FC2ブログ

記事一覧

珈琲は好きかい?

今回はどうでもいい話シリーズです。

俺は、まあ皆さんご承知のように、酒が好きでよく飲んでいる。
週に1日あけようと努力しているが、努力というのはいつの時代でも実を結ばないことの方が、多く語られると決まっている。

で、実は珈琲も好きである。こちらは週に1日あけようなんて思わないし、無論努力もしない。
朝は決まって珈琲である。夏はアイス珈琲である。たまに紅茶に浮気することもあるが、珈琲である。いや待てよ、緑茶の日もあるな。
何だか書いているうちに、それほど珈琲と決まっていないことに気が付いた。
まあ、でも、珈琲である。(この辺り強引である)

会社でも珈琲である。
少なくとも4~5杯は飲む。多いと10杯ぐらい飲む。
何もいれないこともあるし、砂糖をいれたりクリームを入れることもある。
その時の気分や面倒くささでいろいろなことが決まるのは、人生と同じである。

レギュラーの時もあればインスタントの時もある。
こだわりは全くない。
別段高い豆を買うこともない。店で目についたものを適当に買う。
ただインスタントは当たり外れが大きいので、ゴールドブレンドを買うことが多い。
以前、もう20年以上も前の話だが、インスタントでUCCの「クラスワン」というブランドを買ったが、これは不味かった。それ以来飲んでないので、今はうまくなっているかもしれない。(予防線)

友人で珈琲に詳しいのがいる。
どこそこの豆がいいだの、どこそこの炒り方がいいだのと、珈琲の蘊蓄ばかりで1時間以上は話すことができる男だ。
この友人と話すと、次の日にでも新しい豆を買いたくなる。
で、買ってきて試すと、まあ、あんまり、変わらない。
どうやら俺の舌は、さほど精密ではないようだ。

新宿に馴染みの店がある。洞窟の中のような暗さと静けさが特徴だ。飲んだ帰りにまだ時間が大丈夫なら、この店に寄る。
飲み屋なのだが目当ては珈琲だ。酒を飲んだ後に飲むこの店の珈琲は、俺の心を深く鎮めてくれる。(こう書くとちょっとカッコイイ)

喫茶店と言えば、学生の頃によく行った喫茶店は、とうの昔につぶれてしまった。
女房と結婚する前に足繁く通った店も、いつの間にかなくなっていた。

子どもたちはどこで語らうのだろう。
…きっと、もっと彼らにあった場所があるのだろう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

私も味覚音痴ですが、ブルーボトルコーヒーという確か都内に何店舗か出ているカフェのアイスコーヒーは美味しかったです。

鼻に抜ける香りがよかった(私が買ったその日のコーヒーの豆がたまたまよかったのかもしれませんが)。

No title

昔は、喫茶店でデートというのは、高校生、大学生くらいは定番だったと思います。喫茶店は、大人の行くところ、大人の場所である喫茶店に行くことによる高揚感。自分も大人になった気分になったものでした。
今のスタバのような空間は、大人の行くところというイメージがないので、スタバに一緒に行くことに特別な感情もないのでしょうね。

No title

いえい!どうでもいい話シリーズだ~。

つけ麺さーん、出番です。って見てないか…。

私は、カフェで働いていたことがありまして、
お豆を買われるお客様は、どことなく品のある人が多いような印象がありました。何も高級そうな格好をしているというわけではなくて、なんというか気持ちに余裕がありそうな人に見えるというか。

なんとなく、なんですけど。

No title

書いている間に、ひのき坂さんの投稿が!

スタバそうですよね。若い人が多いですよね。
スタバもたくさんあちこちにありますが、お気に入りの店舗が私はありまして、近くに行った時などに立ち寄っています。
大人の喫茶店は、例えばルノアールとか、いかがでしょうか。

No title

 喫茶店の話ではないですが・・

 昨年、長男に「学校選びの基準」を聞いたら
「駅前にショッピングモールがあること」だって。

 学校帰りに友人とショッピングモールのマックかなんかでだべるのが夢なんだそうな。

 で、千葉中見に行ったら「ここは駅(本千葉駅)に何にもないからいやだ」だって。 

 ま、いいや。本人の選択基準だ。

※実際 入ってみると部活でクタクタに疲れて西船橋のショッピングモールで遊ぶ余裕はないようだ。

女房族は記憶力がいいのだろうか

ちなみに本文のタイトル「珈琲は好きかい?」は、俺が女房に最初に話しかけた台詞らしい。
「らしい」というのは、俺はさっぱりそこのところを覚えていないから。

それにしてもよくそんなこと覚えているなあ、と感慨しきり。

ちょっと気取って買ってみようっと

> お豆を買われるお客様は、どことなく品のある人が多いような印象がありました。何も高級そうな格好をしているというわけではなくて、なんというか気持ちに余裕がありそうな人に見えるというか。

よし!明日豆買いに行こう!

No title

 あー 今 羽生さん投了。とうとう無冠になりました。
 一つの時代が終わった かな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント