど効果的なのかな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

 さて、今週からオラん家は臨戦態勢。

 家族全員マスク着用。手洗いうがい 1日5回。
で、次男のクラスにインフルエンザが2人でたらもう学校には行かない。
(とりあえず今日は行った)

追伸: ひええええ 他の学年で「学級閉鎖」だって・・

No title

 今日 学校に行って、先生に挨拶してきた。

 正直に「インフルエンザ回避のため明日から欠席します。ご迷惑をおかけして申し訳ございません」
と言ってきた。

ハルビンカフェさんへ

こういうところが律儀だね。
まあ、理由はどうあれ仁義を切っておけば、大きな話にならないというところが、大人の世間知というものですな。

No title

 稲毛入試が終わり、一旦 学校に行き始めたのであるが、 嵐のようなインフル蔓延で学級閉鎖ラッシュらしい。 やっぱり行かせられない。また明日から休みだ。

 さて 困った。 日中 一人でやる課題(自習課題)がないのだ・・・ 今日中に何かひねり出さないといけない。(学校行く前提で、 受験前までの直前カリキュラムを作った。学校行かないと時間が余るのである)

※今 「明日 日中、一人で メモリーチェック(理科)の 間違えた問題をもう一回やんな」 言ったら 大きな声で「はい」だそうな。 これは絶対やらないな・・・


※実際問題、芝柏の課題作文なんて、もう合否は決まっていると思う(それが適性検査のいい点?だ。一夜漬けが効かない) 覚えることもないし、特別一人でやる課題もない。
 でもなあ。 だからと言って、 「受験でインフル回避で休みます」と学校に言って ゲーム三昧ってのもなんだかなあ。

No title

 オラは地元小学校には感謝している。
 先生も気持ちよく内申書いてくれたし、受験に送り出してくれた。 その上で、ちょっとだけ 文句を言うと・・・

1)オラの学校では、休んだ人の家にはクラスの「誰か」が連絡帳や宿題などのプリントを届けることになっている。 誰かに負担がかかるのだ。 そして同じ班の「寄せ書き」が届けられる。「インフル早く治してね」とか うちの場合だと「受験頑張ってね」とか・・・

 なんの嫌がらせだ・・・と ちょっとだけ思う。
 必要ならオラが取りに行くから クラスの子供に届けさせるのはやめてほしい。

2)そしてこの時期に「PTAベルマーク貼り」なんて仕事が回ってきた。 ベルマークを点数ごとに分類して台紙に貼るのだ。  共稼ぎで 受験生がいて、介護中の親がいて・・・・ ベルマークの金額寄付するから勘弁して! と思うが、鬼嫁は「ただでさえ休んで迷惑かけているし地域から反感買ってもいけないから」と 長男と一緒にベルマーク貼りをした。 えらい。 オラは絶対やらない。 

 いや、ベルマーク意味がある、とか ハルビンが間違っている、とか自分勝手だ!とか 反論大歓迎です。

※あ、ちなみに 「旗振り」と言う当番もある。
 通学路の横断歩道で 交通整理をするのだ。
 もちろん小学生を守るためだ。
 これは意味がある。 大いに意味がる。
 オラは 7年間、ずっと旗振りやっている。
 こう言う「意味がある」なら 別に問題ない。
 ただ・・・ ベルマーク・・ 意味あるか・・・?

※と書いていたら 小学校の先生から電話があって、 状況を聞かれて 励まされた。
 ありがたい。 

 そう、先生はいいんだよなあ。
 でも 全体の仕組みというか・・・ PTA とか・・・
 が・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント