FC2ブログ

記事一覧

どういう理由で中学受験するのか~ブランドはやっぱり欲しいよねえ

どんな動機で中学受験をさせるのか(するのか)を、ちょっと考えてみた。

地元中学からの逃避、ということもあるだろう。最近は少ないかな。
高校受験からの逃避、ということもあるだろう。内申点にきわだって自信がないとかね。

難関大学に合格するためというのもあるな。
たとえば東大なら筑駒、開成、桜蔭といったように(あとは偏差値と相談)。
付属大学に行かせるという目的もあるか。
早慶が筆頭だし、また早稲田中学のような良いとこどりもある。

何をつらつら書いているかと言えば、「初心忘れるべからず」ということさ。

たとえば地元中学からの逃避、というのがそもそもの出発点なら、たとえ受験勉強がうまくいかなくても、「ああ、もう、このままじゃ大したこと入れないよ!?もう勉強なんかやめて受験しなくていいんじゃない?」なんて言ってるようじゃ、これからのその子の教育、うまくいくのかね。

難関大学に合格するのが目的の中学受験ならば、開成や桜蔭に入ることがマストではない。
入ってからさらに勉強を継続していかなくちゃいけない。(まあ、そのレベルなら、テキトーに手を抜いた方が結果的にはいいかもしれないが)
それに開成や桜蔭じゃなくてもいい。
駒東だって海城だって、渋幕だって渋渋だって、JGだって雙葉だって問題ない。
ところがやってるうちに「開成!桜蔭!」となっていく。

問題は「ここにどうしても行きたい!(行かせたい!)」というケースだ。これは次善の手がない。初心に戻れば戻るほど、選択肢のない世界に入り込む。
昔はこのケースは「慶應」が多かったそうな。慶應の場合は、次善手がある。高校入試、あるいは大学入試で入ればいい。
むしろこれは「慶應」という看板が欲しいわけで、慶應の教育というものは大して興味がない、というケースが多い。

ちょっと無駄話。
とある中学受験塾の講師に聞いた話。二者面談にお父さんが来られて、どうしても我が子を慶應に入れたいという。普通部でも中等部でもSFCでもいい。ちなみにお父様自身も慶應出身(普通部か中等部かは忘れた)。
そこで講師が訊いてみた。
「お父さん、慶應の教育のどの辺りが魅力でしょうか」
「教育…魅力…?」
お父さんが「この人いったい何を言ってるんだろう」というような顔になった。
「ええ、慶應に入れたいということですので、お父さんに何か慶應の教育に関するこだわりみたいなものがあるのかと思いまして」
「ああ、ああ、ええっと、……楽しかったですよ、中学も高校も」

まあそこで講師にも分かったわけだ。
「こいつ慶應のブランドが欲しいだけじゃん」
無論、こういう人ばかりではない。(当たり前だ、そんな人ばかりでは慶應が自壊する)

さて、先ほど「昔はこのケースは「慶應」が多かったそうな」と書いたが、ここのところ多くなっているのが、麻布。
これはここ数年の地道な広報活動が実を結んでいるのか、とかく偏差値表とは違う観点で麻布を希望する受験生・保護者が増えているそうな。
これは麻布にとっては朗報かもしれないが、ひとつ問題がある。
偏差値表とは違う観点すぎて、四谷偏差値55くらいから狙ってくる生徒も増えているらしい(それも小6の55)。

当日一発試験なわけだから、もしかしたら受かるかもしれないが、受かった後のことを考えるといささか不安が……、そもそもあの学校だからどんな成績でも不安はあるのか、そうか、そうか、それなら入りたくて入って、成績じゃ退学にならないんだから、楽しんで遊んだほうが正解か。

但し件の塾講師曰く、「麻布受験生はおさえを複数受験してくれ」とのこと。
1校だけだと不安らしいよ。(誰が?…講師…かな)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

中学受験なんて東京のエリートの話、うちには関係ない、と思っていた。高校受験でいいよ、と。
 
 ところがある日 鬼嫁がサピックスの資料を持ってきた。「長男は結構頭良さそうだから中学受験してみようか?」と。   
 えええ?驚いた。しかもサピックス?調べると大変ハードな塾らしいではないか。(その時点では名前くらいしか知らなかった)  受験はいいけど他の塾にしたら? と言ったが嫁は聞く耳なし。

 4年の8月下旬だったか?サピの入塾試験を受けた。
 結果はBクラス。偏差値40くらいだったか?
 世の中には頭いいやついっぱいいるんだなあ、と思った。
 そこからテストの度に上がって行ってあっという間にEクラスになった。αは目の前だ。
 ここで私も「ひょっとして長男は頭いい?」と期待した。ところがこっからが大変。5年になったら上がれば2段階落ちる。落ちれば上がるのエレベーター生活に。勉強もダラダラ。CとEを往復していた。
 で、6年になったらもう勉強したくないと大爆発。これはどっかで書いた。

 つまり「なんとなく頭良さそうだったから」で始めたわけである。
(志望校はないのか? なんとなく? あ〜あこれだから田舎者は困る。大衆化ってやつだ。というエデュのみなさんの声が聞こえてくる)

 で、入ってみて。市川は予想以上にいい学校だった。楽しくて仕方ないらしい。で、受験した他の学校行った友人も等しく「楽しい」という。
 これは私立だからなのか、中高一貫だからなのか、「試験でセレクトされた学校」だからなのかわからない。

 何となく私は「試験でセレクト」に大きな比重があるように感じている。地元公立との最大の違いだ。

 そしてもう一つ、「中高一貫のカリキュラム」の優秀性を感じている。

 という訳で今、 遅ればせながら次男の受験に取り組んでいる。(次男も4年生から塾に行かせるんだったと後悔している)

※なんとなく、と書いたが、最大にして唯一の理由が「中学受験した方がより上の大学に入れそうだから」だろう。ただしそこに根拠はない。だからなんとなく、になる。

※こうして書いても本当に「素人」だと思う。
 孫が受験するときには多少わかるようになっているかニャ?

※なんか私が書けば書くほど JGさんのブログのレベルを落としているような気がしてきた。 中学受験ってこんなもんじゃないでしょう。
もっとエリートの人も書いてください。


※「初心」かあ。 そうかあ。初心が曖昧だから長男が爆発したとき対応できなかったんだ。「どうしても渋幕に入りたい」という訳でもなし。ただなんとなくやっているからダメなんだ。

No title

気持ちよく寝ていたら 朝 長男に叩き起こされた。

「早く お弁当作って!」

 え?何? 今日は土曜日だろう?

 何と市川中学は今日から新学期なんだそうな。
油断していた。  今日から新学期 で 明日は日曜日・・・
 普通さあ。四捨五入して月曜日から新学期だろう?  融通の利かない学校だなあ。 ブツブツ。

 結局 朝ごはんしか作れなかった。
 入学以来 初めて 「お弁当は学校の売店利用」になっちゃった。
(今日は 市川の売店は大混雑だと予想する)

No title

 市川中には「選択」の夏期講習がある。 
 居間に夏期講習のプリントがあったので「どれどれ何やってたんだろう?」と見てみた。

 ら、ビックリ。 「素数」なんてやってる。
 双子素数 三つ子素数 いとこ素数 セクシー素数・・・ フェルマー予想

 素数が無限にあることの証明

 「6以上の偶数は素数の和で現わせる」(ゴールドバッハ予想)

 素数暗号
 などなど・・・

 市川のことだから夏期講習ってのは「補習」だと思っていた。これは失礼。
 中1の夏期講習で 素数かあ。 大したもんだ。

(オラは 他の学校を知らないので、ちょっとしたことでも驚く。 「素数?  そんなん普通だよ」なのかもしれないけど)

 学校ってのはこうありたいね。

早稲田中の場合

> (オラは 他の学校を知らないので、ちょっとしたことでも驚く。 「素数?  そんなん普通だよ」なのかもしれないけど)
>
>  学校ってのはこうありたいね。

普通とまでは言わないですがが、中高一貫校はそういう講座をちょいちょいやりますね。
早稲田中は中1の冬休みに選択講座で合同式をやってました。

受講した生徒の反応は「よくわからなかったけど面白かった」というようなもので、中1の数学興味あり男子を惹きつけるには「よくわからないけど面白い」というのは重要なようです。

※わかりすぎるとつまらなくなるようで。

俺も市川の夏期講座は「補習」だろうと思っていましたが、市川もそういう風にどこかで舵を切ったんですね。

>「素数」なんてやってる。
 双子素数 三つ子素数 いとこ素数 セクシー素数・・・ フェルマー予想
>素数暗号

最高ですね! いいなあ。

ハルビンカフェさんならご存知かもしれませんが、サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』(新潮文庫)は面白かったです。

素数暗号(も含め暗号の歴史)に関しては、同じくサイモン・シンの『暗号解読(上・下)』(同)も傑作。

息子さんが興味をお持ちであれば、ぜひご一読を。

No title

>最高ですね! いいなあ。

 「すごい面白かった」と言っていました。

 この幸せをアホ息子が理解するのは5年先か 10年先か・・・

 なんぞ市川中から「保護者会で、市川の考えるアクティブラーニングについて説明します」みたいな お知らせが来ている。
 アクティブラーニング当面いらないよ。 このままでいいから、どんどん刺激的な授業をしてほしい。

出番だ

> セクシー素数

高校野球が終わってヒマしてたけど、ひさびさに出番だな。
「せくしい」= 「1941」
ふふふ・・・我ながら完璧だ。

1941は、素数じゃないな・・・
セクシーだけに、淫数が入ってたか・・・

Re: あ

> 1941は、素数じゃないな・・・
> セクシーだけに、淫数が入ってたか・・・

ぬぅ、狙ったな、狙って書いたな、もし狙ってないなら天才級だな

No title

1941=3*647 でしょうか・・・

 647。。。 ムジナ?  う〜ん 人を惑わすムジナは確かに 淫数かも

 「同じ穴のムジナ」という言葉もある。  


 難しい・・・
 

「セクシー素数」が出てきたところで、うっすらとつけ麺さんの足音が聞こえてきていたんですよねぇ。

やはり期待を裏切らない。むしろ期待を超えてくる。そこにシビれる、あこがれるゥ。
けっ◯う仮面ロングライダーは今日も行く!

No title

しかし アホ息子の話す言葉はわからん。

最近、一番イラっとくるのは「ワンチャン」だ。

 どうもワンチャンスある、という意味らしい。
 しかし
「稀にある」「少ない」「あるかも」「少しだけ」「多少」・・・ とにかく「半分以下」なら「ワンチャン」という。

今日何時に帰ってくるの?
「ワンチャン 18時」

熱がある?
「ワンチャン 風邪かも」

(宿題を教えて)わかった?
「ワンチャン わかった」

訳がわからん。


まあ、「それな」みたいに 慣れる。慣れさせられるもんかもしれん。
(今だに「それな」聞くと ワンチャン イラッとくるが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント