FC2ブログ

記事一覧

面倒見の良さとは?1~そのフォローは誰が受けるのか

8/16の記事「諸君、気持ちよく騙されてくれ給え~学校説明会はすでに魔の手に落ちているのだよ」では、若干コンサルを露悪的に書いたが、、少しコンサルの擁護もしておくか。
次の文章(*****で区切ってある文章)は、某掲示板にかつて書いた文章。
まあ、微温を装って書いたが、実はかなり毒が入っている。
最後にそこのところも解説しようと思います。


***************************************

別にコンサルが入ってるからと言って、その学校が悪い学校というわけじゃない。
コンサルが学校の姿を見えにくくしているんじゃなくて、本来学校の姿なんて見えにくいものなんだ。
教育は多面的だし時間がかかる。それを「わかりやすく」「素早く」知りたいという欲求にこたえているだけ、とも言える。
その証拠にコンサルを入れて華々しく広報活動をしている学校は、たいてい受験者数を増やしている。
(まあ中にはコンサルがダメなのか、学校がダメなのか、さっぱりなところもあるが)
コンサルは無から有を作っているのではなく、クローズアップや省略化を駆使して、学校の美点を「わかりやすく」「素早く」見せる工夫をしている。

もしコンサルを封じて学校の姿を見ようというなら、伝手を使って在校生の保護者5、6人ほどから、話を継続的に聞くのが効果的かもしれない。
生の声に勝てるコンサルは少ない。
ましてやサービスを連続して受けることが前提の教育関係なら、そのサービスを受けている人間の声はもっとも強力だ。
(但し、強力すぎて他の問題も生じるが、それはまた別の話)

***************************************


「伝手を使って在校生の保護者5、6人ほどから、話を継続的に聞くのが効果的」と書いたが、実際にはそんなことは不可能だ。
まあ、様々な方法を使って可能だとしても、「強力すぎて他の問題も生じる」と書いたように、そこで得られる情報は、実は生のままでは危険だ。
何しろその話し手のバイアスがかかっているから、その言葉をそのまま自分の基準に当て嵌めてもうまくいかないことの方が多い。

たとえば「確認テストで点数が悪いとフォローしてもらえる」だから「面倒見が良い」という文脈も、ちょっと考えものだ。
とある中高一貫私立の場合(そこそこ頭が良い)だが、確認テストで合格点の取れない生徒はクラスに1人~3人程度で、その生徒には落ちこぼれないようにフォローをする。そこまではいい。
問題は大多数を占める中間層だ。ここにはさしてフォローはない。落ちこぼれていないのだから当たり前の話なのだが、「面倒見が良い」と聞いて入学した生徒・保護者からすると、「ちょっと違う…」ということになる(尤も生徒からしたら補習がなくてラッキー、と思うかもしれない)。

また別の中高一貫私立では、クラスの半数以上が確認テストで合格点を取れずにフォローを受けているとしよう。
こうなるともはやそれは「面倒見が良い」のではなく「授業が下手」なのであって、フォローありきのカリキュラムになっているとしか思えない。
(残業ありきの工程管理と一緒で、作業効率はお察し)

まあ最近のトレンドからすると、「面倒見が良いよ」と言われれば「やったー!」となるわけで、ここまで細かく考える奴はまずいない。
あとで泣くかもしれないが、それだって「面倒見が良いって聞いたけど、思ったより良くなかった」レベルで終わるのだろう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

オラの学校選択の条件だ。

○入学偏差値は低くて 大学進学実績はいい学校
○スパルタは嫌だ。が 適度に面倒見がいい学校。
○自由がいい。が あまりに放任も困る
○歴史や伝統もあった方がいいニャ。でも新しいことにも取り組んで グローバルで アクティブラーングで 英語重視で しかもサイエンスも重視で・・

 で、楽しくて できれば近くにあって 学食があって・・・ 

塾の進路指導の先生「はい。希望はわかりました。 ところで息子さんの偏差値は?」
オラ「・・・・・・」

No title

 しかし冗談は抜きにして
 
1)まずは次男が入れる学校
2)学習面は面倒見がいい方がいい
3)校則が比較的自由

 と考えると本当に選択肢が少ない。
(偏差値が低い、ということはそういうことだ)

志学館はちょっとなあ。(ここは外した)
安田学園は校則が厳しいという。
開智日本橋は 1)〜3)はクリア。しかしビル校舎で6年間は息がつまるのでは・・・

 千葉明徳は 校則厳しいというがどうなんだろう? 一度学校訪問しているのだが、そこまで調べなかった。 「理不尽」「息苦しい」ところはいやだ。

 う〜ん・・・・

『勝者には何もやるな』(ヘミングウェイ)

面倒見の良さを求めるなら、どういう「面倒見」なのかをよく聞いておいたほうが良いと思います。
本文の方でも書きましたが、多くの場合「面倒見が良い」という言葉に引きずられて、「自分の子にとって面倒見が良い」とイメージしがちですが、現実は異なるということもしばしば。

ただやはり「成績下位者」に対して手厚い「面倒見の良さ」の方が、教育機関としては信用に足ると思います。
できる奴は学校に期待する必要ない、という思想が、俺のどこかにあるのかもしれませんが。

ちなみに志学館を外した理由は何ですか。校風?

No title

>ちなみに志学館を外した理由は何ですか。校風?

 一番の理由は「先取り学習をしない」ということでしょうか。 (先取りせず 高入と完全に混じる)
 だったら公立行って塾行っても同じかなあ、と思いました。 そこに勝る魅力もなかったし・・・

 そもそも今年の春まで 次男は千葉明徳でほぼ確定していたんです。
 千葉明徳は 2017年に中高一貫第1期生が卒業しました。その実績は素晴らしいものでした。
(学校が中高一貫のみの実績を消しやがった(※)ので詳細はわかりませんが 33人の一期生で 東工大1 外語大1 千葉大3 他国立2だったかな?他 理科大早慶マーチ10くらい? いずれにせよ入った偏差値を考えたら素晴らしいものでした)

 だから次男は「稲毛記念受験 千葉明徳に入る」で考えていたんです。
次男本人も学校見学行って気に入っていた。(今でも次男は気に入っている)

 ところが今年の春の第2期生は大惨敗。
 国立0 理科大1、明治2、立教3、法政1 重複を考えると2〜3名くらいしかマーチに入っていない。
 
 それで急に「明徳で大丈夫?」ってなことになったんです。(実績が悪いと 嫁の「昔は暴走族で有名だった」という嫌悪感も出てくる)
 という訳で慌てて春から本気で稲毛目指すようになった・・・(遅いって)

 しかし 明徳といい市川といい渋幕といい 今年の千葉は大惨敗。(唯一伸ばしたのが秀英。一人勝ちの様相です)

 私自身は「明徳の印象も良かったし明徳1期生の実績を信じたい(※2)」のですが・・  もう一回明徳の説明会行ってみて、今度はとことん聞いてみるつもりです。

※昨年まで表示されていた中高一貫のみの実績を消したのは 今年の大惨敗を隠すためだと思われる。そんなことをするから不信感が増す。

※※「信じたい」なんて言っているだけでもうだめ、ですね。「信じる」ならいい。「信じたい」は裏切られる可能性が高い。

No title

>ただやはり「成績下位者」に対して手厚い「面倒見の良さ」の方が、教育機関としては信用に足ると思います。

 まあ理想を言えばきりがないのですが、私が求める「面倒見」というのは・・

1)英語と数学 落ちこぼれ防止
 朝チェックテストをやって落ちこぼれそうな人だけ放課後補習みたいな感じ(千葉明徳がこのパターン)

 極端に落ちこぼれなければ センター試験 6割取れるくらいの学力はつくはず。(そっから先は本人の問題だ)

2)宿題は 少なめ
 1日1時間くらいの宿題が適当なのでは。
 とりあえず毎日机に向かう、という感じ。
 あとは本人の自主性に任せる。
 (毎日2時間だと かなりスパルタ、やりすぎに感じる。おそらく、次男の性格だと2時間あったら あっという間にやる気をなくして深海に沈む)
 

No title

 家に帰ったら アホ息子が今日の宿題をやっていないという。
 アホ息子は「できない理由」を探す天才だ。
 兄がどうの、友人がどうの、いろいろ理由を探す。
 そのうち宇宙人でも出てくるだろう。
 でも頼むから「放火」はしないでね。(家が火事だから宿題できないってやつだ。オラ、自分がグータラだから気持ちはわかる)

 まあ、でも「理由」を探したがるのはみんな一緒だ。社会人でもそうだ。
政策が変わった、為替が変動した、ネットへの移行が、リーマンショックが、トランプが・・・ 
(オラは政策が変わったことで仕事で大変なダメージを受けた)

 本当の不可抗力は「東大の入試がなかったから入れなかった」くらいか? でもそれだって 東大の定員の3倍くらいの人が言っているだろう。

 やっぱり人のせいにする癖は直させないといけない。

※昔 提出する企画ができずに苦しんでいて、仮眠したら、会社から電話がある夢を見た。「事情により期限が二週間伸びました」という電話だ。
 起きて会社に電話したら「何 寝言言っている。さっさと書け」と言われた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント