FC2ブログ

記事一覧

早稲田と慶應の「進学者数/合格者数」から見えるもの

先日の記事「下位の生徒はどこに進学するのか?~入ってしまえば何とかなるわけじゃないんだよ」において、「そこで上から70%辺りの進学実績を、そのうち探ろうと思う」と書いたが、早速難問にぶち当たった。
肝心の進学先だが、国公立はいいとして(基本的に蹴るのは少数だろうから)、私立がさっぱり読めない。
一応現役進学数は多くの学校で調べてあるが、浪人となるとまとめた資料はどこにもない。

そこで、現役の「進学者数/合格者数」であたりをつけて、それを浪人生にも当てはめようと、まずは早慶の現役「進学者数/合格者数」を計算していて、気になることを発見した。
まずは下記に一覧表を置いておこう。

学校名称 早大率 慶應率
筑波駒場 10.20% 12.24%
開成学園 12.00% 20.88%
聖光学院 12.20% 25.84%
桜蔭学園 15.58% 12.50%
雙葉学園 17.54% 56.52%
洗足学園 18.46% 48.44%
栄光学園 18.75% 23.81%
浅野高校 19.70% 28.70%
渋谷渋谷 22.64% 34.85%
女子学院 23.42% 35.06%
攻玉社高 23.47% 38.30%
駒場東邦 23.53% 23.68%
日比谷高 24.73% 24.32%
横浜翠嵐 25.00% 40.58%
豊島岡女 26.39% 43.59%
渋谷幕張 26.96% 36.26%
筑波大附 28.38% 25.49%
県立千葉 29.07% 35.00%
頌栄女子 30.19% 38.24%
湘南高校 30.66% 21.88%
麻布学園 30.77% 24.56%
学芸大附 30.86% 38.89%
本郷高校 31.34% 34.62%
県立浦和 32.50% 50.00%
芝温泉高 33.33% 43.28%
西高等学 33.90% 35.29%
鷗友学園 34.04% 40.82%
小石川高 34.15% 26.09%
市川学園 40.21% 50.00%
吉祥女子 48.08% 65.52%

01.全体的に東京一工の合格者数の多いところは、当然ながら率が低い。
02.ところが麻布は早大率が高い。政経・法あたりなら手を打とうということか。まあ現実的だ。理工にさくっと進むのも、経済力のなせる業か。
03.早大率>慶應率は、桜蔭、麻布、日比谷、筑附、湘南、小石川。国公立は早稲田が好きなのか?(あるいは慶應が嫌いなのか)湘南はもろ慶應な気がするのに。
04.雙葉の慶應好きはなかなかすごい。渋幕も立地を考えると慶應率が高いのが不思議。
05.市川も慶應率が高い。ハルビンカフェさん的には慶應OKなのかな?
06.やはりセン利のある早稲田の方が率は低くなる。
07.女子校の方が歩留まりはいいのだが、桜蔭の男子校ぶりはさすがである。
08.豊島岡なんて、早稲田があんなに近いのに…
09.早稲田中高は外しました。あんなズルいインチキ学校…
10.攻玉社の率はどちらも思った以上に低い。国立志向が強いのかな。
11.海城は何故アンケートに答えなかったのだろう。
12.芝の妥当な選択傾向は、さすが温泉学校である。しかしこの学校に進学してゆっくり湯につかり、早慶に進学していく生徒は、おそらく教育的・学歴的にはかなりの「勝ち組」であろう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

早稲田率の昇順ソート

ちなみに記事中の表は、早稲田率の昇順ソートです。

No title

これを見ると
「意外に数字が大きい」と思いました。
(市川レベルの学校の数字が大きい)

 例えば 一人の生徒が 早慶で二つずつ合格を取ってどちらかに進学したら こんな大きな数字にならない。早慶けって国立行く人もいるはずだからさらに数字は下がるはず。

 同じ大学で二つも三つも合格取るような「節操のない」併願はしないのか?
(例えば 早稲田の文系 受けられるだけ全部受けるみたいな 理念を感じない受験パターンは実際には少ないのか?)

※あ、単に市川レベルだと「早慶の比較的入りやすい学科 1つくらいしか受からない」のかも
 ほほほ

No title

息子の母校が入っておらず、人の目に触れなくて何故か安堵(小心)。お久しぶりです。いつもニヤニヤ楽しませていただいています。

>「早慶の比較的入りやすい学科 1つくらいしか受からない」

うちこそこれですね。
あとは最近の妙な強気。厳しい時勢なのに。
早慶の現役合格者数は1学年の人数を考えてもそれなりにいますが、現役進学率にすると早慶はひとケタ。それでいて、今年は例年になく浪人が多いとは何事か。
まぁ息子もイキった浪人だったから責められませんが…

No title

 濱鈴さん こんにちは。

やっぱり 私大入試はかなり厳しいという印象なんでしょうか。

 市川もそうでしたが、「申告」するとJGさんが 統計データにご子息の中学を載せてくれますよ。きっと。
(最初は市川は載せてくれなかった お願いして載せてもらったんです) 

No title

 オラ、偏見かもしれないが、慶応には一目置いている。

 オラの時代には早稲田もピンからキリまでいて、明らかにオラより学力が下のやつも早稲田に入っていた。(昔は入りやすい学部もあった 今は違うのかも)
 
 慶応は違う。まずオラの友人に慶応行った奴がいない。(東北大→慶応教授 はいるが)
 社会人になってからも慶応の奴は、なんか「できる」。 早稲田とは違う。

 こんなことを書くと猛反発に合うかもしれないが・・・

(反論されたら すぐ謝ります)

早慶だからこの程度の歩留まりで済んでいる

>  同じ大学で二つも三つも合格取るような「節操のない」併願はしないのか?
> (例えば 早稲田の文系 受けられるだけ全部受けるみたいな 理念を感じない受験パターンは実際には少ないのか?)

まあ、首都圏難関進学校なら25%から50%くらいが妥当でしょう。それより低いところは難関の程度が高く、高いところは難関の看板が怪しくなります。
(個人の感想です。謝る準備はできてます)

濱鈴さんへ

> 息子の母校が入っておらず、人の目に触れなくて何故か安堵(小心)。お久しぶりです。いつもニヤニヤ楽しませていただいています。

言っていただければすぐにでも掲載しますよ。フフフフ。

> >「早慶の比較的入りやすい学科 1つくらいしか受からない」
>
> うちこそこれですね。
> あとは最近の妙な強気。厳しい時勢なのに。

18くらいの頭の良い男子は何かと「早慶くらい」といいたい年頃です。
逆に言えばこれくらいの虚勢が男子としては欲しいところです。

まあ早慶の恐ろしさは社会に出てゆっくりと実感していただきましょう。

お邪魔しています

>言っていただければすぐにでも掲載しますよ。フフフフ

キャーわろてる!ハルビンさん、自ら掲載お願いしたんですね…息子の学校は入り口が市川と同じくらいだけど(半分以上言っちゃってる)パッとしないからなぁ。

母親としてはハラハラしますが男子としてはあれは健全な虚勢なんですね。
どういう結果であれ、自分で回収できればよしということでしょうか。

>一応現役進学数は多くの学校で調べてあるが、浪人となるとまとめた資料はどこにもない。

確かにあまり見ませんね??
子供の学校はHPで現役・浪人それぞれの合格者数進学者数を出していて、中学のうちから参考になりましたけどね(冴えなくてもオープンにするところがらしくて好きなんです)。
かと言って他も出せばいいのにとは簡単には言えないのはオトナの諸事情・・・

No title

>息子の学校は入り口が市川と同じくらいだけど

ということはあそこですね。
東邦大東邦 もしくは秀英でしょうか。

 今日 市川中 サッカー部は 東邦大東邦をホームに迎えて練習試合をしました。

 結果
一年生  市川2−0東邦
二年生  市川0−4東邦

※ちなみに三年生は渋幕や芝柏など私学で 「私学大会」という準公式戦を戦ったみたいです。 普通の公立の三年生はサッカーなんてしてる場合ではない。けど 中高一貫の3年生は試合をしたい。ということで「私学大会」があるようです。

うっ

うーん、千葉ではないです(追い詰められ感)

向かいの公園が気持ちいい

濱鈴さんの坊ちゃんは、鳥越さん(キャスターじゃないよ)のところでしょう。(追い詰めてる感)

落とされた感

我ながらメンドくさいな。すみませんでした。そうです。郊外の公園のそばのあそこです。
昨日、文化祭に行ってきました。
今の中受の世界では校風が私立らし過ぎて偏っているので(うーん逆説的)、指標向きではなさそう。

>やっぱり 私大入試はかなり厳しいという印象なんでしょうか。

各大学のボーダー層には厳しくなりますよね。
子供の学校も多分に漏れず私大専願の中位層以下はかなりあおりを食らったようです
今年は浪人組も現役も食いしばって頑張るしかありません。

市川・東邦大東邦か。自分が受験した頃から耳なじみのある学校。県内に新規参入があっても校風を保って安定感あります。
うちの学校もゆっくりそう成長してほしい。派手さはいりません。

静かな愛校心

> 各大学のボーダー層には厳しくなりますよね。
> 子供の学校も多分に漏れず私大専願の中位層以下はかなりあおりを食らったようです
> 今年は浪人組も現役も食いしばって頑張るしかありません。

この辺りの現場感は、このブログの肝です。
気づいたことや思ったこと、どんなことでも書いてください。

> うちの学校もゆっくりそう成長してほしい。派手さはいりません。

こういう静かな愛校心は素敵ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント