FC2ブログ

記事一覧

俺のため?お前のため?会社のため?

最近忙しい。ここ数年、人事がらみの仕事が増えているせいだ。
ところでよく思うのだが、なぜ人事の人たちは、人間が、それもいい歳した大人が、簡単に「モチベーションアップ」するなんて思うのだろう?
そしてそうした「モチベーションアップ」の状態が恒久的に続く、などという幻想を持つのだろう?

そもそも、だ。「仕事の見直し革命」だの「スキマ時間の活かし方」だの「顧客視点の獲得法」だの、そんなもの役に立つものか。
もしそれが役に立つなら、随分とレベルの低いビジネスマン揃い、ということになる。

さて、都内数か所に支店があるとある企業では、週に一度支店長の集まる会議がある。
会社の規則では10時から18時が就業時間だが、この会議は9時から。まあ支店長だから「仕方ない」というような受け止め方。
さてこの支店長会議に人事部が若い幹部候補の職員を参加させたところ、その職員から「1時間早く出社したので1時間早く帰ります」と言われたそうな。

「なんかがっかりですよ。この会議に出ておけば、いろいろ新しい情報もつかめるのに、こんなこと言われるなんて」
「そうですか、それはがっかりですねえ」とか言っておく俺氏大人の対応。

対価をしっかり払うことで、仕事のスキルは上がっていく。むしろそれ以外の方法で仕事のスキルを上げさせるのは、劇薬だ。副作用が怖いから、あまり使わない方がいい。
タダでやることは、たいして注意も払わなくなるし、成果を出す気持ちも薄れていく。

「お前のことを思って」とかいう人もいるが(件の人事の職員も同じ部類)、そんな余計なものはいらない。仕事なのだから「会社のため」でいい。
「お前の成長が会社の利益になる」から、時間外の会議に参加させる。「会社の利益のため」なのだから、当然対価は払う。

こうした「当たり前の感覚」のない人がその集団のクオリティを下げていくので、「仕事の見直し革命」だの「スキマ時間の活かし方」だの「顧客視点の獲得法」といったツマランことをやる前に、金と時間について発注者や幹部と話をしないといけないのが、この仕事のミソ。

これが何しろ面倒で時間がかかる。
「仕事に意気を感じる」=「対価を要求しない」という風土がある企業では、なかなか人事コンサルはうまくいかない。
(少なくとも俺のところでは長続きしない。他のコンサル会社ではうまくいくのかもしれない。ところが長続きしない方が金になる。コンサルって不思議だね)

しかし企業風土がマトモなら、コンサルに金を払った分は何とかなる。というか、何とかしますよ、それぐらい。仕事だからね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

「ママは、あなたのために言ってるのよ」
「言うことを聞いた方が、身のためだぜ」
「しばらく距離を置いた方が、あなたのためだと思うの」

これらの発言、全て「自分のため」です。

痛いことを言うデウス・エクス・マキナ

> これらの発言、全て「自分のため」です。

至言ですな。

なおかつ言うならば、所詮自分の人生の責任なんて自分しか取れない。
「お前のせいで」なんて言うのは野暮なわけで、そんなこと言うようものなら、デウス・エクス・マキナに「でも、あなたは、あなたの欲望において、その言葉を、信じることを、選んだ」なんて言われるわけで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント