FC2ブログ

記事一覧

日比谷に進学するということはどういうことか~大学合格実績だけ見た場合

遊びの時間だああああああああああ!

中学受験を否定するうえでよく言われるフレーズのひとつに、「そんなお金かけなくても、高校受験で日比谷に行けばいい」というもの。
確かに日比谷高校は都立のトップ校として、2018年度東大合格者48名(東大合格者率14.8%)と、颯爽とした数字を遺している。
しかしトップ15%の動きなんて、あまりあてにはならない。せめて30%ぐらいないと、「できる子がたまたま出した数字」なんてやっかみを言われかねない。
というわけで、東大・京大・一橋・東工大・国公医を入れて数字を出してみた。
また、「日比谷高校に行くということは、中学受験ではどの辺りの中学校に行くのと同じか」ということも比較してみた。

東京一工国公医合格者率(日比谷近辺抜粋)
浅野高校 男子 38.2%
海城高校 男子 36.3%
日比谷高 共学 33.8%
女子学院 女子 33.0%
学芸大附 共学 32.9%
武蔵高校 男子 32.7%
渋谷幕張 共学 32.2%
筑波大附 共学 29.4%
渋谷渋谷 共学 27.0%

ざっと見た感じ、まあまあいいな。
日比谷に進学する男子なら、海城、浅野あたりと同じレベルの期待値がある。
女子ならJG。共学校を相手にするなら、渋幕、筑附、渋渋。

なぜこんな話を始めたかというと、実は先日、塾(高校受験がメイン)の方と話しているときに、日比谷の話が出たからだ。
その塾の塾生に開成と日比谷を狙っている生徒がいて、塾長がその生徒の保護者と面談をしたそうな。
するとそのお母様が言うには

うちの子、あえて中学受験しなかったザマス
受ければ開成だって受かったザマス
でも高校受験で日比谷に入ればいいザマス
どうせ同じぐらいの学校ザマしょ?
一応開成も受けておくザマス

(筆者の偏見が入っています。特に語尾に)

これは塾には願ってもないお客様だ。
うまくいけば、開成と日比谷の両方に合格実績がのる。
うまくいかなくても、開成特訓講座と日比谷特訓講座の両方が売れるし、さらに言えば個別指導の受講まである。

「で、学力はどうなんです?」
「まあ、開成は無理でしょうな。日比谷は夏以降に化ければ、あるかも知れませんが、年明けにでも受験校変更の話をしないといけないかな」

(´・ω・`)
なかなか人生ままならないものである。

開成ほどでないとしても、日比谷に入るのは難しい。
「日比谷に入れば」などという狸の皮算用などをしてると、痛い目にあうかもしれないという教訓ザマス。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

日比谷高校ってどんなに偏差値が高いんだろう?
と思ってネットで調べてみたら・・・
あれ? 意外に普通だ?
都立で一番かと思ったらそうでもないらしい?

なんか私は「偏差値の罠(母集団、分散などを見ずに偏差値を誤読している)」にはまっているんだろうか?

もしこの偏差値が正しいなら随分 お買い得感がありますが・・・

※改めて見直したら 日比谷が一番の偏差値表もある。 こっちの方が信頼できる。
 北辰みたいな「統一テスト」がないから 偏差値がばらけているのだろうか?
 一番信頼できる模試はなんだろう?(その偏差値がわかればいいのだが)

すんません 都立高校の受験事情は全く知らないので トンチンカンなことを書いているかも

No title

 上澄み論 というのがある。
上澄み(優秀な層)は中学受験で抜けて 高校受験はその下の層で争っている、という説だ。
 真偽はわからないが少なからずそういう面もあるのだろう。

 私の感じだと 上澄みが抜ける度合いが大きい順に

神奈川>東京>千葉=埼玉  だろうか?

 以前 エデュで 
「神奈川の(高入)公立の東大合格者全部足しても浅野一校に及ばない」という投稿があった。

 ぶったまげたのを覚えている。
 ちょっと神奈川は極端だ。

頻出ワード

「ウチは、受ければ◯◯も受かったザマス」
「ウチは、確固たる第一志望が有ったのに、塾が御三家も受けろとうるさく勧めて来たザマス」
「本当に頭のいい子は、どこからでも東大に行けるザマス」

No title

合格実績が欲しい塾からすれば、その生徒さんの実力からすれば堅い第一志望と、更に鉄板な併願校が確保できていれば、チャレンジ校は勧め放題です。
「〇〇くんなら、××は可能性有りますよ」と、親をその気にさせて有名校にチャレンジさせる。第一志望さえ受かれば、チャレンジ校がダメでも痛手にはなりませんから。
これを真に受けて、「ウチは、塾から××も受かると言われた」、と吹聴する保護者は多いのかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャーナル・ギャップ

Author:ジャーナル・ギャップ
酒と野球とミステリーをこよなく愛するが、なんの因果か中学受験についていろいろ書いていくことに。

最新コメント

最新コメント