FC2ブログ

記事一覧

面倒見の良さとは?2~塾いらずに関して

今回は「面倒見の良さ」をアピールする時のキャッチフレーズ、「塾いらず」についてのお話。
「塾いらず」はおおよそ次のような主張に支えられている。

学校でここまでやっているから塾に行かなくても大丈夫 → 塾や予備校に行くお金が必要ありません

良いことづくめのようだが、もちろん落とし穴はある。
その最大の穴が、勉強の質だ。
東京一工や国公医に受かるレベルともなると、勉強は量と質の両方が求められる。
量は分かりやすい。だから「学校でここまでやっている」は十分魅力的だ。

しかし質はどうか?これに関してはどうしても塾や予備校に軍配は上がるだろうね。
こと難関大学受験においては、駿台河合代ゼミ鉄緑会といった塾予備校のエースにかなう講師は、高校にはいないかな。
いるかもしれないが、「いるかもしれない」などという可能性に賭ける必要はない。
金を払って授業を受けに行けばいいのだから。
金をケチって学歴を危険にさらす必要はない。

ちょっと即物的なものの言い方になるが、「とにかく東大に合格する」と「この学校の言うことを信じる」のどちらをとるのか。
これで後者をとっても誰も文句を言わないだろう。
しかしそれは「塾いらず」とは違う意味合いになる。

さて、

>「とにかく東大に合格する」と「この学校の言うことを信じる」のどちらをとるのか。

と書いたが、実は選べない学校もある。
学校の補習が必修化しており、塾や予備校に時間的に通えないケースだ。
こうした学校に進学したらどうなのか。
ま、あきらめて、全国の秀才相手に学校のやり方で戦うしかない。

しかし学校の補習にもいいところがある。
まず、学校の先生と相性がいいなら、わざわざ金を払ってほかの先生の授業を聞く必要はない。
それと東京一工ではなくMARCHレベルなら、学校の補習もかなり武器になる。
というのも、多くの塾予備校にはMARCHレベルを狙うクラスにエース講師は少ないからだ。(というか、いるのかな?)
MARCHレベルを狙っていて、学校が「塾いらず」の名に恥じない補習を廉価で提供してくれるなら、これはなかなか魅力的だと思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

私も 「(よっぽど落ちこぼれない限り)私立に行ったら塾は必要ない」「まあ行くんだったら高校3年生から追い込みかな」と思っていました。

 が、世の中そんなに甘くないことが段々分かってきました・・・

ふと思い出しましたが、高校のときの先生の何人かが、予備校講師のバイトを掛け持ちしていた記憶があります(名前を変えて)。

いまはそういうのは禁じられているのですかね。
それとも公然の秘密なのかしら。。。

No title

某掲示板がきっかけで、東大数学科の教員リストを見ることになった。
すると、昔SEGという塾でお世話になったバイト先生が数学科の東大教授になっているのを見つけて驚いた。
専任だった小島寛之先生(専任)が、その後転身して大学教授になって、今は啓蒙書を書いていることは、ちょっと前に知ってた。
コンビニに置かれていた本の著者としての出会いだったので、とてもびっくりした。
物理のバイト先生も東大の教授になってるんだよね。
塾の先生に教わる、ってのも悪くないかもしれないね。

もっとも、鉄緑会は医学部と法学部の学生さんが先生みたいだから、ちょっと違うかもしれないね。
今のSEGは知らないけど、昔のSEGは優秀な学生をバイト教師として雇っていたみたいね。

No title

>某掲示板がきっかけで

私は息子の受験で精一杯で、共学別学論争まで考える余裕はないのですが・・ 今日 千葉中 千葉高のOBの家庭教師の先生に聞いて思ったこと

市川・・・ 各教科及び総合点の順位がわかる。上位者は掲示もされる。私は進学校ではこれが普通だと思っていた。が、もしかして「競争を煽る」要素があるのかも

千葉中・高・・ 今日聞いてびっくり。この学校は教科でも全体成績でも「学校内順位がわからない」んだそうな。 ほー。 もしかしたらこの方がいいのかも。少なくとも 「女子の数学」には。 

No title

麻布も桜蔭も、通常は順位は出さないみたいです。
麻布は、高校に入って時々行われる実力試験では、順位も出るのかな?
でも、親には成績表見せないので、どうなってるのか分かりません。

クロコマさん、はじめまして。
某掲示板でのご投稿を興味深く拝読しております。勉強させていただいております。
(私も女児の親なもので。厳然と存在する性差を前にどうしたものかと。。。)

SEGに通っていたわけではないので、想像で勝手なことを書きますが、SEGは、受験とは少し距離を置き、「数学好きのために数学という学問の楽しさを教えるところ」というイメージがあります。

他方で、鉄緑会は(数年間講師をしておりました)、生徒よりもちょっと兄貴分の講師が教えることにより、東大受験の技術的・心理的ハードルを下げることに強みがあるのかなと感じています(最近のことはわかりませんが)。

なにが良いとか悪いとかの話ではないですが、最近の子も、自身の興味・関心と、各塾の個性を照らし合わせて塾を選択しているのですかね(独り言)。

麻布では何でも起こる

> 麻布は、高校に入って時々行われる実力試験では、順位も出るのかな?
> でも、親には成績表見せないので、どうなってるのか分かりません。

ジツリキでは順位は出ませんが、100~91が〇人、90~81が〇人というリストが一緒に出るから、大体の順位はわかるようになっている。
ときおり数学で10~0が凄い人数の時があるよ。
あれ、保護者はどういう気持ちで見るのかな。
クロコマ家のように、見ないで済んでいるのかもしれない。
(いや、君の息子さんがそこにいると言ってるわけではなくてね、これはね、ものの言いようでね…(焦り

今まさに子どもがS◯Gに通っています。
うちの学校は、学習指導要領にかなり忠実で、授業の質は低くはないのですが進度がたいへんゆっくりなカリキュラムになっています。(完全中高一貫ではありません)
子どもは高2から塾に通っていますが、そのあたりから入塾しようとすると、学校の進度と塾の進度が合わない単元があり、その部分は家で教えてフォローするという何ともバタついたことを当初はやる羽目になりました。
通常の中高一貫校では、このようなことはないと思いますが、入塾の時期は、通っている学校のカリキュラムの進度や先取り学習の有無、受験のフォロー等も参考にした方がいいのかなと思います。

他の塾の様子はよく知りませんが、子どもの話を聞く限り、S◯Gの先生は優秀だなぁという印象です。
受験に関しても熟知しており、受験のことをまったく触れないというわけではありません。ただ、いわゆる受験のテクニックを教えるとか単に覚えさせる、いうことはあまりないようです。
なお、S◯Gの選択にあたっては、クロコマさんの書き込みも参考にさせていただきました。
その節はありがとうございました。

No title

甘えん坊将軍さん

>他方で、鉄緑会は(数年間講師をしておりました)、生徒よりもちょっと兄貴分の講師が教えることにより、東大受験の技術的・心理的ハードルを下げることに強みがあるのかなと感じています

コメントありがとうございます。
おそらく、鉄緑に通わせる、というのは正しい方法なのだと思うのですが、中学から大学受験を意識する、というのがどうも引っかかってしまって、通わせてないです。
中学受験は親ができることとして頑張ったのですが、大学受験は子供の問題だから少し距離を置こうかな、と。
それが良いのか悪いのか・・・

No title

JGさん

>ときおり数学で10~0が凄い人数の時があるよ。

たぶん、うちの子、そこに入ってると思う。
急に予備校探し始めたから・・・

No title

白鳥座さん

うちの子もSEGに通わせようかな。
ついていけるかどうか、分らんけど・・・

クロコマさん

>中学から大学受験を意識する、というのがどうも引っかかってしまって、通わせてないです。

同感です。
せっかく中高一貫校に通うなら、中学時代は学校生活を楽しみ尽くしたほうが得るものが多いと思っています(中高一貫校に通った経験がないので、想像ですが)。

友達や先生との触れ合いを通じて、おぼろげでも、自分の興味・関心・適性を見つけて、卒業後の道行きを考えるなどしたほうが、高校生になってからの大学受験勉強の駆動力になるように思うんですよね。

・・・とはいえ、SEGは楽しそうだけれど。(古◯先生、酷暑でロン毛だと暑いだろうなあ)

クロコマさん

クロコマさんのお子さんでしかもA校の生徒さんがついていけないとしたら、ましてやうちの子なんてとっくにリタイアしてますよ〜
クロコマさんの方が詳しいと思いますが、先生によって若干教え方のスタイルが異なるので、相性というのは多少あるかもしれません。
大数などにもよくSEGの先生が執筆されていますよね。

甘えん坊将軍さん

どうも。
自分も初めてS◯GのHPか何かで古◯先生を拝見した時は、数学関係者あるあるだな〜と妙に納得しましたw
甘えん坊将軍さんのお子さんが、大学受験の頃には、制度や様相が今とはだいぶ変わっているかもしれませんね。
でも、中等教育期の大切さと素晴らしさは不変だと思います。
うちはもうすぐ終了ですが、これから迎える方が実り多き中等教育期を過ごされますよう願っています。

「私が教えるよりあの塾の先生が教えた方が成績が伸びる」という判断か

> >ときおり数学で10~0が凄い人数の時があるよ。
>
> たぶん、うちの子、そこに入ってると思う。
> 急に予備校探し始めたから・・・

もし下50人に入っていて、どこの塾に行ったらいいかわからない、となったなら、学校の先生に相談してみるのもいいよ。
とは言え、学校の先生が補習をしてくれるというわけではなく、生徒に合った塾を紹介してくれるから。

以前、理系の仕事をしている知り合い(学者じゃないよ)の息子が、やっぱり高1のジツリキで下をうろうろしてるときに先生に相談したら、塾を紹介してくれたんだって。
肌に合ったらしく、そこそこ成績を伸ばして、たしか一橋か慶應の経済に進学したと思う。

それにしても「補習する」ではなく、「合った塾を紹介する」というのが、なんともかんとも……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント