FC2ブログ

記事一覧

配偶者に対する小さな秘密~後ろめたい気持ちは少しある

突然だが、皆さんは配偶者に対して「秘密」をもっているだろうか。
俺は先日、小さな秘密を作ってしまった。

日曜の夕方、女房が晩飯を天麩羅蕎麦にするという。俺の好物だ。
ビールもキンキンに冷やしてあるという。ますます都合がいい。

それでおとなしく待っていればよかったのだが、また1時間以上時間があったので、近所をぶらりと散歩することにした。
ぶらぶらあてもなく歩くというのは、案外難しい。俺だけなのかもしれないが、どこかに目的地を設定した方が、散歩というのは気が楽になる。
それで歩いて1キロちょい離れたスーパーマーケットを、とりあえずの目的地にした。

20分も歩かないうちに着く。ナッツやチーズを補充しようと思って店に入ろうとしたところで、知り合いを見つけた。
一応断っておくが、男だ。年は俺よりだいぶ上。一人暮らし。
ただいつも犬を連れている。大きな犬だ。
仕事は何をしているのか知らない。もしかしたら、もう引退しているのかもしれない。

「やあ、ご無沙汰です」
「どうも、久しぶりです」
男はスパーマーケットの駐車場の焼き鳥屋で、焼き鳥を買っている最中だった。
「どうです、焼き鳥で一杯」
家で俺を待っている天麩羅とビールが頭をよぎったが、よぎっただけだった。
「いいですね、酒を買ってきますよ」

というわけで、夕やみ迫るスパーマーケットの駐車場の片隅のベンチで、中年と老年の男同士が、焼き鳥と缶酎ハイの酒盛りを始めることになった。
野球や酒や小説や映画の、どうでもいい話をして、缶酎ハイのロングを1本飲み、焼き鳥を3本か4本食べ、犬の頭を時折撫でた。
犬はおとなしく座っている。この犬が吠えたところは見たことがない。

それで別れの挨拶をして家に帰った。
ちょうど蕎麦が茹で上がったところだった。
「ナイスタイミング!どこまで散歩に行ってたの?」
「そこのスーパーまで」
「誰かに会った?」
「……いや、誰にも」

会ったと言えば、酒盛りの話をすることになるだろうし、そんな話をしたら、せっかく天麩羅やら蕎麦やらビールを用意してるのに、という話になって、どう転んでも愉快な状況にはならないだろう。

その夜俺は、ゆっくり時間をかけて(焼き鳥の消化を助けながら)、天麩羅を食し、蕎麦をすすった。いつもよりうまかったが、ことによると贖罪の気分がそう思わせたのかもしれない。

配偶者に対する小さな秘密ということで、少し期待した方がいらっしゃるかもしれないが、そうは問屋が卸さないの巻き、でした。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

秘密

 司法取引に応ずる条件だ。発覚すると命に危険が及ぶ可能性があるため、名前を変えて別の地域で暮らすなど当局の保護を要請する。

 オラは結婚してすぐ、内緒で安いゴルフの会員権を買った。まあ大したことではない。

 最大の秘密は・・・
 オラの会社は、額は少ないがボーナスが4回ある。夏冬のボーナスの存在は当然知られているが、残り2回の存在は秘密だ。(大した額ではないがオラの生きる支えだ)
 くれぐれも鬼嫁にはバレないように情報の管理は徹底してもらいたい。

これは

あえてちっちゃい事を自分から話して、もっと大きいのまで目が行かないようにするという手口だな。
自営業のオヤジさんが、対税務署で、わざと見つかりやすい軽いのを用意しておいて、見つけて頂いてお引き取り頂く、「お土産」という古典的な対応策に似てるね。

Re: これは

本当に君は疑り深いんだから。そんなんじゃ人生つまらんだろ

(なんでバレたんだろう……?)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント